実況「第三球……投げた!」

和「きたっ!」カキン!!

実況「打った! 打球は二遊間を抜けセンターへ。真鍋甘めに入った球を難なく捌きセンターへ」

ムッシュ「あれが彼女の持ち味ですぅ~。基本に忠実なセンター返しですねぇ~」

唯「やった~! 和ちゃん!」


『2番 レフト 若王子さん』

さわ子(若王子さんの仕事、わかってるわよね)

いちご「……」コクコク

実況「さて、続いてのバッターは早くも送りバントの構えです」

ムッシュ「彼女は非常にバントが上手いんです~」

いちご コツン

実況「初球からいい送りバントを決めてきた! 3年2組いきなり得点のチャンス! そしてクリーンナップへと続きます」

姫子「ナイスバントいちご」

いちご「あとよろしく」

姫子「任せときなって」

『3番 ショート 立花さん』


実況「さぁ、このチャンスで左バッターボックスに立花が入ります。彼女はどのようなバッターなんでしょうか?」

福本「打つよ」

実況「なるほど、その打撃は福本さんもお墨付きというわけですね」

ムッシュ「この子と一番バッターの子ぐらいやったね~、最初から出来た子は」


さわ子(さぁ、頼んだわよ!)

花子「どうもです、立花先輩」

姫子「3年が引退した後も頑張ってる? ドカ子」

花子「伸び伸びしてますよ」

姫子「ふふっ、言うじゃん」

花子(立花先輩はインコースが苦手。そこを突く)

憂(オッケー)

実況「ピッチャーセットポジションから……第一球……投げました!」

姫子「とりゃ!」カッキーン!!

実況「痛烈な打球が右中間を抜けて行った! それを見て2塁ランナーは悠々とホームイン!」

実況「打ったバッターは2塁でストップ。3年2組さい先良く1点先制です」


姫子「うっし!」


花子「ごめん、なんか引退する前より振りが鋭くなってた」

憂「大丈夫だよ、私もまだ肩暖まってないし。ここで切ろう」

花子「うん」

さわ子「よっしゃー!!」

曜子「立花さんすごい!」

いちご「……」

曜子「あ、若王子さんもナイスバントだったよ」

いちご「あんなの誰でも出来るわ」

曜子(でも、顔がすごく嬉しそう)

さわ子「さぁ! りっちゃんもこの流れにのってね!」

律「任せろさわちゃん! ここで主砲、田井中様のお出ましだー!」

『4番 キャッチャー 田井中さん』





  ブン!! バシンッ!! ブン!! バシンッ!! ブン!! バシンッ!!

球審「ッラーイック! バッターアウッ!」


実況「威勢はよかったのですが3球三振という結果に終わりました」

福本「いくら威勢がいいからってバットに当たらな意味ないがな」

ムッシュ「しかし、振りは中々鋭かったですよ。次の打席に期待が持てます~」

律「……ただいま」

春子「お早いお帰りで」

いちご「……ださっ」

和「ドンマイ律」

律「じ、実は相手を油断させるためにワザと三振したのさ!」

唯「そんな高度な心理戦をっ!? さすが野村の弟子!!」

澪「……ウソつけ」


『5番 ファースト 琴吹さん』

紬「りっちゃんの仇は私がとるっ!」


実況「4番の田井中は三振に打ち取られましたがまだチャンスは続きます
    この5番の琴吹はかなりのパワーヒッターだとお聞きしましたが」

福本「顔に似合わずエゲツない打球飛ばすよ」

実況「ピッチャー……投げた!」


紬「しゃらんら♪」カッキ──ン!!!!


