唯憂「……」モソモソ

 モソモソ…

唯憂「……」ごくんっ

憂(うん、おいしい)

唯憂「……」モソモソ…

唯憂「……」モソモソ

唯憂「……」ごくんっ

唯「……ふぅー」

憂「思いのほか、なかなか疲れるね」

唯「ういっ、まだ喋っちゃだめだよ!」

憂「へっ?」

唯「まだ恵方巻きを食べ終わってないよ?」

唯「憂は今からわたしと、この余った恵方巻きを食べるんだから!」

憂「……お、お姉ちゃん。なんか言い方がお芝居みたいだけど」

唯「あぁー、喋って幸せが逃げちゃった!」

唯「でも残ってる恵方巻きは1本! となると、倍の量の幸せを食べる手段を考えないと!」

憂「……」

唯「そうだ憂!」

憂「なぁに、お姉ちゃん?」

唯「この恵方巻きで、ポッキーゲームならぬ恵方巻きゲームをすればいいんだよ!」

憂「えほっ?」

唯「はい、憂はこっち側くわえて」ぐいっ

憂「むぐっ、ほ、ほっとぉ」

唯「ほら、しゃべったらめっ、だよ。目閉じて」

憂(もう……ほんとに変なことばっかり思いつく)

憂「ふん」コクッ

唯「はじめるよー、あーん……」

唯「ふたーと!」

 モソモソ…

憂(わわわ、お姉ちゃんが食べてるのが分かる……)

憂(私も食べなきゃ……ちゅ、ちゅーくらい別に……)

 フー、フー

憂(お、お姉ちゃんの鼻息……)モソモソ

 ごくんっ

憂(わっ、今飲みこんだ……すごい音)

憂(普段のちゅーでお姉ちゃんがツバ飲みこむことはよくあるけど……)モソモソ

憂(やっぱり唾液だけとはぜんぜん音が違うんだ)モソモソ

唯「ん……」

憂(! す、すっごい近くまで来てる!)

憂(あと一口食べたら、ちゅうだ……)ごくんっ

憂(ん、んんっ)ハムッ

 むにっ

唯「むっ……ふふっ、ういーっ」ちゅうっ

憂「ん、ぅ……」モグモグ

唯「んれーっ」ニュル

憂「ちょっ、舌まっへ……まあ飲みこんれないっ」

唯「はぅ、ふっ……んりゅっ」

 ピチャピチャッ ズジュッ

唯「んっ……」ごくっ

唯「ふふ、憂の幸せちょっともらっちゃった」

憂「は、はふぁっ……ん、んっ」ごくんっ

唯「んーっ」チュー

憂「むぅーっ!」

唯「口開けちゃめーだよ、んべっ」

 ペロ、ピチュ…

憂「っ、ぅ!!」ゾクゾクッ

唯「んっ、んっ……」チュチュッ

唯「ん、よし! これで憂の幸せは憂の中にばっちり封印されたよ!」

憂「ぅ、……はぁっ」くたっ

唯「よしよし、おつかれさま」ナデナデ

憂「んぅーっ……」ぎゅうっ

唯「あれぇ? まだしたいのかな?」

憂「……っ。そういうんじゃないもん」

唯「そっか? まぁいっか。うーいっ」ユサユサ

憂「なあに?」

唯「お酒。一杯酌んで?」

憂「ん、わかった……」

 キュポン

唯「~♪」トクトク…

憂「よっと」チャポン

唯「どもども」

唯「すぅー……こくっ。ういも早く大人になるといいね~」

憂「そうだね、私もお姉ちゃんと飲みたいかな」

唯「酒はいいぞー、やなことみんな忘れられる……」

憂「だめ人間のせりふ……」

唯「うえへへ……ごくっ。はやく憂が大人にならんかねぇ?」

憂「視線がいやらしいよ? ……っていうか体だったらお姉ちゃんのほうが」

唯「んぁ?」

憂「あっ」

唯「おーいおい、ういうい? いまなーに言おうとしたの? ん?」

憂「お姉ちゃん、酔いのまわり早すぎでしょ……」

唯「ふーむ……?」

唯「んー」グビッ

 ガシッ

憂「ちょっ、ま」

唯「んいーっ」ブチュ

憂「ん、っ!!」

 とろっ……

憂(お、お酒がっ……!)

 チャパ ピシャッ

憂(ぁ……舌にかかって)ブルッ

憂「……ぅ」ゴクン

唯「どーだ、姉にさからうものは、こう、ねぇ、大変なのだー!」

唯「ってのはぁ、どうでもよくて。ういー、初めてのお酒の感想はどーお?」

憂「おいしかった……すごく」

唯「れしょれしょ、もっと飲ましたげるよぉ」クイッ

唯「んー……」チュウ

憂「んぁ、は」

 しゃああぁ……

憂「っ……」ゴク、ゴクッ

憂(……あぁ、なんだろ。手足の先が冷たいような……)

