澪「ほら唯、あーんして」

唯「……あーん」

澪「ふふ、おいしいか?」なでなで

唯「うん、おいしいけど……」

律「仲いいなー、お二人さん」にやにや

紬「仲よきことは美しきかな!」にこにこ

唯「……恥ずかしいよぉー」

律「スプーンかじっちゃダメだぞー」

唯「うぅ、屈辱……」

澪「ほら、あーんして。あーん」

唯「あずにゃん助けてぇ!」

梓「澪先輩は唯先輩を甘やかしすぎです!」

唯「ほっ」

梓「私が代わりますからどいてください」

唯「」

澪「梓はさんざん唯とベタベタしただろー」

梓「攻めじゃありません!完全に受けです!」

澪「私は唯の保護者なの!」

梓「私も保護者になるです!」

澪「胸ぺったんな保護者があるか!」

梓「わーん!」

律「大人気ねえ」

唯「……」こそこそ

澪「あれ唯、どこ行くの?」

唯「ぎくっ」

澪「ああ、トイレか。今連れてってやるぞ」

唯「はなしてぇ!」

澪「おんぶがいい?だっこがいい?」

唯「徒歩で御不浄に行くことを切に望みます」

澪「だっこな」ひょい

紬「まあ!お姫様だっこ!」

澪「ふふ、唯は軽いな」

唯「ぁ……」

律「おや?唯の顔が赤いぞ。熱かな?」にゆにゆ

澪「保護者として、だっこくらい余裕で出来なくちゃね」

梓「……」

澪「行ってきまーす」

唯「逝ってきまーす」

紬「行ってらっしゃーい」

律「……」

梓「ふんっふんっ」

律「腕立てはすぐに効果出ないぞ」


トイレ!

澪「はい唯、しーしーしていいよ」

唯(とうとう個室への侵入まで許してしまった)

唯(かくなる上は!)

澪「唯、一人じゃ脱げないか?私が脱がしてあげる」

唯「あーっ!トイレの花子さんだー!」

澪「ひいいいい!?」

唯(さあ逃げろ秋山澪。この勝負、僕の勝ちだ!)

澪「唯、逃げるよ!」がしっ

唯「え」

澪「この子だけは!この子だけは助けてください!」すたこらぴゅー

唯(お……女を殴りたいと思ったのは生まれて初めてだ……てか)

唯(おしっこさせてよおおぉぉ!)

和「あら、唯と澪」

澪「のっ、ののの和!トイレに!トイレに花子さんが出た!」

和「はぁ?」

唯「和ちゃん助けてぇ!」

和「……ははん」

和「まーた律のイタズラね」

澪「ちっ、ちが!唯が、唯が見たって!」

和「唯をそそのかすなんて、あの子も困った子ね」

和「澪、疑うことを覚えなさい。言うでしょ、幽霊の正体見たり枯れススキって」

澪「……はーい」

和「唯はベビーシッターをからかっちゃダメよ」

唯「……」

和「唯?」

唯「……っ……ひっく……」ポタポタ

和「……」

唯「……澪ぢゃんの……ばがぁ……」ポタポタ

和「……あーあ」

澪「大丈夫だよ、唯」

唯「……ぷんっ」

澪「実は私も失禁したんだ」ポタポタ

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くわね」そそくさ

澪「どっかでジャージに着替えよう」

唯「うぅ……下半身が寒いよう」

澪「こうすりゃ寒くないよ」ぎゅっ

唯「……わ」

澪「へへ、唯におんぶ」

唯「スカートますます汚れちゃう」

澪「気にしない気にしない」

唯「しかもこれ、なんの解決にもなってない」


保健室!

