梓「律犬!」



唯「」ジャ~ン

澪「唯、そこ弾けるようになったんだ」

唯「うん! れんしゅうした!」

澪「えらいなぁ」ヨシヨシ

唯「わたしえらい? えらい?
  エヘヘ~///」




律「くぅ~ん……」(オドオド

梓「(……びくびくしてる。これが律先輩の本当の姿なのかな?)
   ほら、怖くないよ
   おいで」

律「わんっ!」(梓に飛びつく

梓「わっ もう、律は甘えん坊だなあ」

律「あずさっあずさっ」



紬「新展開!? 最高のLiveScene!」


唯「……くぅ~ん」

澪「どうした?」

唯「なっ、なんでもないよ!」

澪「もしかして疲れちゃったか?
  今日はいっぱい練習したもんな」

唯「がんばった! みおちゃんも!」

澪「でも、疲れて倒れちゃったらだめだぞ
  そうなったら私……」(じわっ

唯「みおちゃんなかないで!
  みおちゃんがかなしい、わたしもかなしいよ」

澪「ごめんな、変な事言っちゃって」

唯「だいじょうぶ! わたしみおちゃんのいぬだから!
  いぬだからみおちゃんのためならがんばるよ!」

澪「はは、ありがとうな」ヨシヨシ

唯「えへへ~///」

梓「……かわいいなぁ。律は」

律「……わ、わう///

  あずさも、かわいい
  あずさ、やさしいし、かわいい
  わたし、あずさだいすき!」

梓「……わ、わたしも律のこと、大好き///」

律「やった! りょうおもい! りょうおもい!」

梓「わっ、もう律ってば///」

律「わふ~」(>ω<)






紬「……楽しいんだけど、楽しいんだけど……」ムギギギギ……


紬「お茶? お茶なのね?」パァー



唯「おいしい! ケーキおいしいよ!」

澪「ほら、唯、口にクリーム付いてるぞ」フキフキ

唯「んー」

澪「はい、綺麗になった」

唯「みお、ありがと!」



梓「……律? どうしたの」

律「……ふーふー、して?」

梓「(ドキッ
  はい、ふーふー」

律「あずさ、ありがとっ」

梓「どういたしまして///」


……

唯「やだっ、やだっ!」

澪「もう、そんなこと言ってもこればっかりは仕方ないだろ
  ほら、頭出して」

唯「やっ!」

澪「もう、めっ!」

唯「やだっ! みみとるのやっ! みおちゃんとわかれるのやっ!
  あしたもあさってもおやすみであえないのやっ!!!」

澪「まったく……」

憂「今日泊りに来ますか?」

澪「でも急に……
  迷惑じゃないか?」

憂「じゃあ、料理手伝ってください
  いっしょに料理してくれると嬉しいです」

澪「そっか。じゃあお世話になろうかな
  憂ちゃん、ありがとう」

憂「ふふ、澪さんならいつだって大歓迎ですよ」


律「……」くぅ~ん

梓「律先輩、今日泊りに来ますか?」

律「……いいの?」

梓「はい
  というか、来てくれると有難いというか……」

律「うん、いく
  あずさのうち、いく」

梓「じゃあ行きましょう」

律「て、つないで」

梓「……///」(ギュッ

律「えへへ……///」

梓(ああもう、ほんとにかわいいなぁ!)




prrrr
紬「あ、和ちゃん? ううん、とくに用事とかじゃないんだけど
  うん、うん……えっ!
  ううん! そんな、迷惑とかじゃ!
  わかった! じゃあ準備して和ちゃんのおうちにいくね!」


平沢家

唯「おいしい!」テーレッテレー

憂「うん、本当においしいですよ、澪さん」

澪「そうかな?
  憂ちゃんの作ったもののほうが……」

憂「澪さん、めっ!」

澪「」ビクッ

憂「澪さんのも、私のも、どっちもおいしい。それでいいじゃないですか
  それに、一緒に食べるからいいんですよ」

澪「そっか
  うん、そうだよな。 ありがとう、憂ちゃん」

憂「えへへ
  澪さんの料理、おいしいですよ」

澪「ありがとう」


唯 ぐて~

澪「もう、唯ってば……
  食べてすぐ寝ると体に悪いぞ」

唯「うー……」

憂「お姉ちゃん、お風呂にはいっちゃって」

唯「みおちゃんもー」

澪「えっ?」

憂「……お願いしちゃってもいいですか?
  嫌だったら適当なところで耳外してくれちゃっていいので」

澪「わかったよじゃあ唯、行こう」

唯「いっしょにおふろ! いっしょ!」

唯「ぬぎぬぎ~」

澪「はやっ!?
  た、ためらいもなく勢いよく脱ぐな!///」

唯「……?」スッポンポーン

澪「あう……/// もう無理!」犬耳off!

