憂「はんばーぐ」



唯「うい~、背中がかゆいよ~」

憂「かいてほしいの?」

唯「うん」

憂「ごめんね、今 天ぷらを揚げながら

  スイカを切ってるから手が離せなくて……」

唯「あ~~~、かゆいいいいいい」ゴロゴロ

 「あっ、気持ちいい!!」

憂「あっ、猪みたいに地面に転がって

  背中こすりつけるお姉ちゃんかわいいなぁ~」

唯「いのししいのしし!!パオーンwwwwww」

憂「いのしし!!」キャッキャ

唯「うい~、おふろ~」

憂「おふろ入りたいの?」

唯「うん」

憂「ごめんね、今 掃除しながら宿題してるから…」

唯「お湯をわかしてほしいんだよ~」

憂「あっ!!じゃあ、思いきってお姉ちゃんが

  お風呂の用意をしたらどうかな」

唯「えっ、そんな事した事ないから分かんないよ…」

 「でも、憂のためにがんばってみるよ!!」

 「お姉ちゃんだもんね」

憂「うん、お姉ちゃんがんばって!!」

唯「…よーし」ジョロロロロロ

憂「真剣な顔でヤカンに水を入れはじめたお姉ちゃんがカワイイなぁ~」

唯「よし!!水があったまったから浴槽に注いでくるよー!!」ジャバァ

憂「でも、全然足りないね」

唯「浴槽いっぱいにお湯がたまるまで、ヤカンで沸かし続けるよー!!」シュンシュン

憂「なるほど、さすがお姉ちゃん!!」

唯「よし!!あったまった!!」ドタドタ

 「あっ!!」

憂「どうしたの?」

唯「さっき浴槽に注いだお湯が冷めてるよ…」シュン……

憂「かわいそうなお姉ちゃん……」

唯「負けるもんか!!」

憂「くじけないお姉ちゃんたくましい!!」

唯「ういー、ひんとー、ひんとー」

憂「お姉ちゃんがお風呂で頭を洗うとき、ヤカンのお湯をかぶってたかな?」

唯「あっ!!シャワー!!」

憂「そうだよ!!やったね!!」ワー

唯「そっか!!じゃぐちをヒネればお湯が出てくるんだ!!」キュッ ジャー

憂「あ……」

唯「…水しか出ない」

唯「なんで!?いつもはお湯が出てくるのに!!」

憂「お姉ちゃん、ガスって知ってる?」

唯「聞いた事はあるよ」

憂「聞いたことしかないの?」

唯「あっぁぁぁぁぁっぁがおぉあかっかかあ!?!」

憂「いけない、お姉ちゃんが!!」ピッ

唯「あっ、お、お湯がでたあああ」ホッ

憂「よかったね!!」キャッ


唯「ういー、しくだいー」

憂「うん?」

唯「宿題やってください」

憂「教えてとか手伝ってじゃなくて 私がやるの?」

唯「そうだよ」

憂「お姉ちゃん…」

唯「だって一つもわからないもんね」

 「だったら私よりかしこい憂がやった方が頭いいよ!!」

憂「間違っててもいいから 適当に答え書いておくとか」

唯「私、そんないい加減なことしたくないよ」

憂「さすがお姉ちゃんだ」


唯「うーいー、あいす~」

憂「食べたらいいよ」

唯「冷凍庫にはいってないよ…」

憂「氷でもかじってるとか」

唯「冷たいけど甘くないよ」

憂「世の中みたいだね!」


唯「うーいー」

憂「なに?」

唯「いつもありがとうね」

憂「えっ」

唯「えへへ、あらためて言うと照れくさいや」

憂「…今日はお姉ちゃんの好きな特製ハンバーグ作ろっかな」

唯「しめしめ!」



おわり



『唯太郎』


  ―― むかしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんがいました

和爺「そう、じゃあ私、芝刈りに行くね」

  ―― お爺さんは山に芝刈りに…

さわ婆「私は、川に洗濯に行ってくるわね」

  ―― お婆さんは川に洗濯に向かいました。


  ―― お婆さんが川で洗濯をしていると、川上から桃が流れてきました。

さわ婆「あら、なにかしら、この桃…?」

さわ婆「……丁度いいから、持って帰って和お爺さんと一緒に食べようかしら」


  ―― お婆さんは家に持って帰り、2人で食べるために桃を切りました

  ―― すると……?

