実況「ああ~っと、山田高めの球を打ち上げてしまった! 打球は内野へ高く上がっている」

花子「しまった! つい手を出してしまった!」

姫子「オーライ」

実況「ショート立花手を挙げる。が、すでに審判はインフィールドフライを宣告」

実況「ノーアウト満塁を2アウトにまでこぎつけました!」

実況「このまま無失点で切り抜けられるか秋山!」

実況「打席には6番の鈴木が入ります」

純「ま、マジで……」

梓「純! 打ってよ!」

和「あら? あなたさっきは右打席じゃなかった?」

純「し、知らないんですか? イチローは左で打つんですよ」

和「知ってるわ」

純「だからです!」

和「ふ~ん……」

純(動揺してない……)

和「ところで」

純「はいっ!」

和「左で打つんなら、バット持つ手、逆よ」

純「え? あ、あははは。そこに気づくとは、さすが生徒会長さんですね!」

和(なんなのかしら、この子……)

純(だめだ、緊張する。こうなったら……)

和(さて、前の2人の打席は見てるはず。2人とも初球は丁寧にコースをついた投球をしてる)

和(普通に考えれば自分の打席もそう攻めてくるって思うでしょ?)

和(難しい球には手を出さないってのがセオリー。それが初球ならもっての外)

和(前の2人の打席を見たあなたなら、もちろん難しいコースを攻められるであろう初球をまず見逃すはずよね)

和(そこに初球は真ん中付近のカーブから入る。まさかのカーブに2球目からは頭が混乱するはず)

和(ふふっ。これで無失点で切り抜けられる!)

澪 シュパッ!!

純「いちにっさん!」カッキーン!!

和「えっ?」

実況「鈴木の打球は三遊間深いところに転がる!」

姫子「くっ!」パシッ

実況「ショート立花追いつく、がどこにも投げられない!」

実況「チャンスは潰えたかと思われた矢先に鈴木のタイムリー内野安打! 2年1組1点追加! 1-4!」

ムッシュ「あれ抜けてたらもう1点入ってましたよ。これは立花素晴らしい守備を見せました」

福本「まだ3点差ならわかりませんからね」

和「まさか初球から振ってくるなんて……」

和「まぁこっちが色々と考えてやっても、あっちが何も考えてないんだったら意味ないわよね」

和「ごめん澪。ちょっと私、自分自身のリードに溺れていたわ。前の2人であまりにも上手く行き過ぎたもんだから」

澪「いや、いいんだけど……」

澪(さっきの、鈴木さんだっけ? なんだかバット振るとき目をつぶって振ってたような……)

和「7番の子にはヒット打たれてるし。気を抜かずに行くからね」

澪「う、うん。ふぅ……」

和「澪、大丈夫?」

澪「ち、ちょっと疲れたけど、ここ抑えたらベンチで休めるし。頑張るよ」

和「……ええ、そうね」

和(確かに、憂と山田さんにちょっと神経つかわせ過ぎちゃったかも
  けどあまりにも消耗し過ぎじゃないかしら……)

純「ふふっ、目をつぶってヒット打てるなんて……自分の才能が恐いよ」

 ・ ・ ・ ・ ・

    ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! バッターアウッ!」

実況「秋山、続く7番打者は打ち取りました」

実況「5回の表を終わって、1-4 2年1組 1点追加で3点差としました」



さわ子「あのピンチで1点に抑えられたのなら上出来よ。よくやってくれたわ真鍋さん」

和「いえ、投げたのは澪なので」

さわ子「んもう、謙遜しちゃって~」

律(確かに、和の方が澪の良いところを引き出していた感じがする)

律(私はもうキャッチャーやらない方がいいのかな)

律(その方が澪もきっと……)

律「ナイスリードだったな、和」

和「それも澪のコントロールがあってのものよ。あの子凄いわね」

律「まぁな。7割方は構えたところにくるからな」

和「そうなの? さっきの回なんてほぼ全球私が構えたところにボールがきてたわよ」

律「いやいや、さすがにそこまではないって。ちらほらコントロールミスもあるし」

和「……」

律「和?」

和(まさか……)

