唯「ういぃ~」

憂「すぅ…すぅ…」

唯「あれ、ソファで寝ちゃってる…」

憂「むにゃむにゃ…」

唯「可愛い…!」

憂「ふぅむぅ…すぅ…すぅ…」

唯「こんなに可愛い妹が居るなんて、私は世界で一番幸せかもしれないなぁ…」

唯「うひひ、憂さんや、こんな所で無防備に寝てたらどんな事になるかわかりませんぜ」

唯「ゴクリ…」

唯「ぷにぷにーほっぺたぷにぷにー」

憂「すぅ…すぅ…」

唯「かわいいなぁ」

唯「それにしてもこのうなじ…なんかたまんないよ…」

唯「つつーっと…」

憂「う…んッ……」

唯「おっと危ない危ない」

唯「ぐへへ、お次はっと…」


唯「本命の下半身は後にとって置こう…」

唯「鎖骨…綺麗だな~」

唯「肌も白いし…触りたいけど起こしたらかわいそうだよね…」

唯「うーん…でもでも…でもでも」

憂「ん…?」

唯「!」

憂「…すぅすぅ…」

唯「寝返りかぁ…ビックリした~」

唯「ってこれは…!」

唯「胸がはだけてますぜ奥さん!」

唯「おほー!ブラチラ!ブラチラきたこれ!」

唯「もっと奥まで…そーっとそーっとずらして…」ドキドキドキドキ…

唯「なんともいやらしい着衣の乱れであります!」


唯「それにしても憂ってば、意外と大人っぽいブラを…」

唯「私なんてスポーツブラなのに…」

唯「人には地味なの薦めといて自分は色気づくなんて…」

唯「けしからん妹だよまったく!お姉ちゃんは悲しい!」ぷんぷん

憂「お姉ちゃんうるさいぃ~…」

唯「ごめんなさい」

憂「…すやすや……」

唯「……………」

唯「いや、それよりもけしからんのはこの二つのふくらみ…」

唯「控えめながら…でも私よりは………おいしそう…」

唯「生乳…生乳…憂の生乳……ゴクリ」

唯「ブラの隙間から見えないかなぁ~」チラリ

唯「ぐぬぬぬぬ…もっと奥…このアングルなら…!」


唯「!!!!」

唯「ありました、ピンクのポッチ!」

唯「平沢隊員、山頂を確認しました!天候不良で良く見えませんが登頂は目前であります!」

唯「ハァハァハァハァ…ここは…思ったより危険だ…」

唯「あ~あ~か~みさ~まおね~がい~ふたりぃ~だぁ~けぇ~のぉ~」

唯「びいち~く~タ~イ~ムくだ~さ~い~」

唯「………ごめん澪ちゃん、変な替え歌にして…でも憂の乳首=ドリームなんだ」

唯「どれどれ、もう少し網膜に焼き付けておきますか…しかしこの体勢は辛い…首が…」

憂「…………すぅ…すぅ……」

唯「やっぱ見るだけじゃだめだよ…触りたい……」ドキドキ

唯「この隙間に手を突っ込んで…ごくり…さわ」スッ

憂「だーめでしょ」ぺし

唯「ぁぅ」


唯「直触りは憂が起きてしまうらしい」

憂「すぅすぅ…」

唯「この通りぐっすり寝ているはずなのに…」

唯「そうか…私の邪な心に憂の綺麗な心が反応したんだ!ごめんよ悪いお姉ちゃんで…」

憂「…………………」

唯「これは決していやらしい気持ちではなくですね、妹を想う姉として当然の思いやりの…」

唯「そう、健康診断だよ!憂の身体に悪い所があるといけないもんね」

唯「私はお医者さんですよー」

唯「お医者さんごっこ…ってこれじゃ逆にいけない事してるみたいな…」ドキドキ

唯「はぁはぁ………うひひ」スッ

憂「…………」ぺし

唯「ぁぅ」


唯「ぐ……おのれ!おっぱいは危険と言う事か」

唯「まあよい、おっぱいは置いといて下半身を堪能させてもらうぞ」

憂(ちょっとちょっと、下は胸よりだめだって~////)

憂(てかこれどういう状況なの!?)

