律「あぁ…私たちはそろそろ…」

紬「えぇ、そろそろおいとまさせていただくわ」

澪「…………」

憂「あ、はい…」

律「憂ちゃん、今日はわざわざありがとうな」

憂「いえいえ…みなさんも気をつけて帰ってください」

紬「それじゃまた学校で」

唯「うん、ばいば~い!」


ガチャ バタン


和「ふぅぅぅぅぅぅ~~~」ヘタリ

唯「の、和ちゃん!?」

和「大丈夫よ。ちょっと疲れただけだから…精神的に」

憂「ごめんなさい和さん、私のせいで……」

和「いいえ、憂ちゃんは悪くないわ。どうせまたこの子のせいでしょ」

唯「ほぇ?」

和「もういいわよ……」


梓(お疲れさまでした)


律「いや~食ったな~」

紬「えぇ、もうおなかいっぱいです」

澪「…………」

律「相変わらず憂ちゃんは料理上手だよな~」

紬「ほんと、唯ちゃんが羨ましいわ」

澪「…………」


律「ええと……」

紬「…………」

澪「…………」


紬「それじゃ…私はここで」

律「おう…また明日な!」

澪「…………」



紬(やっと解放されたわ)

紬(澪ちゃん大丈夫かしら……)



……

律「…………」テクテク

澪「…………」テクテク




澪「……律」

律「うおっ! なんだよいきなり」

澪「私……どうしたらいいかなぁ…」

律「え?」

澪「私1人…落ちちゃって……」

律「澪……」

澪「第二志望のとこは…恐い人ばっかりで……」

律「おい…」

澪「浪人は地獄だって…」

律「おいおい和の言ったこと真に受けてんのかよ? あんなのデタラメに決まってるだろ!」

澪「でもぉ……」ポロポロ

律「澪っ!」ガシッ

澪「っ――!」


律「澪! 何があっても私はお前の味方だから!」

澪「律ぅ……」

律「だから…1人で悩むな!」

律「一緒の大学に行けなくったって、私たち友達だろ!」

律「放課後ティータイムだって今まで通り活動するんだからな! 大学終わったら毎日集合だぞ!」


澪「律ぅぅぅぅぅ~~~!」ガシッ

律(澪……)


律「もう大丈夫か?」

澪「うん…」

律「そっか」


澪「律…」

律「ん?」


澪「ありがと…」

律「いいって」




一方、平沢家

唯「う~い~アイス~」ゴロゴロ

和「ちょっと唯、少しは手伝いなさい!」

唯「ア~イ~ス~」ジタバタ


梓(やれやれ)フッ


……

律「もう今日は早く家に帰ってゆっくり休め」

澪「うん…」

律「それじゃまた明日な! ちゃんと学校来いよ!」

澪「うん」



澪(律……ありがとう)