唯「澪ちゃんナイスピッチ!」

澪「ありがと」

曜子「秋山さん大丈夫? すごく疲れてるように見えるんだけど」

澪「うん、ちょっとね……」

春子「おにぎり食べる?」

澪「え、遠慮しとくよ……」

さわ子「澪ちゃん、あなたがへばっちゃったら負けも同然なのよ」

澪「は、はい……」

さわ子「私は監督って立場だからプレーには参加できないけど、澪ちゃんの疲れを癒すことは出来るわ」ワキワキ

澪「な、なんですか? その手の動きは……」

さわ子「特製マッサージして あ・げ・る」

澪「け、結構です!!」

和「先生、ふざけるのもいいかげんにしてくださいね」

さわ子「すみません……」

姫子「生徒に怒られる教師か……」

唯「そんな光景」

いちご「珍百景登録決定」

さわ子「……」

澪「なぁ、和」

和「なに?」

澪「……次の回も和がキャッチャーするの?」

和「そのつもりだけど……私じゃ不満?」

澪「いや、そういうわけじゃないんだけどさ」

和「私ビックリしたのよ、あなたの球を受けてて」

和「だって、全部私が構えたところに来るんですもの」

姫子「確かにコントロール良いとは思ってたけど、そこまでってのは凄いね」

和「でも、律と組んでたときはそうでもないって聞いたけど」

澪「……」

和「……澪、もしかして私に気を遣って投げてる?」

澪「……!!」

和「やっぱり。だからいらない神経をつかって消耗してるのね」

和「いいのよ、少しくらいアバウトに投げてくれても」

澪「だ、だって、もし変なところに投げて打たれたら和に悪いし……」

律「わ、私だったらいいってのかよ!」

澪「律はいいもん!」

律「なんだそれ! 子供かよ!」

和(なるほどね、結局澪は律に甘えてるってことか。なんだかんだ言っても信用してるのね)

澪「それに、もし私がワンバウンドとか投げちゃったら和はどうする?」

和「体に当ててでも止めるわ」

澪「だからだよ。もしそんな変な球投げて、和の体に痣なんて出来でもしちゃったら……」

澪「嫁入り前の体なのに……私はどう和に償えばいいか……」

和「嫁入り前って……。そんな古風な……」

春子「じゃあ、律だったらいいって言うんだ」

澪「……まぁ」

律「だからなんでそうなるんだよ! 私だって嫁入り前の体だぞっ!」

澪「律は昔からやんちゃしては擦り傷とか痣が絶えなかっただろ」

澪「それに律がお嫁に行くとか……正直……プッww」

紬「!?」

律「な、何笑ってんだよ~!」

紬「 澪『律がお嫁に行くとか……』
        ↓
        ↓紬フィルターを介すと
        ↓
   澪『律は私の旦那さんになるんだからな////』」

紬「まぁ////」

唯「ムギちゃん?」

和(やっぱりこの2人でバッテリー組んだ方がいいかもね。ピッチャーに気を遣わせるようじゃキャッチャー失格だし)

和(でも、そのためには2人を仲直りさせないと)

和「じゃあ次の回からもキャッチャー私でいいのかしら? 律とはまだ喧嘩中でしょ?」

澪「!?」

和「私は、コントロールミスなんて許さないわ。試合終了まで気を張り詰めて投げるのよ澪」

澪「あ、あのさ……」

和「なに? 言いたいことがあったらハッキリと言ってね」

澪「べ、別に和のリードに不満があるって言うわけじゃないんだけど……」

和「うん」

澪「頼りなくても、律の方が安心して投げられるって言うか……」

律「み、澪!?///」

紬「これはもう告白だろっ!!!!」ブ~~~~ッ!!!!

曜子「こ、琴吹さん!?」

唯「大変だ! ムギちゃんが鼻血をっ!!」

さわ子「ええっ!? なんで!? もしかして熱中症!?」

いちご「こんなきれいに鼻血出す人初めて見た。投稿してもいい?」

春子「そんなん言ってる場合じゃないって、いちご」

姫子「ムギ、大丈夫!?」

紬「くっ……、2人の結末をこの目に焼き付けるまでは、倒れるわけにはいかないのっ!!」クワッ!!

さわ子「元気そうね……」

紬「ただ、少し体力が回復するまで時間が欲しいかも……」

さわ子「……」

審判「バッター早く」

さわ子「えっ? ああ、はいはい」

さわ子「えっと、次の打順は……」

いちご「はい」

さわ子「若王子さん、なんとか打席で時間を稼いでくれる?」

さわ子「今、琴吹さんにダウンされちゃその時点でゲームセットだから」

いちご コクン

さわ子「頼んだわよ」

紬「ごめんね、いちごちゃん」

いちご「ただバットに当ててファールにするくらいならいくらだって出来る」

和「いちご、一応言っとくけどスリーバントでファールはアウトになるわよ」

いちご「知ってる。バトン部の底力、見てて」

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「さぁ、5回の裏が始まってそろそろ10分が経とうとしていますが
    まだこの回の先頭バッターである若王子が打席に立っています」

憂 シュパッ!!

いちご カキン!!

「ファール!」

実況「先程からフルカウントという局面で驚異的な粘りを見せている若王子、この球もカットした」

実況「見送ればボールという球も何球かあったのですがことごとくバットに当てている」

実況「対する平沢憂も次が当たっている立花なのでノーアウトのランナーを出すものか、とこちらも粘りの投球を見せています」

憂 シュパッ!!

憂「あっ!?」

実況「ああっと! 手元が狂ったか!? ベース手前でワンバウンド!」

いちご「!?」カキン!!

