実況「第1球……投げました!」

    ズバンッ!!

球審「ボール!」

実況「バッテリー、慎重に外から入ってきました」

姫子(やっぱり。でも1球くらいは内に攻めてきてもらわないと)

実況「第2球……投げた!」

姫子(また外の球っ! こいつには手を出す!)カッキーン!!

「ファール!」

実況「レフト線ギリギリ切れた!」

姫子(さっきのはファール狙い、外に投げても打つぞっていう意思表示ね)

姫子(それと、律にもチャンスで回してやっていい思いもしてもらわないと)

花子(立花先輩はやっぱり外は上手い。空振りも取れそうにないし)

花子(4番の人は今日当たってないし、長打の可能性がある立花先輩と勝負するくらいなら
    4番と言えどそっちで勝負する方がいいんじゃ……)

花子(……いや、こっちが勝ってるんだ。ランナー溜めるのは得策じゃない)

花子(でも、最悪は4、5、6番打者までっていう考え方でもいいはず)

花子(ここは慎重に外中心で!)

憂 シュパッ!!

姫子 カキン!!

「ファール!」

花子(あんな外の球も振ってきた……、確実にボール球だったのに……)

姫子「ちっ!」

花子(なんか焦ってる? ……やっぱり4番の人には期待出来ないってことかな)

花子(だから立花先輩がどうにかしようとあんなボールにも手を出した)

花子(しかもこれで追い込んでこっちはまだ1ボール)

花子「……」

憂「ほっ!」シュパッ!!

姫子 カキン!!

「ファール!」

花子(また外のボールになりそうな球を……)

花子(ちょっと1球インハイに)

憂 シュパッ!!

姫子「うっ!?」

  ズバンッ!!

球審「ボール、ツー」

花子(仰け反った……、それ程でもなかったと思うけど……)

花子(それだけ外狙いって訳なのかな)

花子(カウント2-2、もう勝負するならここくらいしか……)

姫子(ほら、これだけ打ち気で来てるんだからさ、勝負してくんなきゃ)ジリッ

花子(さっきより少しホームベースに寄ってきてる、本当に少し)

花子(1球インハイに見せ球だったから次の勝負球は外って決めつけてるのかな)

花子(いかにも頭にはフォアボールって考えがなさそう)

花子(よし、インコース、体の近くボールになるところ)

花子(これだけベースに寄ってるんだ、打ったってファールになるはず)

花子(打ち損じで内野フライとかになってくれるのが一番だけど)

花子(もし見送られて2-3になったらその時点で勝負は諦める)

憂 シュパッ!!

姫子「やっぱりきたね!」

花子「えっ!?」

姫子「うらっ!」カッキーン!!

花子「体を開いて正面で打たれた!」

実況「ファースト……取れない! 1塁線破った! フェア!! 打球はライトファールグラウンドに転がっていく」

実況「1塁ランナーは2塁を蹴って3塁まで行く! 打ったバッターは1塁でストップ!」

実況「3番立花、ここでも大きなチャンスメイクをしましたっ!」

ムッシュ「しかし上手いこと打ったね。フェアかファールか紙一重でしたよ」

福本「こら打った方褒めなしゃーないですね」

姫子(さぁ、お膳立てはしてやったよ。頼んだよ律!)

花子「くっ……欲張ってしまった」

花子「2-3だったら歩かせても仕方ないって思ってたのに」

花子「2-2でこっちがまだ有利だったから……」

花子「まだまだあたいは未熟だってことだね」

実況「ここで4番の田井中の打席です!」

さわ子(りっちゃん、大チャンスよ! ノーアウト1、3塁)

さわ子(相手は点差もあるし前進守備を取ってこない、1点は仕方ないってシフト)

さわ子(それよりもゲッツー狙いね。ムギちゃんも当たってるし、その前にランナーを無くしたいってわけか)

さわ子(1点を引き換えに2アウト貰えるならって考えでしょうけど。さぁりっちゃん! ここで燃えなきゃ部長が廃るわよ!)

律(やっぱ4番ってチャンスで回ってくるもんなんだな)

律(さわちゃんは、と)

さわ子(う・て!)

律(はいはい、さっきまでの私だったら調子に乗ってるところだけど)

律(ここは状況を冷静に見てクールりっちゃんバージョンでいくか)

律(なんせさっきの打席は引っ張りにかかってゲッツーだったからな)

律(しか~し! ここはノーアウト1、3塁という場面)

律(しかも前進守備無しのセカンドゲッツーシフト。すなわち一二塁間が広めに空いている)

律(クールな私はここでその広めの一二塁間を狙うわけだ)

律(ふっふっふ。ちゃんと前の打席の反省点を活かす私。超クールビューティ)

憂(律さんか。4番だけどスクイズあるかな……。いきなり初球からは無いとは思うけど)

花子(1球外の球で様子を見る)

憂 コクコク シュパッ!!