赤ん坊「アイスー、アイスー (バブバブ…」

  ―― 桃の中には、1人の女の子がいました。

和爺「さわ婆さん、この子、どうする? 警察に届けるのが妥当な対処だと思うけれど」

さわ婆「そうねぇ……。子供も欲しかったし、2人で一緒に育てましょう」


  ―― 2人はこの赤ん坊に『唯太郎』という名前を付け、大切に育てることにしました。

唯太郎「アイスー、アイスー (バブバブ…」

  14年後、和爺さんとさわ婆さんの家・庭――

  ビュン、ビュン!! ――――

  …………………… ――――

唯太郎「はぁ…、疲れた……。今日はおしまいにしたいなぁ…」

和爺「こら、ダメよ唯太郎。剣の素振りをサボったら」

唯太郎「ねえねえ、和ちゃん?」

和爺「和ちゃんじゃなくて、和爺さんと呼びなさい」

唯太郎「はーい。……和爺さん、どうして素振りなんてしなきゃいけないの?」

和爺「それはね、あなたは3年後、凶暴な悪い鬼を退治するために鬼ヶ島に行かなければならないからよ」

唯太郎「えー、面倒くさいよぉ。鬼ヶ島なんて、どうしていかなきゃいけないの?」

和爺「文句を言わない。はい、早く再開しなさい」

さわ婆「頑張ってね。唯太郎ちゃんっ!」

唯太郎「うぅ…………」


  ビュン、ビュン!! ――――


さま…

いおにさま……

ういおにさま、起きてくださいッ!!



