実況「平沢走った!」

花子「そらっ!」シュッ!!

実況「キャッチャー2塁へ送球!」

梓 パシッ!! タッチ

2塁塁審「セーフ!」

実況「盗塁成功です! その間の投球はボール。真鍋に対してはフルカウントとなりました」

実況「それにしても、なかなか素晴らしいスタートでしたね、福本さん」

福本「普通」

実況「あいからわず走塁や守備に関しては厳しい福本さんです」

福本「それよりも、走るんやったらもっと早う走らんと。バッター追い込まれてしもとるがな」

ムッシュ「これだけ厳しいのも裏を返せば期待の表れからですよ」

実況「なるほど、平沢唯はそれほどのものを持っているというわけですね」

ムッシュ「そうですぅ~」


唯「あずにゃん」

梓「はい?」

唯「どこにタッチしてるの////」

梓「あっ!? すみません」

唯「あずにゃんのえっち~」

梓「し、仕方ないじゃないですか! 送球がそこに来たんですから」

唯「もう、そんなこと言って~。本当はもっと私にギュ~っとしてほしいっていう願望なんじゃないの?」

唯「最近あずにゃんを構ってあげてられなかったし」

梓「そんなことあるわけないじゃないですか。妄想も大概にして下さい」

唯「照れちゃって、可愛い~。あ~ずにゃ~ん」

梓「やめて下さい! 今ベースから離れて私に抱きついてきたら、タッチしてアウトにしちゃいますよ!」

唯「あずにゃんのいけず~」

梓「試合に集中して下さい」

唯「はっ!? そうだね、あずにゃんの言うとおり!!」

梓「わかってくれればいいんです」

唯(さっきは私がルールを理解してなくて迷惑かけた……。だから今度こそはっ!)

憂(これで、1塁空いたし、和ちゃんとは無理して勝負することもないよね)

花子(生徒会長よりは次のバッター勝負の方が確実)

さわ子(あっ、しまった! これじゃあ、勝負してくれないかも……)

和「憂、逃げるの?」

憂 ピクッ

花子(憂、挑発に乗っちゃ駄目だよ)

憂「……」

和「そう、残念だわ。じゃあ私、敬遠気味のフォアボールで1塁に行くね」

憂 ビュン!!

   バッシ──ン!!!!

球審「ぼ、ボール! ボールフォア」

花子(今日一番速いボールだった……)

さわ子「さぁ! 若王子さん! 気楽にね!」

いちご「でも、あれ」

3塁塁審「アウトー」

さわ子「へっ?」

実況「おっと、どうしたことでしょうか?
   2塁走者の平沢がサードベース手前でタッチされてアウトになってしまいました」

実況「福本さんあれはいったい?」

福本「ようわからん」

ムッシュ「盗塁にしてはえらい中途半端やったね~」

実況「何かサインミスでしょうか? ともあれ平沢唯、謎の盗塁死で3アウトチェンジです」



唯「え? あれ? なんで?」

さわ子「ちょっと、唯ちゃんどうしたっていうの?」

さわ子「まさかまだ盗塁のサインが出てるって思っちゃったとか?」

唯「え? だって、2アウトでフルカウントになったら投げた瞬間走っていいってさっき……。
  でも、和ちゃんがフォアボールだったから途中でスピード緩めたんだけど……」

さわ子「……」

和「唯、さっきランナーが詰まってたらって言ったでしょ?」

和「だからあのケースではインプレイ中であんたは盗塁したってことに……」

唯「???」プス~

和「……そうよね。唯には難しいわよね」

さわ子「いいのよ唯ちゃん」

唯「さわちゃん監督……」

さわ子「今度から唯ちゃんが塁に出たらいちいちサインを送るわ」

さわ子「私がこうやって笑顔でいるときは走ってもいいわよ。……でも」

さわ子「眼鏡を外して睨みをきかせてるときは塁から動くんじゃねえぞ!!」ゴォォォォォッ!!

唯「ひぃぃぃぃぃっ!!」

さわ子「わかったか!! あぁん!?」

唯「わ、わかりました!!」

さわ子「わかればよし」ニコッ

唯(こ、怖かったよ~)ガクブル



澪「……」

曜子「あ、りっちゃん、秋山さん出てきたよ」

律「あ、あのさ……澪」

澪「なんだよ、ちゃんと投げればいいんだろ。さっさと行くぞ」

律「あの……話……」

澪「……」タッタッタ…

いちご「すれ違う2人」

紬「そんな!!」ガーン!!