律「おらっ!」カキン!!

「ファール!」

律(ちょっと外過ぎたか……)

憂(手を出してきた……けど、まだ無いって決まった訳じゃない)

憂(今度はインローのボール気味の球)シュパッ!!

憂「あっ!?」

花子(やばいっ! コントロールミス! 引っ張りにはおあつらえ向きだ!)

    ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

花子(ほっ……振ってこなかったか)

律(これは流すには難しいな……)

さわ子(ちょっと、ちょっと! さっきの球引っ張ったら余裕で三遊間抜けていったんじゃないの!?)

さわ子(まさか、あの子、右打ちしようなんて思ってないでしょうね)

さわ子(た、確かに繋ぎの4番とは言ったけど、私はりっちゃんにそんなものは望んじゃいないのよ!)

憂(律さん、もしかして右打ち狙いなのかな)

憂(だとしたら……)シュパッ!!

律(よし! 外の甘めのコース! もらった!)ブン!!

     クイッ

律(えっ!? 変化した!?)カコン

実況「田井中打っていったが、やや詰まり気味のセカンドゴロ!」

実況「セカンド、ショートに送る! 2塁アウト! 続けて1塁へ送球!」

律「ぐわぁぁぁぁぁ!」ダダダダダッ

1塁塁審「セーフ!」

実況「やや詰まり気味だったのが幸いして1塁はセーフ、2打席連続ゲッツーは避けられた!」

実況「この間に3塁ランナーホームイン、1点返しました」

福本「なんとか最悪のケースは免れたね」

ムッシュ「しかしゲッツー崩れで1点だけってのはもったいないねぇ」

福本「ちょっと4番がブレーキになってもうてますね」

律「あ、危なかった……」

律「でも、さっき憂ちゃんが投げたのって、スライダー?」


さわ子「おお、もう……」

さわ子(りっちゃんってもっとイケイケな子だって思ってたけど、結構気を遣う子よね)

さわ子(なんだかんだ言って、軽音部の部長だし、ああ見えて責任感が強い)

さわ子(だからあの場面でも自分がどうすればチームのためになるか考えての右打ち)

さわ子(……だけど、だからこそ皆を引っ張ってもらう意味でもあそこは自分で決めるって意気が欲しかった)

実況「3年2組、1点を返しましたがまだまだ続けたい」

実況「ここで5番の琴吹が入ります」

紬「ふおぉぉぉぉぉぉ!!」

花子(な、なんだ!?)

実況「おおっと! 琴吹かなり気合が入っている模様です!」

紬「ふん!」ブン!! ズバンッ!!

紬「ふん!」ブン!! ズバンッ!!

紬「ふん!」ブン!! ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! バッターアウッ!」

紬「ごめんなさい……なんだか力が有り余っちゃって……」

さわ子「どないせ~っちゅ~ねん……」


実況「2アウトとなり打席には6番の近田が入ります」

花子(この人は2打席とも初球打ちだった)

憂「ふぅ~~っ……」

花子(憂、この回の最初で球数使いすぎて疲れてるな)

花子(なるべく早くベンチで休ませてあげたい)

花子(きっとこの打席も初球から狙ってくるはず)

花子(ギリギリバットが届く範囲で詰まらせる)

春子「てりゃ!」カッキーン!!

花子「あっ!?」

実況「近田の打球は右中間! 完全に破っていった~!」

実況「1塁ランナー田井中2塁を回って3塁も蹴る! バックホームは返ってこない!」

実況「ホームイン! 1点差! 打った近田は2塁へ!
    チャンスで得点を取りそこねたクリーンナップをこの近田が救った!」

花子「ちょっと甘めに入ってしまった……」

花子「憂も早くベンチに帰りたいんだ。だからストライクを取りたいっていう気持ちが球を甘くさせた」

花子「あたいはそこを我慢させてなんとかアウトにこぎつかせなきゃいけない立場なのに……」

花子「必ずミットを構えたところにくるわけなんてないんだ」

花子「それなのに……。くそっ、本当にあたいって奴は未熟だ……」

憂「ごめんねドカ子ちゃん、ちょっとコントロールミスしちゃった」

花子「憂……」

憂「もう、そんな情けない顔しないで。たぶん攻め方としては合ってると思うよ」

憂「それがたまたま良い所に飛んでいっただけだよ」

花子「憂、あんたってやつは……」

憂「それにさすがに私も疲れちゃったからね。打たせてとってくれた方がいいよ」

憂「そう続けて野手がいない所に飛んだりしないだろうし」

花子「わかった」

憂「うん、次の澪さんも打たせていこう」



花子(ったく、逆に励まされちまったよ)

