―――放課後・音楽室

澪「あれ、まだ唯しかいないのか」

唯「あ、澪ちゃん!遅かったね!」

澪「そうでもないと思うけど…。」

梓「すみません、私も居るんですけど…」


紬「こんにちは~。あら、唯ちゃん澪ちゃん。」

澪「あ、ムギ。律は一緒じゃないのか?」

紬「あ、ああ。りっちゃん…」

紬(昨日とほとんど状況が同じね…)

紬(違うのは、ここから…)


梓「あの、私も居るんですけど…」

バンバンバンバン!


澪「アイツ、二日連続で遅刻なんて何考えてるんだ!部長のくせして…!」

紬「あの…澪ちゃん、その事なんだけど…」

澪「なんだムギ?」

紬「さっきね、りっちゃんが和ちゃんと空き教室に入ってたのを見たの」

澪「は!?」

紬「手を繋いで、仲良さそうに…」

澪「なななな、なんだと!?」

紬「それでちょっと気になって覗いたんだけど、二人…その…キスしてたわ…」ポッ

澪「」


バンバンバン!


澪「り、律め…部活に来ないでそんな事してたのか…」

澪「もしかして昨日来なかったも和と…」

澪「何やってんだアイツは…!!」

紬(順調だわ♪)

澪「ムギ、その教室教えてくれ!律引っ張って連れて来る!」

紬「あの…そのことなんだけど…」


バンバンバン!


紬「今日りっちゃんとお昼食べてた時の話なんだけど…」




律「あーそろそろ軽音部やめよっかなぁ…」

紬「とっ、突然何言い出すのりっちゃん!?」

律「いやだってさぁ、軽音部に居ると和と居る時間減るじゃん」

和「り、律!恥ずかしいから!」

紬「そ、そんな…りっちゃん、軽音部の部長じゃない…!」

律「ん~、でも今は和の方が大事だしね~。部活と恋人なら恋人でしょ!」

和「律…!」

律「うわっ、皆見てるだろ!抱き着くなぁ!」

紬「り…りっちゃん…」



紬「という事なの…。」

澪「なんだ…何だよそれ…意味分かんない…」ガタガタ

紬(あ…ちょっと脚色し過ぎたかしら…澪ちゃん泣きそう…)


バンバンバン!


澪「アイツが無理矢理私を軽音部に入れたんじゃないか…」

澪「そんなの勝手過ぎるよ…ふざけるな…!」

澪「やっぱり私、一発律を殴らなきゃ気がすまない!律を連れてくるぞムギ!」

紬「…でも、その後はどうするの?」

澪「その後?」

紬「結局、りっちゃんが私達軽音部より和ちゃんの方が大事って言ったら…」

澪「そっ、そんな事…!」

紬「新しいドラムを探しましょう…澪ちゃん…」

澪「そんなの絶対ダメだ!ムギだって言ってたじゃないか!律の代わりなんて居ないって!」

紬「澪ちゃん…」

唯「ねえ…澪ちゃん待って!」

澪「ど、どうしたんだよ唯?」

唯「りっちゃんなんていいじゃん!私が、私が居ればそれで…!」

澪「な…唯、本気で言ってんのか!?」

唯「本気だよ…!澪ちゃんは私よりりっちゃんの方が大事なの?私と澪ちゃんは恋人でしょ!?」

澪「そ、それは今関係無いだろ…?」

唯「関係あるよ!真面目に答えてっ…!」
澪「唯…」

紬(あ、あれ、唯ちゃん?これは想定外でしたわ…)

唯「何で澪ちゃんはそんなりっちゃんにこだわるの?」

澪「だって…軽音部の部長で…ドラムじゃないか…」

唯「私、澪ちゃんのためなら部長だってやるよ?ドラムも新しく探せばいいじゃん…!」

澪「…それは、ダメだよ」

唯「っ、どうして!?」
澪「うちの軽音部の部長で、ドラムは律だけだよ」

唯「…澪ちゃん、私と居る時もずっと他の誰かの事考えてる感じだった…。」

唯「澪ちゃんは、お、私とりっちゃんどっちが大事なの!?」

澪「ごめん…それは…」

唯「澪ちゃんから付き合って、って言って来たのに…馬鹿っ!」

澪「ごめん唯!」ダッ

紬「あ、澪ちゃん待って!!」


梓(私が居ること、皆さん完璧に忘れてるなぁ…)



