次の日、通学路~

梓「うん・・・特に見た感じおかしな所はなしっと・・・」

梓「これなら何も問題ないかな」

憂「梓ちゃーん、おはよー」

梓「あ、憂おはよう・・・・・・あれ?」

憂「ん?梓ちゃんどうしたの?」

梓「あ、ごめん。なんでもないよ!」

梓(なんか憂がいつもより可愛く見える・・・)

梓(それに、スカートからでてる太ももとか、すごくいやらしく見えちゃう・・・)

梓(私、おちんちんはえちゃってから、感覚がおかしくなってる・・・?)

梓(我慢・・・我慢しなきゃ・・・)



~昼休み~

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

梓(だめ・・・周りの子を見てると、どうしてもえっちなことを考えちゃう・・・)

梓(おちんちんも、すっごい勃起しちゃってるよう・・・)

憂「梓ちゃん大丈夫?具合悪そうだけど・・・」

梓「あ、うん。大丈夫だから・・・」

梓(ああ・・・もう我慢できない・・・)

梓「わ、私トイレいってくるね・・・」

憂「あ、うん」



~女子トイレ~

梓「はぁはぁ・・・このトイレなら、ほとんど人は来ないはず・・・」

梓「すっごい大きくなってる・・・早く・・・早く弄りたいよう・・・」

ギュ!

梓「ひゃううん!に、握っただけなのに、すごい・・・」

梓「ここから扱いちゃったらどうなっちゃうんだろ・・・」

シュッシュッシュ!

梓「んひぃぃいぃ!き、気持ちよすぎるよぉおぉぉ!」

梓「はひぃ、もっと、もっと気持ちよくなりたい・・・」

梓「はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・」

梓「あぁ・・・くうん・・・んひぃ・・・」


梓「ああ・・・出ちゃう・・・精液出ちゃう・・・」

梓「もっと、気持ちよくなりたいのにぃっ!」

梓「でる、でる、でりゅうぅぅうううぅう!」

ドクン!ドクドクドク!

梓「あはぁ・・・はへぇ・・・くふ・・・」

梓「まだまだ、おしゃまんないよう・・・」

梓「もっとぉ・・・もっとぉ・・・」

梓「精液もっと出すのぉ・・・」

梓「はあん・・・ひゃう・・・んん・・・」



~放課後~

梓「はぁ・・・」

梓「結局、あのまま昼休みの間ずっとしちゃった・・・」

梓「こんなの私じゃないよう・・・」

梓「もう、一日でも早く元に戻して貰わないと・・・」



~部室~

梓「失礼しま――」

唯「あずにゃ~ん!」

梓「うわ!唯先輩抱きつかないでください!」

梓(そんなに身体くっつけられると、おちんちんが・・・)

唯「あずにゃん、おちんちん生えてどうだった!?」


梓「どうって・・・最悪に決まってるじゃないですか」

唯「え~なんで~?」

梓「なんでって・・・女の子なのにこんなものが生えて、いい気分で居れる訳ないじゃないですか」

唯「でも、一人で気持ちいいこといーっぱいしたんじゃないの?」

梓「そ、そんなこと!」

唯「ムギちゃんが言ってたよ。あずにゃんはきっと我慢できなくなって、学校でも一人でしちゃってるよって」

梓「そ、そんなことあるわけないじゃないですか」

唯「ほんと~に~?」

梓「ほ、本当です!」

唯「いいもん。あずにゃんのおちんちんに実際聞いてみるもん!」

梓「へっ?何をいって・・・きゃあ!?」

唯「えへへ~」

梓「ちょっと唯先輩、いきなり押し倒さないで下さい・・・」

唯「はいはい、脚開いて~」

梓「いや!やめてください!」


唯「あ~、あずにゃんのもうおっきくなってる~」

唯「実は期待してたんでしょ~」

梓「ち、違います!」

唯「もう、あずにゃんは素直じゃないな~」

唯「素直になれるように、こうしてやる~」

唯「あむっ!ちゅる・・・ちゃぷ・・・」

梓「ひゃうううん!?」

梓(嘘!?唯先輩が私のおちんちん咥えてる!?)

