実況「おや? キャッチャー真鍋から守備位置の指示が出ています」

ムッシュ「またえらい右寄りに守ってるね~」

福本「しかも内野前進守備でショートなんかセカンドベースの前辺りですからね」

ムッシュ「その割にはサードはベースに付いてるし大胆な守備シフト敷くねぇ~。三遊間がら空きやね」

実況「確かに、平沢憂の第一打席ではライトに大きな当たりを飛ばしましたが、こうも極端なシフトとは……」

憂「なにこれ?」

和「憂用のシフト」

憂「へぇ~」

憂(和ちゃんいったい何考えてるんだろう……)

憂(三遊間なんてちょうどベース間くらい空いてるし。ちょっと引っ張ったら簡単に抜けちゃうよ)

憂(でも、和ちゃんのことだ、何か策があるに違いない。このシフトだったら普通は外中心に攻めてくるよね)

和(……って憂は思ってるでしょうね。でもいきなりこの守備位置でインコースにきたらどうかしら?)

憂(……って和ちゃんは思ってるだろうな~。こうやって人の裏をかいてくるに違いない
  和ちゃんはそういうしたたかなところあるからなぁ)

和(……)

実況「秋山、ここはいつも以上に大きく振りかぶっています。打者のタイミングを狂わそうとしているのか?」

憂(そんなことしても無駄ですよ澪さん。初球は絶対にインコース!)

実況「勝負の一球目……投げたっ!!」

憂(外っ!? でも、このくらいなら届く!)ブォン!!

     バシンッ!!

球審「ッタラーイク!!」

実況「秋山、初球は外のフォークで入ってきた!」

ムッシュ「これ以上ないコースでした~」

福本「初球にはもったいないくらいでしたね」

ムッシュ「プロでも空振り取れるんちゃうかなぁ~」

憂(しまった、澪さんにはフォークがあったんだった)

憂(しかもアウトコース。そうだよ……和ちゃんがそんな危険を冒してまでインコース狙うってのも考えられない
  昔っから基本に忠実だったんだから。……くっ! 和ちゃんがキャッチャーだってことで意識し過ぎちゃった)

和「ナイスボール澪!」

憂(次は……この守備位置だ、たぶん内野ゴロホームゲッツー狙いで外低めしかないと思う)

実況「ピッチャーまた大きく振りかぶる」

憂(バットが届くとろこにきたらライト前へちょこんと合わせる。強振はしない)ググッ

和「……」チラッ

澪 シュパッ!!

憂(インハイ!?)

   バシンッ!!

球審「ボール!」

和「高いですか?」

球審「ちょっと高いね」

和「オッケー澪、ナイスコース。その調子よ」

憂(まさかインコースに投げ込んでくるなんて……。ストライク取られても文句言えないところだった……)

憂(なんで……どうしてこの守備位置でインコースに投げるなんてことが出来るの?)

憂(でもそう2球もインコースは続かないと思う。これで内に意識をさせて外の球への反応を鈍らせる)

憂(攻めの基本は対角線。そういう意味でもこのインハイの球も理にかなっている。次こそ外!)

澪 シュパッ!!

憂(インロー!? でも低い!)

    ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! ツー」

憂「!?」

和(取ってくれた! この審判高めには辛いけど低めは取ってくれる)

憂(くっ……!? 追い込まれた……。まさか2球続けてインコースだなんて)

憂(今思えば初球にあれだけいいコースにフォーク落とされたのが私に外への意識を強くさせた)

憂(それに、なんといってもこの守備位置。普通は外中心の攻めだって思っちゃうよ)

憂(でも、結果は内を攻められている。これじゃあ和ちゃんの掌の上で踊らされてるってことに……)

憂(アウトローの次はインハイ、だったらインローの次は……アウトコース高め)

和(ふふっ。憂の迷いが手に取るようにわかるわよ)

憂(……でも、そう思わせるのが和ちゃんの狙いだとしたら。次もインコース)

憂(追い込まれてるけど、私はいつだってこうやって狙い球を絞ることで打ってきたんだから!)

梓(憂、追い込まれちゃった。大丈夫だとは思うけど、どん詰まりの内野ゴロでホームゲッツーってのは避けたいよね)

梓(そうならないようにちょっとリードも大きめに取っとこう)

梓(澪先輩も憂との勝負で精一杯だろうし、牽制もたぶん無い)スススッ

澪 シュパッ!!

憂(外!? 駄目だ、手が出ない!)

    ズバンッ!!

球審「ボールツー!」

憂「ほっ……」

和「春子っ!!」シュ!!

