梓「合宿ってそもそも何をするべき機会でしたっけ?」

唯「え? 肝試しに遭難に異世界に迷い込んだりする機会だよね」

澪「いやそれは何か違う気がする」

律「合宿といえば、花火にスキーにバーベキューだろ」

紬「スキー以外はやったわね」

梓「では、スキーでも行きましょうか」



3日後


唯「北海道だよ! 北海道!」

澪「寒いな! 北海道だな!」

律「耳いてー! 手冷たいな、ほら」

紬「きゃ、りっちゃんの手冷たい」

唯「まずは荷物を置いて着替えよう」

紬「あ、今回は使える部屋が3つしかないの」

澪「え、じゃあどうするんだ」

紬「くじびきで決めましょう」

律「これまた計画性のない合宿だな」

唯「私1だよ!」

律「私も1だ」

澪「……2」

梓「私も2です」

紬「……3、しょぼーん」

唯「ムギちゃん、誰かと一緒が良かったの?」

紬「……うん」

唯「じゃあ私が3になるよ!」

紬「ありがとう、唯ちゃん」


律&紬

律「しっかし、部屋の中は広いんだよな」

紬「ツインベッドも用意したの~」

律「ってことは一緒に寝るってことか?」

紬「そうよ、りっちゃん」

律「えっちなこと、するなよ」

紬「……えっちって例えばどんなの?」

律「……胸をもみ合ったり」

紬「///」

律「いきなりキスしてきたと思ったら押し倒されてたり」

紬「り、りっちゃん! そんな恥ずかしいことなんて私できないわ!」

律「だよな! 女の子同士だし、そんなことするわけないよな!」


澪&梓

澪「――ちょ、梓落ち着け!」

梓「え、なんのことですか?」

澪「着替えになぜ私の胸を揉む必要がある!」

梓「そこに、夢があるからです」

澪「意味がわかんないよ!」

梓「意味なんて考えること自体無意味です」

澪「りつぅ~、助けてぇ!」

梓「無駄ですよ、ここの部屋は見た所、防音仕様になっていますから」

澪「ひ、一人の部屋になっておけばよかったよ~!」

梓「もみもみきゅきゅきゅきゅ」

澪「あ///」



唯「こんな広いところに一人は寂しいかも……電話でもかけよう」

torururururu

憂『お姉ちゃん? 今合宿中だよね? どうしたの?』

唯「憂の声が、聞きたくなっちゃって」

憂『お姉ちゃん……///』

唯「ねえ憂は今何してる?」

憂『私は今、居間でお茶を飲んでるよ』

唯「そのお茶が、飲み終わる前に憂に言いたいこと、あるんだ」

憂『……なにかな?』

唯「好き」

憂『え? 聞こえないよお姉ちゃん』

唯「すーきーだーぁ!」

憂『もう一回!』

唯「好きだよ~憂~」

憂『私も大好きだよ~お姉ちゃ~ん!』


全員に戻る

唯「……みんな、準備はおっけー?」

律「ああ、おっけーだ」

澪「……」

紬「澪ちゃん、どうかしたの?」

梓「体調が良くないみたいです、私が看病しておきましょうか」

澪「……ひ」

唯「それはダメだよ! 澪ちゃんの体調が悪いなら室内で遊ぼうよ」

紬「そうね、合宿と言ってもみんなで遊べなきゃ意味ないわよね」

梓「……っち」

律「梓ー、なーんか黒いオーラがちらちら見えてるぞー」

梓「いやですよ律先輩、私はあずにゃんですよ」

唯「あずにゃーん!」

梓「ちょ、抱きつかないで下さい!」

唯「すりすりすり」

梓「oh Yes///」


律「それで、結局何をするんだ」

梓「大富豪をやりましょう!」

唯「でも大富豪ってルールがいっぱいあるよね」

梓「ダイヤの7を持ってる人から始めます。イレブンバックにジョーカーへの3返しあり、
  記号が連続した場合は縛りありのルールでどうでしょうか」

紬「ダイヤの7を持ってる人は強制的にだす必要性がありそうね」

梓「そうですね、7を持ってる人は全員だしちゃいましょう、それでダイヤ持ちの人からはじめることにしましょう」

律「なぁ、罰ゲームありにしようぜ」

梓「勿論です! 大貧民になるたびに服を脱ぎましょう!」

澪「……ひぃ」

紬「澪ちゃん、そんなにおびえなくても……」

唯「よーし、私やるよーちょうやるよー」

律「じゃあトランプをサクっと切っていって配るぞー」

梓「お願いします」

唯「……はいあがりぃ!」

律「また唯が大富豪か……」

澪「……うぅ」

