純(二人ともすごかったな~。私だって!)

     ズバンッ!!

球審「ッタラーイク!」

純(なんかさっきより速くなってない!?)

律(まだノーアウトだ。この子にも手を抜いてられないな)

純(ううっ……こうなったら振り子打法を解禁するしかないっ!)

純(出来ればこの振り子打法は使いたくなかった。
  なぜならこれを使えば秘められた私の能力が解放される! それ故に禁断の打法!)

純(そんな私の裏設定!!)

     ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! ツー!」

純(ですよね~)

律「あ~、そう言えばさ」

純「はい?」

律「イチローって左打席だよね?」

純「えっ? そうなんですか?」

     ズバンッ!!

球審「ッタラーイク! バッターアウッ!」

純(そっか……今まで私は右打席で打ってた……だからイチローのように上手くいかなかったんだ)

純「ふっふっふ。次の打席は楽しみにしてて下さいよ」

律「えっ? あ~、うん」


律(ふぃ~っ、これでなんとか1アウトか。こっからは下位打線、だけど油断は出来ない)

律(ランナーも2塁だし。ここも全力でいくぞ!)

澪(おいおい、7番だろ……ちょっとは楽に投げさせてくれよ……)シュッ

律(お、おい!? 打ちごろのボールじゃないか……!!)

     カッキーン!!

和「くっ!」

姫子「ちっ!」

実況「ショートセカンド追いつけない! 打球はセンターへ抜ける!」

実況「2塁ランナーの山田、巨体を揺すりながら3塁も蹴る!」

実況「センター猛然と突っ込んできてボールを捕球!」

和「唯っ!! ホームで刺せるわよ!!」

唯「くらえ! スペシウム光線!」ビュン!!

いちご「レーザービームじゃなくて?」

実況「センター平沢バックホーム!!」


曜子「!?」

いちご「!?」

姫子「!?」

春子「!?」

和「!?」

紬「!?」

律「!?」

澪「!?」

さわ子「!?」






唯「ふっ……」






唯「やっちまったぜ」


実況「ああ~っと!? 平沢のバックホームはあさっての方向ー!!」

実況「ボールは1塁側のベンチ前へと転がって行くー!」

律「だぁぁぁぁ~!! どこ投げてんだ唯ー!!」

唯「ごめんなさ~い!!」

実況「山田3点目のホームイン! もし良いバックホームがキャッチャーへ返っていたらどうだったでしょう?」

福本「タイミング的には完全にアウトでしたね」

ムッシュ「ただもしあのランナーにタックルされたらキャッチャー一溜まりもあらへんね」

福本「闘牛の牛みたいでしたね」

ムッシュ「すごかったね~」

福本「下手したら死ぬんちゃいます?」

ムッシュ「クロスプレーにならんで良かった良かった」

実況「……」

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「秋山打たれはしましたが、続く8番9番を凡退に退け3アウトチェンジ」

実況「しかしクリーンナップの活躍もあり、2年1組3点を取りました」

実況「4回の表を終わって1-3 2年1組逆転です!」

花子「憂、あんたすごいね」

花子「正直憂が4番って聞いたときすごく納得がいかなかったんだけどさ」

花子「あの打球を見て合点がいったよ」

憂「そんなことないよ、ドカ子ちゃんなんてもう少しでホームランだったじゃない」

憂「しかも右にだよ。風が無かったら絶対に入ってたよ」

花子「あのさ……」

憂「なに?」

花子「今からでもソフト部に入らない?」

憂「ごめんね、私お姉ちゃんのご飯とか作ってあげなきゃいけないから部活とかは出来ないんだ」

花子「……だったら、来年そのお姉ちゃんが大学へ行ってもし一人暮らしとか始めたら」

花子「その時は、考えてくれない?」

憂「う~ん……、でも私梓ちゃんと約束してるんだ。来年は軽音部に入るって」

憂「ね、梓ちゃん」

梓「う、うん」

憂「だから、ごめんなさい」

花子「な……」

梓(あの打球見ちゃったら私だって憂を軽音部に引き入れていいものか迷っちゃうよ……)

梓(でも、軽音部だって私にとっては大事な場所なんだもん。存続させるためには憂が必要!)