唯「んむ・・・じゅぼじゅぼ・・・ぺろぺろ・・・」

梓(なにこれ・・・気持ちよすぎ・・・自分でするのと全然違う・・・)

唯「んんっ・・・ろう、あずにゃん?きもひいいはな?」

梓「はひぃっ!咥えたまま喋っちゃぁ・・・気持ちよすぎますぅ・・・」

唯「ぷはっ・・・ふふ、素直になってきたね」


梓「唯先輩・・・やめないでください・・・もっとしてぇ・・・」

唯「じゃあ、ちゃんとあずにゃんに正直に答えて欲しいな~」

梓「えっ・・・?」

唯「あずにゃん、学校でも一人でいっぱいオナニーしたんだよね?」

梓「そ、それは・・・」

唯「ほらほら~ちゃんと正直に答えてよ~」

シュッシュ!

梓「やぁっ!おちんちん扱かれてるぅ・・・」

唯「正直に言わないとやめちゃうよ~?」

梓「いやぁ・・・やめないでください・・・」

唯「じゃあ、学校で何回オナニーしたのかな~?」

梓「解らないですぅ・・・昼休み中ずっとしてて・・・」

唯「昼休み中ずっとおちんちん弄ってたの?あずにゃんいやらしすぎるね~」

梓「そんなことないです・・・」

唯「今も、弄って欲しそうにおちんちん大きくしてるのに、そんなこと言っても説得力ないよ~」

梓「はぅ・・・はぁ・・・はぁん・・・」

唯「触るたびに、びくんびくんってしてさ~」

梓「唯先輩・・・お願いしますぅ・・・」

唯「な~に?」

梓「正直に答えましたからぁ・・・イかせてくださぁい・・・」

唯「しょうがないな~」


シュッシュッシュ!


梓「はああああん!違うのぉ!それじゃないのぉ!」

唯「ど~して?あずにゃんすっごい気持ちよさそうじゃん」

梓「でも、唯先輩のお口がいいのぉ!」

唯「そんなわがまま言うと、イかせてあげないよ?」

梓「やぁっ!それもだめぇ!」


唯「じゃあ、どっちがいいのさ~」

梓「イかせてください・・・もうがまんできないのぉ・・・なんでもいいからイかせてぇ!」

唯「よ~し、思いっきりイっちゃえ!」

シュッシュッシュ!

梓「ひゃあぁああぁん、唯先輩の手きもひいいのぉ!しゅぐイっちゃうぅぅうう!」

唯「ほ~らイっちゃえイっちゃえ」

梓「あぁぁあああぁぁ、イく、イく、イっちゃいますぅ!」

梓「んひいぃぃいぃいいぃいぃいぃぃいぃぃぃ!!!」

ビュルル!ビュルル!ドクドク・・・

唯「うわ~・・・すっごい量」

梓「あへぇ・・・はひぃ・・・」

唯「あずにゃんすっごい気持ちよさそうな顔だね~」


唯「でもあれだけ出したのに、まだあずにゃんのおちんちんは元気だね~」

唯「もっともっと、精液だしたいのかな~?」

梓「だしたい・・・だしたいれす・・・」

唯「しょうがないな~。じゃあ特別に私のおまんこを使わせてあげようかな~?」

梓「唯先輩のおまんこ・・・」

唯「きっと、手や口なんかと比べ物にならないくらい気持ちいいよ~」

梓「今までのよりもっと気持ちいいの・・・」

唯「使いたい?私の中におちんちん挿入れたい?」

梓「使いたいです・・・もっと気持ちよくなりたいのぉ・・・」

唯「でも、一つだけ条件があるよ」

梓「じょう・・・けん・・・?」


唯「あはは、そんな泣きそうな顔しないで。別に意地悪する訳じゃないよ。とても簡単なこと」

唯「あずにゃんが、これからもずっとおちんちんを生やしたままでいること」

梓「それは・・・」

唯「別にいいんじゃないかな~?おちんちんすっごい気持ちよかったでしょ」

梓「はい・・・気持ちよかったです・・・」

唯「それがこれからも、楽しめるんだよ」

唯「あずにゃんは、おちんちんの気持ちよさを忘れられるのかな?」

梓(ああ・・・無理・・・こんな気持ちいいこと忘れるなんてできないよぉ・・・)

