実況「9回の裏、先頭バッターの立花がバッターボックスに入ります」

実況「なんとか塁へと出てプレッシャーをかけたい!」

憂(う、うふふ。これだけお姉ちゃんの前で活躍したら
  お姉ちゃんの興味は私に降り注いでいるに違いない)

憂(もう、和ちゃんなんて目じゃないよ)

憂「え、えへへへ……」シュパッ!!

花子(ちょっと! 憂!?)

姫子「これだっ!」カッキーン!!

憂「あっ!?」

実況「右中間へー! 先頭の立花ツーベースヒットを放ちました!」

憂「駄目だ、まだ試合は終わっちゃいないんだ。煩悩を振り払わないとっ!」

律(さて、どうするかな)

律(ここは、4番として……!!)

憂(律さん、どうしてくるかな……)

憂(最低でもランナーをサードに進めるバッティング)

憂(やっぱり右方向だろうな、今までの律さんからいって)

憂(また外のスライダー詰まらせて1アウトもらおうかな、このランナーを返したところで1点勝ってるし)

憂 シュパッ!!

   ズバンッ!!

球審「ボール」

憂(全然乗ってこなかった……)

憂(もしかしたら、引っ張り狙い?)

憂(だとしたら、インハイギリギリに投げて打ち上げてもらおうかな)

憂 シュパッ!!

律「きたっ!」カコン

憂「!?」


実況「なんとバントだ! 3塁線ギリギリに転がるがピッチャーも反応良く処理する!」

姫子 ササッ

憂 チラッ

花子「憂、サードは気にするな! ファースト!」

憂「くっ!?」シュ

1塁塁審「セーフ!」

実況「あっと!? 少しもたついたこともありファーストも間に合わなかった!」

ムッシュ「先ほど2ランスクイズをやられてますからね~。
      セカンドランナーが少し気になってしまった分送球が遅れてしまったという感じでしょうか」

実況「なるほど」

福本「もしランナー返ってしもてもまだ1点ありますからね。気にせんでもええんですけどね」

ムッシュ「しかしピッチャーの本能として点をやりたくないという気持ちが出てしまったんじゃないでしょうか~」

実況「その本能を利用した田井中の頭脳的なプレイというわけですね」

ムッシュ「そうですぅ~」

実況「これで、ノーアウト1、3塁とチャンスを広げました! 続くことが出来るか、5番の琴吹!」


さわ子「ふふっ、りっちゃんったら。自分が目立つことよりもまずチームが優先」

さわ子「さすが部長さんね」


紬「よし! 私だって!」

紬(バットを短く持って……)

憂 シュパッ!!

紬「えいっ!」カキン!!

