律「おいおい、追い込まれちゃったじゃん……」

いちご「大口叩いた割には大したことない」

さわ子「こうなったらヒッティングに切り替えるか……」

さわ子「唯ちゃんならゲッツーはないでしょ。最低ランナーが入れ替わったら良しとしよう」

紬「でも、唯ちゃんサインわかるのかな?」

さわ子「……あ」

唯(なんとしてでも、澪ちゃんを2塁へ送らなきゃ!)

律「やっぱり、まだバントの構えだな」

さわ子「でもこれで強攻策に出てゲッツーって心配もなくなったわね!」

いちご「そこまでポジティブなのも気持ち悪い」

さわ子「……」

   プ~ン…

唯(ちょ!? 虫が私の鼻に)

憂 スクッ

唯(でも憂がもう投げちゃう……!)

憂 シュパッ!!

唯「ハックシュン!!」カッキーン!!

3-2ベンチ一同「!?」

実況「なんとバスターで来た! 打球はセンターへ抜ける!」

実況「平沢唯、4安打目は初めてのクリーンヒット! さらにチャンスを広げた!」

唯「て、ティッシュをくらさい」



さわ子「内容はどうあれこれでノーアウト1、2塁」

さわ子「佐々木さん、今までの失敗は忘れて頼んだわよ!」

曜子「は、はいっ!」

曜子(で、でもどうしよう……。私に出来るかな)ガクガク

いちご「……ねぇ」

曜子「なに、若王子さん」

いちご「これ、使って」

曜子「若王子さんのバット?」

いちご「あとは自分を信じて」

曜子「……わかった、ありがとう!」



実況「ここは佐々木大事なバントになってくる。失敗続きでしたがここは是が非にでも決めておきたい!」

憂 シュパッ!!

曜子 カコン

「ファール!」

憂 シュパッ!!

   ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! ツー」

実況「ああっと、追い込まれてしまった」

曜子「ううっ……」

律「曜子ー! 練習を思い出せー!」

曜子(そうだ……、あの夏の暑い時期に皆と汗をかいて練習した日々)

