梓「今日はどうして欲しいんですか?」

律「あぁ・・・ご主人様・・・」




澪「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

澪「律は私のものだったのに!」
唯「あずにゃんは私のものだったのに!」

澪「えっ!?」
唯「えっ!?」

澪「唯も・・・?」

唯「澪ちゃんも・・・?」

かくかくしかじか


澪「へぇ~・・・唯ったら梓にそんなことを・・・」

唯「うん・・・」

澪(せっかく律を私好みに調教しようと思ってたのに・・・)

澪(梓に横取りされちゃうなんてなぁ・・・)

澪(ん~・・・こうなったら唯を調教しちゃおうかな)

澪「唯、なんで梓を自分のものにしたかったんだ?」

唯「え~、だってあずにゃん可愛いじゃん!」

澪「私じゃ・・・駄目か?」

唯「うえええっっ!?み、澪ちゃん?」

澪「私は、唯は可愛いと思うぞ・・・」

唯「え、えっと・・・その・・・」

澪「ふふふ・・・まあ、明日返事聞かせてくれよ・・・」

澪「でも、もう梓は唯の所へは戻ってこないと思うよ?諦めることも大事だと思うな」

唯「・・・・・・」




~次の日~

澪「唯、返事聞かせてくれよ」

唯「え、えっと・・・澪ちゃんは私でいいの?」

澪「言ったじゃないか、唯は可愛いって・・・」

唯「でも、りっちゃんの代わりなんだよね・・・?」

澪「そんなことない、律は私の元を去った。もう諦めるつもりだ」

澪(ちょっと苦しい言い訳かな~・・・まあ唯なら十分通じるだろ)

唯「じゃあじゃあ、えっと・・・うん、いいかな・・・」

澪「ふふふ・・・嬉しいな。ありがとう唯」

唯「それじゃ、澪ちゃんは私のものになってくれるんだよね」

澪「ん・・・?唯勘違いしちゃ駄目だよ」

唯「へ?」

澪「唯が私のものになるんだよ!」

唯「きゃあ!?」

唯「うう・・・いきなり押し倒すなんて、澪ちゃん酷いよ・・・」

澪「ふふふ・・・いっぱい調教してあげる」

唯「ちょうきょう・・・?何言ってるの澪ちゃん・・・」

澪「服邪魔だね。脱がしちゃうよ」

唯「あぁ・・・駄目、やめて澪ちゃん・・・!」

澪「はぁ・・・唯の下着可愛い・・・おちんぽびくびくしちゃう・・・」

唯「ひっ・・・それ・・・?」

澪「ん?唯だって梓の見たんだろう?今更なに驚いてるんだ」

唯「だって・・・だって・・・」

唯(あずにゃんのに比べて、すっごい大きいし、グロテスクだよぉ)

澪「律なんか一発でこれの虜になっちゃったからなー」

澪「唯もすぐ私の虜にしてあげる」


澪「いきなり挿入れちゃさすがに可哀想だからな。たっぷり濡らさないと」

唯「駄目だよ澪ちゃん・・・こんなことやめようよ・・・」

澪「ん?おいおい、唯ったらもう濡らしてるじゃないか」

澪「私のおちんぽ見て、興奮したのか?期待してるのか?」

唯「ち、違うもん、濡れてないもん!」

澪「じゃあ、脱がしちゃおーっと」

唯「だ、だめっ!」

クチャ・・・

澪「糸引くくらい濡れてるじゃないか」

澪「唯ったら淫乱だな。調教のし甲斐がありそうだ」

唯「そんなことないもん・・・違うもん・・・」

澪「じゃあ、唯がいやらしい子がどうか試してみようか」

グチュグチュ!

唯「んっ、んっ・・・ん~~~!」

澪「何?声出すの必死に我慢してるの?」

澪「そんなことしても、感じてるのバレバレだぞ」

澪「唯のおまんこ、どんどんぐちゃぐちゃになってる。私の手首までべちゃべちゃだ」

唯「はひっ、あ・・・ん・・・く・・・ぅ・・・」

澪「まだ我慢するの?往生際が悪いな」

澪「ほら、指三本でどう?気持ちいいでしょ?」

グチャグチャグチャ!

唯「あひぃ!あぐ・・・ん・・・ひゃう・・・んんっ・・・」

澪「気持ちよくなってる癖に、素直じゃないなー」

唯「・・・・・・じゃないもん」

澪「ん?」

唯「私、淫乱なんかじゃないもん・・・感じてなんかいないもん!」


澪「そこまで素直になれない唯にはお仕置きだね!」

ギュッ!

唯「あひぃいぃいぃ!?」

澪「ほらほら、クリトリス潰しちゃうぞ」

唯「だめ、だめ、だめぇぇええぇ!澪ちゃんそれだめぇええぇえ!」

澪「唯はクリトリスが弱いのか。ほらほら、イっちゃえ!」

唯「あぁぁあああぁぁぁあぁああぁぁあぁ!!」

唯「あ・・・あぁ・・・ぁ・・・」

澪「ふふふ・・・イっちゃったね・・・」

澪「これで認めた?自分は淫乱だって」

唯「違うもん・・・私淫乱なんかじゃないもん・・・」

唯「こんなことする澪ちゃんの方が・・・淫乱で変態だよ・・・!」

澪「ふーん・・・そんなこと言うんだ」


澪「じゃあもう、私のおちんぽで素直にさせるしかないなぁ」

唯「ひっ・・・」

澪「ふふふ・・・思い出すなぁ」

澪「律もずーっと素直になってくれなかったけど、おちんぽ使ったらすぐに素直になってくれたなぁ」

唯「りっちゃんが・・・」

澪「じゃあ、まずは咥えてよ。唯の口の中を犯してあげる」

唯「や、やだよ!」

澪「ほらほら、口開けてよ」

唯「嫌、絶対にやぁ!」

澪「しょうがないな」

ぎゅ!

