唯「……」

憂「……」スヤスヤ

唯「……」ナデナデ

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん……」

唯「だいじょうぶだよ、ここにいるよ」

憂「お姉ちゃん……」スヤスヤ

唯「……」

唯「ふふ」

──
────

ガチャ

唯「……憂ー?」

唯「あ」

憂「お姉ちゃん、おかえりなさいっ」

唯「えへへ、ひさしぶりだね」

ギュッ

唯「わっ」

憂「……おかえり!」

唯「……うん、よしよし」ナデナデ

憂「……」

唯「……うい」

憂「なあに?」

唯「とりあえず、リビングいこ?」

憂「あ、ごめんね」パッ


憂「あつくない?」

唯「んー、平気だよー」

唯「だから抱きついてていいよ」

憂「えへ……」

唯「……」ナデナデ

憂「?どうかした?」

唯「憂ったら、こんなに甘えん坊さんになっちゃって」

唯「しっかりものの憂ちゃんはどこ行ったのかなーって」

憂「……だって……」

唯「んー?」

憂「久しぶりのお姉ちゃんだもん」

唯「あ、開き直ったな~」

憂「ふふー」ニコ

唯「ふふ、もっともっと甘えなさい!」

憂「うん!」ギュー

唯「うぷっ……」

憂「あっ、ごめんね!苦しかった?」

唯「へへ、大丈夫だよ」

憂「……」

唯「……」

唯「……憂、あんまり帰ってこれなくてごめんね?」

憂「……むー」プクー

唯「怒ってる……?」

憂「えへへ、冗談だよ。お姉ちゃん、毎日連絡してくれるもん」

憂「それに、帰ってくるのたいへんだもんね」

唯「……ありがとね」

憂「でもその代わり」

唯「?」

憂「2ヶ月ぶりだから、2ヶ月ぶんのお姉ちゃんを補給します!」ギュウ

唯「なにぃー?じゃあ私も憂補給する!」ギュギュウ

憂「お姉ちゃーん!」

唯「憂ー!」

憂「えへへ」

唯「……それにしても」

憂「?」

唯「憂、ほんとに甘えん坊さんになったね」

憂「……ごめんなさい」

唯「あ、嫌なわけじゃないよ」

唯「憂に抱きついてもらうの、うれしいしねー」

憂「よかったぁ」

唯「……それで、憂」ジー

憂「は、はい?」

唯「なにかあったの?」

憂「へっ?べ、別に何も……」

唯「ほんと?」

憂「ほ、ほんとだよ?」

唯「憂~?」ジリジリ

憂「うぅ……」

唯「ほーら、何でもいいから言いなさい」

憂「……あの、ね」

唯「うん」

憂「その、久しぶりに会ったら」

憂「お姉ちゃん、前よりずっと大人っぽくなってたから」

唯「……」

憂「ちょっぴり、不安で……」

唯「なにが?」

憂「えっと、その……」

憂「か、彼氏さんでもできたんじゃないかって」

唯「へ?」

憂「だ、大学生だから、別におかしくないよね!」

憂「お姉ちゃんはかわいいしかっこいいもんね!」

唯「えっと……?」

憂「べ、別に、嫌なわけじゃなくて……」

唯「……」

憂「その……」

憂「……」

唯「……」

憂「変なこといってごめん、なさい」

憂「でも……」

ギュッ

憂「わっ」

唯「うーい」

憂「は、はい」

唯「彼氏さんなんていないよ?」

憂「えっ?」

唯「彼氏なんてつくるわけないでしょ」

憂「で、でも……」

唯「でもじゃないの」

憂「……」

唯「……憂、大人っぽくなったって言ってくれたね、嬉しかったよ」

憂「?」

唯「私ね、頑張って、おしゃれとか気をつかってみたんだ」

憂「……どうして?」

唯「決まってるでしょ?」

唯「憂にかっこいいって、言ってほしいからだよ」

憂「へっ?」

唯「憂がいるんだもん、彼氏なんていらないよ」

憂「……へ……」

唯「憂は、ほんとに私に彼氏いてもいいの?」

憂「えと……」

唯「ん?」

憂「……やだ」

唯「あはは、うりうりー!」グイグイ

