澪「な!?おい律!こんなところで恥ずかしいだろ!」

律「大丈夫だって!こんな夜遅くに誰もいるわけないじゃん?」

澪「そうだけど・・・」

律「ほら、澪も川に向かって叫んでみろよ。すんげえ気持ちいいよ」

澪「わ、私はいい・・・」

律「つれねえなあ。澪ー!恥ずかしがりやなところも可愛いぞー!」

澪「ば、馬鹿///」



紬「むふぅ!」


律「ほらほら、澪も澪も」グイグイ

澪「え、えー・・・じゃあちょっとだけだぞ・・・」

律「wkwk」

澪「律のことが好きだー・・・」

律「もっと腹から声出して!」

澪「りつのことが好きだー」

律「もっと!もっと出せるよお前!」

澪「あー!律ううううううううううう!大好きだあああああああああ!!!!!!!」



紬「にゃおおおおおおおおおおおおおおおん!!!!!!!!!」


律「どう?」

澪「うん、なんか気持ちいい」

律「だろ?」

澪「フフ」

律「な、なんだよ・・・?」

澪「好きだよ律」




紬「律×澪は正義」


律「う、うるせえ」

澪「なに照れてるんだよ。あんなに叫んでたくせに」

律「面と向かって言われると照れくさいんだよ!」

澪「フフ、律可愛い」

律「ううううるさい!ほら、帰るぞ!」

澪「うん」

律「ん」

澪「?」

律「ん!」

澪「なんだよ」

律「手だよ手!」

澪「もう、素直じゃないんだから」ギュ

律「へへ」ニコ

澪「フフ」ニコ




紬「アアアアああああああああああああああああああ!!!!!!!11」


律「着いちゃった・・・」

澪「私と別れるのが悲しいの?」

律「ち、違うわい!」

澪「じゃあ明日は一緒に帰ってあげなーい」

律「え・・・?」

澪「うっそ」

律「!」

澪「律は可愛いなあww」

律「ううううるさい!早く帰れ!しっし!」

澪「フフ、じゃあまた明日ね」

律「うん、また明日」



……

紬「ふう、今日はここまでね」



ズダダダダダ!

紬母「あ、ムギおかえr」

ガチャ

バタン

ガチャリ

紬「ハアハア」

ガラ

『TUMUGI☆NOTE』

紬「フフフ」


今日も澪ちゃんとりっちゃんを尾行しました

今日の二人は川原で3時間くらいお話しをしていました

おもむろにりっちゃんが立ち上がると川に向かって「澪ー!好きだー!」なあんてことを叫んでいました

なんて可愛いんでしょう

りっちゃんのせいで私の脳がとろけちゃうかと思いました

あ、脳が溶けちゃったら死んじゃいますね。なんちゃって(笑)



紬「ふう、あと152ページ・・・これを完成させれば私は・・・!」



……

律「あれ?その絆創膏どうしたの?」

澪「ああ昨日ベースの練習してたら剥けちゃって」

律「どれどれ」

ぺりぺり

澪「あ!こらはがすなよ!」

紬(むむむ、むほー!はがした絆創膏をどうしちゃうのりっちゃん!?)

律「いたそー」

澪「も、もういいだろ」

律「・・・」

律「はむっ」

チュウチュウ

澪「ぁ・・・り、律何して・・・!」

律「きのう私をからかった仕返しだぞ」

チュウチュウ

澪「ぁ・・・」




紬「りっちゃん!!!!!!!!!!!!!!!11111恐ろしいびお!!!!!!11111」


紬「咬んじゃった・・・いえ、そんなことより・・・もももも!もふー!」

律「チュウチュウ」

澪「ちょ・・・律・・・もうやめ・・・」

律「っぷは」

澪「ん・・・」

律「気持ちよかった?」

澪「馬鹿!」

ゴチン

律「あた!」


紬「朝からこんなこと・・・なんて子達なの・・・?末恐ろしい・・・」



澪「ほらーもう絆創膏くっつかないじゃん」

律「ホントだ」

澪「どうすんだよー替えなんてないぞ」

律「そしたらまたチュウチュウしてやるよ」

澪「な!?ば、馬鹿///」



紬「はきゅうううううううううううううううん!」



……

教室

紬「ふう・・・学校に着くまでに血圧が50は上がったわね・・・」



女「りっちゃん昨日の見たー?」

律「見た見た!面白かったよなー」


澪「・・・」


紬(交友関係の広いりっちゃん・・・ぼっち気味の澪ちゃん・・・やっぱり澪ちゃんは女に嫉妬しているのかしら?)

