憂「おっぱい触りたかったの?」

唯「!!」

憂「お尻も触りたかった?」

唯「……どうして…」

憂「普通あれだけされたら起きるよ…」

唯「あ…うそ……」

憂「まさかお姉ちゃんがあんな変態さんだったなんて…」

唯「違うよ…違うの、憂……私…」

憂「何が違うのかなぁ、お姉ちゃんは私の靴下の匂いで興奮する変態さんだよね?」

唯「違う…違うもん……ぐす…」

憂(お、虐められるお姉ちゃんもかわいい~////)


憂「変態お姉ちゃん♪」

唯「ひ、酷いよ憂……」ぽろぽろ

唯(やだやだやだ…やめて憂)

憂「どうして酷いの?本当の事でしょ?」

唯「う、ういい…ううう…」

憂(ちょっとやりすぎたかも……かわいそうになってきた…)

憂「お姉ちゃん可愛い!」ギュ

唯「ええ?」

憂「お姉ちゃんが変態でも私がお姉ちゃん大好きな事にかわりはないよ////」

唯「えええ!?」


憂「今度からは起きてる時にして欲しいな~」

唯「あうあう…」

憂「びっくりしちゃったよ」

唯「うう…ごめん……」

憂「もー、怒ってないから!虐めちゃってごめんね」ナデナデ

唯「いじわる…」

憂「えへへ~」

唯「でも憂が悪いんだよ!」

唯「憂が妹のくせにこんなに可愛いから!」

唯「憂が大好きだからあんな事しちゃったんだから!」

憂「お姉ちゃんったら…////」

唯「あ…////」ぼふッ


憂「私だって大好きだよ!」

唯「う、うい~!」

憂「えへ~大好き!」ぎゅ

唯「私のほうが好きだもん!」

憂「え~?私だって負けないよ!大好きっ」

唯「むー!憂のくせに!////」ぎゅう

憂(あったかくてやわらかいな~)


唯「………ねえ」

唯「憂の好きって、どの好きなの?」

憂「え?」

唯「あ、ほら、好きにも色々あるでしょ?」

憂「うーん…」

唯「恋人…とか?」

憂「わかんない」

唯「」

憂「だって、生まれた時から大好きだったんだもん!」

憂「今更そんな事聞かれても何がどう好きなのかわかんないよ////」

唯「えへへ////」


唯「なんか照れますな////」

憂「お姉ちゃんは?」

唯「私!?私は……その…」

憂「ん?」

唯「もう!起きてたんならわかるでしょ!////」

憂「だめー!ちゃんと告白するんでしょ?」

唯「う、うい////」

憂「ちゃんと言わないとチュー出来ないよ?」

唯「うう…」


憂「恋人同士じゃないとちゅーしちゃだめなんだよ」

唯「うー////」

憂(かわいー!)

憂「ほらほら」ニコニコ

唯「わ、私は憂に恋人になって欲しいです!////」

憂「やーん、お姉ちゃんったら////」

唯「ど、どうなの?」

憂「もちろんオーケーだよ!」

唯「あ…」ぱぁぁ

唯「ういいいいい!!」ガバ!

憂「お姉ちゃん!」ぎゅ


唯「ねえ憂」

憂「なぁに?」

唯「今度はちゃんとチューしたいな…////」

憂「あ……うん…いいよ…」どきどき

憂「さっきはごめんね」

唯「え?」

憂「ほっぺたじゃ嫌だったから身体動かして…」

唯「あ…そういえば……もー、酷いよ~、びっくりしたんだから!」

唯「憂ってたまに大胆だよね」

憂「だってぇ////」


唯「じゃあ、するからね?」

憂「いいよ…」

唯「もう泣いたってやめないからね!////」

憂(泣きそうなのはお姉ちゃんでしょ////)

憂「うん!」

唯「では…ごくり」ドキドキ

憂「ん…」ドキドキドキドキ

唯「………………」

憂(あれ?)