実況「なんと! この球もカットした! 驚異のバットコントロールです」

憂(な、なんなの……この人……、いったい何が狙いなんだろう……)


春子「いちご、すっげー粘ってるな」

律「ムギ大丈夫そうか?」

唯「なんだかいつもより眉毛が弱々しく見えるよ……」

斎藤「お待たせしました、お嬢様」

紬「よく来たてくれたわ、斎藤」

律「ムギんちの執事さん?」

紬「あれは持ってきてくれた?」

斎藤「はい。どうぞ、作りたてに御座います」

紬「ありがとう、これでもう大丈夫だわ」ゴクゴク…

唯「何飲んでるの?」

斎藤「琴吹家に伝わる秘伝の特製栄養ドリンクで御座います」

斎藤「これを飲めばたちまちに力が漲るという優れものなので御座います」

斎藤「お嬢様はお疲れになられたときには必ずこれをお飲みになるのです」

斎藤「もう少しもすれば、お嬢様もご回復なさると思います」

澪「いったい何が入ってるんだろ……」

斎藤「申し訳ありませんが何が入っているかは一切お答えすることはできません」

澪(こわっ……)


憂(しつこすぎるよ……)シュパッ!!

憂「あ、しまっ!?」

花子(やばい! 体に当たる……!!)

実況「ああっと!? これはデッドボー……」

いちご クルクル カコン

球審「ふ、ファール!」

実況「なんと若王子! バットを体の近くで回してバトンの如く扱いデッドボールをも防ぎました!
    まるでバトントワリングの演技を見ているようです!」

ムッシュ「いや~、さすがバトン部やね」

福本「まぁ、野球よりもこっちのが得意でしょうしね」

実況「そういう問題でしょうか?」

憂「……」ヒョイ

   ヒュ~~~ン

実況「ああっ!? これは大暴投です! 平沢憂が投げた山なりのボールはキャッチャーの遥か頭上!」

いちご「はっ!」ヒュン

実況「こんどはそのボールめがけて若王子がバットを放り投げた!」

バット クルクルクルクル カコン

球審「……ファール」

バット クルクルクルクル

いちご パシッ!!

実況「またファールにしました! 投げたバットも若王子自身がバッターボックスで2度3度と回り華麗にキャッチ!」

ムッシュ「10.0の演技やねぇ」

実況「スタンドからも拍手喝采です!」

福本「もう野球ちゃうがな」

澪「なんかあっち凄いことになってるぞ……」

紬「……きたきた!!」シャキーン!!

澪「うわっ! ビックリした!」

紬「元気100倍! ムギちゃんマン!!」パッパラ~

唯「おおっ! ムギちゃんが復活した! 眉毛もなんかさっきより雄々しくなったよ!」

律「そんなわけ……本当だ」

斎藤「これでもう安心で御座います」

さわ子「あ、ありがとうございました」

斎藤「いえいえ。どうぞお嬢様をよろしくお願いいたします」ペコリ

さわ子「こ、こちらこそっ!」

紬「ふんっ! ふんっ!」

律「なんか元気になり過ぎてない?」

姫子「おーい、いちご~。もういいよ~」

球審「ボールフォア!」

実況「おっと? 今度は見送ってフォアボールです。いったいさっきまでのは何だったんでしょう」

ムッシュ「いや~、もっと見ていたかったね~」

福本「敬遠の球打ってサヨナラもすごい思たけど、こっちもなかなかでしたね」

ムッシュ「新庄見てたらなんて言うかなぁ」

福本「俺もあれくらいやっときゃよかった! とか言うんちゃいます?」

ムッシュ「ただプロでやったら怒られそうやねぇ」

福本「ただでさえ色々言われとったのに、もうボッコボコでしょうね」

実況「これで今日当たっている立花の前にランナーを出すことが出来ました」

ムッシュ「清水さんも我々の横でちゃんと実況するんも大変やねぇ」

実況「……いえ」

福本「楠アナやったら脱線しまくりますけどね」

実況「……」

実況「気を取り直しまして。左バッターボックスに3番の立花が入ります」

姫子(先生は、と)

さわ子「……」

姫子(何も指示は無しか。いいねぇ~、それって信用されてるってことじゃん)

姫子(さて、どう攻めてくるかな)

姫子(1打席目は右中間、次はライト前。どちらも引っ張って打ってる)

姫子(ドカ子は私がどちらかといえばインコースが苦手とわかっての攻めだった)

姫子(だから内に攻めて来た球を右に持って行けた)

姫子(だいたい唯の妹の球って、普段やってたソフトよりも球の勢いないから打てるんだよね)

姫子(まぁ、マウンドまでの距離の問題もあるし。それにやっぱりプロの指導を受けたってのもあるだろうし)

姫子(でも、これからはそうもいかないだろうな)


14