澪「律・・・」



紬(もふー!直接対決!?)


律「なにー?」

澪「トイレ行かない?」

律「いいよん。女は?」

女「私はいいやあ」


紬「さて・・・トイレトイレっと・・・」


澪「律・・・」

律「なに?」

澪「あんまり他の女と会話しないでよ・・・」

紬「ハアハア」

律「え?なんで?」

澪「なんでって・・・」

紬「ハアハアハアハア」

律「?」

澪「律が他の子と話してると・・・胸が苦しくなっちゃう・・・」

紬「もふー!!!!!!!!もふもふ、もふー!11111111」


律「わあ!」

澪「びっくりしたぁ!」

紬「え!?」

律「ムギいたの!?」

紬「私としたことが・・・不覚・・・!」

澪「い、今の聞いてた?」

紬「なななななにも聞いてませーん!」ぴゅー


紬「ふぅ・・・危うくばれるところだったわ」

紬「さてと・・・」

ピピピ

ガー

ザーザー

紬「えい!えい!」ガシガシ!

紬「少し映りが悪いけど・・・」

紬「琴吹家に生まれてよかったわ。琴吹コーポレーションの財力と権力のおかげで学校中に盗聴器と監視カメラを仕掛けられるのですものね」


紬「お?」



律「あーびっくりしたなあ。ムギなんの用だったのかな?」

澪「律、さっきの話だけど・・・」

律「他の子と会話すんなって?あー・・・無理だろ」

澪「・・・!」



紬「ぅおっほおおおおおおおううううう!11111昼ドラ展開ktkr!!!!!!」


澪「もう・・・いい!」

律「あ!おい澪!」

律「なんだってんだよ・・・」



紬「むふー!これは部活の時間が楽しみね」




教室

紬(あれから二人に会話はない・・・百合分が足りない・・・!)

澪「ねえ、ムギ」

紬(我慢よ私!きっと部活ですばらしい展開が待っているわ!)

澪「ムギってば!」

紬「ひゃ、ひゃい!?」

澪「ご飯二人で食べない?」

紬「二人・・・で?」

澪「うん」

紬「みっちゃん抜き?」

澪「うん」

紬「もっふううううううううううううううう!」


澪「・・・」チラチラ

紬「澪ちゃんどうかした?」

澪「んーん、なんでもない・・・」

澪「・・・」ちらちら

紬(りっちゃんのことが気になるのね・・・)

澪「はあ・・・律・・・」ボソ



紬「あーもう!可愛いなこんちきしょー!」



紬「食欲ないの?」

澪「うん・・・ちょっと色々あって・・・」

紬「むふー!色々って!?色々って!?」

澪「え!?」

紬「その色々を教えて!!!!!!!111早く!!!!!!」

澪「え・・・ひ、秘密・・・だよ///」

紬「むっほー!かわいいいよおおおおおお!!!!!!」



……

紬「いよいよ部活の時間・・・あの二人は一体どんなドラマを見せてくれるのかしら」

ガチャ

紬「あら、唯ちゃん早いのね」




唯「おぎゃwwwwwwwwwwwwwww」


紬「何食べてるの?」

唯「パンだよ。隣町の高校で売ってたんだ~300円で」

紬「あ、ああ・・・」

紬「!?」

紬「百合の気配が!唯ちゃん!早くロッカーに隠れて!」

唯「え、ええ!?」


ガタガタ

バタン

紬「ハアハア・・・い、一体誰が・・・!」

唯「うう・・・ムギちゃんせまい・・・」

紬「黙って!いいものが見れるかもしれないのよ!」

唯「ぅぅ・・・」




澪「みんなおまたせー・・・」



澪「みんなまだか・・・律も・・・ハア・・・」




紬「おほおおおおおおおお」

唯「せ、せまいしムギちゃんの熱気が・・・」

紬「ええわー恋に悩む澪ちゃんええわー」

唯(い、いつものムギちゃんじゃない・・・!)

唯「ねえムギちゃん。澪ちゃんを見てて何が面白いの?」

紬「今からもっともっと楽しくなるのよ。ほら、おいでなすった」




ガチャ
律「おいすー」

澪「律・・・」

律「・・・」プイッ



紬「oh...」



律「あーあ、ムギと唯まだかなあ」





唯「澪ちゃんとりっちゃん、何かあったの?」

紬「ちょっと黙ってて!!!!!!!!11111」

唯「聞いただけでこの仕打ち・・・」



2