唯「嘘つき猫ちゃんにはきっつーいお仕置きが待ってるよ」

梓「だからほんとに興奮なんかしてません!」

唯「あーはいはい。そういうことにしといてあげる」

梓「むぅ……なんか納得いかないです」

唯「さて、ローションローションっと」

梓「つ、ついに……おしりまで」

唯「おしりつきだしてー」

梓「こ、こうですか……」

唯「おーよくみえるよー」

梓「……あんまりまじまじ見るのはダメです」

唯「えい」プニッ

梓「ひゃっ! つめた!」

唯「まずはまわりからなじませていくねー」

梓「はい……」

サワサワ ツツー

梓「んんっう……つめたい……変な感じ」

唯「おしりの穴も可愛いー。チューしたい」

梓「ダメです……汚いですから」

唯「汚くないよー」

梓「でもだめです」

唯「もう指いれる」

梓「!」

唯「ほーれほれ」

ズズ

梓「んぅ……」

唯「やっぱおしりは簡単だねー」

ズズズズ

梓「あぁっ! ……うう」

唯「あ、入りました」グリグリ

梓「ふっ……うう、動かさないでぇ……」

唯「そんなに慣らさなくても入りそう」

梓「えっ! もうですか!?」

唯「それともおしりを延々攻め続けられたい?」

梓「い、嫌です!」

唯「だよねー今日のあずにゃんはお◯んこでする気まんまんだもんねー」

梓「ちがいますけど!」

唯「素直じゃないなー、またチューして頭の中溶かしてあげよっか?」

梓「もうっ!」

唯「いーもんねー勝手にいれちゃうから。ほれ」

ズヌヌ

梓「うああ!」

唯「パーフェクト猫さんまであとちょっと!」

ズプズプ

梓「なぁああっ」

唯「あとちょいあとちょい。ガンバレあずにゃん!」

梓「あぁっ……そんな奥まで」

唯「そんなに深くないよ? あ、入ったねおめでとう」

梓「うぅ……」

唯「猫さーん。可愛いー」

ギュウウ

梓「うにゃあ……」

唯「可愛い可愛い可愛いー」スリスリ

梓「あぁ……唯先輩も可愛いです……このまま抱き合ってるだけで幸せ……」

唯「え、それはダメ」

梓「……はい……するんですよね」

唯「いっぱいいっぱいします! ケモノのえっち!」

梓「ケモノえっち……」

唯「さぁ、おふたり様ベッドへご案内~」

梓「にゃあ……」

唯「楽しみー♪」


……


梓「んふっ、あふぅ……あっ、ああ」

唯「あずにゃんどう? 感じてる?」

梓「あっ……う、ふ」

唯「えっちな声だね。興奮してきちゃう」

梓「指……もっとぉ……して」

唯「猫さんが飼い主にお願いするときは?」

梓「ご、御主人様の可憐な指で……もっとしてくださいにゃぁ……」

唯「そうだね? そして私の命令は絶対。しってるよね?」

梓「しってます……にゃあ」

唯「いいって言うまでイッちゃダメだよ」

梓「はい……」

クチュ ズチュ クチュ

梓「んぅ……にゃあ」

唯「……ふふ、可愛い……こんなに濡らしちゃって」

梓「にゃあ……にゃあ」

唯「おしりのほうまでもうびしょびしょ。あーあシーツ替えなきゃ」

梓「ごめ……なさ……んぅっ」

唯「そんなに御主人様の指きもちいい?」

梓「はい……きもちーです。最高です……にゃあ」

唯「でも御主人様のお◯んちんはもっときもちーよ?」

梓「はぁ……あぁ……そうなん……ですか」

唯「ほしい?」

梓「ほ、ほしいです……んぁ……御主人様のお◯んちん……」

唯「そっか! じゃあもうちょっとしたらあげるね?」

梓「はい……ください……あっ……ふ」

唯「あれ? いきそう? まだおっけーだしてないよ?」

梓「にゃ……んんんぅ……いきそー」

唯「我慢我慢。我慢したらご褒美あげるー」

ズチュズチュ クチュ

梓「だ、もう、だめです……ぁ、あ、ああっ」

唯「えー。早いよー」

梓「だめっ、だめっあっ」

唯「お?」

梓「あああっ!!! んっ、ふっ…!」

唯「はいあずにゃんのビクビク頂きました」

梓「あ……は……」

唯「あーあー惜しかったねーもう少し我慢したらおっけー出してたのに」

