~~~~~~~~~~~~~~

律「それで…中野梓さんはギターで入部希望と…」

梓「ま、そういうことですね」

律「っ……入部希望理由は?」

梓「あまりにもこの人のギター酷いんで私が入ってあげようと思って」

唯「へ…私?」

梓「リードギターの人はマシだったんですけどサイドギターが酷すぎです。」

唯「リードギターは私だよぉ~えへへ」

梓「ち・が・い・ま・す!ライブの時です!あとさっきのギター、大概ひどかったですよ!」

唯「が、がーん!!」

梓「ていうかリードギターの人どこですか!ライブの文句言ってやるです!」

そうか…梓ちゃんはさわちゃんのこと知らないんだよね…

唯「あ、あのねさわちゃんは…」

梓「あの人急に曲調を変えて意味わかんないです!どうせ勝手にやったんでしょ!?せっかくのライブが台無しに…」

律「…てめぇぇ!!」

梓「がっ…!」

澪「律!!」

唯「梓ちゃん!!」

りっちゃんに殴られた梓ちゃんは、思い切り棚のカドに頭をぶつけてしまった。

紬「梓ちゃん!大丈夫!?……気絶してるわ…」

澪「バカ…やりすぎだよ…」

律「…わりぃ…さわちゃんのこと言われてついカッとなっちまった…」

唯「と、とりあえず治療しないと~」

~~~~~~~~~~~~~

梓「う…うーん…」

紬「あ、梓ちゃん!」

唯「大丈夫~?」

梓「あ、はい…大丈夫です……っていきなり殴るなんてどういうことですか!!」

律「…悪かったな……」

梓「意味わかんないです!正式に謝罪と賠償を…」

紬「梓ちゃん!!!」

梓「!?あ…はい…」

紬「あのね…さわちゃん…梓ちゃんの言うリードギターの人はね、消えてしまったの」

梓「消えた…?逃げたんですか?」

唯「ちがうよ…そのままの意味なんだ…」

律「私から言うよ…殴っちまったのは私だしな」

~~~~~~~~~~~~~

梓「そんな…」

梓ちゃんにさわちゃんが消えたこと。その理由やこの世界について説明した。

紬「梓ちゃんはいつからこの世界に?」

梓「えっと…ちょっと前です…この前のライブの少し前…」

紬「…生きてたころの記憶は?」

梓「……あります」

唯「どうしてここに?」

梓「気付いたらこの世界にいて…いろんな人に話を聞いていたらライブの話があったんです…
私、生きていたころギターやってたから…ライブを見て、演奏したくなって……
それで…それに何でこの世界にいるのかわからなくて、不安で……う…うわぁぁぁぁぁぁぁん!!」

梓ちゃんが泣いてしまった。さっきの偉そうな態度も強がりからくるものだったのだろう。


澪「りつ……」

律「…ごめんな」

梓「う……ぐすっ……」

唯「梓ちゃん!」

梓「わっ」

泣いている梓ちゃんを見て、安心させてあげたくておもわず抱きついてしまった。

唯「大丈夫だよ…梓ちゃん」

梓「う……」

紬「唯ちゃん……」

律「…よし!今から梓の入部歓迎パーティといくか!」

澪「律…!」

紬「そうねー♪」

梓「え…いいんですか…?」

唯「もちろんだよ~!梓ちゃんちっちゃくて可愛いもん!」

梓「別にちっちゃくないです!」

律「どれどれ~…んーやっぱり小さいな」

梓「どこ見ていってるんですか!!」

紬「えーい♪」

梓「なっ…なにを…!?」

紬「梓ちゃんやっぱり似合うわ~♪」

ムギちゃんがどこからか取り出したネコミミを梓ちゃんに装着した。

紬「部屋に入ってきたときから似合うとおもってたのよ~♪」

唯「すごいよ梓ちゃん!似合いすぎだよ!」

梓「うれしくないです!!」

唯「にゃーんって言って!にゃーんって言って!」

梓「いやです!!」

律「言わないとこうだぞ~!こちょこちょ~」

梓「やっやめっ…やめてください~!」

律「ぐへへへへへへ」

紬「はぁはぁ……」

澪「うー…りつ……」

梓「いいます!いいますから~!」

律「よし!…やりました平沢隊長!」

唯「よくやった!りっちゃん隊員!」

梓「はぁ…はぁ…」

唯「じゃあ梓ちゃんどうぞ!!」

梓「う……にゃ…にゃーん……」

唯「可愛いよぉぉぉあずにゃぁぁぁん!!」

梓「あ…あずにゃん…?」

紬「梓ちゃん+ネコミミであずにゃんなのね!」

澪「あずにゃんって…ふふっ……」

律「ぷっ…よかったな~梓!」

梓「にゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

あずにゃんもこれで軽音部の一員だね!

