唯「あぁもう!最近の私のプレイ最悪だ!」

律「おいおいどうしたんだ唯~?悩み事か?シドみたいにヘロインに手でも出されたら困るから言ってみろよ?」

唯「りっちゃん…私さあ最近自分のプレイに疑問を持ち出したんだ…特徴が無いんだよね~私のプレイ…」

律「そうか~?ステージであんなにうれしそうにギター弾くやつそうそういないぞぉ」

唯「そういうんじゃなくて」

律「は?」

唯「ジミヘンなら歯弾き、ピートなら風車弾き、シドにいたっては弾きもしない。」

律「ふむふむ」

唯「これといったら平沢唯ってのが無いんだよねぇ…」


澪「律ぅー♪」

律「なんだ澪ぉ?」

澪「なぁんでもなぃ♪うふふ」

律「へへへ~」


唯「ちょっと二人とも少しは遠慮してよぉ~見てるこっちがてれるよぉ」

澪「私は律が好きなんだからこうするのが自然だろぉ?」

唯「私の悩み事も少しは真剣に考えてよぉ…」

律「あ~悪い悪い。澪また家にかえってから続きしような」

澪「はーい」

律「でも急に唯に特徴をつけろって言われてもなぁ」
澪「唯は楽しそうに弾く姿だけで十分印象に残るけどなぁ…」

唯「これはオーディエンスを満足させるためじゃなく自分を満足させるために考えたいんだよ。」

律「梓とムギがぬけてからバンドとしての存在感薄くなったしまぁ良い心がけかもな~」

澪「梓がまさか妊娠するとはなぁしかもレイパーの子供だろ」

唯「あずにゃんはPunkな生き方だったからねぇ本望なんじゃない?」

律「まぁなー」

澪「ムギにいたってはクリーンな体になるために施設入りだからなぁ…」

唯「なんでも血を全部入れ換えるらしいよー」

律「キース・リチャーズみたいな奴だな…」

唯「ふぁー私はどうすれば良いのかな…」

澪「とにかく重く考えないでライブのときにイロイロ試してみたらどうだ?」

律「そうだぞ唯!とりあえず今は唯の特徴である『楽しそうに弾く』ってのをさらに際立たせてみたらどうだ?」

唯「そっかーそうだよねぇ次のライブで心掛けてみるよ!」



~ライブ当日~
唯「きょうもたくさん人がはいってるね~」

律「唯~今日は頑張れよぉ!」

唯「うん、私なりに頑張るよ!ひたすら楽しそうにだね!」

澪「その調子だぞ唯!」

唯「えへへへーこんにちはえへへー放課後ティータイムですえへへぇ」

律「(唯のやついくらなんでもやり過ぎだっつーの)」

唯「あっははは!ふわふわタイムいっくぜー♪」

唯「君をみてるとふははははーあははははドキドキ♪揺れるえへへへマシュマロみたいにあっーははは!ひーひっひっひー♪ぎゃーはっはっはっは」

澪「(自分の笑い声がツボにはまって笑い続けてる…)」

客「ざわ…ざわ…」



~ライブ終わり楽屋~
律「唯ちょっと今日のは受け悪かったな…」

唯「えへへー失敗しちゃった」

澪「お客さんが薬じゃいかって噂してたぞムギの二の舞はゴメンだからな!」

唯「えへへ~ゴメンゴメン」

律「さてと…澪帰るか//」
澪「う、うん//じゃあな唯!おつかれさま」

唯「おつかれー!澪ちゃんたち今からがんばってねー」

澪「ば、馬鹿何言って//」
律「おーし今日は頑張るぞー!」

澪「少しは恥ずかしがれ!」




~帰り道~
律「今日は久々にホテルでしようぜ?」

澪「へっ?あ、あぁそうしようか//」

律「っと手頃なホテル発見♪」

澪「HOTEL CALIFORNIAか…」

澪「お洒落なホテルだね?」

律「そうだな~、シャワーお先にどうぞ♪澪しゃん」
澪「うん、ありがと//」

律「さーて澪がシャワー浴びてる間に部屋の探索でもすっかー」

律「すっげー!天井に鏡ついてるよ! 」

律「ん?あの自販機はなんだ~?」

律「おおぉ!大人のおもちゃ!!すっげー!」

律「最近マンネリ気味だしなんか買ってみよっかな……とりあえずこの『ビッグマフ』ってバイブを(ポチ)」

澪「律ーあがったよー!」
律「あ、あぁ澪!すぐ入るからベッドで待ってて」

澪「うん」

律「さーてちゃっちゃとシャワー浴びちゃうか!」

(ジャージャー)

律「ふぅ、澪ーお待たせ」

澪「う、うん…じゃあキスから//」

律「ほいほいっ♪」

(ちゅっちゅっ)

律「ぷはぁ(あとはいつも通り愛撫して…バイブを…」
(ちゅぱちゅぱぺろぺろ)

澪「お、おっぱいきもひぃぃ//」

律「(よーしそろそろ!)」

澪「あ、あん…」

律「じゃーん!澪これつかってみようぜ!」

澪「へ?」

律「バイブ!」

澪「な、なんでそんなの持ってるんだよ!?」

律「買ったの♪」

澪「律の変態!デスペラード!そんな大きいの使わないからな!」

律「えー?せっかく買ったのに…」

澪「ふざけるな!私は律の指が好きなんだよ!」

律「へ?」

澪「あっ//」

律「みおぉ/////」

澪「そ、そういうわけだから律の指でして//」

律「そうだよな、エフェクターなんて邪道だよな!アンプ直だって良い音は出るんだ!」

澪「そ、そうだよ律…私のMarshall掻き鳴らして//」

律「うおおおぉぉー!」
(ぐちゅくちゅくちゅぴちゃくちゅくちゅ)


澪「ひゃああああそんなにスラップされたら私壊れちゃうよお!」


律「ウルトラソウルッ!」
澪「ハァアアアアイッ!」

律「澪、イッた?」

澪「ハァッハァッ…う、うん」

澪「次は律の番だ…」

(ペロペログチュグチュグッチュグチュ)


律「ひぃあああ!」

澪「律大好き//」

律「私も//」