実況「とてつもない打球音を残しライトへー! しかしこれは上がりすぎたかー!?」


純「わ、こ、こっちに来たよ……、こっちに来たよ!!」

梓「純! ちゃんと足動かして!」

純「あわわわわ……ど、どうしよう……!!」


実況「ライト落下点へ入ったか?」


純「ぎゃっ!」スッテーン


実況「ああ~っと! ライトの鈴木転倒~!」


純「あう……」パシッ

純「……あれ?」

「アウトー」


実況「なんと転んでグラブを差し出したところにちょうどボールが落ちてきてそれをキャッチしました!」


純「え? えっ?」


実況「これはなかなか面白いプレーでしたね」

福本「下手くそなだけやがな」

実況「しかしこれで3アウト。3年2組1点を取るも続いてのチャンスを活かすことが出来ませんでした」

実況「スタンドからは笑い声と暖かな拍手がライトの鈴木に送られています」


純「ど、どもども……」


実況「1回を終わって1-0 3年2組、1点先制です」


和「ナイスバッティング姫子、さっそく1打点ね」

姫子「委員長もね、それに私の打点はいちごのおかげだよ」

いちご「……まぁね」

さわ子「うんうん、やっぱりこの打順を組んだ私の考えは間違いなかったってことね!」

紬「悔しいっ! 会心の当たりだと思ったんだけど」

和「ムギも惜しかったわよ」

姫子「そうそう、ソフトボールならあそこまで飛ばせば間違いなくホームランだよ」

紬「そうなの? 残念……」




律「なんだ? この疎外感は……」

唯「りっちゃんはもう少しがんばりましょう」

律「うるへー!」


和「律、ちょっといい?」

律「な、なんだよ……三振して悪かったよ……」

和「そんなこと気にしてるの? そうじゃなくてね」

律「ん? もしかしていい振りしてたって褒めてくれんの?」

和「違うわ」

律「……さいですか」

和「次、憂の打順でしょ」

律「ああ、そうだっけ」

和「あの子には出し惜しみなく全力で行くべきだって言おうと思ってね」

律「憂ちゃんったって普通の女子高生だろ? そこまで気をつかう必要があるか?」

和「律はリトルのときの憂を知らないからそんなこと言えるのよ」

律「そこまですごかったの?」

和「それに、ソフト部の4番の子を押さえての4番打者なのよ、きっとそれだけの物があるってことだわ」

律「まぁそっか」

和「だからくれぐれも慎重にね」

律「わかった」

『4番 ピッチャー 平沢憂さん』

実況「2回の表の攻撃、先頭バッターの平沢憂が右バッターボックスに入ります」

実況「この平沢憂、対戦相手の3年2組にいるセンターの平沢唯とは姉妹だという話です」

実況「おっと、さっそく姉妹で手を振り合っています。仲睦まじい光景です」


律(さて、どうするか……。和もああ言ってたことだし
  ここはやはりノムさんに習った投手の基本、アウトローで!)

     ズバンッ!! 

球審「ットラーイック!!」

憂「へぇ~、すごい球ですね!」

律「へへん! どんなもんだ!」

律(さすが私! ノムさんの教えを忠実に再現してこそのリードだぜ!)

律(まぁ、ぶっちゃけ話はこれだけしか覚えてないんだけど……)

律(それに和も考えすぎなんじゃないか? 小学生のころはすごかったかもしれないけど)

律「憂ちゃん野球やってたんだって?」

憂「はい。あ、でもずいぶん昔のことなので、もうぜんぜんダメですよ」

律「そっか、そっか~(やっぱり大丈夫そうじゃね?)」

憂「澪さん球速いですね。球筋もいいし、コースも申し分ないですよ」

律「だろぉ~?」

憂(でも、そんな良い球は決め球に持ってくるもんですよ……律さん)ニヤッ

律(よし! もう一球同じ所で……)

澪 コクコク  シュパッ!!

憂「……!!」ブォン!!

  グワァラゴワガキーン!!

律澪「!?」


実況「凄い打球がライト方向へ飛んで行く!」

 「ファール」

実況「しかし僅かにライトポールの右側でした」

ムッシュ「キャッチャーは初球と同じ所に構えてましたが、僅かに球が外にはずれたおかげで
      なんとかファールになりました~」

福本「これはバッテリー命拾いしましたね」


律「な、なんじゃこりゃー!!」

和「だから気をつけるように言ったのよ……」


律(おいおい、本当に同じ女子高生かよ……そもそも人間なのか?)

律(和の言うことももっともだ……出し惜しみなんてしてたらやられちまうぞ)

律(と、言う事で少し早いけどアレを披露するか)

澪(!? おいおい……もうアレ投げるのか?)フルフル

律(ムッ! キャッチャーのリードには従えっての!!)

澪 フルフル

律「タイム!」

球審「タイムッ!」

律「澪! 憂ちゃんのあの打球見たろ? 絶対ストレートだけじゃ無理だって」

澪「そう言うが、投げる私のことも考えろよ!」

澪「だいたい本当にあの球捕れるようになったのか?」

律「大丈夫だって! 必ず受け止めるっ!!」

澪「はぁ……。わかったわかった。投げるよ」

律「よし! 私に任せとけ!!」

球審「プレイッ!」

澪 シュパッ!!