~~~~~~~~~~~~~

それからあずにゃんを加えた五人での練習が始まった。

梓「唯先輩!そこはそうじゃなくてこうです!」

唯「おお~あずにゃんさっすが~!」

梓「基本ですよ……」

私のギターはあずにゃん曰くめちゃくちゃらしい。
さわちゃんはこれが良いって言ってたんだけどなぁ~
音楽性の違いってやつかな?

律「そろそろ休憩にしようぜ~」

紬「お茶いれるわね~」

澪「おい!もう休憩かよ!」

澪ちゃんはさわちゃんがいた頃に比べてすごく練習熱心になった。
これも音楽性の違いってやつなんだろう。

この五人だとさわちゃんの時とはまた違った楽しさがあるな。

律「またそろそろライブやるか」

紬「賛成で~す♪」

唯「さんせいさんせ~い!」

梓「そうですね」

澪「ライブ……あのさ…今度は誰も消えないよな…?」

唯「あ……」

そうだよね…さわちゃんが消えたのは前のライブの時だった。

澪「私は嫌だ……さわ子の時みたいに、律やみんなと離れ離れになるのは…」

紬「澪ちゃん…」

律「…大丈夫だよ。だってまだまだバンドしたいしな!」

梓「そうですよ!」

唯「そうだよ!私もまだまだみんなとバンドしたい!」

本心だけど、やっぱり心の隅では満足して消えたさわちゃんのことを考えていた。

澪「ムギも…消えないよな…?」

紬「…それはわからない。消えるかもしれないし消えないのかもしれない」

ムギちゃんも私と同じことを考えているのだろうか。

律「ムギ!」

紬「…でも私もまだまだみんなとバンド、続けたいと思っているわ」

澪「ムギ……」

律「安心しろって!ムギもこう言ってるし大丈夫だよ!」

唯「そうだよ!未練タラタラだよ!」

梓「唯先輩…その表現おかしいですよ…」

律「よっしゃー!じゃあライブに向けて曲作りと練習だ!澪、ムギ、頼んだ!」

澪「……ああ…わかった」

紬「ええ♪」

~~~~~~~~~~~~~

律「今日はここまでにしとくか!」

唯「ふぃ~疲れたよ~」

梓「唯先輩は今から私とギターの特訓ですよ」

唯「な……!?」

紬「作曲のアイデア、梓ちゃんにも聞きたいからお付き合いしてもいい?」

梓「もちろんですよ!ムギ先輩にはいろいろ聞きたかったんです」

澪「……律…ちょっといいか?」

律「ん?あぁ…どうしたんだ?」

澪「みんな…私と律は先に帰るよ」

梓「お疲れ様です」

唯「またあした~」

紬「…また明日ね」

澪「ああ…またな」

律「ばっはは~い!」

澪ちゃんとりっちゃんが先に帰った。珍しいな。

唯「二人ともどうしたんだろ?」

梓「澪先輩が律先輩に話があるみたいでしたけど」

紬「きっと…ライブのことね」

唯「ライブのこと?なんで二人だけで……」

紬「…ライブをしたら消えてしまうんじゃないかって、不安なんじゃないかな…とくにりっちゃんが…」

梓「そういえば澪先輩っていつも律先輩と一緒ですしね…」

唯「二人、仲いいもんね~」

紬「澪ちゃんにとってりっちゃんはきっとそれ以上の存在だろうから……」

唯「…?どういうこと?」

梓「それ以上の存在…?」

紬「…ごめんなさい…やっぱり今日は私も先に帰るわ。また明日ね」

唯「う…うん……」

梓「あ…はい、また明日…」

ムギちゃんが部室を出て行った。
ムギちゃんの話は気になったけどとても聞けるような感じじゃなかった。

唯「…なんだか練習する感じじゃなくなっちゃったね……」

梓「…そうですね」

唯「…とりあえず晩御飯食べにいこっか」

梓「はい……」

あずにゃんがなんだかすぐれない顔だ。

唯「あずにゃん!今日は私がおごるよ!」

梓「え…別にいいですよ…」

唯「先輩命令だよ~!ほら、いこ!」

梓「あ、はい…」

あずにゃんにはいま食堂で話題になってるって噂の麻婆豆腐をおごってあげよう!
そんなに話題になってるってことは相当おいしいに違いない!

