澪(どうしよう いい出しづらくなっちゃった…)

唯「じゃあ私からいくよ!」

澪「あ、ああ」

  (さすが唯だ)

唯「なんで澪ちゃんは今日一日中私の顔見てるの?」

澪「え?」

唯「なんかずっと見つめられてるようでドキドキしっぱなしだよ///」

澪「いや、それにはちょっとした理由があって…」

  (あれ? なんで夢のことじゃないんだ?)

唯「ちょっとした理由? 私の顔になにか重大な病気の前兆でもあるの?」

澪「そういうことじゃないけど…」

唯「それならよかったー …じゃなくて理由を教えてよ澪ちゃん」

澪「……」

唯「わ、私澪ちゃんになにかしたかな?」

澪「そんなんじゃないって! ただ…」

唯「ただ?」

澪「夢でちょっとしたことがあってちょっと気まずいなって…」

唯「ご、ごめんなさい!」

澪「え?」

律「いきなりどうしたんだよ唯」

紬「唯ちゃんどうしたの?」

唯「……ちょっと澪ちゃんこっち来て」グイッ

澪「へ?」

律「なんか仲間外れにされてる気分」

紬「りっちゃんりっちゃん」チョイチョイ

律「そ、それは趣味悪いんじゃないか?」

紬「まあまあまあまあまあまあ」


~ 部室 ~

澪「唯、ごめんなさいってどういうことだ?」

唯「だって夢とはいえあんなこと///」イヤーン

澪「いやいや、謝るのは私の方だって」

唯「違うよ 澪ちゃんは何にも悪くないよ」

澪「え~っと… よくわからないんだけど唯は具体的に何をしたんだ?」

唯「そ、それ言わせちゃうの?///」クネクネ

澪「ま、まあちゃんと言わないとわからないからな」

唯「でもやっぱり恥ずかしいな///」

澪「唯、 唯の夢もやっぱりマシュマロだろ?///」

唯「澪ちゃんも同じ夢…」

澪「そ、その… 夢の中では暴走しちゃってごめんな」

唯「え? 暴走したのは私だよ?」

澪「え?」

紬「暴走? マシュマロ?」ワクワク

律「どうなってんだ? マシュマロってなんだ?」コソコソ

唯「澪ちゃんはただ… アンアン言ってただけでしょ?///」

澪「そ、それは唯だって!///」

紬「りっちゃんりっちゃん!」ユサユサ

律「ムギ静かにしろって!」コソコソ

唯「だってマシュマロの夢でしょ?」

澪「そうだよ 今朝起きたら抱き枕食べてたんだよ」

唯「私は毛布食べてたらしい…」

澪「じゃあやっぱり同じ夢じゃないか ごめんな唯」

唯「だから澪ちゃん、謝るのは私の方だって」

澪「……もしかしたら似たようで違う夢なんじゃないのか?」

唯「でもマシュマロを堪能して私が暴走する夢でしょ?」

澪「いやいや唯は自分のマシュマロを堪能して暴走するのか? 違うだろ?」

唯「違うよマシュマロは澪ちゃんでしょ?」

澪「え?」

唯「違うの?」

澪「唯、マシュマロって具体的になんのことだ?」

唯「み、澪ちゃんの…」チラ

澪「//////」ササッ

唯「ご、ごめんね///」

  「それで、澪ちゃんの言ってるマシュマロって?」

澪「ゆ、唯の…」チラ

唯「え? 見つめられても困るよ澪ちゃん///」

澪「違う! 唯のほっぺだ!///」

唯「ほぇ?」

澪「唯のほっぺだ」

唯「ほっぺって…」

澪「夢の中とはいえごめんな、唯」

唯「う、うん… 澪ちゃんの言うマシュマロが私のほっぺだって言うのはわかったよ」

澪「ようやく誤解が解けたな」

唯「それで澪ちゃんのマシュマロを堪能する方法はわかるんだけど…」ワキワキ

澪「手を動かしながら見るな!///」

唯「おっとごめんごめん」エヘヘ

  「私のマシュマロを堪能するってどうやるの?///」

澪「えっと… それはその…」

唯「ん~?」パチクリ

澪「唯のほっぺを口でいろいろと… 味わうというか…」

唯「そ、そうなんだ…」

澪(あれ? 心なしか唯が引いてる?)

律「うわ… 澪気持ちわるっ…」

澪「!」

唯「どうしたの澪ちゃん?」

澪「いや、今律が私の悪口を言った気がしてな」キョロキョロ

唯「あ! ドアが少し開いてる!」

澪「唯、見に行くぞ」

唯「うん」

紬「りっちゃんのせいでばれちゃったじゃない!」タタタッ

律「ごめんムギ…」タタタッ

ガチャ

澪「あれ?」

唯「誰もいないね…」

澪「なんだろうこの紙」

唯「何それ私にも見せてよ澪ちゃん」

澪「ん? いいよ一緒に読もう」

『――夢とは自分の真の欲望を映すもの――』

唯「これムギちゃんの字だよね」

澪「でもあながち間違いじゃないかもな…」チラッ

唯「え? ダメだよ澪ちゃん!」

澪「ゆ、唯… ちょっとだけいいか?///」

唯「じゅ、授業遅れちゃうよっ!」

澪「大丈夫だってほら」

唯「舐めまわすんでしょ? そんなのダメだよぉ…」

澪「いやちょっとぷにぷにするだけでいいんだ!」

唯「そ、それならいいけど… ちょっとだけだよ///」

澪「ありがとう唯! じゃあさっそく…」ぷにぷに

唯「//////」

澪「ぷにぷにというよりもふにふにだな///」ふにふに

唯「澪ひゃん」

澪「もうちょっとだけ///」ふにふに

唯(澪ちゃんは今私のほっぺに夢中… 胸がノーマークですぞ澪ちゃん!)サワサワ

澪「ひっ!」サッ

唯「あーん、もう澪ちゃんのいじわる~」

澪「いきなりびっくりするだろ!」

唯「いきなりじゃなければいいの?」フヘヘ

澪「あ、授業に遅れるぞ! 急ぐぞ唯!」

唯「それは虫がよすぎるんじゃないのかな? 澪ちゃん」ガシッ

澪「ひぃぃ…」

唯「とりゃー!」モミモミ

澪「ご、ごめんなさーい!」


~ 3-2 ~

先生「出席を取ります 秋山さん」

シーン…

先生「秋山さん? 朝も遅刻してしょうがない子ですね~」

~ 廊下 ~

澪「唯がしつこいから遅れちゃうだろ!」タタタッ

唯「澪ちゃんだってしつこかったじゃん」タタタッ

澪「まあその代わり生で唯のほっぺを舐められたから嬉しいな」タタタッ

唯「澪ちゃんのえっち」タタタッ

澪「唯だってブラの中に…」タタタッ

唯「ふぅ…やっと着いた」


~ 3-2 ~

先生「平沢さん」

ガラッ

唯「はいっ!」

先生「いつまでも立ってないで座りなさい」

唯「は~い」

唯澪「……」スッ

先生「は~い授業を始めまーす 102Pを開いてください」




澪(あれ? また私…)




            ~ END ~