唯「だから澪ちゃんの方が好きだもんねー」ぎゅう

澪「お、おいおい。あんまりくっつくなよ……」どきどき

唯「澪ちゃんだーい好き」すりすり

澪「わ、私も唯は好きだけど、そういうのは……」

梓「むー!」

律「ムギ、今日は少し遅れてくるって」

唯「じゃあそれまでお茶は待とうか」

澪「いや、こういう時こそ練しゅ」

梓「じゃあ今日は私がお茶淹れます!」どーん

澪「あれー?」

唯「いーよ、絶対ムギちゃんが淹れたお茶のがおいしいし」

梓「そんなのやってみないとわからないじゃないですか!」

唯「それに最初にお茶淹れてくれたのはムギちゃんだしね、二番煎じだよ」

梓「む、むー!」

律「なるほど、これがホントの二番煎じか!お茶だけに!」

唯「あはは、りっちゃんおもしろーい!」けらけら

律「唯を最初に軽音部に誘ったのは、私だったよな?」

唯「そうだよねー、りっちゃん本当にありがとね!」

律「いやいやー」てれてれ

梓「……む、むぅ……」


律「おっと、もう帰りの時間だ」

紬「今日は時が流れるのが早いわねぇ」

澪「まだ練習してないのにー」とほほ

唯「今日のばんごはんはなーにかなー?」わくわく

梓(……そうだ!)

梓「唯先輩!今度私がごはんごちそうします!」

唯「えー?いいよ。憂のごはんがあるもん」

梓「なんなら憂と二人で食べにきて下さい!」

唯「そもそもあずにゃん料理なんてできたっけ?」

梓「うっ」

唯「バレンタインのチョコ、憂にだいぶ手伝ってもらったらしいじゃん」

梓「そ、それは……」

唯「だいたいあずにゃんが料理しても、憂のマネっこじゃーん」

梓「……」

唯「結局あずにゃんって、なにで一番なのかな?」

梓「……む」

唯「ん?」

梓「むー!むー!」じだんだ

澪「梓?」

梓「いいもん!いいもん!今に唯先輩を見返してやるもん!」とたとたとた

澪「……」

紬「……」

律「……何事?」



ガチャバタン!

梓ママ「お帰りなさい。あら、どうしたの?」

梓「……」

梓ママ「何かあったの?」

梓「……うして」じわー

梓ママ「?」

梓「どうして私を一年早く産んでくれなかったの!?おかーさん!」

梓ママ「え?」

梓「そーすりゃ!私が誘って!私がお茶淹れて!私がギター教えたのに!」ポロポロ

梓ママ「何が言いたいのかわからない」

梓「二番煎じなんていやだもん!絶対にやだもん!」だっ

梓ママ「……若いって大変ねぇ」


梓のお部屋!

梓「……っく、ひっく……」ぐじゅ

梓「……どうしたらいいんだろ?」

梓「勉強は無理だし、スタイルは……認めたくないけど論外だし」

梓「何をしたら、唯先輩の一番になれるんだろ?」

梓「……そうだ!」



梓「運動だ!」

梓「運動だったら一番になれるよ!」ふんす

梓「そしたら……」


唯「あずにゃん!あーずにゃーん!」

梓「ユイドリアン!ユイドリアーン!」

唯「あはははは」

梓「あはははは」




梓「……えへへ」にこー


【翌朝 AM5:00】

ぴぴぴぴ ぴぴぴぴ

カチッ

梓「……よし」

梓「一個、二個……」

梓「……うん、六個くらいあればいいよね」

梓「うー、やっぱりなんか気持ち悪いー」

梓「……えいっ!」がぶっ

梓「生卵ってキくはずだよね……うぇ」

梓「出発!」

梓「えっほ、えっほ」

梓「朝の空気って、冷たくておいしいな」

梓「……もっと早くに、ジョギング始めてりゃ、よかった」ぜえ

梓「♪ごなーふらーい……」ぜえぜえ


【AM7:00】

梓ママ「……ふあぁーあ」のびー

梓ママ「……ん?」

梓「ていてい」ぺちぺち

梓ママ「……何してるの?」

梓「運動だよ!」ぺちぺち

梓ママ「……それ、今晩の豚カツ用なんだけど……」

梓「おかまいなく!」ぺちぺち

三十分後!

