幾日が過ぎ…

姫子「ふんっ!」カッキーン!!

ムッシュ「この子は学校でもソフト部という話やから安心して見てられるねぇ」

春子「おりゃっ!」カッキーン!!

福本「この子もバッティングは様になってきましたね」

和「それっ!」カキン!!

ムッシュ「こんなに飛ばしてる2人の隣で堅実にセンター返しを狙うとは
      このメガネの子もなかなかのもんやね~」

和「ありがとうございます。私は外野を越えるような当たりは無理そうなので」

ムッシュ「ちゃんと自分に合ったバッティングを心がけるのはええことやね~」


曜子「えいっ!」スカッ

曜子「うう~ん……、なかなか球に当たらない……」

福本「バット振るときに軸がブレとるね。まぁ、女の子で非力やからしゃーないけど。
    それやったら構えるときに無理してバット立てやんと肩に寝かせたまま来た球打ってみい」

曜子「バットを肩に置いたままってことですか?」

福本「うん、そう。力が無いんやったら、その方がスムーズにバット出てくるから」

曜子「えいっ!」コツン

曜子「あ、当たった! 当たりました!」

福本「ええよ、その調子でがんばってみよか」

曜子「はい!」


ムッシュ「にしても……」

紬「よいしょー!」カッキ──ン!!!! ビューン!!

福本「琴吹財閥の娘さんエライ飛ばしますね……」

ムッシュ「なんや天性のもんを感じるね~」

福本「ホンマモンのスラッガーですね」

紬「どっこいしょー!」カッキ──ン!!!! ビューン!!


いちご クルクル

唯「おお~」

いちご クルクル

唯「い、いちごちゃん、すごい! バットをバトンの如くクルクルと……!!」

いちご クルクル

唯 じ~~~~~~っ

いちご クルクル

唯「お、おお?」フラフラ

いちご クルクル

唯「な、なんだかずっと見てたら目が回ってきたよ?」フラフラ

いちご「……トンボ?」

福本「君らも早う練習しいや……」


 室内ブルペン

澪「ふっ!」シュピッ!!

   バスン!!

律「澪、ナイスコントロール!」

小山「うんうん、えらい様になってきてるね」

小山「そしたら、次は右打者に対するアウトロー狙ってみよか」

澪 シュピッ!!

   バスン!!

律「おおっ! ドンピシャ!」

小山「コントロールは言うこと無しやね。あとはもうちょっとスピードがあればもっと変化球が活きてくるんやけど」

澪(ううっ……なんで、こんなに連日ピッチング練習しなきゃいけないんだ……)

律「でも、そんな急に球が早くなるコツなんてないですもんね」

澪(律も受験生の自覚を持てよな……)

小山「それが、実はあるんよ」

律「なんとっ!?」

小山「山口高志特別臨時コーチに来てもろたから」

山口「どうも」

小山「阪神タイガースの藤川球児、知っとる?」

律「知ってます!」

澪「まぁ、名前くらいは……」

小山「元々あの子も球は速かったんやけど、も一つ何かが足らんで2軍でくすぶってたときに
    彼の『球児、右足ちゃうか?』の一言でその球が火の玉ストレートに変貌したという実績をもつコーチなんやけどね」

律「あの、わかってても打てない真っ直ぐを育てたコーチというわけですか!」

澪「さすがに、私にはそこまでは無理だろ……」

山口「じゃあ、早速見せてもらおか」

澪「はぁ、まぁ投げますけど……」

  シュッ!! バスン!! シュッ!! バスン!!

山口「ふむふむ……」

  シュッ!! バスン!! シュッ!! バスン!!

山口「むむむっ!?」

小山「なんかわかった?」

山口「秋山」

澪「は、はい」

山口「胸ちゃうか?」

澪「えっ?」

山口「その投げるたびにプルンプルンしてる胸ちゃうか?」

澪「なっ!?」

小山「なるほど、その大きい胸が震える反動を利用しろいうことやね?」

山口「はい」

小山「さすがに、そこは盲点やったわ」

澪(本当か!? ただのセクハラじゃないのか!?)

小山「そしらたらやってみよか」

澪「あ、あの……いったいどうすれば……」

山口「出来るだけリリースポイントまで胸を反ったまま我慢して、投げると同時にその爆乳をプルンとさせようか」

澪「……」

山口「タイミングが合えば、きっと球速が上がるはずや」

律「とにかくやってみようぜ!」

澪「……もうどうにでもなれ」

 ・ ・ ・ ・ ・

  シュッ!! バスン!! シュッ!! バスン!!

