さわ子「ちょっと! 唯ちゃん! なんで走らなかったの!?」

唯「へっ? だってもしノーバンで取られたら塁に帰らなきゃいけないでしょ?」

さわ子「……」

和「私からシッカリと教えておきます」

さわ子「頼むわ……」

和「いい唯。2アウトだったら、次アウトになってもチェンジになるんだから
  例えフライになっても走っていいのよ」

唯「ええ~! そんなの私、初耳だよ!!」

和「絶対にそんなことないと思うわ」

唯「そうかな~」

和「初歩の初歩よ」

和「それに塁が詰まってる状態で2アウトフルカウントだったら投手が投げた瞬間に走ってもいいの」

唯「でも、そんなことしたら憂がかわいそうだよ……」

和「いや、別にずるしてるわけじゃないのよ」

唯「う~ん。そういうことなら、次からは間違えないようにがんばるよ!」

和「ええ、頼んだわね」

唯「うん! さわちゃん監督ごめんね……」

さわ子「まぁ、唯ちゃんだから仕方ないわね」

律「そうそう、今日の澪の調子で私のリードがあれば1点で充分だから!」

澪「おいおい……」

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「3回の表、2年1組の攻撃も8番9番をなんなく打ち取り2アウトとなりました。
    秋山の快投はこの回に入っても続きます」

ムッシュ「打者9人に対して三振8つですか。これはまさに秋山のワンマンショウと言ってもいいんじゃないでしょうか」

実況「はいそうですね。許したランナーは振り逃げの1人だけです」

福本「しかし、打たせて取らんことには野手のリズムもできてきませんからね」

ムッシュ「その通りですぅ~。それにスタミナの方も後半心配になってきますよ」

ムッシュ「マウンドでは独りですが周りには仲間がいるということを忘れてはダメだと思いますぅ~」

実況「さぁ、打者一巡して1番の中野がバッターボックスに入ります」

実況「おっとこれは!? 小さい体を更に小さくしてバットを構えています」

福本「ちょっと前まで横浜にこんな選手おらんかった?」

ムッシュ「ああ~。そう言えばそんな選手もいましたなぁ~」

福本「ね~。いましたよね」



律「おい! ずりぃぞ梓!」

梓「なんとでも言ってください!」

律「さっきは普通にかまえてたじゃん」

梓「私だってこんな恥ずかしい構え嫌ですよ」

梓「でも憂がやれって……」

律「クソ……ちっこいのがもっと小さくなったらストライクゾーンなくなるじゃねぇかよ」

   ズバンッ!!

球審「ボール! ボールフォア!」

律「この~。卑怯者~」

梓「うぅ……」


憂「うふふ、梓ちゃんカワイイ」


実況「さぁ、2アウトですがランナーが出ました。これを得点に繋げることができるでしょうか」

律(さて、こっからはソフト部が続くな。1打席目はまさかの澪のスピードボールに面食らってたみたいだけど
  こっからはそうもいかないだろうな……)

 ・ ・ ・ ・ ・

実況「カウントは2-2。2打席目ということもあり粘っています」

実況「秋山セットポジション、ランナーを確認して……投げた!」

     カキン!!

実況「打った! 打球は一二塁間! 抜けるか!?」

和「くっ!」パシッ!

実況「しかしセカンド真鍋追いついた! 1塁へ送球してアウト
    センター平沢といいこの真鍋も良い守備を見せました!」

ムッシュ「いや~、彼女の守備は安心して見てられますぅ~」

実況「四球でランナーは出しましたが良い守備にも助けられいまだにノーヒットピッチングを続けています」

実況「3回表を終わって1-0。3年2組のリードは変わりません」


さわ子「いい調子ね秋山さん。真鍋さんもよく守ってくれたわ」

姫子「さっすが委員長」

和「茶化さないで」

さわ子「この回は立花さんからだし得点も期待できるわね!」

律「そうそうなんせクリーンナップだもんな! その中核をなすのはこの4番田井中律!!
  下位打線なんて打ってるやつとは格が違うのさ」

唯「むっ! それは聞き捨てなりませんな~。私だってさっきヒット打ったんだから!!」

律「ボテボテの内野安打じゃね~かよ……」

澪「お前は三球三振だろ」

律「そうだけど、奪った三振も8つだぜ! これはバッテリーの功績だろ?」

律「と、言うことは半分は私のおかげ!!」

澪「はいはい……」


実況「3回裏の3年2組の攻撃は先程タイムリーを放った立花から始まります」


律「なぁなぁ、和」

和「なに?」

律「憂ちゃんってピッチャーとしてはどの程度のもんなんだ?」

和「律はどう感じた?」

律「う~ん……澪よりかは球速くないし、なんか打てそうって思ったな」

いちご「三球三振」

律「……」

和「そうね、私も澪の方が実力は上だと思ってる。
  リトル時代はあの子野手だったし、たぶんやる人いなかったからしかたなくピッチャーやってるんじゃないかしら?」

律「そっか……ならやっぱり私でも打てるよな!」

和「ええ、もちろん」

いちご「三球三振」

律「い~ち~ご~」

いちご「暴力反対」

姫子 カッキーン!!

