澪(私はいつも既製品で済ませてるけど、ムギが言ってたようにこれは明らかに私に合わせて作られている)

澪(なんだかこれほどまでにブラと一体感を感じたことはない……)

澪(いつもより凄い球が投げられるかも)

律(なんか変だ、憂ちゃん。ここは満塁だけど1球外して様子を見た方がいいかも)

澪 フルフル

律(初球から勝負するってか!?)

澪 コクコク

律(澪からあんな積極的に勝負したがるなんて……。わかった、でも甘く来るなよ!)

澪「ほっ!!」シュパッ!!

   ズバシ──ンッ!!

球審「ッタラーイク!!」

律(すげぇ……! ここにきて一番速い球じゃねぇ?)

律(ブラジャー一つでここまで変わるもんか……)

憂「……」

律(さすがの憂ちゃんも度肝を抜かれてるだろうな)

律(これだけ速ければストレートで押していけるだろ)

律(そして追い込んだところでさっき和がやったみたいにカーブ混ぜれば打ち取れるかも)

律(ふっふっふ。ベンチに帰ってからの皆の賞賛の声が聞こえてきそうだ)

律(速い球、続けるぞ!)

澪 コクコク

澪「えいっ!!」シュパッ!!

憂「和ちゃんに……えちゃ……は……」

律「ん?」

憂「渡さないっ!!」ブォン!!

      カッ!!

  グワグワラゴキ────ン!!!!!!!!

実況「これは凄まじい当たりがバックスクリーンへ飛んでいくぅぅぅぅぅぅぅ!!」

実況「センターバック! センターバック! フェンスにつく!!」

唯「よっと」パシッ

実況「ああ~、しかしセンター平沢フェンスに体を預けて捕った」

実況「いった当たりだと思ったんですが」

福本「ちょっと上がり過ぎたね」

ムッシュ「それに秋山の球にも威力がありました~」

実況「まさに力と力のぶつかり合いだったわけですね?」

ムッシュ「はい~、そうですぅ~」

実況「2年1組、満塁で平沢憂という場面でしたが無得点
    6回表が終わり3-4 依然2年1組のリードは続きます」

律「あ、危なかった……」

姫子「唯ナイスキャッチ」

唯「いや~ギリギリだったね」

いちご「あんたの妹、本当に女子高生?」

唯「いやだな~いちごちゃん、一緒の学校だよ」

いちご「そういう意味じゃない」

唯「へっ?」

和「でも、これからは憂や山田さんにはランナー無しで回したいところね」

姫子「そうだね、単打なら仕方がないって思ってやらなきゃね。幸い次の回はドカ子が先頭バッターだし
    なんだったらもう歩かせちゃってもいいんじゃない?」

律「でも、澪だってブラ替えてから球がもっと速くなったぜ」

いちご「じゃあ名前変えなきゃ」

澪「なんの?」

いちご「ウルトラスーパーデラックスボインボイン爆乳ストレート」

澪「やめて」

春子「はぁ~……やっとベンチで涼める」

紬「暑かったもんね」

春子「ムギぃ~、氷かなんかない?」

紬「そういえば、今日は暑くなるって聞いてたからかき氷でもしようかなって思ってて。
  だから氷だったら沢山あるわ」

春子「おおっ! さっすがムギ。じゃあ早速……」バリボリ

律「そのままで……」

春子「んん? りふもいふ?」

律「何言ってんのかわっかんね~よ」

春子「私の打順はまだだし、ちょっと着替えてくんね」

律「で、そのバケツには何入れんの?」

春子「いや~せっかくだから氷張ってベンチ裏で涼んでこようかと思ってさ」

律「あ~。私たちもやったやった。あれ気持ちいいよな」

春子「こ、これは私の氷だからな!」

律「誰も取ったりしねぇよ……。そしてそれはムギが持ってきてくれた氷だ」


実況「さぁ、6回裏の攻撃。先頭バッターの平沢唯が1、2打席目と同じような内野安打で出塁しました」

実況「3打席とも全て内野安打と珍しい結果になっています」

福本「でもヒットはヒットやからね。足速いんも武器ですよ」

ムッシュ「はい~、どれだけ良いあたりであろうがアウトになってしまったら意味がありません」

ムッシュ「平沢は自分の特徴を活かしたバッティングをしていますぅ~」

実況「なるほど。しかも足が速いということは、なにかと仕掛けやすいということにもなりますね」

ムッシュ「そのとおりですぅ~」

福本「でも、ここはまずは送ってくるでしょうね」

実況「9番の佐々木がバッターボックスに入ります。先程は送りバントを失敗していますが、この打席は成功させることが出来るか」

さわ子(試合も中盤。ここでのミスは致命傷になる。この同点のランナーは大事にしていきたいわね)

さわ子(さっきの失敗は忘れて、気楽に送ってね。佐々木さん!)

