唯「ぽこち~ん」

梓「わっ!唯先輩いきなりなんですか!?」

唯「ぽこちんを生やす呪文だよ、ムギちゃんに教わったんだ」


梓「唯先輩…だまされてますよ…」

唯「ふっふっふ、甘いよあずにゃん」

梓「え?」

唯「最近澪ちゃんとりっちゃん仲いいでしょ?前にも増して」

梓「ま、まあ今日もやたらベタベタしてましたね」

唯「あれね、澪ちゃんに生えたぽこちんのおかげなんだよ」

梓「え…それって」


唯「そ!2人は既に一線を越えてるんだよ!」

梓「な、なんだってー!」

梓(あ、てことは唯先輩もぽこちんを使って一線を越えたい相手が居るってこと?)

唯「ぽこち~ん」

唯「ぽこ…むむ」

梓「どうかしましたか?」


唯「なんかきた!」

梓「なんかって何です?」

唯「わかんない、でも来てる!よーし」
唯「ぽこち~ん!ぽこち~ん」

梓「ん!」

梓(あれ?なんか体が熱い)

唯「ぽこち~ん!ぽこち~ん!」

梓「にゃあ!唯先輩なんだか変です…」
唯「話かけないで!今いいとこだから!」

唯「ぽこち~ん!」
梓(あ!お股がなんだか…)

唯「ぽこち~ん!」
唯「!」

ピカー!

唯「うお!まぶし!」

梓「ああっ!」


唯「ん…んん」

唯「は!」

唯「あ、ぽこちんは!?」サワサワ

唯「ん…あれれ?生えてない…は~失敗かあ」ショボン

梓「にゃああああ!!」

唯「!」

唯「あずにゃんどうしたの!?」

梓「あわ…あわわ…ぽこ…ちん」

唯「ぽこちん?」

梓「何で私のお股にぽこちんが生えてるんですかぁ!?」デロン

唯「で、でけえEEEEEEEEEEEEE!!!」



……
………

唯「と、いうわけなんだよムギちゃんちゃん」

梓「えぐ…うええん」シクシク


紬「おかしいわね~この呪文は唱えた本人に効果があるもののはずよ」

紬「唯ちゃんちゃんと教えた通りにしたの?」

唯「したよ~、ぽこち~んって」

紬「唯ちゃん違うわ『ぽこち~ん』じゃなくて『ぽこちん!』よ」

唯「えっ、そうだっけ!?」


紬「も~ちゃんとスレタイ読まなきゃ駄目じゃない」

唯「あう…面目ない」

梓「うう…えぐっえぐっ」ポロポロ

唯「あずにゃんごめんね~」

唯「でもぽこちん生やしたあずにゃんも可愛いよ~」

梓「うっ…うっ」

紬「梓ちゃん?」

梓「うがあああああああ!!!」

唯「わあ!」

梓「なにふざけたこと言ってやがりますか!
戻してください!今すぐぽこちんとってぇ!」

紬「ご、ごめんなさいとる方法は知らないのよ…」

梓「そ、そんな…」


梓「私男の子になっちゃった…」

梓「このままじゃ桜高に居れなくなっちゃうよぉ」ポロポロ

唯「大丈夫基本は女の子のはずだよ、ね、ムギちゃん」

紬「ええ、おまんこは無事よ、だから安心して梓ちゃん」

梓「そ、そんな理屈で安心できるわけないじゃないですかぁ」

紬「ふふ、コレを期にぽこちんの楽しみを追求してみるのもいいかもしれないわよ?」

唯(ぽこちんの楽しみ…)///

梓「な…そんなこと…ば、馬鹿ああ!!!」ガラガラ ピシャ!

唯「あ!あずにゃん…行っちゃった…」


唯「ムギちゃんどうしよう…あずにゃんを傷つけちゃったよ」

紬「ふふ、でも唯ちゃんの目的を達成する上でそれほど問題にはならないとおもうの」

紬「ただ役割が入れ替わっただけ…」

唯「う、うんそだね、頑張ってみる!」

紬「そのいきよ!唯ちゃん」



……

梓「うう・・・なんでこんなことに・・・」

澪「あれ、梓どうしたんだ?」

梓「あ、澪先輩・・・」

澪「なんか落ち込んでいたな・・・何かあったのか?」

梓「い、いえ!別になんでもありません」

澪「そうか?ならいいけど」

梓「澪先輩はこれから部室に行くんですか?」

澪「ああ、そうなんだ」

澪「って、きゃあ!?」

梓「うわっ、澪先輩大丈夫ですか!」

澪「いたた・・・こけちゃうなんて」

梓「あ・・・」

梓(澪先輩の・・・パンツが・・・)

