ぶかつ!

紬(結局渡せなかった……)

梓「唯先輩、今日部活終わったらちょっと付き合って頂けますか?」ボソボソ

唯「ん?いいよー!」ニコ

律(梓もか……まあそうだろうな)

澪「///(今日の事思い出したら部活どころじゃないよお////)」

さわ子「お、丁度ティータイムかしら?」

唯「さわちゃん!」

さわ子「あら?あんたそんなに沢山のチョコ……ああ、そういえば今日はバレンタインデーだったわね」

唯「うん!そうだよ!」キラキラ

さわ子「なんでそんなにこっち見てるのか知らないけど、あいにく私は何も持ってないわよ」

唯「えーっ、さわちゃんチョコくれないのお!?」

さわ子「なんであんたにやらなきゃいけないのよ」

唯「しょんぼり……」ショボーン

さわ子「しょんぼりって口で言う奴、初めて見たわよ……
しょうがないわねえ。職員室まで来たらマカダ○アナッツくらいあったと思うわ」

唯「本当!?さわちゃん大好き~!」ダキッ

さわ子「離れなさい。まったくもう……
あ、そういえばあんたらもいる?」

律澪紬梓「「「「いえ、遠慮します……」」」」

唯「みんなも貰えばいいのにい」

さわ子「皆はあんたみたいに食い意地張ってないのよ」

唯「えへ、照れますなあ」

さわ子「やれやれ……」

律(唯のやつ、さわちゃんまで手篭め?にするとは……)

唯「みんなホントにいらないの~?」

さわ子「うるさいわね、さっさと来ないとあげないわよ」

唯「はーい」

バタン!

律澪紬梓「「「「……」」」」

律(き、気まずい……)

梓(さっき唯先輩は律先輩と澪先輩にもチョコ貰ったって自慢してたから……)

澪(この面子だと、唯にチョコをあげない(暫定)のはムギだけ……)

律澪梓(となると、この静寂を打ち砕くには紬(先輩)に話し掛けるしかない!)

律「あのさ、ムギ……」
澪「なあムギ……」
梓「ムギ先輩……」

律澪梓「!」

紬「?」

梓「せ、先輩方どうぞ」

澪「いや、私はいいよ!律は?」

律「いやいや、ここは後輩からだな……」

紬「みんなどうしたの?」

律「い、いや別に?何でもないんだ。あは、あはは……」

梓「いえあのその、何でもありませんです!」

澪「ああ!わたしの勘違いだったよ……」

紬「そ、そう……」

律澪紬梓「「「「……」」」」

律(ちくしょう……どうしてこうなった)

紬「あのね、みんな……」

律澪梓 *1

律「どうした?」

梓(よかった、今度は話が繋がる……)ホッ

澪(緊張で喉がカラカラだ……紅茶でも飲もう)ゴクゴク

紬「私も、唯ちゃんにチョコあげようと思うの」

澪「」ブハッ

律梓「「!?」」

紬「きゃあっ、澪ちゃん大丈夫!?」フキフキ

澪「だ、大丈夫、大丈夫だから続けてくれ」

紬「それでね、りっちゃんと澪ちゃんはもうチョコ渡したみたいだから、どうやって渡したのか参考にさせてもらおうと……」

律「さ、参考っつっても……私は流れに任せただけだし……」

澪「まあ、私もそんなようなもんだな……」

紬「そっか……どうしようかなあ」

梓(ムギ先輩まで……)

律(まさかここまでモテてるとは……義理、ではないだろうな。みんなどっか真剣な表情だったし)

澪(うう……やっぱり手作りするべきだったか……)

唯「たっだいまー」ツヤツヤ

紬「唯ちゃんおかえり!」ニッコリ

梓「……部活、始めましょう」

澪「そうだな……」


ぶかつしゅうりょう!

唯「そいで、あずにゃんはどうしたの?」

梓「あ、あの……これ!」バッ

唯「やっぱりチョコだー!あずにゃん大好き~!」ギュッ

梓「に゛ゃあ!?///」ビクン

唯「エヘヘ~」スリスリ

梓「ひゃあああああ/////」ピクピク

唯「可愛いなああずにゃんは~」スリスリ

梓「は、はなし……」

唯「あ~ずにゃ~ん」スリスリ

梓(ふぁぁぁあああああ//////)ギュッ



かえりみち!


唯「じゃあね、あずにゃ~ん!」バイバイ

梓「は、はい////////」

唯「~♪」

唯「あれ?家の前に誰かいる……」

紬「唯ちゃん!」

唯「あ、ムギちゃんだあ!」

紬「こ、これ!」

唯「えっ?……チョコだー!スッゴく綺麗な包装だったから、一瞬何だかわかんなかったよー!」

紬「喜んでもらえてうれしいわー♪」

唯「って!ムギちゃん、外で待ってたの!?寒かったでしょ!」

紬「大丈夫、ここのところ結構暖かいから……」

唯「いいから!ほら、家であったまっていきなよ……」

紬「(今は憂ちゃんと顔を合わせたくない!)ほ、ホントに大丈夫だから!私、帰るね!」タタタ

唯「あっ!ムギちゃん!……行っちゃった……」

憂「どしたのお姉ちゃん?」

唯「あっ憂!あのね、ムギちゃんが……憂?」

憂「ずいぶんいっぱいチョコ貰ったんだね……」

唯「あ、これ?さわちゃんにビニール袋貰わなかったら、持って帰るの大変だったよお~」

憂「……お姉ちゃん、私……わたし……」ジワッ

唯「どうしたの憂!?」

憂「なんでも、ない、よ……」グスッ

唯「どうもしなくない事ぐらい、私にも分かるよ!」

憂「うう……」グスグス

唯「ほら、どうしたの?」ナデナデ

憂「だって、だって……お姉ちゃん、そんなにチョコ貰って……私のチョコなんて、いらないと思って……」グスッ

唯「そんなはずないよ!だって私は、毎年憂のチョコ、楽しみにしてるもん!ふわーって甘くて、とろっととろける憂のチョコ!」

憂「……」グスッ

唯「憂のチョコが一番だよ!だから泣かない!ね?」ギュッ

憂「……うんっ」ニコ

唯「じゃあ早速憂のチョコ頂こうかな~」キラキラ

憂「今年のは自信作だよ!」ニッコリ


―――……


まよなか!

~唯の独り言~

今日は沢山チョコ貰ったなあ。
りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃん、あずにゃん、和ちゃん、憂、いちごちゃん、姫子ちゃん、さわちゃん、その他にもクラスメイトから2つと後輩から3つ……
まだ憂のチョコ以外は食べてないけど、ゆっくり消費しようっと。
それにしても、みんな可愛かったなあ。私がチョコ貰うのを見て悔しそうにして。
私の描く未来像がいよいよ現実味を増してきたよぉ。

コンコン

「お姉ちゃん、一緒に寝てもいい?」

部屋の戸を叩く音。うん、予想通りだ。

「いいよ、おいで……」

ドアの先には枕を抱いた愛しの妹。さて、今夜はサービスしてあげちゃおう。
私の描く理想の未来、即ち『ハーレム』の為に……

おしまい?