曜子(は、はいっ!)

花子(もしここで送られても、1塁が空くから次の生徒会長は敬遠。これで1アウト1、2塁)

花子(そしたらバントの上手い2番の人も送ってくるだろうから、2アウト2、3塁)

花子(立花先輩も敬遠して、2アウト満塁。4番の人には悪いけど、今日は全然合ってないし打ち取れる可能性は高い
    これが一番無失点で切り抜けられるであろう算段)

花子(なぜだか憂は生徒会長と勝負したがってるようだけど、ここはあたいのリードに従ってもらうよ)

花子(まぁ、それも9番のバントがきっちり決まったらの話だけどさ)

憂 シュパッ!!

曜子 カコン

実況「ああっと!? また打ち上げてしまった! キャッチャーファールフライ。捕ってアウト」

実況「佐々木、この打席も送ることが出来なかった!」

曜子「ううっ……」

さわ子「佐々木さん、ドンマイ!」

曜子「はい……」

さわ子(仕方ない、またさっきみたいに唯ちゃんを走らせるか)

さわ子(でもそう続けて成功するとも限らないわね)

さわ子(……一か八か)

唯(また盗塁かなぁ~)チラッ

さわ子(よし、唯ちゃん見てるわね。メガネを外して、っと)ギロッ

唯(えっと、メガネを外してこっち睨んでるときは塁から動いちゃいけないんだよね)

唯(にしても恐いなぁ……)

さわ子(真鍋さん)サインサイン

和 コクコク

花子(また走ってくるかな……。まぁ走られてもさっきの作戦は変わらないけど)

花子(でも、そう簡単に走られるのも癪だし。ここは1球外してみるか)

憂 シュパッ!!

   ズバンッ!!

球審「ボール」

花子(動いてこないな)

花子(あっちのベンチもあたいと同じ考えってわけなのかな?)

花子(だとしたら、憂のねーちゃんは走ってこないか……)

花子(生徒会長は右打ちが得意。ここでライトに運んで1、3塁を目論んでるってことか?)

花子(で、次の2番でスクイズ……)

花子(ないって訳でもなさそうだね)

花子(無理矢理にでも打ってくるんなら、こっちだって打ち取れる可能性もある)

花子(右打ち狙ってるんなら、インコースで!)

憂 シュパッ!!

  ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

花子(やっぱり振ってこなかった)

和 チラッ

さわ子 サインサイン

花子(やけに1球1球サイン確認してるな……。やっぱり走ってくるのか?)

花子(とりあえず、次は外)

憂 シュパッ!!

和 ピクッ

  ズバンッ!!

球審「ボール、ツー」

花子(外の微妙な球にかなり反応したな。やっぱり外待ちの右打ち狙いだね)

花子(だったら外のスライダーに詰まらせてゲッツー。最悪でもどっちかの塁でアウトに出来る)

和 チラッ

さわ子 サインサイン

花子(まただ、でもこっちはあんたを打ち取りゃいいだけなんだよ)

花子(それにしても、あっちの担任、山中先生だったっけ。メガネ掛けてニッコリ笑って綺麗な先生だよなぁ)

花子(ウチの担任もあれくらいにこやかだといいのに……)

花子(って、試合に集中しないと!)

花子(憂、外のスライダー、打たせて取るよ!)

憂 コクコク

唯「……」ジリジリ…

憂 シュパッ!!

唯 ダッ!!

実況「平沢走った!!」

和「くっ!!」カキン!!