花子「よっしゃー! 2アウトー!」

花子「内野! 打者左だから内野安打注意! でも無理して暴投するんじゃないよ! ランナーセカンドだぞ」

花子「外野! セカンドランナー、バックホームに備えときなよー!」

実況「キャッチャー山田から守備陣に激が飛ぶ!」

花子(難しく考えるなんて性に合わないし、これでいいんだ)


澪(な、なんか気合入ってるな……)

澪(でもさっきの打席でいい当たりのセンターライナーだったし、今回もその感じで)

実況「ピッチャー……投げました!」

澪「そりゃ!」カッキーン!!

実況「打った! 打球は二遊間を抜けてセンター前へ!」

律「春子! 回れ回れ!!」

春子「どりゃああああああ!!」

実況「セカンドランナー3塁蹴った!」

ソフト部センター「させないっ!!」ビュ!!

実況「センターバックホーム!!」

花子「点はやらないっ!!」

春子「どけどけぇぇぇぇぇ!!」

実況「良いボールが返ってくる!! クロスプレー!!」

花子「ふんっ!!」

春子「だぁぁぁぁぁっ!?」

実況「ああっと! ホームに突っ込んでいった近田でしたが、逆に山田に弾き返された!!」

球審「アウッ! アウッ!!」

実況「守りきりました! センターのストライク返球とキャッチャーの素晴らしいブロックで同点にはさせない!」

福本「あんなん見たことあらへんわ……」

ムッシュ「キャッチャーがランナーに突き飛ばされるのは見ますがその逆はなかなかないね~」

実況「3年2組 2点返しましたがもう1点はキャッチャーの山田がまさに壁となって立ちふさがりました!」

実況「5回を終わって3-4、2年1組の1点リードと変わりました」

姫子「春子、大丈夫?」

春子「あいててて……、うん、なんとか」

和「さすがあれだけの体格をしてるだけあるわね」

姫子「ちょっとやり過ぎだって私言ってくるよ」

春子「いいって、姫子。それだけあっちも真剣だってことだろ」

姫子「そうだけど……」

春子「ほれほれ、ぜんぜん大丈夫だから」ピョンピョン

姫子「わかったよ。この仕返しはプレーでってことだね」

春子「そういうこと」


律「……」

唯「ん? りっちゃんどうしたの? 黙って」

律「いや、もし4回の表の唯のバックホームがちゃんと返ってきてたらと思うと恐ろしくなってさ」

唯「ああ~。バラバラ殺人事件?」

律「え、縁起でもないこと言うなよ!」

唯「そういう意味では私に感謝してほしいですな~」

律「うん、ありが……ん?」

律「なんかそれおかしくね?」

唯「そっかな~?」

さわ子「田井中さん、ちょっといい?」

律「なに?」

さわ子「ねぇ、りっちゃん。なんでさっきの打席は右打ちなんてしようとしたの?」

律「えっ? だって1、3塁だったし……一二塁間が空いてたから」

さわ子「まぁ気持ちはわからなくはないけどね」

さわ子「でもねりっちゃん、あなたは4番なのよ。自分が決めてやるって気持ちで打席に立ってくれなきゃ」

律「だけどさぁ~……」

さわ子「いいわ、そんなあなたにはこの言葉をあげる」

律「なになに?」

さわ子「月に向かって打て!!」

律「!?」

さわ子「どう? 感銘を受けちゃったでしょ」

律「さわちゃん……」

さわ子「ん?」

律「今、昼間だぜ」

さわ子「違うのよ! そうじゃないのよ!! それくらいの気持ちで打てって言ってるの! なに? 知らないの?」

律「そんなん知らないってば……」

さわ子「えぇ~……」

律「えぇ~、って言われても……」

さわ子「とにかく、私はりっちゃんには『4番』として期待してるからね」

律「うぅ~ん……。まぁわかったよ」

さわ子「3割20本よりも2割5分でいいから40本の打者を目指すのよ!!」

律「そりゃ、どっちも無理だ」

さわ子「気持ち的に!!」

律「はいはい……」


15