実況「キャッチャー、サードへ送球!」

梓「うわっ!?」

3塁塁審「セーフ!」

実況「3塁ランナー少しリードが大きかったのですがなんとか戻りました」

梓(あ、危なかった……。もう余計なことはしないでベースに張り付いてよう。
  憂ならきっと打ってくれる、うんそうに違いない。憂の打撃の邪魔もしちゃ悪いし)

和(これでランナーは3塁に釘付けに出来たでしょ。ホームゲッツーの確率も上がった)

和(でも、言っちゃ悪いけど内野の守備は姫子以外期待出来ないし。欲しいのは三振)

憂(また逆をつかれた……。なんで? どうして私の待ってる球の反対にそうも投げ込んでこれるの?)

憂(私に、何か癖でも……)

憂(……そういえば!?)

憂「た、タイム」

球審「タイム!」

実況「平沢憂、一度バッターボックスを外します」

憂(昔一緒にやってたときに和ちゃんから私が狙い球を絞るときの癖があるって言われたことがある)

憂(ピッチャーが振りかぶった瞬間に外狙いだったらベースに体が被さり気味に、内だったらその逆)

憂(そう言われてすぐ直したんだけど、まさかその癖がまた出ちゃってたのかな……)

憂(ちょっと構えて……気分は外狙い……)ググッ

憂(やっぱり、無意識に体がちょっと前傾姿勢になる)

憂(でも、自分でもわからないくらい微妙な変化だよ、これに和ちゃんが気づくかな……?)

憂(いや、たぶん気づいてる。澪さんがいつもより大きく振りかぶってるのも私が構えてからの時間稼ぎをして
  そこから和ちゃんが私の仕種を見てコースを決めてるんだ)

憂(それがわかれば、逆に利用することも出来るはず)

球審「バッター、早く」

憂「は、はい」

和「……」

球審「プレイッ!」

実況「さぁ、バッターボックスを外し2、3度素振りをした平沢憂に対し秋山が大きく振りかぶって……」

憂(外狙いという体で……)ググッ

実況「第5球目を……」

憂(絶対インコースに来る、それを思いっきり引っ張る!!)

実況「投げた!!」

憂「きたっ!!」ブォン!!

    ガキョワイーン!!

実況「インコースの球を思いっきり引っ張っていった!!」

実況「レフト線入るか、どうだ!?」

「ファール!」

実況「ああっと、惜しくもラインの左でした」

憂(意識し過ぎちゃった。しかも、いつものストレートより遅かった気がする)

憂(さっきより遅めの球でタイミング狂わせてファールを打たされた)

憂(たぶんもう和ちゃんには私が癖のことに気づいたってことがバレてる)

憂(それを確認する意味でもあえてファールになるような球をインコースに投げてきたんだ)

憂(だけどこれで私の狙い球が和ちゃんにもわからないだろうから五分と五分
  いや追い込まれている分私の方が厳しいか……)

憂(なに投げてくるかな……)

憂(初球のフォーク……あれを投げられたらバットを止める自信がない……)

憂(かといってフォークを見極めようとじっくり見てたら速いストレートに合わせることが出来ない気がする)

実況「秋山、勝負の6球目……」

憂(駄目だ、決めきれない……!!)

憂(とにかくストレートを広く待つ! フォークならボールになるはず!)

実況「投げましたっ!!」

澪 シュパッ!!

    フワッ

憂「あっ!?」

    パシッ





              __
         ____,,--"  ヽ、
     ,,==、""________________)__  _
    ヾ"""""ヽ______,_/~~~~ ヽl ヽ、
     ヾ  //.:.:.:{`、     { ヾ、 ))
      \//.:.:.:.:.:.:.:{     } //_=)
        ヾ〃.:.:.:.:.:> ,--、__ ll _'' }
        |;;  ;; ゞヽ-、___(;;;:::::={
        |::::::;;;;;;;;,,,  `---`--、
        |:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,--.:.:\          /~~`;
        }::::::::::::;;;;;;;;;;;,,,,,,//~~.:.:.:.:.:ヽ、    ___/  ____,';
        l::::::::::::;;;;;;;;;;;,,,,//.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:~ll~~    /
        }::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,((______.:.:.:.:..::.:.:.:.://  /
        (::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,/~~`ヽ_____//-""
       /;//-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ

   球審「ッタラーーイック!! バッターアウッ!!」



憂「か、カーブ!?」

和「残念だったわね」

憂「~~~~ッ!?」

実況「見逃しさんし~~~~ん!! 平沢憂、緩めのカーブに手が出なかった~!!」

ムッシュ「完全に頭になかったボールじゃなかったでしょうか~」

福本「狐につままれたような顔してますね」

ムッシュ「あまりにも打ち頃の球がきたもんでバッターはビックリしたんじゃないでしょうか~」

福本「フワっときたんで思わず力が入りすぎてバット出てこうへんようになった感じでしたね」

実況「なるほど、バッターは虚を突かれた格好になったというわけですね」

ムッシュ「それにしてもキャッチャーの真鍋はしてやったりやねぇ~」



憂「もう!!」ガツン!!

