唯「みおちゃんみおちゃん!」

澪「どうした、唯?」

唯「あいす!あいすたべたい!」

澪「そうか、じゃあ練習終わったら食べに行こうな」

唯「うん! いく!いっしょにあいすたべる!」

澪「じゃあ、ちゃんと練習しような」

唯「うん! わたしれんしゅうするよ!いっしょにれんしゅう! いっしょ!」

澪「ああ、一緒だよ」

唯「みおちゃんといっしょ!みおちゃんとえんそう!」ジャーン

澪「ふふ、良い子良い子」ナデナデ

唯「くぅ~ん///」






律「……」
梓「……」
紬「……///」



唯「あいす! おいしい!」

澪「ああ、おいしいな」

唯「みおちゃんといっしょ! もっとおいしい!」

澪「私もだよ……///」

唯「……」ジー

澪「ん? 唯こっちも食べたいのか?」

唯「いいの? いいの?」

澪「いいよ、ほら」(アーン

唯「ありがとう!(パクッ
  おいしい!」

澪「ふふっ、よかった」




律「……梓、あーん」
梓「あ、ありがとうございます」(パクッ
律梓「……(なんか空しい……)」

紬「……///」


唯「んっ!」アイスサシダシ

澪「どうしたの?」

唯「おかえし!」

澪「……///」パクッ

唯「おいしい? おいしい?」

澪「うん、ありがとう 唯」

唯「みおちゃんがうれしい、わたしもうれしい!」

澪「唯はいい子だなぁ」(ナデナデ

唯「くぅ~ん///」




梓「……」(スッ
律「……梓、どうした?」
梓「……お、お返し、です///」
律「(ドキっ) お、おう///」(パクッ
律梓「……///(あ、なんか悪くないかも……///)」

紬「……/// (ここは天国かしら///)」


唯「あ、ういー!」

憂「あ、どうもみなさん」

澪「じゃあ、唯はここでお別れだな」

唯「……」(ジッ

澪「そんな顔してもだーめっ
  また明日ね」(唯の犬耳外しっ

唯「うん! じゃあ澪ちゃん!みんな!また明日~!ばいば~い!」




律「人間モードだと普通なんだけどなあ」

梓「やっぱりあの犬耳なにかあるんじゃ……」

律「いや、多分唯の入れ込みがすごいだけだろ
  犬耳付けて犬の真似してれば澪に何しても許されるしな」

梓「入れ込みってレベルじゃないと思いますけど」

律「……梓、猫耳付けてみる?///」

梓「いやですよ///」

紬「幸せはsustain!」


次の日

唯「あ~、りっちゃん!澪ちゃん! おはよ~」

律「おう、唯、おはよ~」

澪「おはよう」

唯「……(うずうず」

澪「ダメッ、犬耳は放課後までお預けって約束だろ」

唯「あははっ、み、澪ちゃん私そそそそんなことおもってないよっ!?」

律「ばればれだぞー唯!」

唯「あー、りっちゃんだけは信じてくれると思ってたのに!」

わいのわいの


梓「……ハァ」

純「梓~ 朝からため息なんてついたら幸せが逃げちゃうぞ~」

梓「っ!?」サッ

憂「梓ちゃんおはよー」

純「おや? 今何を隠したのかな?」

梓「にゃっ、にゃんでもにゃいわにょっ!?」

純「あははっ、動揺しすぎ~」

憂「……梓ちゃんまさか」

梓「ゆ、ゆいせんぱいに使うわけじゃないよ!?」

憂「え? どういうこと?」


放課後!

澪「じゃあ練習頑張ろうな、唯」(犬耳set

唯「うん! がんばる!
  みおちゃんといっしょ!」

澪「ああ、一緒に頑張ろう」





律「……あれー、なぜかこんなところに猫耳があるぞー」

梓「つけませんよ」

律「……(シュン」

梓「えっと、あの、それで、その
  たまたま私こんなもの見つけちゃったんですが」(スッ

律「こ、これは……」




紬「お茶……しないの?」グスッ



2