唯「ねえ、りっちゃーん」

律「なんだ?」

唯「さっきから黙ってないで、なにかお話しようよー」

律「何言ってんだ、どこから敵が現われるかわかんないんだぞ?」

律「お前も回りに注意をしろ」

律「敵が野生動物にしろ、レイダーにしろ」

律「相手を先に見つけたほうが圧倒的に有利なんだ」

唯「でもー、なんだか黙って歩いてると緊張しちゃって……」

律「!?」

スチャッ

唯「わぁっ、急に構えてどうしたの!?」

律「あっちをよく見ろ」

律「何か……来る!」

唯「ええっ!?」

梓「わーっ!」タッタッタッタ


律「遠くから誰か走ってくる!」

律「敵かもしれないぞ」

唯「でも、女の子だよ?」

律「レイダーにもギャングにも女はいる」

唯「けど、敵じゃないかも?」

律「いいか、先ずは自分達の安全が第一だ」

律「やっぱり敵でしたで殺されちゃ世話ないぜ」

唯「そんなっ!?」


梓「わぁーっ!!!!」ッタッタッタ


律「どんどん近付いてくるな」

唯「りっちゃん、撃たないで!」

律「……」

バーンッ! バーンッ! バーンッ!

梓「きゃーっ!!!」

バタッ


唯「りっちゃん、何で撃ったの!?」

律「唯、お前も武器を構えてろ!」ダッ

唯「待ってよ、りっちゃん!?」

律「ゲッコーの群れだ!」タッタッタッタ

唯「ええっ!?」


バーンッ バーンッ バーンッ

律「おいお前っ、ココは私に任せて逃げろっ!」

梓「ありがとうございます!」

律「いいから早くっ!」

律「この先に私の仲間がいる」

梓「わかりました!」タッタッタ

バーンッ バーンッ!

梓「わぁーん!」ッタッタッタ

梓「助けて下さい!」ガバッ

唯「えっ、わっ!?ちょっと!?」


律「くそっ、けっこう数が多いな」

バーンッ バーンッ!

律「!?」

律「唯っ、一匹そっちに行ったぞ!?」


唯「えっ?えええ!?」

梓「こっちに来ますよ!」

ゲッコー「シャアァーッ!」ッタッタッタ

唯「あわ、あわわわわ」ガタガタ

梓「きゃーっ!!?」

唯「えいっ!!!」

バチュン バチュン!

ゲッコー「ギャーッ」

ジュワー


梓「やったーっ!」

梓「ありがとうございます!」ダキッ

唯「えっ、えへへ///」

唯(やったよ、私も戦えたよ!)

律「よかった、無事だったな」ッタッタッタ

梓「ううっ、お二人とも、ありがとうございます」グスグス

律「話しは後だ、安全な場所を探して休憩しよう」

唯(うい、すごいよ!)

唯(おねえちゃん、ゲッコーをやっつけたんだよ!)


