澪「お、まだ部室には唯だけか」

律「はぁ?何言ってん…」

澪「まったく…律は部長なのにまだ来てないのか…アイツはホントにもう…」

律(…勘違いしてるのか?ちょっとからかってやるか!)

澪「おい唯?ボーッとしてどうした?」

律「澪ちゃん!好き!」(唯の声真似)

澪「なっ、ななななっ、はぁ!?」

律「私もう我慢出来ないっ!澪ちゃん、大好きっ!」

澪「ゆゆゆ、唯!?突然どうした!?」

律(はー…案外気が付かないモンだねえ…。幼なじみなのに…)

律「だって澪ちゃんこんなに指ぷにぷにで…黒い髪がツヤツヤで…もう全部が可愛くて…」

澪「さっ、さっきから何を言ってるんだ唯!?」

律「何って…、言葉の通りだよ澪ちゃん!」

澪「っはぁ!?えええ、えと、私はそういう趣味無いからなっ!?」

律「澪ちゃんがそういう趣味無くても…私が好きなのは変わらないからっ…!」

澪「あれ、えと、唯、とりあえず落ち着こう?なっ!」

律「私、今とっても落ち着いてるよ…これ以上無いって位に…」

澪「ははっ、も、もう冗談はいいからさ!」


律「じょ、冗談なんかじゃないよっ!」

澪「ゆ、唯?」

律「私本気なの…からかわないで澪ちゃん!」

律(まぁからかってんのは私なんだが)

澪「あっ…その…ゴメン唯…」

律「いいよ、おかしいのは私なんだもん…女の子が好きとか変だよね…」

澪「ちが、別に唯の事変だとかそういう風には思ってなくてだな!」

律「じゃ、じゃあ澪ちゃん…、その…キ、キスして…っ」

澪「きっ、キス!?」

律「だ、ダメ…?」(上目遣い)

律(ま、流石にこれで分かるだろ。それにしても、髪を下ろしただけなのに全然気付かないんだなぁ…)

澪「…わ、分かった!」

律「は?」

律「え、な、何が分かったの澪ちゃん?」

澪「だから、その、きっ、キス!」

律「ちょっ、何言って…澪ちゃん落ち着いて!」

澪「唯が言い出したんだからな…?」

律「おい馬鹿、澪やめっ…ん~っ!?」

澪「ちゅ…ん…む…」

律「ん~!んん~!」


律(澪の舌が…私の口の中を…)


澪「ちゅ…ぷはぁ…、どうだ唯、満足か…?」

律「ぷは…み、おっ…なんで…ぇ…」

澪「なんで…って、唯が言い出したんだろ?」

律「だって、さっきはそういう趣味無い…って…」

澪「唯見てたら、何かそんな気持ちになっちゃったんだよ!」


律「え…?」


澪「別に、お、女の子でもいいかなぁ~…ってさ…」

律「…っ」

澪「そ、それに私、唯の事、きっ、嫌いじゃないし…」

律「なんだよ…それ…」

澪「ど、どうしたんだよ、…唯?」

律「ひぐ…ぐすっ…」

律「っう、うわああぁぁぁぁあん!」

澪「ちょっ、唯!?…い、行っちゃった…」

澪「何だったんだよ…」

澪「でもなんか…いつもの唯じゃ無かったよな…」

澪「なんていうか、雰囲気が微妙に違うっていうか…」

澪「で、でも唯は唯だし…」

澪「告白されて…キスしてくれって言われて…」

澪「キスしたら泣いて逃げられて…、どーゆこと…?」



キィ~…ガチャ

紬「こんにちわ~。あの、澪ちゃんさっきここの前の階段で…」

澪「む、ムギ!唯とすれ違わなかった!?」

紬「えぇ、唯ちゃん泣きながら階段走り降りて行ったわ…。何かあった?」

澪「やっぱあれ唯だよね!?」

紬「…唯ちゃんじゃなかったら誰だっていうの?」




……

律「澪のヤツは…唯が好きだったのか…ううっ…」

律「最悪だ…こんなコトになるなら、唯の真似なんてしなきゃ良かった…」

律「ハハ…いつも澪に悪戯したり意地悪したり…」

律「そのツケが返って来たのかな…」

律「これはきっと当然の報いなんだ…ひっく、うぇえん…みぉ…お…」

和「…泣き声…?」

律「やだ…やだよぅ…みおぉ…」

和「…泣き声が聞こえると思って、来てみれば…、律、何してんの?」

律「ふぇえん…ぐす…うぅ…」

和「お~い、律?」

律「はぇ!?のっ、ののの和!?」

和「な…、そこまでビックリしなくても…流石にちょっと傷付くわね」

律「あ、ご、ゴメンナサイ…」




……

紬「そうなの…そんなことが…」

澪「うん…、何が悪かったのかなぁ…?」

紬「きっと唯ちゃんは…いきなりキスされた事に怒ったんじゃないかしら?」

澪「え、で、でもそれは唯の方から…」

紬「でもされる直前に嫌がったんでしょ?」

澪「あ…うん…」

紬「唯ちゃんはね、曖昧な態度の澪ちゃんに対して、きっと勢いで『キスして!』なんて言ってしまったんだわ!」

澪「は、はぁ…」

紬「だから本当にキスしようとしてきた澪ちゃんに戸惑ってしまったの」

澪「そ、そうなのかな…?」

紬「唯ちゃん、きっとファーストキスだったんだわ。」

澪「え…?」

紬「唯ちゃんはもっと初めてを大事にしたかったんじゃないかしら…」

紬「初めては一生思い出に残るモノよ」

澪「…」

紬「だけれど澪ちゃんは、そんな唯ちゃんの気持ちを無視して半ば無理矢理唇を奪った」

澪「う…」

紬「例えそれが唯ちゃんから言い出したことだとしても、澪ちゃんはもっと唯ちゃんの気持ちを汲んであげるべきだったんじゃない?」

澪「うう…わ、私、唯に謝らなきゃ!」

紬「そうね、謝って、もう一回キスしてあげるのよ!」

紬(それにしても…珍しく私台詞多いわ~♪)



……

和「へえ…そんな事が…」

律「澪が唯の事が好きだなんて思わなかった…」

律「だって…そんなこと…ぐす…」

律「確かに私いつも澪にちょっかい出してて…澪が嫌がる事したりして…」

律「でもそれだって澪が可愛いから…好きだからちょっとイジメたくなっちゃうだけで…」

律「別に澪の事嫌いだからとか…全然そんなんじゃなくて…」

律「でも唯は…可愛くて…ちょっと抜けてるけど、それがまたほっとけなくて…」

律「そりゃ私と唯だったら唯の方を好きになるかもだけど…」

律「こんな…こんなのって無いよ…ふぇぇぇ…」

和「律…」




2