純「ドカ子~、なんだったら私入ってあげてもいいよ~」

梓「ちょ!? 純こそ軽音部って約束してたじゃん!」

純「あはは、冗談だって」

花子「憂、あたいは諦めないよ……」

梓「聞いてないね……」

純「……」


……

澪「はぁ~、なんとか終わった」

唯「澪ちゃん、ごめんね……」

澪「いいって、気にするなよ唯。打たれたのは私なんだし」

唯「……うん」

律(とか言いつつ打たれたのが悔しくないわけがないよな。ここは澪の女房役である私が励ましといてやんないと)

律「なぁ、み……」

澪「いやー、しっかし、憂ちゃんと山田さんには気持ちイイくらい飛ばされたな」

澪「あれだけ飛ばされたらボールも本望だろうな。なんか笑っちゃうよ」

律「!?」

澪「どれだけ飛ばされるか試してみるのも面白そうだな」

律「……」

律「……おい、澪」

澪「ん?」

律「悔しくないのかよ」

澪「は?」

律「それに、なんで7番の子に手を抜いて投げたんだ」

澪「ち、ちゃんと投げたよ……」

律「嘘つけ! ちゃんと投げたお前の球だったら打たれないはずだぞ!」

律「ピッチャーは澪しかいなんだからもっとしっかりしてくれよ!」

姫子「ちょっと律」

澪「律だって4番のくせに三振とダブルプレーじゃないか! お前の方こそしっかりしろよ!」

曜子「あ、秋山さん!?」

律「そうだけど……、でも澪は私なんかと違ってもっと出来るじゃないか!
  あれだけ速い球を投げることが出来るのはこの中じゃ澪しかいなんだぞ」

澪「誰が私をピッチャーにしてくれって頼んだ? 
  それに、なにそんなにムキになってるんだよ。たかが学校行事だろ」

律「お前ッ!?」

唯「やめてよりっちゃん!!」

紬「お、お茶にしましょうか!!」

和「律! 一番悔しいのは打たれた澪のはずよ! それをわかってあげて」

律「~~ッ!! そうだな……ごめん、澪」

澪「なんなんだよ、いったい……」

球審「バッター、早く」

さわ子「澪ちゃん、あなたよ」

澪「は、はい」

さわ子(こればっかしは2人で乗り越えてもらわないと……)


和「ちょっと律、いったいどうしたっていうのよ」

律「……私は、澪がどれだけ我慢してピッチャーしてるのかわかってるつもりだ」

律「だけど、嫌だって言いつつも一生懸命練習してたのも一番近くで見てきた」

律「昔からそうだ、なにごとも私より上手くこなす。バンドだって私が誘ったのに
  楽器は違えどいつの間にか私より上達が早くって上手くなってて……」

律「自慢の親友なんだ。だからあいつが打たれる姿を見るのは辛い」

律「それなのに、打たれたのを悔しいとも思わない澪を腹立たしく思った」

律「手を抜いて投げたのは正直どうでもいいんだ、あいつだって疲れるだろうし」

律「でも、悔しがってない澪を見て私が悔しくなったんだよ……」

律「だから……カッとなってつい……」

和「照れ隠しなんじゃない?」

律「えっ?」

和「澪もきっと悔しがってるはずよ。けどそんな悔しがってる姿を見せるのが恥ずかしいんじゃないかしら?」

律「そう……かな……?」

和「あなた達と一緒に本気で取り組んだりしちゃったら誰も止める人がいなくなるでしょ」

和「澪は軽音部の中ではそんな役割なんじゃないの? やれ勉強しろ、練習しろって言うのもそういうことだろうし」

和「だからちょっと意固地になっちゃってるんじゃないかしら?」

和「ピッチャーなんてやりたくないって言っちゃった手前もあるしね」

律「なるほど……」

和「でもそう言いつつもちゃんと投げてるんだから、この試合中にその殻も破ってくれると思うわ、きっと」

律「和ってさ……本当に高校生?」

和「あら、小学生や中学生に見える?」

律「いや、OL5年目で酸いも甘いも知ってるって感じに見える。しかも不倫経験あり」

和「……失礼ね」

実況「4回裏、3年2組の攻撃。打順は先程打たれてしまった秋山からです。
    自らのバットで取り返すことが出来るでしょうか」

澪(なんなんだよ律の奴、打たれたって負けたって関係ないだろ)

澪(ただ律の出すサインにうなずいて、律が構えるミットめがけて投げるだけだって思ってたのに)

澪(それなのに、なんでこんな……。くそっ! イライラするな)

実況「ピッチャー……投げた!」

澪「えいっ!!」カッキーン!!