唯「歯磨いてこよう…」

憂「ズコー!」


唯「憂!?」

憂「もう!お姉ちゃん!」

唯「あう…」

憂「そんなの良いから!」

唯「あ、まって心の準備が…」

憂「今するの!」

唯「うん…」

憂「次逃げたら絶交だよ?」

唯「う…うんー」

憂「よろしい!」

憂(へたれお姉ちゃんも可愛いよぉ////)


憂「じゃあ今度が本番だよ」

唯「分かった!」

憂「…ん!////」

唯「憂…////」

ちゅ…


 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /^ヽ
: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : :/ } : : ヽ二ニ :_‐-
: : : : : : :/: : : : : : : / : :// : : /: : : /: : :i : '; : : : : : \: `丶.__
: : : : : :/ : : : /: : /: : : ∧\ : :/ : : :/: : : :| : :}: : :ヽ : : : \: : :\: : :`
: : : : :/ : : : /: : /: : : / : :\,ン:_:_:/|: : : : |: /: ヽ : }: : : : : :ヽ: : : \: :
: : : : ': : : : :l : : | : : : : / /' : / `ト !: : : /:| : : :V: : : : : : : :'; : : : :ヽ
: : : :l: : : : : |: : : : : : : :|/l/ /    l: |: :〃ト!、: : l: : : : : : : : :l: : : : : :
: : : :|: : : :}: |: : : : : : : :|,:ィ'´   ー=ミレ'!: /__|从\ |: : : : : : : : :|: : : : : :
: : : :l : : /: : : : :|: : : : :| :|   :::::::::::::  j/'ァーミヽ : | : i: : : : : : :| : : ;/ :
、 : : : {:/: : : : : :|: : : : :|: |          〉 ::::::::: `Vj : |: : : : :/ :|ー:7 : :
^ヽ : ハ: : : :} : ハ : : :|:!       ノ        } : : |: : : 〃:/l/ : : :
:::::::V:::::l: : ;イ :/ ヽ: : ト:、:、             /: : : l ://:/:´: : : : :/
::::::::{::::::j/::レ'::ヽ  }>、\ヽ>-/}         //: : :ノ: :ィ'彡, -―<
::::::::::::::::::::::::::::::::::}\: :イ:` ;} : :/  、       /イ: : :/ノ|//::::::::::::::::::`
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉 j///    ` ーァヘ /- "  //::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l /          /:::::::ハ      /{:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              ::::::::/ {iヽ     //l:::::::::::::::::::::::::


唯「ん…」

憂「んん」

唯(柔らかくってあったかい…)

憂(お姉ちゃんとキスしちゃってる!////)

唯(だきしめちゃえ!)ぎゅ

憂(お姉ちゃん!)ぎゅう!

唯(すっごいドキドキしてるよ!////)ドキドキドキ

憂(もっと…もっと!)

唯(こんなにくっ付いたら気付かれちゃうよ!)

憂(好き!好き!!大好き!!!お姉ちゃん大好きっ)

唯(うい!)

~~~

唯「………………」

憂「………………」

窒息死していた二人が発見されたのは、旅行に行った両親が帰ってきた5日後の事であった

~~~~


唯(なんて事になったらどうしよう!)

憂(キスって凄い!)

唯(そろそろ離れてもいのかな…?でも離れたくないよお)

憂(ずっとこうしてたい…)

唯「ん…ぷはっ」

憂「んッ」

憂(あぅ……)

唯「はぁ……////」ほわ~ん

憂「はぅ…////」ほわほわ

唯「…………」

憂「………」

唯「す、すごいねちゅーって…////」

憂「う、うん…」


唯「も一回…」

憂「え?…うん!」

唯「ん…」

憂「ねえお姉ちゃん」

唯「……なぁに?」

憂「大人のちゅーって舌を入れるんだって…」

唯「し、舌!?べろ?」

憂「うん…」

唯「ほ、ほー」

憂「試してみよっか」

唯「う…うん」どきどき

憂「じゃあ行くね」


3