ガチャ


澪「ただいま~」

澪母「あら澪お帰り~! もうっ、遅かったから心配したわ~」

澪「あ…ごめんなさい……」

澪母「どうせお友達と合格祝いでもしてたんでしょ~? 嬉しいのはわかるけどちゃんと連絡くらいしなきゃダメじゃない」

澪「…………」

澪母「さぁ、早く上がりなさい。今日はお父さんも帰ってきてるのよ」

澪「…………」


澪父「澪、遅かったじゃないか。どうせ友達と合格祝いでもしてたんだろうが、お父さんもお母さんも心配したんだぞ」

澪母「ちょっとあなた! それはもう私が言いました。それに今日はおめでたい日なんだから」

澪父「そうか、そうだったな! なにせ1人娘が無事大学に合格したんだからな。あっはっは!」

澪母「もうお父さんったら調子いいんだから~」

澪父「あっはっはっは!」


澪「…………」



澪父「そうだ忘れるところだった。これはお父さんとお母さんからの合格祝いだ!」

澪「あの…お父さん……わた――」

澪父「あけてみなさい」

澪「でも…」

澪父「いいから」

澪「うん……」クシャクシャ


澪「あ……」

澪父「どうだ? お父さんは女の子の腕時計なんてわからないから、選んだのはお母さんなんだが」

澪母「素敵でしょう? 高かったのよぉ」

澪「…………」


澪父「ど、どうした澪? もしかして気に入らなかったか?」オロオロ

澪母「そ、そんな…今若い子に人気のブランドよ」オロオロ

澪「」ハッ

澪「ううん、違うの! ちょっと見とれちゃっただけ! すごく嬉しいよ! 大事にするね」

澪父「そりゃよかった!」

澪母「私が選んだんだもの。当然よ」

澪父「あっはっはっは!」


澪「…………」



澪「あの…お父さん、お母さん…」

澪父「ん? どうした?」

澪「きいてほしいことがあるの……」

澪父「なんだ? こんなめでたい日に遠慮なんかするな。なんでも言ってみなさい!」



澪「私…落ちちゃった……」



澪父「は……?」


澪母「ちょっと澪? 今何て言ったの? お母さんよくきこえなかったわ……?」

澪「だから…落ちたんだ……」

澪父「そんな……」

澪「ごめん…なさい……」




澪父「そんなバカな!」ガンッ

澪「」ビクッ



注)テーブルを叩いただけです。


澪母「ちょっとお父さん落ち着いて!」

澪父「あぁ…スマン」

澪「…………」


澪母「澪、じゃあ律ちゃんたちは? 他の軽音部のお友達は? みんなで一緒に受験したんでしょう?」

澪「軽音部で落ちたのは…私だけなんだ……」

澪母「そんな……あなた小学校からずっと律ちゃんより成績はよかったじゃない」

澪「それは……」

澪母「みんなに勉強教えてあげてるんじゃなかったの……?」


澪「ごめん…な……さい」ポロポロ

澪父「澪…わかったから……今日はもう寝なさい」

澪「……はい」


ガチャ バタン


澪父「…………」

澪母「…………」




澪「寝よう……」

澪(律ぅ……やっぱり私…ダメかも……)ポロポロ



澪「あった……」

澪「あった! あったよぉぉぉぉぉぉ!!」


律「やったな澪!」

唯「澪ちゃんおめでと~~♪」

紬「これで来年もみんな一緒ね」

憂「澪さんおめでとうございます!」

梓「澪先輩! やりましたね!」

和「澪、おめでとう!」

澪母「おめでとう澪! さすがうちの娘だわぁ」

澪父「あっはっはっはっは!」


澪「みんな……ありがとぉぉぉぉぉぉ!!!」




澪「」ハッ




澪「夢…か……」


澪「そっか…私落ちちゃったんだっけ……」

澪「1人だけ……」ポロポロ



澪「学校…行かなきゃ……」


澪「あ…お母さん……おはよう」

澪母「おはよう…朝ごはんできてるわよ」

澪「うん…いただきます」

澪「…………」モグモグ

澪「ごちそうさま……」



澪「いってきます……」


ガラガラッ ガラガラッ


澪「…………」トボトボ



澪「あ――!」

律「よっ!」


律「なに驚いてんだよ」

澪「だって…」

律「友達なんだから一緒に学校行くくらい当たり前だろ」


澪「…………」

律「ほらっ、そんなとこにつっ立ってないで早くいくぞ!」


澪「…………」ポロポロ

律「うわっ!? なんで泣くんだよ?」

澪「律ぅぅぅぅぅぅ!!」ガシッ

律「ちょ――澪! こんなところで…」

澪「うぅ~~~~~」

律「あ~もう…しょうがねぇなぁ…」


律「なるほどな~そんなことがあったのか…」

澪「うん……」

律「そりゃ…なんというか……タイミングがわるかったな……」


律「でも、おばさんたちも悪気があったわけじゃないと思うんだ」

澪「うん…それはわかってる」

律「きっと、今頃澪に悪かったって思ってるさ…」

澪「うん…」


澪「なんか…ちょっとラクになったかも」

律「ほんとか? そりゃよかった!」

澪「律…きいてくれてありがとな…」

律「いいって! いいって!」



唯「あ! りっちゃんに澪ちゃん! おっはよ~!」

憂「おはようございます。律さん、澪さん」

律「おう、2人ともおはよう」

澪「おはよう……」


唯「あれ? 澪ちゃんなんか目赤くない?」

澪「あっ…いや、これは……ちょっと寝不足で」

唯「え~なんで~?」

澪「ちょっと…考え事」


唯「ふ~ん……あっ! もしかして何か悩み事?」

澪「いや…そういうわけじゃないけど」

唯「え~水臭いよぉ。話してくれればいいのにぃ~私たち友達でしょ」

澪「うん…ありがと。でも、大丈夫だから……」

唯「え~~」ブーブー

憂「ほらお姉ちゃん、澪さん困ってるよ」

律「そうだぞ唯、そっとしとくのも友達だぞ」



唯「う~……わかったよぉ」

憂(よかった)ホッ



唯「でも寝不足っていえばさ~澪ちゃんって去年の秋ぐらいから勉強で寝不足なこと多かったよね」

澪「あ、あぁ……」

唯「澪ちゃんは人一倍頑張ってたもんね~」

澪「……うん」

唯「それに比べて私はその時期になってもごろごろしてばっかりでさ~」

澪「…………」

唯「澪ちゃんってほんとに頑張りやさんだよね。なんだか自分が恥ずかしくなっちゃうよ」

澪「…………」



唯「澪ちゃん?」

澪「……え?」

唯「どうしたのぉ? なんか元気ないよ?」

澪「あぁ…ゴメンな。ちょっと寝不足で頭ぼーっとしてて」

唯「ふ~ん」

律「唯、澪は今日体調悪いんだからそっとしてやらないとダメだろ」

唯「そっか~ごめんごめん」


4