唯「んん!?」

澪「ほら、鼻つまんだから、口開けないと息できないでしょ?」

唯「んーっ、んんーっ!」


唯(も・・・だめ・・・)

唯「ぷはっ!」

ズンッ!

唯「おごっ!?」

澪「ああ・・・唯の口の中、温かくて気持ちいい・・・あ、噛んだらどうなるか解ってるよね?」

澪「ほら、早く舐めたり口動かしたりして、気持ちよくしてよ」

澪「じゃないとずっとこのままなだけだよ?」

唯「う・・・ううっ・・・」

唯「ぺちゃ・・・ぴちゃ・・・じゅる・・・ぺろぺろ・・・」

澪「ん・・・く・・・ぅ・・・はぁ・・・」

唯「じゅぼじゅぼじゅぼ!んん・・・んっんっ!」

澪「駄目だよ唯・・・全然足りないよ」

唯「ふぇ・・・?」


澪「もっとさぁ・・・唯の口を滅茶苦茶に犯したいんだよ!」

ズン!ズン!ズン!

唯「おごぉっ!?あぐぅ、あがぁ、んぐ!」

澪「はぁ・・・これこれ、すごい気持ちいいよぉ」

唯「みお、ぢゃん・・・ぐるじ・・・やめでぇ・・・」

澪「あれぇ~唯にはお気に召さなかったかな?]

澪「律なんか、おまんこぐちゅぐちゅにするくらいこれ大好きなんだけどな」

唯「ごんなの・・・ぐるじい・・・だげぇ・・・」

澪「ふふふ・・・きっと唯もすぐ好きになるさ。淫乱だもんな」

澪「はぁ・・・くう・・・あぁ・・・でそうだ・・・」

ジュボジュボジュボ!

唯「んんっ~~~~!?」

澪「くっ・・・出す・・・出すぞ・・・一番奥に・・・全部!」

ビュルル!ドクドク!

唯「~~~~っっ!?」


澪「くふぅ・・・すっごい気持ちいい・・・唯の口最高だよ」

唯「ごほっ、ごほっ!うげぇぇええ、げえぇえぇえ!」

澪「あーあ、せっかく出した精液をもったいないなぁ。ちゃんと全部飲まないと」

唯「こ・・・こんなの・・・まずいだけ・・・だよぉ」

澪(唯は中々堕ちないなぁ。律なんかこれで完全に堕ちたのに)

澪(まあ、律はすっごいマゾだったからな・・・おっ、あれは・・・)

澪「そんなに嫌だった?」

唯「あ、当たり前だよっ!」

澪「じゃあ、なんでこんなに愛液滴らしてるの?床に水溜り出来そうだよ?」

唯「そ、それは・・・」

澪(唯も、もう一息で堕ちるな・・・最後に・・・)

澪「わかった。じゃあ、私のおちんぽを最後まで耐えられたら、唯を私のものにするのはやめてあげる」

澪「だから・・・唯の中に挿入れさせてね」

唯「えっ・・・それは・・・」


唯「駄目、だめぇ!澪ちゃんそれはやめて!」

澪「どうして?今までも全然感じてなかったんでしょ?」

唯「本当はもう限界なのぉ!今挿入れられたら――」

澪「挿入れられたら・・・?」

ズブブブ!

唯「ひゃひぃぃいいいぃいぃいぃいぃぃい!!?」

澪「ああん・・・はぁ・・・唯の中さいっこう・・・」

唯「らめぇ・・・こんにゃの・・・されたら・・・」

澪「うわぁ、唯すっごいだらしない顔してるよ?そんなに気持ちいいの?」

唯「ふぁい・・・きもひいいのぉ・・・」

澪「ふふふ・・・じゃあもっともっと、気持ちよくしてあげる!」

ズッチャズッチャズッチャ!

唯「あぁぁぁあぁぁあぁ!だめ、だめ、だめぇぇえぇえぇえ!」


唯「ひゃう、あはぁ!やぁ!イっちゃう・・・イっちゃうのぉ・・」

澪「私も出そうだ・・・中に・・・中に全部出すからな」

唯「しょんなぁ・・・らめぇ・・・中出しなんてしゃれたら・・・」

澪「ふふ・・・されたらどうなるんだ?」

唯「かんじぇんに堕ちひゃう・・・わらひ・・・もどれにゃくなりゅう・・・」

澪「いいじゃないか。堕ちちゃいなよ・・・もう戻れないところまで」

唯「あぁ・・・はひぃ・・・はへぇ・・・」

澪「出すぞ・・・イく、イく・・・くっぅ・・・!」



ビュルル!ビュルル!ドクドクドク・・・・・・!



唯「あぁぁあぁぁぁぁああ!!いぐ、いっぢゃうぅぅぅううぅぅうぅう!!」

唯「でてりゅのぉ・・・みおちゃんのせーし・・・わらひのしきゅうにじぇんぶ・・・」

唯「んひぃ・・・はへぇ・・・あへぇ・・・」

澪「ふふふ・・・唯ったら幸せそうな顔して、そんなに気持ちよかったのか?」

唯「うん・・・もうわらひ・・・みおひゃんがいないと・・・らめなのぉ・・・」

澪(こうも完全に堕ちてくれるとはね・・・もともと素質があったんだろうな)

澪「心配しなくても、唯はもう私のものだぞ」

唯「あぁ・・・うん・・・わらひ・・・みおちゃんのものぉ・・・」

澪「これから毎日、可愛がってやるからな」


唯「嬉しいなぁ・・・」


澪(そして、私好みに調教してあげるよ・・・)

澪「ふふふ・・・楽しみだな」




fin.