実況「これはフラフラっとセカンド後方に上がっている!」

実況「ライトも前に出てくるが……落ちました! ヒット!」

実況「サードランナー還ってくる! 1点差! しかもまだノーアウトです」

実況「これはわからなくなってきました!!」

曜子「秋山さん! 1点差だよ! 1点差!」

澪「うん!」

さわ子「この流れに乗って行くわよ!」

さわ子「って、あれ? 近田さんは?」

いちご「この回が始まる前にまたバケツに氷はってベンチ裏で涼んでくるって」

さわ子「まだ、ベンチ裏で涼んでるの!?」

唯「私、呼びに行ってくる」

さわ子「ええ、頼んだわ」

唯「春ちゃ~ん、打席が回ってきたよ~」

春子「ゆ、唯!?」

唯「まだバケツに足突っ込んでる~。ほら~早く行くよ~」

春子「ちょ!? そんなに引っ張るなって」

唯「あれ? その足……!?」

 ・ ・ ・ ・ ・

さわ子「近田さん……この足首……」

春子「……」

姫子「やっぱり、ドカ子とぶつかったときに怪我してたんだね」

春子「変に捻っちゃってさ。最初は全然大丈夫だったんだけど、時間が経つにつれて腫れてきて痛くなっちゃって」

曜子「だから、氷で冷やしてたんだ……」

いちご「守備でも動きがなんか変だったのはこういうことだったの」

唯「無理しちゃ駄目だよ、春ちゃん!」

春子「……だって、私が抜けたら」

唯「あ……」


さわ子「その足じゃ、立ってるのが精一杯でしょうね」

春子「で、出来ます」

さわ子「駄目よ。知ってしまったからには無理をさせることは出来ないわ」

春子「……」

さわ子「ごめんなさいね。気づいてあげられなくて」

春子「……いえ」

澪「春子、ありがとう。もしかしたら春子が一番頑張ってくれてたのかもな」

春子「澪……」

いちご「リタイア?」

さわ子「いいえ! ここまで来たからには最後まで! よ」

唯「でも、どうするの?」

さわ子「ヘイ! アンパイア!」

さわ子「代打、私っ!!」

 「ええーーーーーーーっ!?」

『6番近田さんに代わりまして、山中先生。バッター山中先生』

紬「さわ子先生が代打!?」

律「おいおい、春子はどうしたんだよ」

実況「これは……、なんと先生が代打です」

実況「いいんでしょうか?」

福本「学校行事やから」

ムッシュ「近田に何かアクシデントがあったんでしょうな」

実況「はぁ……」



和「先生、大丈夫なんですか!?」

さわ子「真鍋さん、私だって今日のために何もしてなかった訳じゃないの」

和「そ、そうなんですか」

さわ子「ええ、この日のためにね……」

さわ子「この日のためにあだち充の野球漫画を全巻読破してきたのよっ!」

和「……」

球審「先生、早くお願いしますよ」

さわ子「はいはい」

和(駄目な予感しかしない……)


憂(せ、先生相手に本気で投げちゃってもいいのかな……)

憂(とりあえず、適当に手を抜いて)シュパッ!!

さわ子「おりゃ~!」ポコッ

ソフト部 セカンド「ほっ」パシッ

ソフト部 セカンド「梓っ!」シュ

梓「よっと!」パシッ

2塁塁審「アウッ!」

梓「それっ!」シュ

モブファースト「はいっ!」パシッ

1塁塁審「アウトー!」




さわ子「ふ~っ……」

澪「……」

さわ子「澪ちゃん」

さわ子「がんばってね☆」

澪(ど、どうしろと!?)


実況「代打の山中先生でしたが結果は流れるような4-6-3のゲッツーでした」

福本「出てこうへん方がよかったんとちゃう?」

ムッシュ「これはさすがに擁護のしようがないですよ」



さわ子「さぁ秋山さん! 私が露払いしといたから何も緊張することなく打席に入れるはずよ!」

いちご「なんでこんなに偉そうなの?」

春子(結果は散々だったのにベンチに帰って来たら何故か偉そうなお調子者のキャラクターって
    あだち充の野球漫画で良く見るやつだ)


実況「しかし、同点のランナーが3塁にいます。ここでバッターは秋山」

実況「ここは自らのバットでなんとかしたいっ!」


憂(あと1人。この澪さんさえ抑えれば私はお姉ちゃんと結ばれるんだ)←そんなことはない

憂「ていっ!」シュパッ!!

   ズッバーン!!

球審「ッタラーイク!!」

澪(これは……速過ぎる……)

憂「うりゃっ!」シュパッ!!

   ズッバーン!!

球審「ッタラーイク!! ツー!!」

澪(こ、これまでなのか……)


唯「追い込まれちゃった……」

紬「……」

春子「……」

さわ子「ほら、みんな、声出さなきゃ」

曜子「あ、秋山さーん、ファイト~」

いちご「言えない……」

曜子「えっ?」

いちご「私がもっと打ってたら、もっと楽に澪だって投げられたかもしれないのに」

いちご「一番頑張ってたであろう澪に、頑張れなんて無責任なこと……言えない」

曜子「……」

さわ子「それは違うわ」

さわ子「誰も好きで凡退したりエラーしたりしてないことだって秋山さんにはわかってるはずよ」

さわ子「それに秋山さんが投げる代わりを若王子さんが出来る?」

いちご「無理」

さわ子「だったら、その代われない分もエールを送るのよ」

さわ子「どうしても自分で出来ないことをやってる人のために、声を枯らすほど頑張れって言うの」

さわ子「そうやって必死に応援する人のエールはきっと無責任なんかじゃないわ」

いちご「……センセ」

さわ子「むしろ、その声こそが今打席に1人で立ってる澪ちゃんと一緒に打ってることになるのよっ!」

いちご ガタッ

いちご「澪っ! 打って!」

曜子「わ、若王子さん!? そんな大声出せたの!?」

いちご「私、みんなとやれて嬉しかったの!」

いちご「でも、勝ったほうがもっと嬉しい!」

いちご「だからお願い! 打って!」

春子「澪~! 私の分も頼むぞー!」

紬「澪ちゃん! 澪ちゃんなら必ず打てるわっ!」

曜子「み、澪ー!」

曜子(きゃっ! どさくさにまぎれて呼び捨てしちゃった!)

さわ子「これが青春よね~」

唯(なんかすごい良いこと言ってるけど、この人さっきゲッツー打って帰ってきたんだよね……)

「澪ー!」「がんばれー!」「打てー!」

澪「みんな……」

澪(そうだ、弱気になっちゃ駄目だ)

律「澪っ! こっち見ろ!」

澪「律?」

律(お願いだ、私をホームへ還してくれ!)ジッ

澪(……わかった)グッ

実況「さぁ、ピッチャー平沢憂セットポジション」

実況「勝負の3球目を……投げたっ!!」

澪「いけっ!」カキン!!

実況「打った! 三遊間深いところへ転がる! しかし中野よく追いついた! 1塁へ送球! 間に合うかっ!?」

律「走れっ! 澪っ!!」


23