小山「なかなか球速上がらんね」

山口「そう簡単には無理でしょう」

  シュッ!! パスン シュッ!! パスン

律「どうした澪~、逆に球速落ちてきてるぞ~」

澪「無茶言うなよ、変に意識しちゃってフォームもバラバラになりそうなんだから」

  シュッ!! パス… シュッ!! パス…

小山「まぁ、そんな一言で変わったら苦労もせんわな」

山口「それもそうですね」

律(む、無責任過ぎる……)

澪(なんなんだよ……)

小山「じゃあ、今日はこのくらいにしとこか」

律「じゃあ、澪、ラス1で」

澪「はぁ……やっと今日も終わりか」

山口(ん? 秋山の奴、えらく力が抜けてさっきより良いフォームに……)

澪「ほっ!」プルン シュッ!!

    ビュン!!

澪「!?」 小山「!?」 律「!?」

    バッシ──ン!!!!

律「す、すげぇ!! めちゃめちゃ速かったぞ今の!!」

山口「今のや! 今の感覚忘れるなよ秋山!」

小山「こら、たまげたわ……」

澪(うっそ~ん……)

律「これをマスターしたら球技大会当日は三振の山だな、澪!」

小山「球児のが火の玉ストレートやったら」

山口「秋山、お前のは爆乳ストレートと名付けよう!」

澪「……」


 庭

唯「福本コーチ! 打球が全然飛びません!」

福本「そら、力あらへんから」

唯「私も、ムギちゃんみたいに遠くまで飛ばしたいです!」

福本「無理無理」

唯「え~……」

福本「せっかく、その足があるんやから三遊間方向に転がしたらええねん」

福本「もっと言うなら、左で打ったらええわ。どうせ大きいの期待できへんねんから」

唯「左打席で、ですか?」

福本「そうそう」

唯「う~ん……、それでヒットが打てますか?」

福本「右よりは1塁ベースに近いから確率は上がるんとちゃう?」

唯「そっか~、だったらそうしようかな」

福本「それがええと思うよ」

いちご「……」

  コツン コツン コツン

ムッシュ「キミ当てるの上手いねぇ~」

いちご「スティック状のものは扱い慣れてるので」

ムッシュ「ほぉ~、何かやってるんかな?」

いちご「バトン部」

ムッシュ「だったらバントのスペシャリストになれそうやね~」

いちご「バトンとバントの音が似てるから?」

ムッシュ「はい~そうですぅ~、えっへっへ~」

いちご「……くだらない」


 一方そのころ 運動公園にて

憂「純ちゃん、行くよ~」カキン!!

純「わ、わ、わ……」ポロッ

憂「も~、純ちゃん真剣にやってよ~」

純「無理だって、私野球なんてやったことないも~ん」

憂「だからこうやって練習してるんでしょ」

梓「憂~、なんで急に野球の練習するだなんて言い出したの?」

憂「今年の球技大会は野球なんだって」

純「だからって、私たちが野球することないじゃん」

梓「そうだよ、他の競技でもいいんでしょ?」

純「卓球がいいよ卓球! 私最近稲中卓球部読んでさ~」

梓「あれ読んで卓球やりたくなる神経ってどんなの?」

純「ハミ○ンサーブ!」

梓「……下品だよ」

純「そっか、私は女だからハミ乳サーブになるのかな?」

梓「もう、黙ってて」

純「あ~、梓ったらはみ出すほどおっぱいがないからって拗ねてんの?」

梓「う る さ い !!」

憂「ほらほら、次は梓ちゃん行くよ~」カキン!!

梓「よっと」パシッ

純「おおっ! 梓なかなかやるじゃん」

梓「純とは違うのよ(マグレだけど……)」

純「そうなってくると私だけ下手くそってことじゃん」

梓「そ、そうなるかな」

純「面白くな~い! 私、1抜けた~」

梓(よし! 純がゴネだしたらもう憂も練習やめるって言うかも!
  飽き性の純が役に立った!)