紬「澪ちゃん、頑張って!」

梓「澪先輩、すでにパンツ1枚ですよ、この勝負に負けたら……」

澪「り、りつぅ! 私を助けると思って、負けてくれぇ!」

律「澪、勝負は戦争の世界なんだ、諦めろ……」

澪「そ、そんなぁ」

唯「でもさ、全部脱いじゃったら終わりだよね、どうするの?」

梓「銭湯に入ります」

紬「ここの露天風呂は凄いのよ~、ツララを見ることができるの~」

律「へぇ~、じゃあその銭湯とやらに行くために2のスペード」

澪「……パス」

律「4のスリーカード!」

澪「ぱすぅ!」

律「5のスリーカード」

澪「うわぁあああん」

律「はい、あがり」


梓「――これで、また澪先輩の負けですね」

澪「あ、あ、あ」

梓「脱がして差し上げましょうか? それとも脱ぎたいですか?」

紬「……どきどき」

澪「じ、自分で脱ぐから!」

唯「澪ちゃんって本当におっぱい大きいよね、立ち上がっただけでぷるんぷるん揺れるし」

律「……」

梓「……」

紬「あんまり大きいと肩凝っちゃいそうよね」

梓「律先輩」

律「……ああ」

唯「ん?」

紬「きゃ、な、なに!?」

律「あるものへの嫉妬というのは、実に醜いとは思う次第」

梓「ですけど、私はその醜さを受け入れて揉みます、あますところなく揉みます」

紬「……あっ、だ、ダメよお、りっちゃ~ん」

唯「……楽しそうだよ~」

澪「は、はっははやく銭湯に行こう! 寒いよ!」


露天風呂

唯「あったけー」

律「なんか言葉遣いがおっさん臭くなってるぞ」

澪「うぅ、もう嫌だ帰りたい」

梓「この合宿は1泊2日ですからあと24時間くらい残ってますよ」

澪「ぷしゅー……」

紬「澪ちゃん、体調が悪いみたいだけど、大丈夫?」

澪「ありがとうムギ、そ、そうだ! 私を一人部屋にしてくれ!」

梓「ダメですよ、一人部屋は唯先輩なんですから」

唯「そうすると私があずにゃんと一緒ってことになるのかな?」

紬「唯ちゃん、どうするの? 澪ちゃんを一人にした方がいいかしら?」

律「病気なら看病できるやつが必要なんじゃないか?」

澪「なら、律がいい」

紬「あら、やっぱりりっちゃんはモテモテね」

梓「ダメです! 私は認めません!」

唯「あずにゃん、私じゃイヤ?」

梓「ばっちこいです!」


澪&律 夜

律「結局、こうなるわけか」

澪「いいじゃないか、私は律と居るときが一番落ち着く」

律「そうだな、澪と一緒にいるのって安心するんだよな」

澪「律はずるいよ……誰と一緒にいても不自然じゃないし」

律「澪だって、別に不自然じゃないだろ」

澪「私が、不自然になっちゃうんだ……梓だってあれは普段より近づきたいって甘えてきたのがいい例だ」

律「じゃあ自然になればいじゃないか」

澪「簡単に言うな、私が人見知りなのは知ってるだろ」

律「大丈夫だよ、失敗したら謝ればいい、怒らせちゃったなら笑わせられるように頑張れ」

澪「……」

律「私はいつだって、澪の横にいてやるから、もう一歩、踏み出してみようぜ」

澪「……うん」

律「じゃあ今日は寝るぞ、明日はみんなでスキーしよう」

澪「うん」

律「おやすみ、澪」

澪「おやすみ、大好きな律」


梓&唯 夜

梓「ところで唯先輩」

唯「なーにー、あずにゃん?」

梓「唯先輩って、どうして誰とも仲良くなれるんですか?」

唯「んー、素直になればいいんじゃないかな、そうすれば誰だって自分自身を見てくれるようになるよ」

梓「でも、私にはそんな勇気はありません」

唯「あずにゃん、笑ってみて」

梓「……え?」

唯「にぱーって笑うの」

梓「に、にぱー」

唯「ん~、もっと口元を目一杯開いて、目元をくるくるさせるの」

梓「こ、こうですかぁ!?」

唯「あっはっは、あずにゃん変な顔~」

梓「なっ! 唯先輩がやらせたんじゃないですかぁ!」

唯「だってさ、こーんな顔してたんだよ、ほら」

梓「や、やめて、っくっくっ私そんな変な顔してませんよぉ、っふふ」

唯「……そうやって、笑ってるだけであずにゃんには人が集まってくるよ」

梓「……唯先輩には敵いませんね」

唯「先輩ですから!」


紬 夜



紬「今回も面白い映像がいっぱい撮れそうでよかったわ~」REC







終わり



6