店員「ラッシャイヤセー。こちら二点お買い上げでヨロシッスカー」

憂「はい……」ドキドキドキ

憂(は、早くっ。純ちゃんが気づかないうちに逃げないとっ)

店員「えー、お会計1914円でゴザイアース」

憂「えっと、1914円、1914円…」ゴソゴソ

憂「まず2000円と……」ピラ

店員「2000円からでよろしッスカー」

憂「あ、ちょっと待って下さい。4円あります」ゴソゴソ

純「憂ー、もう読み終わったよー」ぬっ

憂「わああああああっ!やっぱりいりませんっ!ごめんなさいっ!!」タタタタ…

純「あ、ちょっと待ってよ憂ー!」タタタ

店員「アリアトヤシター」



憂「はぁ、はぁ、はぁ……」

純「どうしたの?急に走り出しちゃって」

憂「な、なんでもないよ……」

純「ふうん。まぁいいや。これからどこ行こっか?」

憂(どうしよう。買いそびれちゃった…。お姉ちゃんのを見せてもらうしか…)

純「うーいー?聞いてる?」

憂「あ、ごめん純ちゃん。今日はちょっと用事があって……」

純「えー……」

憂「ごめんね」

純「いいもんいいもん。梓呼ぶしー」

憂「う、うん。梓ちゃんによろしく言っておいてね。じゃあ私もう帰るから…」

純「気をつけてねー」



平沢家


憂「ただいまー」



シーン



憂「お姉ちゃんお出かけかな?」

憂(そうだ、今のうちにお姉ちゃんの部屋に入ってあの本読んでおこう)



唯の部屋

憂(あった。これだ…)

憂(……)ペラ


…二時間後…


憂(な、なんとか本の内容は覚えれらた……)

憂(うう……頭がフットーしそうだよ……///)

憂(でもこれで、お姉ちゃんにちゃんと教えてあげられる!)



一方その頃…

マックスバーガー


唯「…っていう事があってね。恥ずかしがってる憂、可愛かったなぁ」

律「いやー…そりゃ憂ちゃんが可哀相だろ……」

澪「罰ゲーム思いついたのは律だけどな」

紬「さすがに泣かせちゃうのはよくないよ……」

梓「もう!憂に変な本読ませないでください!」

唯「えへへ、ごめんごめん」

プルルルル

梓「あ、すみません。ちょっと電話出ますね」

梓「もしもし」

純『あ、梓ー。今ヒマ?どっか遊びに行こうよ』

梓「あー、ごめん。今先輩達と一緒だから」

純『えー?つまんなーい』

梓「今度遊びにいってあげるから」

純『ちぇっ。……あ、そうだ、実は今日面白いことがあってさー』

梓「面白いこと?」

純『快感フレーズってマンガ知ってる?』

梓『あのいやらしいやつ?純、趣味悪いよ』

純『いや、私じゃなくてさ。実は憂がさっきこっそりあのマンガ買ってたんだよ』

梓「え」

純『びっくりだよねー。憂もお年頃ってことかな。あ、これ誰にも言っちゃダメだからね!』

梓「う、うん……」

純『んじゃ、また今度ねー』ピッ

梓「……」


律「大体さぁ、からかうなら相手を選べよ。憂ちゃんにああいうネタをふるなんてさすがの私でもやらないぞ。ああいうのは澪にだな…」

澪「おい」

紬「唯ちゃん、ちゃんと憂ちゃんにごめんなさいした?」

唯「う……してない……」

澪「今日帰ったらちゃんと謝るんだぞ」

唯「はい……」シュン


梓(……どうしよう。憂がエッチな子になっちゃった)



平沢家

唯「ただいまー」

憂「あ、お姉ちゃんお帰り!」

唯「憂、あのね、昨日は私……」

憂「お姉ちゃん、今日は大丈夫だからね!」

唯「へ?」

憂「ちゃんと予習しておいたから、あの本のことならなんでも答えてあげるから!」

唯「え?え?」

憂「早速お勉強しよっか」

唯「あ、う、うん」

唯(なんだ~。みんなはああ言ってたけど憂もノリノリじゃん)


三時間後


憂「どう?わかった?」

唯「うん……わかった……」グッタリ

唯(本当はよくわかんなかったけど)

憂「良かったぁ!これでもうこういう知識に関しては心配ないね」

唯(むぅ……あんなに恥ずかしがってた憂がこんなに余裕シャクシャクなんて……)

唯(なんかつまんない!恥ずかしがらせたい!)

憂「じゃあ私はご飯の準備してくるね」

唯「ま、待って!」

憂「?」

唯「い、いや~知識は身についたんだけどさ~、百聞は一見に鹿!習うよりなでろ!」

唯「実践してみないとピンとこないなぁ~」

憂「えっ……///」

憂「実践って……ど、どういうこと?」カァァ

唯(おお~これこれ!この顔だよ~!)

唯「んー、だからさぁ、実際にしてみないとわかんないこともあるよねー」ニヤニヤ

憂「……///」

唯(にひひ。恥ずかしがってる恥ずかしがってる。かわいいなぁ~)

唯「どーしよっかなぁ」

憂(実践なんて……そんなのまだ予習してないし……ていうか女の子同士だからできないし……)

唯「誰かにおしえてもらおっかな~」

憂(このままじゃお姉ちゃんが知らない男の人としちゃうかも……)

憂「お姉ちゃん!私が予習してまた教えてあげるから少し待ってて!」

唯「そう?じゃあよろしく~」



翌日

本屋


梓「あ、ギターマガジンあった」

梓「買おう」

?「……」コソコソ

梓「ん?なんだろうあの人……。グラサンとマスクなんてして怪しい……」

?「……会計お願いします」

梓(…ていうかあれ、もしかして憂?)

店員「アリアトヤシター」

梓(あんな変装までして……やっぱり憂ってえっちなマンガ買ってるのかな……)



憂の部屋


憂「はぁ、はぁ……」

憂「うう、恥ずかしかった…。恥ずかしかったよぅ……///」

憂「でもこの本読んで予習しておかないと……」


『サルでもわかる百合』
『サルでもわかるレズセックス』
『サルでもわかる近親相姦』



…二時間後…

憂「ふぅ、覚えた!」


……

唯「ただいまー」

憂「お帰りお姉ちゃん!早速お勉強だよ!」

唯「へ?お勉強?」

憂「実践編だよ~」

唯「え?実践って……え?」

憂「じゃあお姉ちゃん、ベッドいこっか」

唯「え?え?冗談だよね?…あっ、ちょ、ちょっと待ってうい~~っ」



…一時間後…


唯「うい……もっとぉ……」トローン

憂「ちょろいもんだぜ」



おしまい