憂「そんなことないよ、純ちゃんには野球の血筋が流れてるんだよ」

純「どういうこと?」

憂「日本で一番有名な野球選手って誰だと思う?」

純「そりゃあ、イチローだよ」

憂「そのイチローの苗字知ってる?」

純「イさん?」

梓「それじゃあ、韓国人じゃん……」

憂「鈴木だよ、純ちゃん」

純「わ、私と同じ……!?」

憂「そうだよ、そんなメジャーでも記録をうちたててるイチローと純ちゃんとはそんな繋がりがあるんだよ」

憂「純ちゃんの中に流れる血のどこかにイチローと同じ要素があるんだよ!!」

純「そ、そっか……私が……イチロー……!!」

梓「鈴木って日本で一番多い苗字なんじゃ……」

憂「梓ちゃんは黙ってようね♪」

梓「……」

純「憂! 私やるよ! だって私の中のイチローがそう叫んでるからっ!!」

憂「うん! 頑張ろうね、純ちゃん。もちろん梓ちゃんもね」

梓「はぁ~……」

 ・ ・ ・ ・ ・

憂「じゃあ、今日はこれくらいにしよっか」

梓「やっと終わり……」

純「あ~、疲れた~」

憂「私これからバッティングセンター行くけど、一緒に行く?」

梓「え、遠慮しとくよ……」

純「私もさすがにやめとくよ~」

憂「そう? じゃあ、また明日ね」

梓「バイバイ」

純「またね~」



梓「ねぇ、純」

純「なに?」

梓「憂って野球やってたの? なんかやたらノックとか上手かったし」

純「あれ? 梓知らなかったっけ?」

梓「なにを?」

純「私も、中学から憂と知り合ったから詳しくは知らないんだけどさ
  憂は小学生の時結構有名だったんだよ」

梓「有名だった?」

純「近所のお姉さんと一緒に地元のリトルリーグに所属しててさ」

純「で、瞬く間にすごい野球少女が現れたって噂が広まってね」

梓「そうなんだ……」

純「地元のケーブルTVの番組でも紹介されたこともあるんだよ」

梓「へ、へ~……」


また別の日

和「どう唯、内野の守備は出来そう?」

唯「う~ん……、やっぱり私には外野の方が向いてるかもね」

福本「ほな行くで~」

曜子「はい! お願いします!」

福本 カキン!!

曜子「きゃっ!?」

福本「避けたらあかんがな」

曜子「だって……、内野って球が速くて恐いんです……」

ムッシュ「あの子はやっぱり外野しか無理そうやね~」

福本「まぁ、プロでも内野の強い打球が恐くて外野やってるってのもいますからね」

和「姫子はもうショートには慣れたかしら?」

姫子「やったことは無いってわけじゃないから大丈夫だけどさ
    でも、サードと比べると気を使うよね。いざとなったら委員長が助けてくれるでしょ?」

和「セカンドベースからそっちはあなたに任せたいって気持ちなんだけど」

姫子「私はセンターに抜けそうな当たりなんかはきっと委員長がなんとかしてくれるって思ってるよ」

和「ランナーによって変わってはくるけど、普通そういうのはショートの仕事でしょ?」

姫子「頼りにしてます」

和「まったく……」

律「おーい、和~」

澪「ポジション入れ替えるんだって?」

和「入れ替えはしないけどね。慣れたところが一番だし」

和「でも、9人しかいないから2つ以上出来た方がなにかとやりくりできるでしょ?」

和「だから、いつもやってるところじゃない守備位置で練習してみようかって」

律「じゃあ、私ピッチャーがいい! 澪の見てて私も投げたいってウズウズしてたんだ」

和「ええ、どこでも挑戦するのがいいと思うわ」

春子「外野は行ったり帰ったりするだけで腹が減りそうだよな……。やっぱり内野がいいな」

紬「じゃあ当日はベンチにおにぎりでも用意しとこうか」

春子「さすがムギだ」

いちご「食べ過ぎて動けなくなったってオチは勘弁してね」

唯「ところでさ~、最近ノムさん見かけないね~」

紬「そういえばそうね。斎藤、何か聞いてない?」

斎藤「はい、お嬢様。野村様はもう自分が教える事は何もないとおっしゃっておられました」

斎藤「何かそう言われる表情はどこか憂いを秘めてもおいででしたが……」

姫子「と、言う事は、ノムさんは律に全部を伝えたということ?」

和「野村の教えを全て吸収したのね」

律「ま、まぁな! さすが名将と言われるだけのことはあったよ」

澪「あの律がノムさんに認められるなんて……」

唯「りっちゃんすごーい!!」

律「はっはっは! インサイドワークはこういうもんだってのを見せてやるぜ!」

いちご「……寝てたんじゃないの?」

律「……えっ?」

いちご「私、あのじーさんが怒って帰るとこ見た」

律「……」

澪「だから、何も教える事はないってことか」

和「……残念ね」

唯「やっぱり、りっちゃんはそうでないと!」

律「う、うるへー!」


4