梓「あぁ……うぅ」

唯「これじゃご褒美はなしかなー」

梓「ほ、ほしいですぅ……」

唯「えー、でもなー」

梓「唯先ぱぁい……」

唯「まぁそんな目でたのまれちゃー仕方ないかー」

梓「ありがとございます……」

唯「ちょっとこっち見ないでねー」

梓「え?」

唯「……」ゴソゴソ ワサワサ

梓「?」

唯「じゃーん!」

梓!!」

唯「ど、どう? 髪型かえてみた!」

梓「あ……あ……」

唯「あ、いまいち?」

梓「か、かっこいい……です。すごく」

唯「やった! 鏡みて研究したんだー」

梓「わぁ……そんな風になれるんですね……」

唯「うん! あ、ちょっとだけ雰囲気だしてみよっか」

梓「?」

唯「あずさ」ボソッ

梓「!!」

唯「かわいいよ……めちゃくちゃにしたいな」

梓「あっ……あっ」ゾクゾク

唯「いいよね? あずさは私のものだもんね?」

梓「ど、どうぞ! してください!」

唯「ふふ、素直でいい子だね」

梓「いまの唯先輩になら何されてもいいです……ほんとに」

唯「気に入ったんだ? うれし」

梓「大好きです。いつものふわふわな唯先輩も好きですけど」

唯「んーそういわれるとなんだか複雑かな」

梓「すいません……でも大好きです」

唯「じゃあ大好きな唯先輩のお◯んちんほしい?」

梓「……ほしいです……ほしい」

唯「じゃあもう一度お願いしてごらん? わかりやすいように」

梓「はい……私に……唯先輩のお◯んちんください」

唯「どこにほしいの?」

梓「あ、あの……」

唯「恥ずかしくていえないとこ? たとえばいまビシャビシャになってるとことか」

梓「はい、そうです……あずさのお◯んこです」

唯「なに? 聞こえなかった。もっかい言って?」

梓「あ、あずさのいやらしいお◯んこに唯先輩のお◯んちんほしいです……」

唯「偽物だけどね」

梓「それでもいいです。唯先輩とつながりたい……」

唯「うん……私も」

梓「唯先輩……」

唯「いれるね?」

梓「はい……」

唯「その前にちょっとだけ舐めてくれる? コレ」

梓「えっ、あ、はい……」

唯「ちょっとでいいよ。それで満足だから」

梓「んっ……」

チュプ ペロ チュパ

唯「あははっ、梓かわいいね」

梓「んぅ……おっきいです」

唯「それがいまから梓の小さいお◯んこに入るんだよ?」

梓「うぅ……チュプ」

唯「ほどほどでいいよ。どうせ何も感じないし」

梓「で、ですよね……」

唯「ごめんね? 私にもホンモノのお◯んちんがあれば良かったんだけど」

梓「しかたないですよ……唯先輩は女の子なんですから……」

唯「まぁおかげで梓と出会えたんだから良かったよ」

梓「はい……私、女の子の唯先輩が好きです」

唯「うん。嬉しい……」

梓「唯先輩……いいですよ、きてください……」

唯「いれるね? ゆっくりだから落ち着いて、リラックス」

梓「えぇ……ふぅ」

唯「ふふ、緊張してるあずにゃん可愛い」

梓「梓って呼んでください。そのほうが……なんだか興奮します」

唯「そう? じゃあ梓、いくよ」

ツプ

梓「うぅ……んっ」

唯「あ、これ無理かな……ごめ」

梓「いえ、大丈夫です……んで」

唯「そ、そう? 我慢しなくていいよ」

梓「いれてください。ほしいです!」

唯「うん……わかった」

ズズズプ

梓「いっ……あ、んぅ……」

唯「うぁ……私も……動かしたらきもちい……」

唯「梓……あずさ……」

梓「んんっ……んぅ……おっきいです」

唯「もうすこしだよ? がんばってね」

梓「あ、あぁ……うう」

唯「あと少し、あと少し」

ツプン

梓「にゃああっ!! ふにゃぁ」

唯「ご、ごめん。でも入ったよ」

梓「にゃ……あっ……」

唯「わかる? 私たち、いまつながってる」

梓「あぁ……はぁ……わかります、うれしーです……」

唯「幸せ……とっても」

梓「唯先輩……うごかさないんですか?」