実況「あっと、平沢憂、悔しさのあまりバットを叩きつけた!」

梓「憂があんなに悔しがるなんて……」

憂「……和ちゃん」

和「なに?」

憂「次は……」

憂「次は、絶対に打つから覚悟しててね」

和「そ、そう」ゾクッ

和(ちょっと調子に乗りすぎちゃったかしら。憂のスイッチ入れちゃったかも……)

和(まぁ、次からは勝負しなくてもいいような状況で憂に回すようにしないとね)


実況「4番の平沢憂は打ち取りました。がしかし、まだ5番の山田がバッテリーに大きく立ちふさがります!」

和(さてと……)

実況「おや? またキャッチャー真鍋から守備位置の指示が飛びます」

実況「今度は左寄りです」

福本「さっきもこの守備で翻弄されたところもあるでしょうね」

ムッシュ「バッターも色々と考えるやろうねぇ~」

花子(憂のときは右寄りであたいのときは左寄りか)

花子(それで憂は初球外のフォーク。憂のパターンでくるならこの守備位置だったらあたいにはインコース)

花子(だけど……そう簡単に……)

和(さぁ、色々と考えて悩んでね)

実況「5番山田に対して秋山第1球目……投げました!」

花子(低いっ!)

    ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

花子「!?」

実況「秋山、まずは初球をインコース低めへズバッと決めてきた!」

ムッシュ「あそこ取られたらバッターかなり厳しいですよ~」

和(この低めを取ってくれるのはさっきの憂の打席で確認済み)

花子(やっぱり攻め方は憂と一緒か、だとすると次は対角線に攻めてくる。アウトコース高め)

花子(……いや、こう考えるのはなんだか後手後手に回ってしまってる気がする)

花子(憂はたぶんこの生徒会長さんとの勝負にこだわり過ぎて駄目だったんだ)

花子(この守備位置ももう関係ない、あくまでも勝負すべきは投手)

花子(無心で振り抜く!)

実況「第2球……投げた!」

花子「低い、けどっ!!」ブォン!!

    ズバンッ!!

球審「ストライッ! ツー」

花子(ちっ! やっぱり速いな)

和(振ってきたわね……。もう守備位置関係なしに打てる球待ちに切り替えてきたかしら)

和(そうなってくるとちょっと厄介ね。シフトも戻しといた方がいい)

実況「ここで、3年2組守備シフトを戻します。内野は中間より少し後ろ気味でしょうか?」

実況「これでは内野ゴロのケースでホームに投げるのは厳しい気がしますが」

福本「バッターの足と打力を天秤にかけたら力もあって打球も速いでしょうしこっちの方がええかもしれませんね」

ムッシュ「はい~、そのとおりですぅ~。中途半端に守るよりは徹底した方がいいですぅ~。
      セカンドゲッツー狙いでいいんじゃないでしょうか」

花子(これで力勝負に持ち込めたか)

和(構えも自然体で隙がないわね、見てるこっちが惚れ惚れしちゃうわ)

和(でも、この子はあくまでもソフトボール部。野球とは違う。その違いを突けば必ず抑えられる)

和(ソフトのピッチャーは下手投げ。まるで浮き上がってくるようなライズボールと呼ばれる球が特徴)

和(だけど野球は逆。だから上から叩きつけるように投げ下ろされる角度があるボールには慣れてないはず)

和(澪の投球フォームは完全なオーバースローじゃないけど、それでもソフトのリリースポイントよりは確実に上)

和(そのリリースポイントから一番角度のつく右打者のインローへ力一杯投げ込めば、澪のストレートならきっと!)

和(しかも追い込んでるし、無理してストライクを投げることもない)

和(この勝負もらったわ!)


澪「ふっ!」シュパッ!!

和(よし! 完璧なコース!)

花子「くっ!」カキン!!

「ファール!」

実況「1塁側の内野スタンドへ入ります」

和(当ててくるなんてさすがね、じゃあこれだったらどう?)

花子(さっきから低めばっかり狙われてるな……。低めに来る速い球はさすがに難しい)

花子(だけど今日の審判は低めをよく取るし……。手を出すしかない)

澪 シュパッ!!

花子(これは……フォーク!!)ピタッ

球審「ボール」

和(よく見たわね。ストライクからボールになる完璧なフォークだったのに。普通だったら振ってるところよ)

和(しかしこの子の打撃センスもそうだけど、澪のコントロールの良さにも驚かされるわ)

和(さっきから全部構えたところにきてる)

和(ホント、キャッチャー冥利に尽きる投手だわ、澪は)

和(次は1球高めに……)

澪 シュパッ!!

花子「!?」カキン!!


13