唯「ノーおパンツでジャージなんてやだよぅ」

澪「大丈夫、私替えのパンツ持ってきたから」

唯「なぜ持ってるのか」

澪「でも一着しかないや」

唯「澪ちゃんがはけばいいよ」

澪「あれ、ノーおパンツは嫌だって言ってなかったっけ」

唯「他人のパンツはくよりはマシだよ!」

澪「唯は私のおパンツ嫌か?やっぱり梓のおパンツがいいのか?」

唯「誰のでも嫌だよ!」

唯「なんでそこまで澪ちゃんおパンツはかせたいのさ!」

澪「保護者として、寒い思いはさせたくないんだよ」

澪「なあ、はいてくれよ。はかないなら……」

唯「はかないなら?」

澪「お尻ペンペンだ!」

唯「わああああー!?」

澪「ワガママな子はおしおきだ!」

唯「いやあ!助けてぇ!」

澪「さっさと脱ぎなさい!脱がないなら脱がす!」ビリビリ

唯「澪ちゃん上!上まで脱がさなくていいじゃん!」

澪「問答無用!」バリバリ

唯「憂いいいぃ!助けてえええ!」

ガチャッ

憂「お姉ちゃん!」

梓「唯先輩!何事ですか」

澪「あ」←下半身丸出しで同級生を脱がしているの図

唯「あ」←制服も下着も剥ぎ取られて半泣きで臀部をガードしているの図

澪「……」

梓「……」

唯「……」

憂「……にこ」


数分後……。

憂「めっ!」

澪「あばばばばばばばばば」

唯「ひどい目にあった……もうやだぁ」

紬「お疲れ様」

唯「どうして澪ちゃん、あんな子になっちゃったんだろ?」

律「あー、それなんだけどな。唯にちょっと協力してもらいたいんだ」

唯「私に?」

律「澪な、幼稚園の教員を目指してるんだって。大学で教員免許取得するんだって」

唯「ほうほう」

律「だけど今は不況だから、教職ってすごい倍率高いんだと。面接とかすごい厳しいんだってさ」

唯「澪ちゃん頭いいからそんなの大丈夫じゃない?」

律「確かになそうかもな。でも、本当に問題なのは採用されてからなんだよ」

唯「?」

律「知ってるか?今の教員って、就職してもすぐに辞めちゃうんだって」

唯「えーっ!?なんで?」

律「職場、つまり教員現場がすごいキツいんだってさ。学級崩壊とかいじめとか」

唯「あー、テレビでたまに言ってるね」

律「でもな、こんなのは序の口なんだって。もっと問題なのは、大人たちの方なんだってよ」

律「知ってるか?モンスターペアレントとかハラスメントとか」

唯「もんぺ?」

律「そう。些細なことで学校にクレームつける困った親が、今大問題になってるんだとよ」

唯「へぇー。澪ちゃん怖がりだから、ビビっちゃうかもね」

律「ビビるくらいならいいけどな……。耐えきれなくなって、自殺する人もいるみたいだから」

唯「……うそ、先生が自殺しちゃうの……?」

律「……」

唯「じゃあ、もしかしたら澪ちゃんも、つらくなっちゃって……」

律「唯、お前は澪に自殺なんかしてほしくないだろ?」

唯「……うん」

律「今、あいつなりに頑張っていい先生を目指してるんだ。だから、少し協力してあげてくれないか?」

唯「……」

律「……行き過ぎたところがあったのは謝る。だから、」

唯「……ん、わかった。私に出来ることがあれば手伝うよ」

律「へへ、サンキューな!」

唯(……でも、あれ?)

唯(幼稚園にも、もんぺっているのかな?)

紬「あら、澪ちゃんが帰ってきたわ」

澪「うぅ……生きた心地がしなかった」

唯「……みーおちゃんっ!」

澪「唯、ごめんな。子供扱いして。もうしな」

唯「私、しばらく澪ちゃんの生徒になるよ!」

澪「え?」

唯「澪ちゃんの将来のためならエンヤコラ、だよ!」

澪「……唯!ありがとう!」

紬「よかったわね、澪ちゃん」

紬(澪ちゃんのは先生というより……過保護なママだけどね)

梓「ダメです!澪先輩がやるなら私もやります!」

律「梓いたのか」

梓「唯先輩!私がいろいろとレッスンしてあげます!さあ、私のおうちへ行きましょう!」

唯「わあっ、あずにゃん先生も楽しそうだよ!」

律「ゆーい?」ギロリ

唯「ふぁーい」

梓「チッ」


2