唯「すごい! 姫ちゃんまたヒット打った!」

実況「立花、ライト前ヒット! 2打席連続でヒットを放ちました!」

律「よし! 今度こそ4番の仕事してくるぜ!」

春子「やったれー! 律ー!!」

律(とはいいつつノーアウト1塁だし、一応サイン確認しとくか……)

さわ子(本当は送って欲しいんだけど……4番だしこの先もまた絶対チャンスで回ってくるだろうから
     なんとか良い雰囲気をりっちゃんにも身につけさせたい。別にバッティングが下手ってわけでもないんだし)

さわ子(そういう意味でも、ここはヒッティングで!)

律(よっしゃ! 私だってやりゃあ出来るんだから)

実況「ピッチャー平沢憂、田井中に対して……投げた!」

     バシッ!!

球審「ボール」

実況「まずは外の球から入ってきました」

憂(送る気配は無しか……4番だもんね)

実況「第2球……投げた!」

律(インコース! いったれ!)カッキーン!

 「ファール」

実況「内の球を思いっきり強振してきました! しかし打球は切れてファール」

ムッシュ「あそこはよっぽど上手い打者じゃなければ引っ張ったらファールになるところですよ」


憂(引っ張りにかかってるかな……だったら)シュピッ

律「うりゃ!」カキン

実況「ああっと! 外の緩い球を我慢できず引っ掛けてしまった!」

律「やばっ!」

実況「打球はショートへ! 6-4-3と送球が渡りダブルプレー!」

さわ子「あっちゃ~……最悪……」




律 トボトボ…

唯「りっちゃんカッコわる~」

律「う、うっさい! 私は澪をリードするので精一杯なの!」

さわ子「だったらなんで4番打つなんて言ったのよ……」

いちご「こっちこないで、三球三振とゲッツーが伝染るから」

律「ちくしょ~……」


紬「よいしょ~!」ガッキ──ン!!

実況「5番琴吹の打球は左中間へー! 完全に破ったー!! ツーベースヒット!」

福本「ゲッツーの後は得てしてこんなもんやね」

ムッシュ「まぁ、これが野球というもんでしょうなぁ」



曜子「琴吹さんには驚かされてばっかりだわ……家にしてもパワーにしても……」

澪「ほんと、どこぞの誰かさんとは大違いだよな」

唯「あ~あ、ムギちゃんの打点が……」

いちご「疫病神」

律「……」

姫子「そんなこと言っちゃ駄目だって。律もワザとゲッツー打った訳じゃないんだしさ」

和「そうよ、私たちはチームなんだから、そこは補っていかなきゃいけないのよ」

唯「怒られちった」

いちご「わるかったわ」

姫子「律、気にしちゃ駄目だよ」

律「ありがとう……でも今はそんな優しい言葉も傷口に障ります……」


春子「どりゃ!」カッキーン!!

実況「近田、初球を打った! 打球は左中間へ! しかしこれは少し上がりすぎたか。センター追いつき捕ってアウト
    3回の裏、3年2組は打線のかみ合わせも悪くチグハグな攻撃になってしまい無得点です」

さわ子「まぁ、仕方ないわ。チャンスはこの後も必ず来るからそのときは集中して行くわよ!」

唯「おー!!」

紬「お~!!」



和「澪、ちょっと」

澪「なに?」

和「三振もいいけど私たちもいるんだし、打たせてもいいのよ」

澪「ああ、うん」

和「もっと力抜いて投げなきゃ最後まで持たないわ。あなた以上のピッチャーなんていないんだから」

澪「わかった。ありがとう和」

和「どういたしまて。こっちに飛んできたらどんな打球でも処理してあげるからね」

澪(そうだな……少し楽に投げてみるか)

律「よし澪! これからもバシバシ三振とっていくぞー!!」

澪「こいつは……」

実況「4回の表の2年1組攻撃、こちらもこの回はクリーンナップからとなります」

ムッシュ「秋山投手にとっては中盤の山場ではないでしょうか?」

福本「ここ抑えたらポンポ~ンといきそうな気がしますね」


澪(そっか、打たせて取ったら1球でアウトにすることもできるよな)シュッ

律(バカっ! 甘いぞ!)

     カッキーン!!    

実況「3番のソフト部センター、ライト前に運んでいった!」

実況「ここまでノーヒットピッチを続けていた秋山でしたがついに打たれました!」

澪「はぁ……やっぱりそんなに甘くはないよな」

律「おい澪、さっきまでの勢いはどうしたんだよ」

澪「お前は楽でいいよな~」

律「はぁ?」

澪「次は憂ちゃんだ。ちゃんと力入れて投げるよ」

律「ホント、頼んだぜ」

実況「さぁ、ここで先程の打席でファールになりましたがライトポール際へ素晴らしい打球を放った平沢憂です」

律(さて、どう攻めるかな)

律(前の打席は外の球をいとも簡単に飛ばしていった)

律(試しに内を攻めてみるか)

律(でもストライクにならないように体のそばにくる球を)

律(もし反応が鈍かったらインコースは苦手なはず)

律(頼むから中に入れてくれるなよ)

     ズバンッ!!