梓(なんかすごい意識しちゃう・・・)

梓(そういえば澪先輩って結構えっちな身体してるなぁ・・・)

梓(胸も大きいし、スタイルもいいし・・・)

梓(あ・・・なんかおちんちんが・・・)

澪「梓?あずさ~返事しろ~」

梓「はっ!?す、すいません」

澪「どうしたんだ?ぼーっとしてたけど」

梓「あ、あの・・・ちょっと体調悪いようなので、私はこれで帰りますね!」

澪「あ、ああ」

梓「さよなら!」

バタバタバタ・・・

澪「どうしたんだろ一体」



~梓の家~

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

梓「慌てて帰ってきたけど・・・」

梓「おちんちんおっきくなってる・・・これって、ぼ、勃起してるんだよね・・・」

梓「いつもは特に意識してなかった、澪先輩の身体がすっごいいやらしく見えちゃった・・・」

梓「と、とりあえず・・・ちっちゃくしないとまずいよね・・・」

梓「あんまりよくわからないけど・・・」

梓「友達が遊び半分で見てた、えっちな本に載ってた感じでやればいいのかな」

梓「えっと・・・こ、こうかな」

シュッシュ!

梓「こうやって・・・扱くといいんだっけ・・・」

梓「んん・・・はん・・・あぁ・・・」

梓「はぁ・・・くふ・・・ううん・・・」

梓「なんか少し・・・気持ちいい・・・」

梓「もっと激しく動かしたら、もっと気持ちよくなるかな・・・?」

シュッシュッシュ!

梓「はぁっ、はぁっ!はぅ、んん、んひぃ・・・」

梓「すご、い・・・気持ちいいよぉ・・・」

梓「私女の子なのに、おちんちんで気持ちよくなっちゃってるよぉ・・・」

梓「はひぃ・・・でも、あん・・・気持ちよくて止まんない・・・」

梓「もっと・・・もっとぉ・・・」

梓「あぁ・・・くる・・・なんかきちゃうよぅ・・・」

梓「あ、あ、あ、あぁぁあぁぁぁあぁぁあ!!」

ビュル!ビュル!

梓「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」


梓「すごい気持ちよかった・・・」

梓「これが、射精なんだよね・・・」

梓「これが精液・・・」

梓「べとべとになっちゃった・・・匂いも凄いし・・・」

梓「んむ・・・うぇ、不味い・・・」

梓「お風呂入ってこよ・・・」



~入浴後~

梓「はぁ~・・・」

梓「夢でも何でもないんだ」

梓「私におちんちんがついちゃった・・・」

梓「とにかく、なんとかして元に戻して貰わないと」

梓「紬先輩は元に戻す方法を知らないって言ってたけど、なんとかして探してもらおう」

梓「唯先輩にも手伝って貰って」

梓「そうと決まれば善は急げです。紬先輩に電話しましょう」

梓「えーっと・・・」

トゥルルル、ガチャ

梓「あ、紬先輩ですか?」

紬『あ、梓ちゃん』

梓「用件は他でもありません。私についた、その・・・おちんちんのことですが」


紬『うふふ、どうだった?』

梓「は?どう、とは」

紬『家に帰ってから、オナニーしたでしょ』

梓「なっ!?そんなことしてません!」

紬『私見たのよ。あのあと梓ちゃんが、澪ちゃんの身体見て発情しちゃったのを』

梓「は、発情って・・・!」

紬『あーんなに慌てて帰って、よっぽど早くおちんちん弄りたかったのね』

梓「ち、違います!」

紬『あら、じゃあしてないの?』

梓「それは、その・・・」

紬『オナニーしてすっごい気持ちよかったでしょ?せっかくだからしばらく楽しんでみたら?』

梓「わ、私は早く元に戻りたいんです!」

紬『そうは言っても、私も方法解らないからすぐには無理よ』

梓「うっ・・・」

紬『ちゃんと元に戻す方法探すから、その間は我慢してね』


ガチャン!ツーツー・・・

梓「あ、紬先輩!ちょっと・・・」

梓「はぁ~・・・どっちにしろ、しばらくはこのままかぁ」

梓「しかたないか・・・」

梓「とりあえず、あんまりえっちなことを考えないようにしないと・・・」

梓「まあ、大丈夫だよね」