   ~~~~~~曜子回想中~~~~~~

澪「はっ!」シュパッ!!

   ズバンッ!!

律「ナイスボール! 澪」

曜子「秋山さん……。あなたの豪速球が私のハートにストライク」

小山「君、いつもブルペンに見に来るけど、ちゃんと練習しとるん?」



澪「よっと」パシッ

曜子「ああ、守備練習でフライを捕球する秋山さんも素敵……」

福本「行くで~」カキン!!

曜子「……」ボ~ッ…

    ポトリ

福本「こら~、ボサッとしてたらあかんがな」

曜子「す、すみません! ついつい見惚れてしまって」

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

曜子「……」

曜子(って、あれ!? 普通こういう状況だったら一生懸命練習したシーンが回想されるもんじゃない!?)

曜子(う~ん……)

曜子(思い出そうとしても、殆ど秋山さんに見惚れていた場面しか思い起こされない……)

曜子「……」

曜子「だ、だけど、秋山さんへの秘めたる気持ちは誰にも負けないっ!!」

花子(何言ってんだ、この人)


曜子(それに、若王子さんが託してくれたこのバット)

曜子(そんな若王子さんの気持ちも無駄にしたくない!!)

憂「えいっ!」シュパッ!!

曜子「秋山さんへ届け! この想い!」カコン

実況「いいバントが3塁線へ転がる。サードに処理をさせる完璧な送りバントとなりました!」

実況「やはり練習は嘘をつきませんね」

福本「あんまりあの子真剣に練習してなかったけどね」

実況「……」

ムッシュ「しかし、気持ちは伝わってきました~。3年2組はここですよ、このチャンスですよ」


さわ子「よし! お膳立ては整ったわよ!」

和「監督、ちょっとお話が」

さわ子「ん? 何、真鍋さん」

和「実は────」

 ・ ・ ・ ・ ・

さわ子「……信じていいのね?」

和「はい。もし打席でそう感じたらまた合図送りますんで」

和「その時は3塁ベースコーチのムギにサインの発信お願いします」

さわ子「わかったわ。もちろん唯ちゃんにも、ね」

律「お? なんだなんだ、内緒話か?」

和「すぐにわかるわよ」

実況「さぁ! このチャンスで今日当たりに当たっている真鍋の登場です!」


和「佐々木さん、ナイスバント」

曜子「お願い真鍋さん、秋山さんを勝たせてあげて!」

和「ええ、任せて。澪が次の回抑えれば勝ちっていう状況にまで持ち込むつもりよ」

曜子「うん」

和「それに、佐々木さんのバントも無駄にしたくないしね」ニコッ

曜子 ドッキーン!!

和「佐々木さん?」

曜子「め、メガネもいいかも……////」

和「へ?」

曜子「な、なんでもないよ!」

和「そう?」

曜子「真鍋さん、頑張ってね!」

憂「またいい場面で和ちゃんだ……」

憂「これ以上目立たれちゃお姉ちゃん取られちゃうかも」

憂「……」

憂「絶対抑えてやる!」

 憂は和に嫉妬していた

 近所で可愛いと評判の平沢姉妹
 どこか抜けたところもあるが愛らしい姉
 憂はそんな『お姉ちゃん』が大好きだった
 その強すぎる想いは小学校へ上がるころには姉妹を超えた
 特別な感情になりつつあるのを憂は感じていた

 そんな唯一無二の存在である姉がある時期から
 幼なじみの和についての話を頻繁にするようになった

 食事中も入浴中も就寝前も……

 「和ちゃんが野球してるとこカッコいいんだ。私将来和ちゃんのお嫁さんになる!」

 ずっと一緒に居られると思っていた姉の存在が急に遠くなったように感じた

 こうして憂は和と同じチームへ入った
 全ては和より目立ため。姉の興味を自分へと惹きつけるため

憂「幼なじみだからって……」

憂「お姉ちゃんは絶対渡さないんだから!!」

 ロジンバックをマウンドに叩きつける
 白い粉が立ち上がる模様はまるで憂の感情の昂ぶりを現すようだった

 和はそんな憂の心境を当時から察していた
 同じチームにいる時ですらその和に対する闘争心はかなりのものだった

 和が打てばもっと派手な当たりを憂も打つ
 和がエラーをすれば憂は更にとんでもないエラーをしでかす

 全ては唯に見られるため。和よりも目立つため
 和にはそんなつもりはなくとも憂の和に対するライバル心は日に日に大きくなっていった

 ましてや今は敵同士。憎悪ににも似た闘争心は打席に立つ和にヒシヒシと伝わってくる

和(でも憂。私に固執するあまり周りの状況がよく見えてないのよ)

 憂の尋常ならざる状況を見とった和はさわ子に視線で先程の作戦を実行する様に伝える

 さわ子はそれを受け3塁ベースコーチの紬にサインを発信する

紬「……澪ちゃん、ちょっと」

 さわ子からのサインを受け取った紬は3塁ランナーの澪に耳打ちでそれを伝える
 澪は平静を装うように2度3度頷く

