唯「でも憂がそういうの苦手かもしれないし」

憂(お姉ちゃんにまでそんな趣味が……)

憂(も、もしお姉ちゃんが私にそういうプレイを求めてきたら……いやいや)

梓「大丈夫ですよ、さっき憂も興味あるって言ってましたよ」

憂(そこまでの興味はちょっとなかったです!)

純「それが長い間待って、ようやくそろそろ出てきそうなんですよー」

憂(よかった、まだ梓ちゃんの前で出してはいなかったんだ。っていうかなんなのこの空間)

唯「おめでとう」

憂「ちなみに純ちゃん、それってどのくらい出てないの…?」(適当に乗り切ろう…)

純「二週間くらいかな」

憂「に、二週間も!?」

純「うん」

憂「それって大丈夫なの!?」

純「このくらいが普通じゃない。えっと、このノートに記録が付けてあるから」

憂「そんなことまでするんだ……」

純「マメなんだよ、私。詳細なスケッチとか写真とかもあるよ」

憂「スケッチ!?写真!?」

梓「へえ、どれどれ」

憂(梓ちゃんが興味しんしんだ!)

憂(それにしても二週間出ないとかもう病院行くレベルなんじゃ)

憂「ねえ純ちゃん、野菜とかはちゃんと食べてるの?」

純「野菜というかむしろ葉っぱしか食べないよ」

憂「それは逆に偏り過ぎでしょ!……運動とかはしてる?」

純「いや、もう出る寸前だから硬くなっちゃってて動かないよ」

憂「そりゃかたくもなるよ」

梓「さっき指でつついてみたけどピクリともしなかった」

憂「ささささささわったの!?」

梓「だから私こういうの嫌いじゃないんだってば」

憂「梓ちゃん、そこまでレベル高いなんて……」

梓「まあ女の子ではたしかに珍しいのかもね」

憂「性別関係とかあるのかな……」

純「憂、さっきからなんか変だよ」

憂(おかしいのは純ちゃんたちだよ~!)

憂(はあ……それにしても梓ちゃんはともかくお姉ちゃんにもそんな趣味があったなんて)

憂(今までは我慢できてたみたいだけど)

憂(同好の士に出会ったことによって欲望が開かれちゃったらどうしよう)

憂(もし、お姉ちゃんがその趣味を私にぶつけてきたら………)

憂(私は妹としてそれを受け止める余地があるのだろうか)

唯「私も純ちゃんの(サナギ)見てみたいなあ」

憂(純ちゃんに求めちゃったあ!?)

純「いいですよ」

憂(くっ、だめだ…純ちゃんは真正の変態、求められればホイホイとおのれを晒してしまう!)

憂「お、お姉ちゃんちょっとそういうのは……」

唯「えー、私もかわいい純ちゃんの(サナギ)見てみたいよお」

憂「私は見たくない!」

唯「憂はここで待っててればいいよ。私だけで見てくるから」

憂「そんな……だめ、お姉ちゃんだけにそんな道は行かせられないよ……」

唯「じゃあ一緒に行こ」

憂(ああ、なんだか知らないうちにこんなことになってしまった)

憂(お父さん、お母さん、ごめんなさい……わたしたち大変なことになってしまいそうです)

梓「私ももう一度見ようかな」

憂(梓ちゃんは相変わらずノリノリだし……)

唯「私もあずにゃんみたいに触っていいかな?」

純「いいですけど、デリケートなので優しくしてくださいね」

憂(そんな指導聞きたくない!)

純「じゃ、庭に出てください」

憂「庭でするの!?」

純「屋内で(飼育)しようと思ってたんだけど、家族が嫌がるからさ」

憂(普通逆でしょ……家族まで特殊なんだ……)

憂「や、やっぱり外っていうのはよくないよ!」

梓「でも、野生の状態ならみんな外だしね」

憂(どうしよう、梓ちゃんが野生に目覚め始めてる)

純「というか外にあるんだし一度出てくれないことには……」

憂「すでにいくらかしちゃったの!?」

純「憂なんか変だよ」

唯「やっぱりおなか痛いの?」

憂(それどころの話じゃないっ)

憂「人に見られちゃったらどうするの!」

純「うーん、でも最終的には自然に帰ってくれたらって思ってるし。そのままじゃかわいそうだから…」

梓「意外にやさしいところあるんだね」

純「なによお」

憂(どういうことなの…もはや二人の会話がレベル高すぎてついていけない!)

唯「たしかにそうだね」

憂(うう…しかしお姉ちゃんがすでにその域に達しかかっている……!)

憂(……………)

憂(やっぱり意味分かんないよお!)

純「憂、ひょっとしてこういうのやっぱり苦手だった?」

憂「苦手というか……」

梓「無理しないでいいんだよ」

憂(この二人にやさしく気遣われるとなんか生温かい気持ちになる…)

純「先入観があるから怖いんだって。かわいいーと思ってみればいけるもんだよ」

憂「か、かわいい……?」

憂(かわいい、かわいい……うーん、もしこれがお姉ちゃんのだったら……)

憂(お姉ちゃんかわいいお姉ちゃんかわいい…お姉ちゃんのかわいい…?)