実況「打った! 打球はセンターへ! しかしセンター定位置。捕ってアウト」

実況「いい当たりではありましたが、センターの正面をついてしまいました」




律「あ、あの澪……」

澪「ちょっと汗かいたからシャツ着替えてくる」

律「あ、うん……」

曜子「これはちょっと険悪な雰囲気かも……」

いちご「破局間近」

紬「そんな!? 絶対ダメよ!!」

さわ子「あなた達、試合に集中しなさいよ……」


実況「さぁ、1アウトとなり打席には平沢唯が入ります」

憂「やっぱりお姉ちゃんには強い球は投げられないよ」フワッ

唯「一撃で仕留めるっ!!」ポコッ コロコロ…

実況「おっと、また先ほどと同じような打球です」

一塁塁審「セーフ」

実況「2打席とも内野安打という結果になりました」

唯「ふふん! どんなもんだ!!」

憂「お姉ちゃんカッコいいよ!!」

梓「本当に、この姉妹ときたら……」

さわ子(ここは送り1択! 頼むわよ佐々木さん)

曜子(わ、わかりました)

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「佐々木、さきほどからバントを試みてはいるのですがなかなか決めることが出来ない」

実況「2ストライクと追い込まれてしまいましたが、スリーバントはあるでしょうか?」

ムッシュ「こう言っては失礼かもしれませんが、バッティングにはあまり期待できないので
      ここはスリーバントくると思いますよ」

福本「練習思い出してやれば出来ますよ」

実況「お二人の言われるとおり、佐々木バントの構えです」

曜子「あっ!?」コツン

実況「ああっと! 上げてしまった! キャッチャー捕ってアウト。佐々木バント失敗!」



曜子「すみません……」

さわ子「仕方ないわ。次、頼むわね!」

曜子「……はい」

さわ子(とは言いつつも、真鍋さんのところで得点圏に進めておきたかったわね……)

さわ子(って、送りバントばっかり考えてたけど唯ちゃん足速いんだから走らせたらいいんじゃ)

さわ子(どうせもう2アウトだしやってみるか)

さわ子(唯ちゃん、盗塁よ。初球から積極的に行きなさい)サインサイン

和(唯を走らせるんですね)

唯 フンスッ!!

    バシンッ!!

主審「ボール!」

和(ここはまだ走らないのね、唯)



    バシンッ!!

主審「ッタラーイク!」

さわ子(かなり慎重ね、唯ちゃん)



    バシンッ!!

主審「ボールツー」

和(……唯?)



    バシンッ!!

主審「ストラィ! ツー」

さわ子(ち、ちょっと!? 追い込まれちゃったわよ!?)

さわ子(唯ちゃん、このサインちゃんと見えてる?)サインサイン

唯(さっきからさわちゃん監督いったい何してんだろ? 新しい踊りかな?)キョトン

さわ子(駄目だ、あれは何もわかってない顔! サイン覚えてないのね……)

さわ子(し、仕方ない……)

さわ子「平沢さ~ん!」

和(先生、まさか口頭で伝える気じゃ……!)

さわ子「ベンチに帰ってきたら甘~いケーキが待ってるわよ~」

唯「ケーキ♪」

さわ子(何かに気づいて!)サインサイン

唯(また何か手をばたつかせて……はっ!?)

唯(そういえば、ああやって体のあちこちを触るのはサインだって言ってた気が!)

唯(……しまった、全然覚えようともしなかった。さわちゃんが何を私に伝えようとしてるかわからない!)

唯(もしかしたら、さっきのケーキってやつは何かのメッセージなんじゃ……)

唯(でもいったい……ケーキ……甘い……糖類……。はっ!? 盗塁!!)

唯「わかったよ~! さわちゃん監督~!」

さわ子(良かった、伝わったみたいね)

さわ子(……でも)

花子(盗塁か)

梓(ベースカバーに入らなきゃ)

純(唯先輩走るの速いからなぁ)

さわ子(明らかに警戒されている……)

唯「リーリーリー!!」

憂「リード取ってるお姉ちゃん可愛い!」

和(気づくのが遅すぎるわ唯……。もう私だって追い込まれるし打つしかない)

憂(お姉ちゃんにはとりあえず走ってもらってと)シュッ


11