梓ママ「行ってらっしゃーい」

梓「……行ってきまーす」よろ

梓「……眠いし足痛いし手も痛い……」

梓「おまけになんか頭も痛いよー」よろよろ

梓「……っくち」



憂「おはよー梓ちゃん」

梓「ふんっ」

憂「あ、梓ちゃん?」

梓「……憂もライバルなんだからね」

憂「意味わからないよぅ」うるうる

梓「……今に唯先輩を、見返してやるんだから」よろよろ


授業中!

先生「えー、であるからしてー、つまり」

ぎゅるりるりるー

先生「……」

クラス一同「……」

純「……何今の?」

梓「……」カアァ

梓(やばいよ、めちゃくちゃお腹痛いよ……)

梓(朝飲んだ生卵が痛んでたのかな?)

梓(トイレ行きたい……けど恥ずかし)

ぎゅるりるー

ガタッ

梓「先生!トイレ行ってきます!」



梓(うわああぁーん!)


一方……

唯「♪おトイレおトイレ……ありゃ」

唯「珍しいね、この時間に使われてるなんて」

唯「授業中におトイレなんて、精神がたるんどるよ!まったく!」ぷんぷん

ギイィ……

唯「……あ」

梓「……あ」

唯「あずにゃん?」

梓「……ゆ、ゆいせんぱ……」

唯「どうしちゃったのさ、こんなにげっそりしちゃって」

梓「……ほっといてください、今に唯先輩のこと、みかえ……して……」

がくっ

唯「あずにゃん!?しっかりして、あずにゃああああん!」

……

梓「……ん」ぱちっ

梓「あれ、ここは……」

唯「目、覚めた?」

梓「唯先輩!?どうして!……っていうか、ここは?」

唯「保健室だよ。あずにゃん、熱あったよ。風邪かな?」

梓「そっか、私、トイレで倒れて……」

唯「あずにゃんのお母さんには、もう連絡行ってるから大丈夫」にこっ

梓「……どうしてですか」

唯「んー?」

梓「どうして私なんかのために……授業までサボって」

唯「私“なんか”?」

梓「だって!私なんて何やっても唯先輩の一番になれなくて!今日もこんな失敗して!」

梓「私なんて、いつも、唯先輩に偉そうにしてても!本当は何にも、なんにも……できなくて……」ポロ

唯「あずにゃん……」

梓「私なんか……わたしなんか……うっ、うっ……」ポロポロ

唯「……」

梓「……うっ……ひっく……」ポロポロ

ぎゅ

梓「……唯先輩」ぐす

唯「おバカだなー、あずにゃんは」なでなで

梓「……そうですよね、バカですよね……」ぐじゅ

唯「ちがうよー。私はあずにゃんが間違ってるって言いたいんだよ」

梓「え?」

唯「あずにゃんもね、私にとっては大切な一番だよ」

梓「え、だって私……ギターもお茶も一番じゃないもん」

唯「そんなの関係ないよ」

唯「あずにゃんはね、私にとって一番かわいい子なんだ。抱きつくとあったかい子なんだ」

梓「……そんなのうれしくないです!」ぐすっ

唯「それじゃあ、ダメなのかな?」

唯「私はうれしいんだけどなー?」

梓「……」

唯「昨日はね、これが言いたくて意地悪しちゃったんだ。でもあずにゃんたら、さっさと帰っちゃうから」

梓「……なんですか、それ」

唯「あずにゃん、ごめんね。ホントにホントにごめんね」

梓「もう、絶対に許してあげません!」ぷいっ

唯「えぇー!?許してつかぁさぁい!」めそ

梓「……くすっ」


ガチャッ

律「おいーっす!梓無事かー!?」

澪「こら、保健室では静かにしろ!」ぺしっ

唯「あ~。みんな来てくれたんだ~」

律「あったり前よ!後輩のピンチだからな!」

紬「迎えがくるまで、お茶にしましょう」にこにこ

澪「梓、体の調子はどう?」

梓「ええ、もう大丈夫です!」にこー

律「お、なんか嬉しそうだな?」

梓「♪」

唯「?」



めでたしめでたし



戻る
2  ←※作者別(澪と唯)