姫子「大丈夫だって、澪もちゃんと投げるって言ってることだし」

実況「さぁ、試合も折り返し地点に入ってきました」

実況「5回の表、2年1組の攻撃は1番の中野から始まります」

福本「ここは3人で切って次の回にランナー無しで4番5番を迎えたいですね」

ムッシュ「はい~、福本さんのおっしゃる通りですぅ~」

ムッシュ「逆に言えば2年1組はランナーが出た状況で今日当たってる4番5番に回したいですよ~」

実況「はい、そのあたりも両者の攻防が見所となりそうです」


律「また梓かよ……」

梓「なんで嫌そうに言うんですか」

律「だってお前の打席はストライクゾーンに気をつかわなきゃいけないから疲れるんだよ」

梓「好きで小さくなったわけじゃありません。それに律先輩だって私とそんなに変わらないじゃないですか」

律「へん! 私には部長という器の大きさがあるからいいんだよ」

梓「あ~そうですか」

律「生意気な奴だ。いつかお前の飲む紅茶に砂糖じゃなくて塩入れといてやる」

梓(小さいなぁ)

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「中野、先程の打席のようにまた小さく構えています」

    バシンッ!!

球審「ボールツー」

律「ああもう! なんなんだよ!」

梓(これでノーツー。どうも律先輩はフォアボールを出してもいいって考えが無い気がする)

梓(さっきのドカ子の打席だって1塁が空いてたのに勝負しにいって打たれてた)

梓(なんだか負けず嫌いって性格っぽいし)

梓(このまま粘ってフォアボールもいいけど、私だってヒット打ちたい)

梓(次の球は間違いなくコントロール重視でストライクを入れてくるはず。それを狙い打つ!)

律(くそっ! 後輩のくせに先輩に盾突きやがって)

律(もうど真ん中だ! どうせさっきみたいにフォアボール狙いだろうし打ってこないだろ)

澪 シュピッ

梓(きたっ!!)カキン!!

実況「打った! しかしこれは力ないファーストゴロ」

梓(ううっ……打ったはいいけど球が速くて当てるのが精一杯だった)

紬「あっ!?」

実況「ああ~っと!? ファースト琴吹トンネル~!」

実況「打球は転々とライトへ転がっていく!」

実況「ここで3年2組の守備に痛いエラーが出てしまった!」

紬「ご、ごめんなさい」シュン

律「気にするなよムギ」

澪「私のミスは許せなくてムギだったら律は許せるんだな」

律「ああ?」

春子「おい、お前らいいかげんに……」

紬「私! そうやって2人が喧嘩してるのが気になって……」

紬「言い訳に聞こえちゃうかもしれないけど……だから試合にも集中出来なくて……」

紬「お願いだから澪ちゃんもりっちゃんも仲直りして」ウルウル

律「ムギ……」

澪「……」

律「澪、私たちもっと素直にならなきゃな」

澪「私は……ただ投げるだけだよ」

姫子「澪……」

和「……」

紬「お願い……澪ちゃん……」

審判「ほら、そろそろポジションに戻って」

紬「じ、じゃあ2人に聞いて欲しいことがあるの!」

 ・ ・ ・ ・ ・

紬「……」

梓(なんだかムギ先輩落ち込んでるなぁ……)

梓(無理もないか、マウンドに集まってる時もなんか言われてたみたいだし)

梓(唯先輩や律先輩ならまだしも、ムギ先輩ってそういうミスってし慣れてないだろうしなぁ)

梓(ここは私が励ましてあげないと)

梓「む、ムギ先輩ドンマイですよ!」

紬「梓ちゃん、ありがとう……」

梓(うわ~、暗い)

梓「マウンドに集まったとき何か言われたんですか? エラーなんて誰だってしますよ」

紬「ううん。私、野球じゃないところでエラーしでかしちゃったの」

梓「え?」

紬「あのね、今、澪ちゃんとりっちゃん喧嘩してるの」

梓「そうなんですか!?」

紬「だからね、2人に笑ってもらおうと思って。さっき私がエラーしちゃった打球あるでしょ?」

紬「そのボールの気持ちになったつもりの一言ネタで勝負したんだけど……」

梓「なんて言ったんです?」

紬「『トンネルを抜けると、そこはライト前だった』って」

梓「川端康成の雪国ですか……」

紬「渾身、渾身だったんだけど……!!」

梓「スベっちゃったんですね……」

紬 クスン…

梓(可愛いこと考える人だなぁ)

紬「でもね」

梓「はい?」

紬「ほら、あっち見て」

梓「あっちって、セカンド?」

和「ふふっ、ムギったら」クスクス

紬「和ちゃんにはウケたの」

梓「それはよかったですね(棒)」

実況「さぁ、ノーアウトでランナーが出ました。2年1組どう攻めてくるか」

福本「送ってくるでしょうね」

ムッシュ「はい~、チャンスでクリーンナップに回したいですよ」

実況「2番のソフト部セカンド、送りバントの構えです」

    コツン

実況「打球はピッチャー秋山の前に転がる。少し当たりが強いか!?
    しかし1塁ランナーの中野もいいスタートを切っている!」

律「澪! セカンドだ!」

実況「ピッチャー、セカンドを選択!」

2塁塁審「セーフ!」

実況「ああっと! 僅かにランナーの足が早かったか! 1塁への送球も間に合わない!
    記録は秋山のフィルダースチョイス」

ムッシュ「キャッチャーが2塁を指示してましたからね~。これは仕方がありません」

福本「ホンマぎりぎりでしたね」

律(しまった……、もっと慎重に行きべきだったか)