 更にさわ子は2塁の唯に飛びっ切りの笑顔を振りまいた

唯(さわちゃん監督めっちゃ笑顔だ。と、言うことは……!!)


憂「絶対に負けない!!」

 ランナーがいるにもかからわず大胆なワインドアップで投げ込む憂
 もはや今は和を打ち負かすことしか頭に無かった
 花子のミットは1アウト2、3塁という状況から明らかに外にはずしたところに構えられていた
 しかし唸りをあげた豪速球はそんなこにはお構いなしに憂の意思を乗せ和と勝負をするために
 ストライクゾーンへと吸い込まれていく
 憂には和しか見えていない

 だが、この状況を想定していた和の眼鏡がキラリと光りを放つ

和「1死2、3塁で初球からストライクを投げるなんて、なっちゃいないわよ憂!!」

 和が状態を下げバットを寝かせている事を目の当たりにしたがもう遅かった
 この時やっと憂は自分の犯したミスに気がつく

憂「しまった!!」

実況「なんと! 不用意に投げた初球をスクイズだ!!」

 急いでマウンドから駆け下りる憂
 手を伸ばし捕球するがもう3塁ランナーの澪はホームの手前にまで来ていた
 この時点で同点になることは誰の目にも明白

憂「っち!! せめて和ちゃんはアウトにとらなきゃ!!」

梓「憂!! 1塁に投げちゃ駄目っ!!」

憂「えっ?」

 梓のその言葉も虚しくすでに投球動作に入っていた憂には送球を止めることはできなかった

 憂は更にミスを犯していた

 和との勝負に固執するあまり今2塁にいる人間の特徴を憂は忘れていたのだ

 同じ血を分け合いながら全てにおいて姉を上回る妹
 しかしそんな完全無欠の妹に唯一優っているであろう姉の能力


       そう、足の速さを……!!



紬「唯ちゃん! 回って!!」

唯「えいやーーーー!!」

 紬は憂が1塁へ送球するであろうことを確認すると腕を勢い良く回す
 彼女は「腕をグルグル回すのをいつかやってみたかったの」と試合後に嬉しそうに語ったという

 サードベース手前で様子を伺いながら少し失速した唯だったが
 紬のジェスチャーを見てギアを入れなおし今一度再加速

 後にこの試合をスタンドで観戦していた者は
 桜高指定の3年用ジャージが青かったことから口々にこう言った



       『青い稲妻を見た』と

 ファーストが憂からの送球をうけとり和はアウトになったものの
 急いで本塁へ投げ返す

 唯は花子のブロックをかいくぐろうと試みる
 そうはさせじと花子も体を張って阻止をする
 クロスプレー────!!










     「セーフ! セーフ!!」







実況「触れています! 右手が僅かにベースに触れています!!」

実況「逆転です! なんと2ランスクイズで逆転!!」

ムッシュ「確かに何度か練習しましたがまさか、試合本番でやってくるとは思いませんでした~」

福本「いや~。ええもん見させてもらいましたね」


澪「や、やった~!! 律、逆転だ! 逆転!!」

律「おやおや? あれだけ勝ち負けはどうでもいいって言ってた澪さんがこの喜びようとは」ニヤニヤ

澪「う、うるさい////」

律「でも、よかったな澪」

澪「……」






澪「うん!」


実況「続いての若王子は打ち取られましたが、真鍋のスクイズと平沢唯の好走塁で2点をとりました
    8回を終わって6-5 3年2組逆転です!!」



澪「和、ありがとう」

和「私はただ、バントしただけよ」

和「それに、お礼なら唯に言ってちょうだい」

和「あの、ブロックのかいくぐり方は中々のものよ」

和「2006年のWBC決勝で見せた川崎の神の手スライディングを彷彿させるわ」

澪「うん。ありがとう唯」

唯「でへへ///」

唯「勝とうね、澪ちゃん!」

紬「あと9回を守りきったら私たちの勝ちね」

さわ子「澪ちゃん。頼んだわよ!!」

律「よし、澪行くぞ!!」

澪「抑えたら、勝ち……!!」


澪「勝てる……!!」

澪「勝つには……!?」

澪「私がシッカリ投げて」

澪「そうしたら勝てる!!」

澪「みんなが逆転してくれた」

澪「だから今度は私が抑えなきゃ……!!」







   「抑えなきゃ!!」




────
────────
────────────

球審「ボール! ボールフォア」

実況「どうしたことでしょうか? 秋山これで2者連続フォアボールと制球が定まりせん」

実況「これで、ノーアウトランナー1、2塁となり逆転の興奮冷めやらぬまま、一転、大ピンチとなってしまいました!」

実況「しかも、打線は上位へと回って行きます」

ムッシュ「なんとか9番、1番と打ち取っておきたかったねぇ~」

福本「ゲッツーが無い限り4番に回りますからね」

実況「勝利まであと3つと迫ったアウトカウントが遠いっ!」


21