憂「お、お姉ちゃんくすぐったいよぉ」

唯「ありがとーういー」ギュウ

憂「……えへへ」

唯「ほら、私も憂と同じ気持ちだよ」

憂「……」

唯「だからそんなに心配しなくていいの」

憂「……うん」

唯「憂、ちょっといい?」

憂「え?うん」パッ

唯「よいしょ……」パッパッ
ストン

唯「よし」

憂「?」

唯「憂、ひざまくらしてあげる。おいで」

憂「!う、うん!」

唯「素直でよろしい!」

憂「えへへ……」

憂「じゃあ、失礼します……」

唯「いいよー」

コテン

唯「なでなで」

憂「は、恥ずかしいよ……」

唯「こーら!文句言わないの!」

憂「うぅ……」

唯「いーこいーこ」ナデナデ

憂「……」

唯「……」ナデナデ

憂「ん……」

唯「うい、寝ちゃってもいいよ」

憂「うん……」


……
…………

憂「ん……」ムク

憂「あっ、ごめんねお姉ちゃ……」

憂「あれ?」

憂「……」キョロキョロ

憂「どこいったのかな」

憂「……」

憂「お姉ちゃん……」


ガチャ

唯「ただいまー」

唯「憂ー?」

「お姉ちゃーん……」

唯「待ってー!いまいくよー!」

「お姉ちゃん、お姉ちゃん……」

唯「まって……よいしょ」ヌギヌギ

ドタドタ

憂「お姉ちゃん……どこぉ」

唯「憂?平気?」

憂「あ……お姉ちゃんっ!」

ギュッ

唯「わわ、どうしたのー?」

憂「……」ギュウ

唯「うーいー?」

憂「お姉ちゃん……」

唯「私はここにいるよ」ナデナデ

憂「うん、うん……」

唯「……ごめんね、勝手にお出かけ行っちゃって」

唯「寂しかった?」

憂「うん……」

唯「ごめんね、憂が起きてから一緒に行けばよかったね」

憂「……ううん、わたしもごめんなさい」

憂「お姉ちゃんがいてくれるの、久しぶりだから……」

憂「ちょっぴりわがままになっちゃった」

唯「憂は謝らなくていいの」

唯「お昼にお弁当買ってきたから、一緒に食べよう」

憂「うん……」


唯「いただきまーす」

憂「……」

唯「憂?」

憂「これ、お姉ちゃんがアルバイトしたお金で買ったんだよね?」

唯「そうだよ?」

憂「ほんとに、食べていいのかな……」

唯「憂のために買ってきたんだぞー」

憂「えへへ……じゃあ、いただきます」

唯「召し上がれ~」

憂「んっ」パク

憂「……おいしいよ、お姉ちゃんありがとう」ニコ

唯「ふふー」

唯「ういー?あーん」

憂「えっ?」

唯「まだー?」

憂「え、えっと」

唯「あーん」

憂「じゃ、じゃあ……えいっ」

唯「んむ」パク

唯「憂に食べさせてもらったほうがおいしい!」

憂「変わらないよー」

唯「はい、憂も」

憂「へ?」

唯「あーん」

憂「……」

憂「あ、あーんっ」パク

唯「おいしい?」

憂「うん、おいしいよ」

唯「よかったぁ」

憂「ふふ……」ニコニコ

唯「あ、ちょっとトイレ行ってくるね」ガタ

憂「うん」

テクテク

ガチャ

唯「よいしょ」

バタン

唯「……」

「お、お姉ちゃーん!」

唯「ん?なあにー?」

「わたし、リビングだよー!」

唯「?しってるよー!」

憂「お姉ちゃん、まだー?」

唯「憂もおトイレ?」

憂「えっと、そうじゃなくて……」

唯「ちょっと待ってね」

ジャー

ガチャ

憂「!お姉ちゃんっ」

唯「んー?どうしたの?」

憂「な、なんか不安になっちゃって……」

唯「もー、おトイレくらい平気だよー」

憂「そうじゃなくて……」

唯「?」

憂「お姉ちゃんがどっかに行っちゃったらやだなって……」

唯「どこにも行かないよ?」

憂「そうだよね、そうだよね……」

憂「ごめんね、迷惑かけて」

唯「そんなこと言わないの」

唯「もっと甘えていいんだからね?」

憂「ふふ……うん、わかった」


2