唯「それに・・・私のおまんこの中に挿入れてみたいよね?」

唯「挿入れて、おちんちんズボズボ動かして、私の中に精液ドクドク出したいよね?」

梓「はい・・・唯先輩の中に挿入れて、精液を全部中だししたいですぅっ!」

唯「ふふ・・・決まりだね」


梓「はっ・・・はっ・・・」

梓(早く挿入れたい・・・唯先輩の中に挿入れたい・・・!)

唯「ほらほら、慌てないであずにゃん」

唯「ここだよ、ここにおちんちんをいれるんだよ」

梓「はい・・・いきます」

ズブッ!

唯「はぁぁん!!」

梓「ひゃあぁあぁあぁぁっ!?」

唯「あずにゃん・・・どうかな?私の中は」

梓「気持ちよすぎますぅ・・・こんなのすぐ出ちゃうよぉ・・・」

唯「ふふ・・・すぐ出しちゃうの?」

梓「いやぁ・・・もっと気持ちよくなるのぉ!唯先輩の中を感じるのぉ!」

ズッチャズッチャ!

唯「はぁん・・・そんなに激しく動いちゃ・・・私も気持ちよくなっちゃうよ・・・」

梓「気持ちよくなってくださいぃ!唯先輩と一緒に気持ちよくなるのぉ!」


梓「あひぃ・・・ゆいしぇんぱいのにゃか・・・きもちよしゅぎ・・・もう一人じゃ満足できにゃくなっひゃう・・・」

唯「はぁん・・・ひゃう・・・あずにゃん・・・これからもこうやって気持ちよくなりたい・・・?」

梓「なりたいれす・・・こんにゃのわしゅれるなんてむりぃ・・・」

唯「じゃあ、これからあずにゃんは私のものだよ・・・」

梓「ああ・・・はい・・・唯先輩のものになりますぅ・・・だから・・・だから・・・」

唯「わかってるよ・・・これからも、もっともっと気持ちよくさせてあげる・・・」

梓「あぁ・・・うれしいですぅ・・・」

唯「あぁ・・・あずにゃん、私イっちゃいそうだよ・・・」

梓「わらひもっ、わらひもイきましゅっ!」

唯「一緒にイこうね・・・」

梓「はい・・・はい・・・」


梓「出ちゃいますっ、唯先輩の中に全部出しちゃいますよぉ!」

唯「いいよ!出して、あずにゃん!」

梓「でる、でる、でちゃうぅぅうう」

唯「イく、イっくぅうぅぅう!」

梓「んひぃぃぃいいいいぃぃいぃいぃいぃい!!」

ビュルルル!ビュル!ビュル!ドクドク・・・

梓「ほぉお・・・でてりゅ・・・唯先輩のなかに・・・全部だしちゃってるう・・・」

梓「あへぇ・・・はひぃ・・・はへぇ・・・」

梓「あ・・・・・・」

唯「あずにゃん?」

梓「・・・・・・」

唯「ふふ・・・気持ちよすぎて気を失っちゃうなんてね・・・」


唯「ちょっと、最初と予定は変わっちゃったけど・・・」

唯「これであずにゃんは私のもの・・・」

唯「結果オーライってやつだね!」

唯「ムギちゃんに感謝しないと」

唯「これから、毎日が楽しみだなぁ」

唯「ね・・・あずにゃん・・・」


fin.