焚き火を囲んで

パチパチパチ

律「私は田井中律、こっちは平沢唯」

律「お前は?」

梓「私は、中野梓です」

唯「わぁー、カッコいいお洋服だねー」

律「その格好から見て、お前……」

梓「はい、私Vaultから来たんです」

唯「ぼるとってなに?」

梓「Vault、知らないんですか?」

律「まったくお前は……」

律「大昔に核戦争があった事ぐらいは知ってるだろ?」

唯「うん、それでたくさんの人が死んじゃったんだよね」

律「でも、核爆弾が落ちる前に、核シェルターに逃げ込んだ人たちもいたんだよ」

律「その子孫がVaultの住人って訳だ」

唯「あっ、りっちゃん、ゲッコーの肉焼けたみたいだよ!」

律「おいおい、せっかく説明してるのに、ちゃんと聞いてたのかよ?」

唯「でも焦げちゃうよーっ」

律「まあ、とりあえず食うか」

唯「わーい」

パクッ ガブガブ

唯「おいしーっ!」

律「あはは、よかった」

律「梓も遠慮せずに食えよ」

梓「えっ、ええ……」

梓「……」モジモジ

律「どうしたんだ?」

梓「私、こんな汚いところで食事した事ないし……」

梓「それに、外の世界の食べ物は、RAD(放射能)に汚染されてるって言うし」

律「……」

律「お前、本当にVaultから出てきたばかりなんだな」

律「だけどな、わたし達はずっとこの環境のなかで暮らしてきたんだ」

律「お前から見たら野蛮で文明の低い暮らしかもしれないが」

律「私達から見たらお前たちの方が異常だよ」

梓「そんなっ!?」

梓「Vaultの中では科学も、文化も、教育も」

梓「旧時代のものがちゃんと受け継がれていて」

梓「人間らしい暮らしが出来てたんです!」

律「人間らしい?」

律「あの核戦争は争い合う人類への罰だったんだ」

律「それから逃れて、地下で保存食を齧ってこそこそと生き抜いてきた」

律「お前らVaultの住人はラッドローチ(ゴキブリ)野郎だ!」

梓「私っ、ゴキブリなんかじゃありません!」

唯「うっ、うわぁーん」ポロポロ

梓「わっ、どうしたんですか!?」

唯「うえーん、ういーっ」

梓「えっ、憂?」

律「こいつの妹の憂ちゃんはな」

律「唯に、このゲッコーステーキを食べさせたくて出て行って」

律「そのまま行方知れずになったんだ」

梓「そうだったんですか……」

律「こんな物でも、わたし達にとってはご馳走なんだ」

梓「……」

パクッ ムシャムシャ

梓「……!?」

梓「あっ、美味しい!」

律「へへっ、そうだろ?」

梓「……」

梓「私のいたVaultで、大きな争いごとが起こったんです」

梓「同じVaultの仲間同士なのに、恨みあって、疑いあって」

梓「みんなおかしくなっちゃって……」

梓「わたし、もう全部嫌になって飛び出してきたんです!」

律「……地上も地下も変わらないな」

梓「だから私、地上の生活がよくわからなくて」

梓「これからも色々教えて下さいっ」

梓「律先輩!唯先輩!」

律「先輩って……」

律「お前、付いて来るつもりか?」

唯「うん、任せてよあずにゃんっ!」

律「お前が言うなよっ」

梓(あずにゃん……?)

律「ついて来るのはいいが、武器も無いのか?」

梓「いえ、Vaultを出るときにこれを持って出たんですが」

律「レーザーピストルか、なんだ、持ってるじゃないか?」

唯「私のに似てるねー」

律「同じエナジー武器だからな」

梓「でも、E Cell(弾薬)が切れちゃって……」

唯「私もあんまり持ってないけど」

唯「あずにゃんに半分あげるね」

梓「ありがとうございます!」

律「それじゃ、また出発するか」

唯「ゲッコーの狩り場はすぐそこだよ!」



唯装備 プラズマディフェンダー         ウェイストランド入植者の服

律装備 サービスライフル(軍用ライフル)   傭兵服 カウボーイハット

梓装備 レーザーピストル             Vault ジャンプスーツ




ゲッコーの狩り場

唯「ここだよりっちゃん」

梓「あっ、私ここから走って逃げたんです!」

律「なんだ、さっきのゲッコーの群れは」

律「梓がここから連れて来たのか?」

唯「あずにゃん、この辺りで誰か見なかった?」

梓「ええ、人には会いませんでしたが……」

梓「えっと、その……」

梓「死体を見つけて……」

唯「!!?」

律「……」

唯「まっ、まさか……憂!?」ブルブル

梓「わかりません、それでビックリしてると」

梓「いつの間にかゲッコーの群れに囲まれてて」

律「その死体、確かめに行こう」

梓「こっちです……」


律「うっ!?」

律「これはひどい、食い散らかされてる」

唯「うわぁーっ!!!」

梓「うう……っ」ブルブル

律「無理に見るな、顔を背けてろっ」

唯「うっ、憂いじゃないよね?」ガタガタ

律「衣服も破れて血に染まってて、よく分からない」

律「憂ちゃんは何を持ってた?」

唯「ううっ、憂はライフルを使ってた」


律「傍にバーミンターライフル(バーミンライフル)がある」

唯「!!?」

律「そしてこの骨格、体の大きさ」

律「おそらく女性だろう……」

唯「そっ、そんなぁ……」ガタガタ

律「残念だけど唯、憂ちゃんは……」

唯「うそだっ、そんなぁ」

唯「憂が死んじゃう訳ないよっ!」

律「唯、辛いだろうけど、これが現実なんだ」

律「お前も本当は……分ってたんだろ?」

唯「うわぁーんっ、ういー、ういーっ!!!」

唯「ゴメンねういっ、私のために」

唯「ゴメンねっ、ごめんねー」ボロボロ

梓「唯先輩……」グスッ


数時間後

律「よし、こんなもんか」

律「ライフルが墓標代わりだ」

唯「ううっ……」グスグス

律「お墓もつくってあげたし、これでいいだろ?」

律「いくぞ唯っ」

唯「いやだっ、私はここに残るよっ」

律「何言ってるんだ?」

唯「こんな所に憂を一人ぼっちにできないよ」

律「ここに居たら、お前もゲッコーの餌食だぞ?」

唯「いいもん!」

唯「わたしと憂はいつも一緒だったもん」

唯「だったら私も、ここで一緒に……」

律「ばかやろうっ!」

パチーン!

唯「ううっ、りっちゃん……?」

梓「ちょっと、律先輩!?」

律「憂ちゃんが今までお前を守ってくれたんだろ?」

律「憂ちゃんの為にも、お前が生きなくてどうするんだっ!?」

唯「……」

律「生き残った人間にはな、生きぬく義務があるんだよ!」

律「憂ちゃんなら、お前になんて言うか考えてみろっ!!!」

唯「……そうだね」グスッ

唯(憂、いままでありがとう)

唯(そして面倒かけるばかりのおねえちゃんでごめんね)

唯(わたし、憂がビックリするくら、いいお姉ちゃんになるから)

唯(だから…私を見ててね……)

梓「唯先輩っ」ダキッ

唯「あずにゃん……」

梓「唯先輩には、私達が一緒ですよ!」

律「仕方ないからな、もう少し一緒にいてやるよ」

律「憂ちゃんが払えなかった、私への報酬」

律「お前が強くなって、自分で私に払うんだ」

唯「うん!ありがとう二人とも」グスッ



死んだかと思われた平沢憂

しかし……彼女は生きていた!

そして彼女は後に、自分自身の墓を見つけることになるのだが

それはまだ先の話……


唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」第二話  完