憂(? ううん、違うかな、ほっこりしてる……?)ゴクンッ

唯「ぷはー。あひゃ、ういったら顔まっか!」

憂「えへへ、そーかなぁ?」

唯「まっかっかだよー。リンゴみたいでかわいーっ!」ぎゅうっ

憂「えへー、かわいい憂ちゃんでーす!」

唯「そんなかわいい憂にはー……さらにお酒を、あらぁ?」

唯「す、すっからかんだ!」

憂「あはは、私がほとんど飲んじゃったねー」

唯「くそーっ、返せ返せー!」

 むちゅっ

憂「んー、やーら!」

唯「かえふんらー、わあひのおさけー!」

 ピチャッ ピチャパチャッチュチュレロッジュウッ

憂「んぁー、きもひぃ……」

唯「おぉ?」チュパッ

唯「へへー、うい! ごはん粒いっこ取り返したよ!」

憂「……うりゃっ」ハムッ

唯「うわー! ご、ご飯の一粒さえも!?」

唯「お、鬼だ! 鬼がここにいるぅ!」

唯「くっ!」スック

憂「あぁー、おれえひゃんどこいくのぉ……」ヒタヒタ

唯「おふとーん! たすけてー!」

 ガバッ ゴロゴロ

唯「防御だ、防御! 鬼にはかなわん!」

憂「あはっ、おねえひゃん、お布団に巻かれて恵方巻きみたいになってるよぉ」

唯「ほんとー? たべていいよー、幸せになれるよー!」ゴロゴロ

憂「わーい、いただきまーす!!」

 ボフッ

唯「うひゃっ、鬼の攻撃が容赦ない!」

憂「わー、やわらかーいあったかーい♪」ぎゅっぎゅぅ


唯「鬼さんは恵方巻き食べないのー? 食べてよー、んーっ」ちゅー

憂「鬼じゃないもん、憂だもん!」

唯「んっ。じゃあ憂さん、ゆい恵方巻きを食べて!」

憂「いいよー! いただきまーす!」

 ちゅうっ

唯「んー、ぁー」

憂「ほれぇ、舌を出すのだ!」

唯「はい、ろーぞ憂さぁん」ベー

憂「んぁむ……んちゅーっ」

 れろれろっ ちゅうぅ

憂「はっ、は、ぁ……」

唯「んくぅ……ぅあ、れぇ憂、これ、あれだね」

憂「んむ?」

唯「ふとんにくるまってね、上から憂がぎゅーって抱いてるから」

唯「わたし全然身動きとれないんだぁ」

憂「ほんとだ。お姉ちゃんまさに恵方巻きだよ!」

唯「わたし恵方巻き?」

憂「うんっ、おいしいし動かないし、幸せになるもん! 恵方巻きだよ!」

唯「やったー、恵方巻き合格だよー!!」モゾモゾ

憂「あーこら、動かないのー」ぎゅうっ

唯「ひゃっ、ごめんなさーい!」

憂「ゆるさーん! お仕置きだっ、ちゅっちゅしてやる!」

 ちゅっ、ちゅっ

唯「んーっ♪ ういのちゅっちゅだー、これ好きっ!」

憂「お仕置きなのに喜んじゃうんだね、お姉ちゃんはほんとドエムなんだから!」

 ちゅちゅ……ちゅううぅ

唯「はんんぅ……ぷはっ。だって憂のちゅー気持ちいもん!」

憂「むーっ、じゃあ気持ちよくなるお仕置きだー!」

 ちゅ… レロッ、ニュチ

唯「は、ぁ……ベロだぁ、おいひぃ」

憂「ん……んぁ、ふ……」ジュ、チュ…

 ピチャ、レロレロチュッ…シュ、スッコスッ

唯「はふぁ……んんっあ」ビクッ

憂「ん、おれえちゃん……」チュパチュ

憂「ねぇ、おねえひゃん、きもひよくなってるれしょ」

唯「うふふぅ、はーい。とってもきもちくなってまーっす」

唯「なんかねぇ、動けないからかわかんないけど、すぐイキそうになるんだよぉ」

憂「ん。じゃあこのまま、舌なめなめでイカせてあげるね?」

唯「わーい、いかひていかひてー!」

憂「んー、ちゅちゅ……」

 れろ、れろぉっ

 プチュッ チュク、レロチュ…チュチュチュ

唯「んはああっ、むぅふうううっ!!」ビクビクッ

憂「はぁっはふ……ちゅるるる」

唯「んあっああっ……!! ういっ、く、いふぅっ!!」

憂「……んんっ」ちゅうっ

唯「くむっ……んんんんんんうぅーっ!!」ガクンッ


唯「ぅあ……はぁっ」くたっ

憂「こぁー、休むなー!」

唯「はふぁ? ……ん、んんっ」チュチュッ

唯「やっ、待っ……ふへぁっ」

憂「んー、んふ。おれえひゃんちゅーちゅー♪」

唯「ぁうっ、んっ! やぁっ、あめっ、無理ぃっ!!」ビクビクビク

憂「んーんー、動けないでしょー? 今日はいっぱいちゅーしたげるねぇ」

 チュッチュ、チュク…ペロッツプレロレロ ピチャクチャッ

唯「ふぁ、ふぁああっ、まああああっ!!」ブシュッ

――――

 よくあさ

唯「ふあ……」

憂「すぅ、すぅ……」

唯「きもちよさそうに寝ちゃってぇ……」ナデナデ

唯「っくぅ、何回イかされたんだろ。まだアソコが痛い……」

唯「しかし……うい。あんたも酒乱だったとは」

唯「てことは、守ってあげないとね。ま、安心めされよ」

唯「恋人として頑張るから……だから、そろそろ……」ナデナデ

 ナデ…

唯「……ううん。待ってるよ、憂」


せつ-ぶん【節分】

1 季節の変わり目。立春・立夏・立秋・立冬の前日。せちぶん。

2 立春の前日。2月3日ごろ。この夜、鬼打ちの豆をまいたり、柊の枝に鰯の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣がある。翌日は立春であるが、実際の春の訪れはまだ遠い。


せっ-ぷん【接吻】

[名](スル)相手の唇やほおなどに自分の唇をつけ、愛情や尊敬の気持ちなどを表すこと。くちづけ。キス。この一線を越えても、想いが通じ合っているとは言い難い。「妹に―する」


 おわり