唯「……///」カァ

澪「ご、ごゆっくり~///」

唯「は、恥ずかしい///」

澪「は、恥ずかしかった~」


憂「お疲れ様です
  あの、澪さんにお願いがあるんですけど……」

澪「うん、どうしたの?」

憂「あの、これなんですけど……」

澪「こ、これは」

憂「あの、嫌だったらいいんです
  でも、もし、澪さんがいいなら……わたしに、お願いします」

澪「……う、うん」(ドキドキ

憂「……」(ドキドキ

澪「(その上目遣いは反則だよ……
   なんだかその、じっと待ってる憂ちゃんがけ、結婚式みたいですごくドキドキする///)」






澪「憂犬!」


憂「みおっ」

澪「わっ」

憂「みおっみおっみおっ!」

澪「よしよし」

憂「みーおーっ」

澪「憂ちゃんは唯と同じくらい抱きつくのが好きみたいだな」

憂「うい」

澪「え?」

憂「よびかた!」

澪「……あ、えっと…… うい…///」

憂「みおーっ!」

澪「(やっぱり憂ちゃんは誰かに甘えたかったんだよな
   犬耳はただの言い訳に過ぎないんだ
   憂ちゃんがこうすることで素直に甘えられるなら、私は精いっぱい甘やかしてあげよう)」


唯「あー! 憂ずるーい!」

澪「唯、二人とも付けちゃったら収拾つかなくなるからダメ
  それに、憂も甘えたいんだよ
  だから今日は憂のばんね」

唯「うー…… でも、そういうことなら今日は犬耳は我慢するよ
  だけど……」

澪「うっ なんかいやな予感」

唯「私も澪ちゃんに抱きつくー!」

澪「うわー!」ドテーン


中野家

梓「……」

律「……」

梓「(犬耳付けても人によって大分反応が違うなあ
   律先輩はむしろ元気無くなった気がするし

   唯先輩みたいに抱きついたり話しかけるわけでもなくずっとすぐそばにいるだけ
   だけど離れようとすると泣きそうな顔するんだもんなぁ……)」

梓「そろそろご飯作ってきます」

律「わたし、つくる」

梓「え、でも……」

律「……あずさによろこんでもらいたいから
  だから、わたしつくる」

梓「じゃあ、お願いね」

律「うんっ」ニコッ

梓「(……その笑顔は反則だよお///)」

梓「(どうやら、律先輩は忠犬タイプみたい
   大人しくて私に直接何か求めたりはしないけど、たぶんホントは抱きついたり褒められたり『されたい』んだろう)」

律「……おいしい?」

梓「うん、とってもおいしいよ
  ありがとう、律」ナデナデ

律「えへへ……///」わふーん

梓「(か、かわいい///)

  律、おいで」

律「……?」トテトテ

梓「いいこ、いいこ」ナデナデ

律「わふ……」うっとり

梓「(やっぱり…… 褒められて、撫でられてうれしいんだ) キュン

  律、かわいい」ギュッ

律「わふっわふっ」>ω<


梓「じゃあ、お風呂はいろっか」

律「うん」

梓「はいぬぎぬぎ~」

律「ん~」スッポンポーン

梓「……じゃあはいろっ///」

ざっぷ~ん

梓律「はぁ~~///」

律「……あずさ あらう」

梓「うん、お願いね」

律「うんっ」ニコッ

ゴシゴシ

律「んっ、んっ
  きもちー?」

梓「うん、気持ちいいよ
  ありがとう、律」

律「えへへ……///」

梓「じゃあ次は私が律のこと洗ってあげる」

律「いいの……?」

梓「うん。じゃあまずは頭からね」(犬耳off

律「…………///」ボンッ

梓「どうしたの、律?
  顔真っ赤だけど大丈夫?」

律「あ、あの…… じ、自分で洗えますので……//////」

梓「……?
  って、あっ! 耳が!?」

律「あの、その……流石に恥ずかしいんだけど…///」

梓「あ、あはは……//////」

カッポーン

律「うぅ…… 死ぬほど恥ずかしい」

梓「いや、あの、私も調子に乗ってしまい非常に申し訳ないです……」

律「いや、私こそすまん
  なんか迷惑かけちゃってさ」

梓「そんなっ!
  全然迷惑だなんて!
  その、律先輩に甘えられて嬉しかったし、その……」ゴニョゴニョ

律「いや、私にまとわりつかれて気持ち悪かっただろ?」

梓「そんなことないです!
  大好きって言われて! ほんとにうれしかったんです!」

律「あっ、えっと……//////」

梓「あっ/// その、なんか……すみません」



梓律「うぅ……//////」



律「あのな!」

梓「は、はい!」

律「嘘は言ってないから!」

梓「えっと、何がですか?」

律「……犬の時も、本心だから!
  だから、その、好きって言ったことも本心だから!///」

梓「……私も、律先輩のことは大好きですよ///」

律「そ、そっか///」

梓「そ、そうです///」

律「さっぱりしたけどもやもやする……」

梓「あの、一つ質問いいですか?」

律「なんだー、どしたー?」

梓「犬耳付けてるときは、本当の律先輩なんですか?」

律「わかんねー。
  でも理性みたいのが飛んじゃって本能に忠実っていうか、なんかそんな感じ」

梓「じゃあ、律先輩の本能って……?」

律「やめろー! 私に自分を分析させるんじゃねー!」

梓「でも、律先輩がしたいようにできるってことなら、私は構いませんよ」

律「え?」

梓「律先輩が甘えたいなら甘えさせますし、ほめられたいなら褒めます
  そばにいてほしいなら、ずっとそばにいます
  だから、これ、つけてもいいですよ?」

律「……いいのか?」

梓「どんな律先輩でも、私は好きですよ
  それに、私にだけ向けてくれるっていうのは嬉しいですし」

律「梓……」

梓「だから、ね」

律「うん…///」


3