憂「……」

和「……」

憂「……」

和「……」

憂「……暇だね~」

和「そうね。唯もいないし、静か過ぎるくらいに静かだわ」

憂「お姉ちゃん、明々後日まで帰って来ないんだよね……はぅ」

和「こらこら、落ち込まないの。軽音部の合宿で唯がいないなんて初めてのことじゃないでしょう?」

憂「そうだけど……やっぱり寂しいよ」

和「はあ……憂も相変わらずのお姉ちゃんっ子ね」

憂「えへへ~」

和「褒めてないからね?」

憂「え~……」

和「拗ねないの」

憂「……ところで和ちゃんはいいの?」

和「何が?」

憂「和ちゃんだって忙しいんでしょ?それなのに家に来てくれて……別に大した用事もないのに」

和「う~ん、まあ生徒会もあるし勉強もしなきゃいけないし、暇ではないわね」

憂「やっぱり……」

和「でもね」

憂「え?」

和「憂が寂しい思いをしないように側にいてあげる……これは私にとってはとても大切な用事だから、気にしなくていいのよ」ナデナデ

憂「あ……。え、えへへ……何だか照れちゃうなあ」

和「ふふっ」

憂「和ちゃ~ん♪」ギュウッ

和「あらあら、甘えん坊ね憂は」

……

憂「……」ギュウ

和「……いつまで抱き着く気なの?」

憂「……」ウトウト

和「憂?」

憂「はっ!?ね、寝てないよ?」アセアセ

和「嘘。明らかに目を閉じようとしてたじゃない」

憂「うう、だって和ちゃんって温かいし……」

和「はいはい……あら?憂、携帯鳴ってるわよ」

憂「えっ?」

ダイスキー、ダイスキー、ダイスキーヲーアーリーガートウ♪

憂「お姉ちゃんっ!?」パカッ

和「唯から?」

憂「うんっ!お姉ちゃん、無事に向こうに着いたって!」

和「嬉しそうね……あら」

憂「どうしたの?」

和「私にも唯からメール来てたわ。マナーモードにしてたから気付かなかった」

憂「む……」

和「あはは、憂をよろしくねだって。唯はいいお姉さんね」

憂「……」

和「憂?」

ゴーハーンーハ、スーゴイーヨ♪

憂「梓ちゃんからメールだ!」パカッ

和(この子の着信は全部唯の歌なのかしら……らしいといえばらしいけど)

憂「お姉ちゃん、すっごく楽しそうにはしゃいでるんだって!よかった~♪」

和「その様子が目に浮かぶようだわ……梓ちゃんも大変ね」

憂「お姉ちゃんをよろしくねっと……」メルメル

和「後輩に世話を託される唯って……あら、またメール」

憂「えっ?」

和「澪からね。唯と律が暴れて手がつけられない、助けてくれ。何でそれを私に言うのよ……」

憂「むむっ」ポチポチ

和「何してるの?」

憂「べ、別に何も。あっ、またメール!律さんと紬さんからだっ」

和「あの二人が憂に?」

憂「えへへ、私は4人からで和ちゃんは2人からだから、私の勝ちだね!」

和「何の勝負よ。律たちは何て?」

憂「えっ?えっと……その、お姉ちゃんのことは私たちに任せろって」アセアセ

和「……ちょっと携帯見せて」

憂「あっ、ダメ!」

『憂ちゃんからメールなんて珍しいな!唯のことだけじゃなくて私たちも気遣ってくれるなんて、本当に出来た子だ……!』
『憂ちゃん、心配しなくても大丈夫よ♪お土産楽しみにしててねっ!』

和「憂、あなた……」

憂「だってえ……」

和「まったく、変なところで張り合おうとするわね」

憂「ごめんなさい……でも、相手が和ちゃんの時だけだよ?」

和「あら。それは私が特別って言ってくれてるのかしら?」

憂「う、うん……///」

和「ふふっ、みんなが知らない憂の一面を見せてもらえるなんて光栄ね」ナデナデ

憂「あ……和ちゃん……♪」

……

憂「でもいいなあ、お姉ちゃん楽しそうで」

和「……憂は私といて楽しくないの?」

憂「そ、そんなことないよっ!和ちゃんと一緒にいるとすっごく楽しいよ!」

和「ふふっ、冗談よ」

憂「ええっ!?……和ちゃんの意地悪」

和「ごめんね、私も憂と一緒にいれて楽しいわ」

憂「む~……」

和「唸らないの。そういうところは唯にそっくりなんだから……」

憂「姉妹だもん」ベー

和「あらあら、嫌われちゃったかしら」

憂「……和ちゃんを嫌いになるわけないじゃん。でも……」

和「でも?」

憂「意地悪した分、私に……その……」

和「ん、分かったわ。どこか行きましょうか。エスコートさせてもらうわね」

憂「うんっ!和ちゃん大好き!」

和「あらあら……私も憂のこと大好きよ」

憂「う……。ま、真顔でそういうこと言うの反則……///」

和「ふふっ、それじゃあ行きましょうか?」

憂「どこに行くの?」

和「憂の行きたい場所ならどこでも。あ、それとも唯たちに対抗して合宿にでも行く?」

憂「え?」

和「二人っきりで、泊まりがけで、ね……」ボソッ

憂「そ、それって……///」

和「どうするの?憂はどこに行きたい?」

憂「も、もう……和ちゃんのバカっ!」

おしまい



4