憂「!?」

実況「真鍋、外の球を無理やり引っ張って行ったー!!」

花子「なっ!?」

実況「ショート逆を突かれる! 弱いゴロが内野を抜けレフトへっ!」

実況「スタートを切っていた平沢唯、すでに2塁を蹴って3塁へ向かっている!」

実況「打球が遅い分レフトがまだ捕球出来ていない!」

福本「回れるで!」

実況「平沢は3塁も……蹴った! 速い速い!」

ムッシュ「行ける行ける!」

実況「レフト懸命に走り捕球も時すでに遅しっ!」

実況「平沢、そのままの勢いであっという間にホームイン!」

実況「3年2組、エンドラン成功! 平沢唯、長躯ホームインで同点!!」

実況「いや~、仕掛けてきましたね福本さん」

福本「言うたやろ? 足は武器やって」

ムッシュ「真鍋もあの外の球をよく引っ張っていきましたよ~」

実況「はい、そしてベンチワークもピタッとハマりました!」

さわ子「き、気持ちいい……」

花子「やられた……」

憂「くっ……!! またしても和ちゃん……!!」

実況「ここで先ほどの打席でスタンドを沸かせてくれた若王子がバッターボックスに入ります」

さわ子(また若王子さんには粘ってもらってフォアボール狙いで)

いちご コクコク

憂「ふんっ!!」ビシュ!!

いちご ブン!

   ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

いちご「!?」

実況「おっと、若王子空振りです」

いちご「……」

憂「えいっ!!」ビシュ!!

いちご カコン

実況「ああっと! バントに行きましたが小フライ!」

「ファール」

実況「しかしキャッチャー捕ることができなかった」

さわ子(あれ? 誰もバントのサインなんて出してないわよ)

憂 ビシュ!!

いちご カコン

実況「今度はしっかりと決めてきた。真鍋はセカンドへ。2アウト2塁で立花へと打順が回ります」

姫子「いちごが1回でもバント失敗なんて珍しいね」

いちご「気をつけて」

姫子「ん?」

いちご「球が速くなってる」

姫子「……わかった」



花子(憂の投球が変わった……。でも、安全策で。立花先輩とは勝負しないよ)

憂 フルフル

花子(ちょ!? 勝負するっての?)

憂 コクコク

花子(……逃げるのが嫌ってわけか。わかった憂がそこまで言うなら)

憂 ビシュ!!

姫子「!?」

   ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

姫子(……確かに、さっきより速くなってる)

憂 ビシュ!!

姫子「くっ!!」カキン!!

実況「立花打って行きましたが、詰まったあたりのショートフライ。中野捕って3アウトチェンジです」

実況「しかし3年2組 6回の裏ついに4-4の同点に追いつきました!」


さわ子「なんだかあっさりと終わっちゃったわね」

姫子「澪、守り気合入れていなかきゃいけないよ」

澪「え? う、うん」

姫子「たぶん、私たちにはもうチャンスはそうないと思う」

姫子「だよね、委員長」

和「そうね、ちょっと投手としての憂を甘く見てたかもしれないわ」

唯「そっかな~」

曜子「唯ちゃんのときは妹さん球が緩いよ。あれくらいだったら私だっていくらでもバント成功させることが出来るのに……」

律「なに? そんなに凄くなったの?」

いちご「私がバント失敗するくらい凄い」

律「ごめん、いまいち凄さが伝わってこない」

いちご「……」


花子「ねぇ憂。あんたあんなに速い球投げられたんだね」

憂「うん、ごめんね。さすがに最初から全力で投げてたらバテちゃうし
  それに勝ち負けよりもお姉ちゃん達と一緒に楽しく野球出来たらなぁ~って思ってたから」

憂「だけど、誰かさんがあまりにも活躍しちゃうから、このままじゃ駄目だと思って」

花子「もとよりあたいはこの試合勝つつもりだったけど」

花子(立花先輩にも認めてもらいたいし)

憂「そっか」

花子「文化部中心のあっちに負けるのも癪だしね」

憂「だよね」

花子「うん」

憂「次は絶対に和ちゃんを打ち取る!」

花子(和ちゃん?)

純「梓~」

梓「なに?」

純「守備位置変わって~」

梓「は?」

純「行って帰ってくるだけでも疲れちゃうよ」

梓「いい運動になるでしょ」

純「梓は近いからそんな余裕でいられるんだよ」

純「それに引き替え私なんて一番遠いじゃん!」

梓「仕方ないじゃん」

純「もう、友達甲斐のないやつだなぁ」

純「罰として次からは梓の守備位置まで私をおぶって行くこと」

梓「嫌だよ、そんなの」

純「なんだったら抱っこでもいいよ?」

梓「そうじゃなくって……」


17