憂(かわいい…うん、お姉ちゃんのかわいいかも………………………って)

憂「お姉ちゃんはそんなことしないもん!」

唯「うわあ、びっくりした!」

梓「な、なに!?」びく

憂「ごめん……なんでもない、気にしないで」

純「なんでもないって……」

憂(悪魔の誘惑に屈するところだった……私だめになりかかってる!)

憂(うう、なんかおなか痛くなってきた)

純「……まあ、憂がいいなら行こうか」

唯「わくわく」

憂(お姉ちゃんの純真な笑顔も今は違って見える…)

梓「もう出て来てたりして」

純「もしかしたらね」

憂(いや、それまずいでしょ!)

唯「私、実は出てくるところって見たことなくて」

憂「うん…私もないよ………」

梓「私も写真とか映像とかでしか見たことないなあ」

憂(映像って……いや、聞きたくない!)

憂(そんな子どもみたいな顔してなんで梓ちゃんはそうなの!)

純「(蝶の)写真集持ってるからそれも後で見る?」

憂(もうおなかいっぱいだよ!)

憂(二人がこんなに変態だったなんて、これからどう付き合っていけばいいのか……)トボトボ

憂(でもお姉ちゃんも同じ趣味なんだった……やっぱり、理解してあげなくちゃいけないのかな)

憂(でも、私やだよそんなの……おねえちゃあん……)ぐすっ

唯「そうだ、写メ撮って澪ちゃんにおくろうかな」

憂「だっ、ダメー! 絶対にダメ!」

梓「そうですよ、澪先輩が苦手だったらどうするんですか」

憂「苦手に決まってるでしょ!」

唯「そうかなあ。でもりっちゃんなら」

憂「律さんにもダメ! 誰にも送っちゃダメだからね!」

唯「わ、わかったよぅ」(なんでこんなに怒ってるんだろ)

憂(うっ……大きい声出したら、おなかに響いてきた)

憂(はっ、もしかして、純ちゃんのあと私もプレイを要求されちゃうの……!?)

憂(そんな……お姉ちゃんの前で……しかも庭で……!?)


……

純「とうちゃく~」

憂(とうとうこの時が来ちゃった……)

純「さあ、御覧なさい」

憂(いやだ!やっぱり見たくない!)プイ

唯「かっ、かわいい~!」

憂(お姉ちゃんが、純ちゃんのを…)ブルブル

純「でっしょお?」

梓「そんなに言うほどですかね…あっ、でもちょっと頭が出かかってますね」

憂(お願いだから解説しないで梓ちゃん)

唯「おお、ほんとだ! がんばれ~、がんばれ~!」

憂(かわいい声でそんなこと応援しないでえ!!)

唯「ほら、憂もこっち来なよ」ぐい

憂「ううううううっ」

唯「ちょっと見てみなって、かわいいから~」

憂(いやああああああああああああああああ!)

憂「………………って、あれ?」

憂(純ちゃん脱いでない…)

純「ね、かわいくない?」

憂「へ? これ……なに?」

純「だから、サナギだってば」

憂「サナギ……?」

純「うん」

憂「……………………えっ?」

梓「もう羽化しかかってるみたいだよ、さっきまでなんともなかったのに」

憂「……ひょっとして、見せたかったのって、これなの?」

純「へ、うん。なんだと思ってたのさ」

憂「…………………………………」

憂「………………………………は」

唯「うい?」

憂「恥ずかしいいいいいいいいいい!!!!」ブンブン

唯「うい!?」

憂「うわあああああああああああああ、ころしてええええええっ」

唯「おちついて!ねっ、大丈夫だから!」オロオロ

純「なんだなんだ」

憂「ぐすっぐすっ」

梓「泣いちゃった」

唯「どうしたのー、うい。大丈夫だから、ね、泣かないで」

憂「ううううううううううう」

唯「えがお、えがお」にぱー

憂「お姉ちゃぁん……」

純「ご、ごめんね、私が無理にサナギなんか見せちゃったから」

憂「ううん、違うの純ちゃんは悪くないよ…私が勘違いしてただけだし…」

純「え?勘違いって?」

憂「なにも聞かないで!」

純「う、うん」

憂「ぐすっ」

唯「よーしよし、ういー、かわいいかわいい」なでなで

憂「もう大丈夫だよ……お姉ちゃん」

唯「よしよし」

梓「すごい。唯先輩がお姉ちゃんっぽい」

唯「私はいつでも憂のおねえちゃんだよ、あずにゃん」

憂「あっ…………」

唯「ん?」

憂「…………ごめん、ちょっと離れて」

唯「うん」

憂「純ちゃん、ごめんね……お願いがあるんだけど」

純「なに?」

憂「その……、下着の替え、かして…くれる?」

純「えっ」

梓「えっ」

唯「えっ」

憂「……」



おしまい!



11