  同時刻、鬼ヶ島・憂鬼の部屋――

純小鬼「お父様がお呼びですよ!!」

憂鬼「……あれ、私、寝ちゃってたんだ…」

憂鬼「うん、起こしてくれてありがとう。すぐに行くよ」

梓小鬼「それでは、私たちは部屋の外で待っております」

  ガチャ、バタンッ!! ――――

憂鬼「お父様が私を……?」

憂鬼「いったい、何の用だろう……?」


  鬼ヶ島・廊下――

  テクテク… ――――

憂鬼「ごめんね、純小鬼ちゃんと梓小鬼ちゃん。居眠りしちゃってて、ご飯の支度がまだなの」

憂鬼「今日の晩御飯、ちょっと遅くなっちゃうけど大丈夫かな?」

梓小鬼「憂鬼様、夕食の支度など我々がやりますから…。アナタはそんなこと心配しなくてもいいんですよ?」

純小鬼「そうですよ! 日々の雑事など、私たち下々の者に押し付けてしまえばいいんですから!!」

憂鬼「えー、でも、そんなの申し訳ないよ……」

憂鬼「それに、お料理は私が好きで、楽しいからやってることだから」

純小鬼「確かに、憂鬼様の作る料理はとても美味しいですが……」

梓小鬼「憂鬼様には、自覚が足りていないと思います!!」

梓小鬼「アナタは将来、この鬼ヶ島の主になる御方なんですよ!! もっと横暴でないと困ります!!」

憂鬼「そっか…。私はダメな鬼だよね。ごめんなさい」

梓小鬼「だから、どうしてそこで謝っちゃうんですか!!」

純小鬼「そこは、お前たち小鬼が鬼である私に意見するとはなにごとだッ!!、って叱りつけるべきです!!」

憂鬼「でも……」

梓小鬼「『でも』も、『へったくり』もありません!!」

純小鬼「さあ、私たちを叱りつけてください!!」

憂鬼「……。わ、私に逆らうなんてダメだよ、めっ!!  …………これでよかったかな?」

梓&純小鬼「…………はぁ…(タメ息…」

純小鬼「でも、大鬼様が憂鬼様を呼び出すなんて、いったいどんな用事なんでしょうね?」

憂鬼「なんだろうね? 特に心当たりはないんだけど……」

梓小鬼「きっと、もっと鬼としての自覚を持つようにという、お叱りのためにですよ!!」


  鬼ヶ島・大鬼の部屋 ――――

憂鬼「……え? 地獄に帰ろうと思ってる?」

大鬼「ああ、早ければ明日にでもな…」

憂鬼「そうですか。じゃあ、急いで帰り支度をしなければいけませんね、お父様」

大鬼「……いや、帰るのは俺たちだけだ。娘よ、お前には鬼ヶ島に残ってもらおうと思っている」

憂鬼「それは、どうしてですか?」

大鬼「憂鬼よ、実は長い間、お前には隠してきたのだが…………お前は、俺の娘ではない!」

憂鬼「!!?」

大鬼「そしてもう1つ。実は、お前には姉がいるのだ」

憂鬼「…………どういうことですか、お父様?」

大鬼「うむ、順を追って説明しよう……」

大鬼「ある日、俺たちは金品を強奪するために、鬼ヶ島を出てある村を襲った」

大鬼「襲ったのは、警備の侍もロクにいない田舎村だ。強奪するのは簡単だった」

大鬼「俺たち鬼は、そこで暮らしていた人間たち全てを追放し、完全に制圧した村で勝利の宴を開いていた」

憂鬼「強奪ですか…。それは……」

大鬼「ああ、今では、自分たちのしたことは間違いであった悔いている」

大鬼「あれは、お前が7歳のときだったな……。お前は書を読み、村へ出かけ村人と対話し……」

大鬼「村を襲い物を盗むのはいけないことであると学習し、それを俺たちに説いた………」

大鬼「それからだ。俺たちは村人たちから物を取り上げるのを止め、この島で自給自足し暮らす道を選んだ」

大鬼「悪い鬼だった俺たちに、正しい生き方を教えてくれたのは……憂鬼、娘であるお前だ」

大鬼「感謝している。……ありがとう、娘よ」

憂鬼「…………お父様…」

大鬼「……………………」

大鬼「……話を続けよう」

大鬼「宴を楽しんでいた俺たちは、その最中、泣き声を聞いた」

大鬼「声のした方に向かっていると、そこには藁で編んだ籠があり、中には女の子の赤ん坊がいた」

憂鬼「もしかして、それが……」

大鬼「そう、籠の中にいたのが、お前とその姉だ」

憂鬼「つまり、私はもしかして……」

大鬼「ああ、お前は鬼ではない。人間の子供だ。俺とお前には、血の繋がりはない」


‐未完‐

\(^0^)/ <完成しませんでした! おしまい。



唯『憂との糸電話!』


唯「ねー、ういー」

憂「なぁに?」

唯「糸電話作ったから一緒に遊んでみませんか?」

憂「いいよー。懐かしいね~」

唯「じゃあ憂はこっち持ってね」

憂「はーい」

……

唯「ぷるぷるぷる♪」

憂『がちゃ。はい、平沢です』

唯『あー私、わたしわたし、私だよ』

憂『あ、お姉ちゃんっ』

唯「待って待って、憂」

憂「?」

唯「そこはダマされちゃダメだよ~」

唯「わたしわたし詐欺のつもりだからね?」

憂「そうなんだ」

唯「じゃあいくよ!」

憂「うんっ」

……

唯「ぷるぷるぷる♪」

憂『がちゃ。はい平沢です』

唯『もしもし私。私だけど』

憂『うーん…』

唯『ん?……』

憂『うーん…』

唯『あ、あの……』

憂『うーん……』

唯『たーん?』

憂『!』

憂『……』

憂『うん♪』
唯『たん♪』

憂『うん♪』
唯『たん♪』

……

唯「そうじゃないよ…うい…」

唯「『お前は平沢唯じゃない!』って感じでさ~、ね?」

憂「頑張ってみる!」

唯「もっかいやってみよっか?」

憂「うんっ」

……

唯「ぷるぷるぷる♪」

憂『がちゃ。はい平沢です』

唯『私私、わたしだよっ』

憂『………お、お前は平沢唯じゃ……唯ちゃんじゃ……』

唯(そうそう。その調子!)

憂『お姉ちゃん…じゃな――』

憂『――……お姉ちゃんはお姉ちゃんだよぉ…』

唯「……」

憂「……」

唯「…ちょっと憂こっちきて」

憂「……ごめんなさい」シュン…



唯「…」ギュッ

憂「おねぇ……ちゃん?」

唯「…」ギュゥゥ

………

唯「もう糸電話はやめよう」

憂「いいの?」

唯「うん。大切なものに気付いたからね」


prrrrrrrr!!!!

唯憂「!!」


 ガチャ

憂「は、はい平沢です」


 『あ、もしもーし?私、わーたし、私だよ!りt 憂「お前は平沢唯じゃない!」


 ガチャン!


唯「……へ?誰から?」


憂「えっと、わたしわたし詐欺師さん……なの……かな………?」




おしまい