……

律「なぁ和…私そろそろ部活行かないと…」

和「少し位いいんじゃない?律はいつも頑張ってるだし、ちょっとサボる位どってことないわよ」

律「う、う~ん、そっかなぁ…」

律(澪、怒ってるかなぁ。いや、もう呆れてるか。)

律「ってうぉい、和!?」ドサッ

和「こういうの嫌?」

律「嫌とかじゃなくて、え、え?」

律「私何で押し倒されてるの?」

和「ちょっとドキドキするわね」

律「あ、うん。確かにドキドキはするけど…」

律「私達にはこういう事はまだちょっと早いんじゃないかなぁ…?」

和「そんな事無いと思うけど」

律「いや、そんなことあるよ~…」



……

澪「ムギ、その、空き教室って…!」

紬「あそこよ澪ちゃん」

澪「っはぁ、はぁ、着い…ってお前等何してんだぁああ!」


律「うわっ、み、澪!?何でここに!?」

和「あら、澪。部活は?」

紬(もうちょっと着くの遅くても良かったかも…)

澪「お、お前…部活サボって…!」

律「ご、ごめんなさいっ!」

澪「その上、こっ、こんな事まで…!」

和「別にいいじゃない。誰に迷惑かけてる訳でも無いしね」

澪「め、迷惑とかそういう…!」

和「澪に私と律の事をとやかく言われる筋合いは無いけど?」

澪「う…」

紬(私はもう出番無いみたいね)

和「じゃ、続きしましょうか律」

律「わ、馬鹿、和!」


澪「ま、待て!!」


和「何よ澪」

澪「そ、そんな事、私が許さない!」

和「…だからどうして?私と律が何してたって澪には関係ないでしょ?」

澪「関係あるっ!」

律「…澪?」

和「何の関係があるの?」


澪「それは…、私が、その…」

和「澪が?」


澪「その、りっ、律が、好きだからだよっ!!」


律「んなっ…!?」

和「…」


紬(はぁ…私幸せですわぁ…)

律「澪、お前何言って…!?」

澪「律はずっと近くに居たから気付かなかったんだ」

澪「律と和が付き合ってるって聞いた時、私無性にイライラした」

澪「ずっとどうしてだか考えてたんだ」

澪「それでさっき、律が軽音部をやめるって聞いて…」

律「私が軽音部をやめる!?」

澪「やっと気が付いたんだ。私はずっと律と一緒で、そしてこれからもずっと一緒に居たいんだ。」

澪「唯には申し訳無いけど…私は律、やっぱりお前が好きなんだ!」

律「み、澪…!」

律「その、澪、私、お前を騙してたんだ」

澪「騙す?」

律「ほら、カチューシャ…」

澪「!!あ、あの時のって、もしかして…」

律「そうだよ。唯じゃなくて私だったんだよ」


澪(じゃあ唯と一緒に居た時の違和感っていうのは…そういう事だったのか)

律「私、冗談半分でああいう事して。それで、澪が唯の事好きっていうから」

律「すっごい後悔した。私もあの時、初めて気付いたんだ。」


律「私も澪の事が大好きだったんだって」

律「私も澪が好きだ、大好きだっ!」


澪「律…!でも律、お前和は…」

律「あ、の、和、その…」

和「いいわよ別に。私はね、実は紬が好きだったのよ」

紬「えぇ!?」

和「ただ紬の気を引きたくて律と付き合う振りしてただけなの」

紬「そ、そうだったの?」

律「和…ゴメン」

和「…謝らないでよ。澪、今度律を泣かせたら、私、本気で奪っちゃうからね?」

澪「うん、絶対もう律を泣かせたりなんかしないよ!」


和「絶対よ、澪。…って、ちょっ、紬、あんまりくっつかないで」

紬「和ちゃん、気付かなくてごめんなさい。私鈍感だったわ」


和「ねえちょっとその場の雰囲気とか読んでよ、ちょっ、紬!やめっ!」




5