澪(ったく……。ちゃんとしてくれよな)

実況「これでノーアウト1、2塁とピンチの場面でクリーンナップを迎えます
    ここを乗り切ることが出来るか、秋山!」

澪(私に対してはしっかりしろって言うくせに……自分はどうなんだよ)

律(澪を助けてやらなきゃいけない立場なのに、逆にピンチを招いてしまった……)

 ・ ・ ・ ・ ・

球審「ボールフォア」

実況「どうしたことでしょうか? コントロールの良い秋山ですが制球が定まりません
    ストレートのフォアボールを出してしまいました」

福本「なんかキャッチャーと息合ってないみたいやね」

ムッシュ「さっきの打席はピッチャー首振る場面が多かったね~」

実況「なんと満塁で4番平沢憂の打席となります。3年2組、絶体絶命のピンチです!」

さわ子「ちょっとちょっと、ここにきてまで仲違い!?」

律(私のせいだ……。でも、なんて声をかければいいんだよ)

和「タイム」

2塁塁審「タイム!」

実況「ここでもう一度内野陣がマウンドに集まります」

律「……」

澪「……」

紬「澪ちゃん……りっちゃん……」

姫子「ここで唯の妹か」

春子「こんな状況で抑えられないだろ……。頼むから2人ともさ……」

澪「……律のせいだろ」

律「……」

紬「ううっ……」ウルウル

和「私がキャッチャーするわ」

澪「!?」

紬「で、でも」

和「大丈夫、ちょっと憂に関しては思うところもあってね」

澪「り、律はどうなんだよ」

和「いいかしら? 律」

律「ああ、たぶんそっちの方が上手くいくかもな」

澪「!?」

律「どうも私じゃこの場面は無理そうだ……」

澪「……」

澪「……わかったよ。頼む和」

春子「ポジションどうすんの?」

和「そのまま律にはセカンドに入ってもらえばいいと思うわ」

姫子「げっ!?」

律「おいおい、その『げっ!?』ってのはいったい何なんだよ」

姫子「いやいや、何でもないって。あはは……」

姫子(委員長がセカンドだったから三遊間を集中して守っていけたけど
    律がセカンドとなると私がベース付近もカバーしなきゃいけなくなるんじゃ……)

姫子(さながらサションドってことか……ショフトどころの騒ぎじゃないね)

和「安心して、策はあるから」

春子「さっすが生徒会長兼クラス委員長」

和「その分澪には頑張ってもらわないといけないけど」

澪「うん……」

和「監督! 交代お願いします」

さわ子「なになに、真鍋さんがキャッチャーするの?」

和「はい」

さわ子「そうね、あの雰囲気じゃその方がいいかもね」

さわ子「わかったわ、ヘイ! アンパイヤ!」



律「和、澪を頼む」

和「ええ」

澪(なんだよ、律のやつ……。結局自分が上手くいかないからって……)

『3年2組守備の変更をお知らせします。キャッチャーの田井中さんがセカンド、セカンドの真鍋さんがキャッチャー。以上です』

実況「おっと、ここで守備を変えてきます。何かあったんでしょうか?」

福本「なんか変な感じでしたからね」

ムッシュ「ここで相手の流れを切る意味でも、この交代はありではないでしょうか」

和「澪、満塁だからワインドアップで大きく投げてくれていいわよ」

和「で、注意して欲しいんだけど、球種のサインは投げる前に出すけど
  コースは澪が振りかぶってるときに早めにミット構えるからそこに投げ込んでね」

澪「難しい注文だな……、投げるコースは振りかぶるまでわからないってことか」

和「憂を打ち取るにはこれは大事なことなの。実はね……」コショコショ

澪「……!!」

澪「本当に?」

和「ええ、間違いないわ」

澪「わかった、やってみるよ」

和「あとは私に任せてくれたらいいわよ、絶対に打たせなんかしないから」

澪「律もこれくらい頼りがいがあればなぁ」

和「何か言った?」

澪「ううん」

和「そう。じゃあここ無失点で乗り切るわよ」

澪「オッケー」

憂「和ちゃんキャッチャー出来たんだ」

和「失礼ね、リトルのときだって少しだけどやってたことあったわよ」

憂「そうだっけ?」

和「そうよ」


12