憂「甘い球!? これならっ!!」ブォン!!

   ストーン↓

憂「ふ、フォーク!?」スカッ

律「し、しまった!?」ポロッ


実況「あ~っと! キャッチャー後逸。それを見たバッターランナーは一塁に到達。振り逃げ成立です」

実況「しかし、秋山が投げた球はフォークのように見えましたが?」

ムッシュ「はい、そうです~。彼女の手はシッカリとボールを挟めるほど大きいんです~」

福本「ワシの手よりも大きかったがな」


律「へへへ……ごめん澪」

澪「ったく、しっかりしてくれよ」

律「次! 次こそは必ず!!」

澪「まぁ私は早く終わってくれるんなら勝っても負けてもいいんだけどさ」

律「……澪」


紬「憂ちゃんって野球上手なのね」

憂「いえいえ、そんな事ありませんよ紬さん」

憂「紬さんのバッティングの方がすごかったですよ、あんなところまで飛ばすなんて」

紬「うふふ、ありがとう。憂ちゃんもチーム初めての出塁おめでとう」

憂「記録上は三振ですけど……ね」

憂(リトル時代も三振なんて数えるくらいしかしたことなかったのに)

憂(この前まで素人だった澪さんに三振取られるなんて)

憂「フフフッ……」

紬「憂ちゃん?」

憂「なんだか楽しい試合になりそうですね♪」

紬「そ、そうね」ゾワッ

憂(澪さんの球筋も、もうだいたいわかったし♪)


『5番 キャッチャー 山田さん』

実況「ノーアウトでランナーが出ました。右バッターボックスに5番の山田が入ります」

実況「いや~福本さん、いかにも飛ばしそうな体格をしていますね」

福本「当たったら飛びそうやねぇ」

実況「西武のおかわり君のような感じでしょうか」

ムッシュ「私は南海におった香川という選手を思い出しますぅ~」

実況「なるほど、しかしそこまで太っているようには見えませんが……」

ムッシュ「いやいや、これはレディに対して失礼な発言がありました~、エッヘッヘ~」


律(憂ちゃんの一撃で目が覚めたよ、このドカ子だっけ? この子も相当すごいに違いない)

律(でも、初球は見てくるだろな、憂ちゃんもそうだったし)

律(一球目は外にちょっと遅めのストレート……入れなくてもいいぞ、臭いところで)

     ズバンッ!!

球審「ッラーイック!」

律(やっぱり振ってこなかったな、しかも取ってくれた)

律(これで組み立ても楽になるってもんだ)

律(次は、インロー、外れてもいいから今度は速めのストレートな)

花子「ふんっ!」ブンッ!!

     ズバンッ!!

球審「ッラーイック、ツー!」

花子「!?」

律(驚いてる驚いてる。かなりスイング遅れてたからな)

律「ナイスボール澪」

律(追い込んだからたぶん次からはコンパクトに当ててくるだろうな)

律(高めの釣り球で様子を見るか……速いストレートで)

     ビュン!!

花子「!?」ピクッ

     ズバンッ!!

球審「ボール」

律(かなり反応してたな、こりゃストレート狙いだな)

律(フォーク投げたら空振り取れそうだけど、さっきポロリしちゃったしさすがに澪も嫌がるだろうな……)

律(ここらでカーブでも混ぜとくか)

花子「くっ!」カキン!

 「ファール!」

律(さすがだな。結構良いコースだったしタイミング外したと思ったけど当ててきた)

律(でも、これで速い球だけには絞りきれないだろうな)

律(インハイ速いストレート、詰まらせて内野フライ、あわよくばゲッツー)

澪「ふっ!」ビュッ!!

律(よし! 良いコース! これだけ速かったら空振りもらった……!!)

花子「ふんっ!」グワッキーン!!

律「げっ!?」


実況「ああ~っと! 高めの球を無理矢理持っていった~!
    これは左中間を割りそう……」


唯「上がり上がり上がり~!! ほいっ!」パシッ

いちご(上がりってなに?)


実況「いや! 抜けない! センターの平沢唯ランニングキャッチ!
    深い当たりだったのですが、最後は精一杯手を伸ばして取りました! これは凄い!!」

福本「いやいや、あんなもん普通やで」

実況「スタンドからは大声援、チームメイトもそのプレーを讃えます。
    しかし一番喜んでるのはなぜか一塁ランナーの平沢憂です」


花子(ちっ! 思ったよりも威力あるな)


8