~~~~~~~~~~~~~

思っていたとおり澪ちゃんとりっちゃんはこの教室にいた。
私が教室に入るべきか悩んで、入ろうとドアに手をかけたとき中から声が聞こえてきた。

澪「…律は消えないよな!?絶対…絶対消えないよな!?」

律「大丈夫だよ…」

やっぱり澪ちゃんの話というのはりっちゃんに対するものだった。

澪「律がいなくなっちゃったら私……もうイジメられるのはいやだ…うっうぅぅ…」

律「大丈夫だって!澪を置いて消えたりしないよ…それにもし私が消えても、ムギや唯、梓がいるだろ?」

澪「いやだ!律がいなきゃいやだっ!」

律「……じゃあ澪……私と一緒に消えるか?」

え…?りっちゃん……!?

澪「え……!?」

律「…ムギの話を聞いたときからずっと考えてたんだ…ホントにこのままでいいのかなって……
  満足したら消えるってんならここに残り続けるってことは永遠に…心から満足することはできないってことだろ?」

澪「……」

律「この世界で生きてた頃の未練をなくして、新しい人生を歩めるなら…この世界に居続けるよりも…」

澪「…いやだっ!!新しい人生になったってどうせまたイジメられるんだっ…誰も助けてくれないんだっ…
  それ位なら律やみんなとずっとこの世界にいたい!!」

律「澪…それは自分勝手だよ」

澪「でも…いやだよ……」

律「心配すんな…まだ消える気はないよ…でも私だっていつかは消えてしまうかもしれないんだ」

澪「……」

律「でも…約束するよ。澪より先には消えないって」

澪「律……」

律「もう一つ。…次の世界でも私が見つけてやるよ!澪のこと!」

澪「そんなの無理だよ……」

律「ダイジョーブだって!!澪と私の仲だろ!?」

澪「ぷっ…なんだよそれ……」

律「私が駄目ならムギがみつけてくれる!!だろ?ムギ!」

え…!?気づかれてた…?

澪「え?ムギ…?」

紬「…りっちゃん…いつから気づいてたの?」

律「んー?澪が話し始める前かな…ドア越しに見えてた」

最初から気づいてたんだ…

澪「ムギ、話聞いてたのか…!?」

紬「ええ…ごめんなさい…澪ちゃん…でも私も約束するわ!澪ちゃんを絶対に見つける!!」

澪「ムギ……」

律「な!だから大丈夫だよ澪…それに今すぐ消えるわけじゃないしな~」

紬「次のライブ成功させましょ!それからまた次のライブ!」

律「はりきってんな~ムギ!」

紬「うふふっ♪」

澪「…そうだな…ライブ、成功させよう」

律「よぉーし!メシ食いにいくかー!!」

紬「おーっ!」

律「澪は麻婆豆腐なっ!」

澪「あんなもん食えるかっ!」

紬「何にしようかしら~♪」

~~~~~~~~~~~~~

律「さーって今日は何にしよっかな~…」

「にゃぁ゛ぁぁ゛ぁああ゛あぁぁっぁ゛あぁぁあ゛ああ!!!!!!!!」

澪「うっわぁぁぁぁぁ!!?」

紬「今の声って……」

唯「あずにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

梓「ぁっぁあああああぁああぁぁあぁああああ!!!!」

紬「ゆ、唯ちゃん!梓ちゃんどうしたの!?」

澪「お、おい…これもしかして麻婆豆腐じゃ……」

律「もしかして唯……」

唯「あ、あずにゃんに今おいしいって話題の麻婆豆腐をおごってあげて
  食べさせてあげたらあずにゃんが急に苦しみだして…もしかして毒!?」

律「いや毒ではないけど…うん……」

紬「あのね唯ちゃん…食堂の麻婆豆腐はおいしくて話題なんじゃなくて、すごく辛いことで有名なの…」

澪「この麻婆豆腐…結構減ってるぞ……」

唯「あずにゃんが一口食べたら涙ぐんできたから、そんなにおいしいのか~と思っていっぱい食べさせてあげたんだ……」

律「梓、おごりだから断るに断れなかったのか……?」

梓「」

澪「おい…梓が動かなくなったんだけど……」

律「と…とりあえず椅子に座らせておこう……」

紬「そ、そうね…」

唯「ご、ごめんねあずにゃ~ん…」

俯いたあずにゃんの口からは唾液と麻婆豆腐が混ざったものが垂れていた。

律「…よし晩飯食うか!!」

澪「そ、そうだな…」

紬「そうね…」

唯「わ、わたしもたーべよっと…」

その後私たちはあずにゃんから少し離れた席で食事を早々に済ませ、帰った。


4