唯「むぎ!!」

ムギちゃんはいつも通りの笑顔で微笑んでいた。

やっぱりムギちゃんは最後までいつものままなんだな。

紬「みお!!」

ムギちゃんは笑顔のまま綺麗な音を残し消えていった。

最後の声をかけられた澪ちゃんは泣いていた。

でも演奏は今までで一番、りっちゃんとぴったり息の合った演奏だ。

私、あずにゃん、りっちゃんと目配せした。

りっちゃんは澪ちゃんに笑顔で返していた。

澪「りつぅっ!!」

澪ちゃんも卒業することができた。

りっちゃんは澪ちゃんが卒業した瞬間に泣き出してしまった。

でもドラムの音は力強いままで、まるで誰かに何かを伝えているようだ。

律「うぉぉぉぉぉあずさぁぁぁ!!!」

力強くドラムにスティックを叩きつけ、大きな笑顔でりっちゃんも卒業した。


ついに私とあずにゃんの二人だけになってしまった。

もはや客席は完全に静まり返り、私たちの演奏だけが響いている。


目配せをするとあずにゃんは楽しそうに泣いていた。


だいじょうぶです――あずにゃんの顔はそう言っているような気がした。

梓「せーのっ!!」


『『『『ゆい!!!!』』』』


私のソロ。

みんなの姿はもう見えないけど演奏は聞こえてくるよ。

ムギちゃんのキーボード、澪ちゃんのベース、あずにゃんのギター、りっちゃんのドラム。



唯「けいおん!大好き――――」


…………………
……………
………


新しく…生まれ変われたら…みんなとの約束、絶対に守らなきゃ…


澪ちゃん、りっちゃん、ムギちゃん、あずにゃん、さわちゃん……


それから…もし、また私に妹ができたら…うんと優しくして今度こそ絶対に守ってあげよう……


それから…それから…またギターを始めるんだ…きっと……また…ギー太と……


…それから……それから……


…なんだっけ…………?


もう思い出せないや―――――


…………………
……………
………


「…わぁ!左利きなんだ!すごーい!」


「ひっ」


「みんなー!すごいよー!左利きだよー!」


「うぅぅ……」


「なにかいてたのー?」


「……」


「…どうしたの?」


「……はずかしい…」


「うーん…じゃあさ、お友達になろうよ!」


「お友達…?」


「うん!お友達どうしならはずかしくないでしょ?へへ」


「……」


「…だめ?」


「ううん…いいよ…」


「やった!じゃあ今から私たち、お友達だね!私の名前は―――」


…………………
……………
………


「お姉ちゃん!起きて!朝だよ」


「…おはよー……」


「はい、これ今日の用意。ご飯できてるから早く着替えて降りてきてね」


「うぃ~……」


うーん、高校生か……


せっかく高校生になったんだし、なにか新しいこと始めたいな……



…なにか……そう、なにか―――


…………………
……………
………


「こねー……」


「もういいだろ…私は文芸部に……」


「あのー…」


「きたぁ!!入部希望の人!?」


「えっと…合唱部に……」


「お願い!軽音部、今月中に四人集まらないと廃部になっちゃうんだ!入部して!!」


「こら…無理やり誘うなよ」

「…なんだよ!あの時の約束は嘘だったのか!!」


「……約束…」


「…捏造…すんなっ!」


「あだっ!!」


「ふふ……」


「あぁ…ごめん……」


「いえ…楽しそうだな、と思って。私でよろしければ是非入部させて下さい」


「ホントに!?やったぁぁ!!」


「ありがとう!…えっと……」


「はい、私の名前は―――」


…………………
……………
………


なにか新しいことを始めたくて軽音部に入部届を出したけど、怖い人だったら嫌だし、やっぱり辞めさせてもらおう……


「君だよね!?入部してくれるっていう子!」


「ごめんなさい!実は辞めさせて下さいって言いに来たんです!」


「え……」


「本当にごめんなさい……期待させるだけさせておいて……なんて謝ったらいいか……」


「…そっか……じゃあさ、最後に演奏だけでも聞いていってよ」


「演奏、してくれるんですか?」


「うん!……よし、やるか!ワン、ツー!」


どうしてだろう……演奏はバラバラで全然上手じゃないのに…すごく楽しそう……


「ふぅ…どうだった?」


「あの…なんだかうまく言えないんですけど……あんまりうまくないですね!でも…すごく楽しそうで……」


私も……一緒に―――


…………………
……………
………


「この写真…先生だよね?」


「うっ…なんでわかったの……」


「へーまさか先生にこんな過去があったとは……」


「うぅ…お淑やかなキャラでいこうと思っていたのに……」


「バラされたくなかったら顧問になってください!」


「はぁ…わかったわ」


「やったー!」


「もう…私が顧問になったからにはビシバシいくわよ―――」


…………………
……………
………


どうして……?


…どのバンドも軽音部より上手くてすごいのに、どうしてあの四人だとすごく良い演奏になるんだろう……


私も…私も……あの中に入れたら……きっと―――


…………………
……………
………


ねぇ、あたし。あの頃のあたし。


心配しなくていいよ。すぐ見つかるから。


あたしにも出来ることが、夢中になれることが、


大切な、大切な、大切な場所が―――




「けいおん!!だいすきーー!!」





おわり