球審「ボール!」

憂「……」

律(ピクリともしねぇ……反応出来なかったのか、それともボールだって見切ったのか……)

律(さっぱりわからん……ちょっと外しすぎたか?)

律(しゃあない、さっきよりちょっと中に入れるか……)

律(さすがの憂ちゃんもインコースの澪のスピードボールをそう簡単には打ち返せないだろ)

律(飛びっ切りの爆乳ストレート頼むぜ、澪!)

澪(そう速いストレートはコントロール出来ないけど……!!)シュパッ!!

澪「あっ!?」

律(やばっ!? ちょっと中に……でもこれだけの速さがあれば……)

憂 クワッ!! ブォン!!

  グワァラゴワガキーン!!

律「しめた! ショートの正面だ! 姫子捕れるぞ!!」

姫子「オッケー!」

  ギュィィィィィィィィィィィン!!

姫子「うわっ!?」

澪「打球が!?」

律「伸びた!?」

実況「一瞬ショートライナーかと思われた打球が急に伸びて、捕球に備え低く構えていたショートの頭を越えていった!!」

実況「低い弾道で左中間を完全に破る! 打球は凄い勢いで転がりフェンスまで到達!!」

実況「1塁ランナーすでに2塁を回り3塁に達しようとしている! レフト若王子やっと追いついた!」

実況「ランナー3塁も躊躇なく蹴る! ボールは内野へ帰ってくるだけ! ホームイン!! 同点タイムリー!!
    打った平沢憂は2塁でストップ」

実況「2年1組の4番平沢憂、まさに火の出るような打球を放ちました!!」

福本「まるで鉄砲玉みたいやったね」

ムッシュ「昔、ショートライナーやピッチャーライナーになりそうな打球がホームランになったという
      怪童と呼ばれる男がおりましたが、まさにそれを彷彿させるような素晴らしい打球でした~」

梓「す、すごい……」

唯「ほ~~~~~げ~~~~~」

和「全く、本当に恐ろしい子だわ……」


実況「さらにチャンスで5番の山田です」

律(なんかまだあの憂ちゃんの打撃の余韻が残ってる)

律(ここは慎重に攻めるぞ。この子の前の打席は確かインコースを投げて決まったと思ったら打たれたんだ)

律(だから外中心……いや、外も得意だって考えでやった方がいいな)

律(だけど、あんな当たりを見せられた直後だ、インコースは攻めづらい……)

律(やっぱり外か……)


 ・ ・ ・ ・ ・

主審「ボール! ボールツー」

実況「バッテリーここは慎重に外を攻めている。しかしカウントはノーツーと悪くなってしまった」

ムッシュ「前の打席ではアウトになったとはいえインコースの球を弾き返されましたからね
      慎重になるのはわかりますぅ~」

福本「もうここは1塁空いてるのも考えに入れといた方がいいでしょうね」

ムッシュ「はい、福本さんのおっしゃるとおりですぅ~。無理して勝負することないですよ」

律(くっ……全然乗って来ないな。どうすりゃいいんだ)

律(フォークで空振り狙い……いや、見送られてノースリーにしたくない)

律(とにかくカウント整えないと。アウトローギリギリ、とびっきりのストレートで! 困った時の原点だ!)

澪 シュピッ!!

律(ちょっと高いけど、いいところ……!!)

花子 グワッキ────ン!!

澪「!?」

実況「ライトへ! これも大きい! 入るか~~~!? 入ってしまうのかーー!!」

実況「ああっと、しかしスタンドまでは届かず。ですが打球はフェンス直撃!
    そうですここは甲子園! あちらの方向は名物の浜風に押し戻されてしまう!」

実況「ライトの佐々木、クッションボールを処理して内野に返球するも2塁ランナーの平沢憂、悠々と勝ち越しのホームイン!
    クリーンナップコンビで秋山の快速球を打ち砕いた!」

実況「もちろん打った山田も2塁へ、2年1組まだまだチャンスは続きます!」

福本「キャッチャーはバッターしか見えとらんね……」

花子「いったと思ったんだけどな……。まぁ仕方ないか」


澪(完璧に打たれた……)

澪(なんだろう……この感じ……悔しいのか?)

澪(いや……私は勝っても負けてもいいって思ってるはずだ)

澪(それなのに……なんだかドキドキが止まらない……)

澪(こんな大勢に見られてるからか……。くそっ、この回もさっさと終わらして早くベンチに帰りたい)

律(澪、落ち込んでるかな……。やめたいとか言いつつも一生懸命練習してたし)

律(あれだけ飛ばされたら……私だったら……)

澪「お~い、律。早くボールくれよ」

律「お、おう」シュ

律(大丈夫そうだな)


10