唯「え、でもいいの? 痛くない?」

梓「幸せすぎて……痛みなんてわからないです」

唯「動くよ?」

梓「きて……」

唯「梓……んっ」

ズッチュ ズッチュ

梓「あっ……んぅうう」

ヌッチュ ズッチュ ズッチュ

梓「やぁ……あふ……んん……」

唯「もっとゆっくり? はやく?」

梓「わ、わからないです……でも」

唯「でも?」

梓「唯先輩がきもちよくなれるほうで……」

唯「ほんと?」

梓「いいですよ……んはぁ」

唯「じゃあすこし早くするね?」

ズッチュズッチュ ヌッチュズプ

梓「あああっ……なぁ……ああっ」

唯「んっ……これ……イイ……ね」

ズッチュズッチュズッチュズッチュ

梓「あうぅ……ふっ……あ……」

唯「きもちー……きもちーよ梓」

梓「わ、わたしもです……んっ」

唯「こんなきもちーことしていいのかなぁ……あぁんっ!」

梓「い、いいん、です……んっ、私と唯先輩はいいんです……」

唯「梓……えっち、えっちで甘い声。もっと聞きたい」

梓「唯先輩も……もっと声だしてください……カッコ可愛い声」

唯「うん……んんく……あっあっ」

梓「んんん……あぁ、んぅ……」

唯「顔もえっち、吐息もえっち、音もえっち、匂いもえっち……」

梓「にゃあ……んっ……あん」

唯「えっちな梓……えっちなあずにゃん!」

梓「はい……わたしはえっちです……」

梓「えっちで変態です……んっ、あん、あっ」

梓「あ、あずさは、毎晩、んっ、唯先輩のことを考えておまたを濡らす変態です……」

梓「唯先輩に……してもらえなかった日は……唯先輩の写真を見ながら、あっ、自分を、慰めてます」

梓「んぅ……だから……いま、唯先輩とえっちできて幸せです……」

唯「あずにゃんあずにゃんあずにゃん!」

ズプズプズチョズチョ

梓「とけちゃう……お◯んこも……頭の中もとけちゃう……」

唯「うん、私もおかしくなっちゃう。ふたりでなろ?」

梓「はい……なります……唯先輩のお◯んちんで頭まっしろになります」

唯「あ、あずにゃああああっ!!」

ズプズプズプズプズチョズチョ

梓「あああ~!」

ペチペチグッチュグッチュグチョヌチュ

梓「あぁっ! ああっ!! んんんん~~~!」


唯「イクっ! あずにゃん!」

梓「んぁ……ふううっ、あっイキま……」

唯「ああああっ―――――――

梓「にゃあああ―――――――

――――――――――

――――――

――


唯「……ハァ……ハァ」

梓「あ……はぁ」

唯「すごい……いままで、一番よかった」

梓「……ですね」

唯「あは、あずにゃんのお◯んこぱっくり開いてるよ」

梓「うぅ……みないで……」

唯「びくびく、びくびくってしてる」

梓「うぅ……ついにしちゃったんですね、グス」

唯「あれ? 泣いてるの?」

梓「だってぇ……」ポロポロ

唯「痛かった?」

梓「痛くはありませんでしたけど……」

唯「じゃあ涙でるほど気持よかった?」

梓「そりゃあ、好きな人にこんなことされて泣かない人なんていませんよ」

唯「どっちの意味で?」

梓「もちろん……いい意味で……」

唯「えへへーあずにゃん!」

ギュウウ

梓「あっ……唯先ぱぁい」

唯「次はもっと楽しくきもちよく、その次はもっともっと! ね?」

梓「はい……楽しみです……」

唯「ふふ、えっちな私たちだからこそいい漫画が書けるんだよ」

梓「そうかも……しれませんね……恥ずかしながら」

唯「いろいろ道具もあるし! しばらくはネタにはつきなさそう!」

梓「ですね……」

唯「二人でがんばって天下とろうよ! 二人ならなんでもできるよ!」

梓「はい。唯先輩とならほんとにそんな気がします」

唯「めざせ壁サークル!」

梓「はい!」

唯「……でへへー、ということで資料収集のためにもっかいしよ?」

梓「え!?」

唯「あずにゃ~ん。お願いだわん!!」

梓「にゃ、にゃあああああ!!?」

唯「あずにゃんムチュチューっ!!」



お し ま い