憂(なんでお姉ちゃんが私の服脱がせてえっちないたずらを!?////)

唯「ふふふ…ぐっすり眠っていられるのも今のうちだぞ」

憂(眠ってると思い込んでるよ……こんなに楽しそうなのに起きたら可愛そうだよね…)

唯「おしり…おしり!」さわさわ

憂「ひッ!?」ぞわわ

唯「あ…やば…」

憂「ぅ…ん……すぅすぅ…」

唯「ほ…」


唯「では気を取り直しまして…」

唯「おおおおぱんつをご閲覧…」

憂(ええええ////)

唯「こんな短いスカート穿いて私以外の誰かに襲われたらどうするの、もう!」ぴらっ

憂(ひー////)

唯「うほ…これはこれは…憂さんらしくかわいらしいおぱんつ様ですなぁ…うんうん」

唯「では憂のおしりの感触を堪能しますか…」すっ

憂(だめだめだめ!)

憂「うーん…」くね

唯「あら?」すかっ

唯「てい!」さっ

憂「ん…」くね

唯「おろ?」すかっ


唯「………………??」

唯「おしり…」さっ

憂「…ん」くね

唯「っと見せかけてこっちから!」

憂「んん…」くね

唯「なんで!?」

唯「寝返りでかわされる…」

唯「憂…」

憂(ギク)

唯「ついに無想転生を…」

憂「………………」


唯「思い出すんだ、3話の特訓を」

唯「あの時はムギちゃんのお菓子だったけど今回は憂のお尻!」

唯「サササササ!」ブンブン

憂(千手観音!?)

唯「やる気はあの時の比じゃないよ!」

憂(ひー!!)

憂「く…うう…」くねくね!

唯「なんで触れないの!?」スカスカスカ

憂(こんな事、姉妹でなんてだめぇ////)

唯「ぜーはーぜーはー…」

憂「はぁはぁ…」


唯「憂は手ごわいなぁ」

唯「お尻も置いといて足にしとこう…がっくし…」

憂(あわわ…かわいそうなことしちゃったよ…)

唯「ちぇー……」

憂(でも必死なお姉ちゃんも落ち込むお姉ちゃんもかわいー////)

唯「さて…」

唯「足細い…」

唯「私膝の裏が好きなんだよね」

唯「この線が、この線が!」

憂(くすぐったい!)

唯「足くらいなら舐めてもいいよね…生足ちゅっちゅ!」

唯「すべすべーすべすべー」

憂「うう…」

憂(やめてー////)


唯「お、寝る時は靴下脱がないとだめじゃん」

唯「行儀悪いなぁ…」

唯「……ゴクリ」

唯(むんむんしてる…)

唯「………さすがに……いやしかし…」

憂(え?なに?なに!?)

唯「くんくん…」

憂(!?)

唯「すううううううう…」

憂(ええええ!?)

唯「……はぁ…きっつー………しかしこれは病みつきに…」

憂(き、きたないってばー!!)


唯「かたっぽ貰っとこう」

唯「後で洗濯機に入れとけばばれないよね」

唯「靴下ぬぎぬぎしましょうね~、むふふ」

唯「生足くんくん」

唯「この足で踏んで欲しいなぁ…あ、でもそんなの変態じゃん!だめだめ!」

唯「靴下はむ!はふはふ…」

唯「ふふふ…憂の味と臭いがするよ!」

憂(うわーうわー!どうしたらいいの…)

唯「足の指もしっかり味わおう…れろれろ」

憂「………ッッ!?」

憂(だめ!そんなにねっとりしゃぶられたら声が!)ピクピク…


憂(くすぐったい////)

憂「んッ……ふぅ…」くねくね

唯「憂?」

憂「………すぅすぅ…」

唯「さすがにまだ気付いてないよね……」

憂(普通は起きるって!)

唯「ふぅ、足はこのくらいにしとこう」

憂(ほ…たすかった)

憂(お姉ちゃんには悪いけど今起きた事にしてご飯の準b)

唯「添い寝…してもいいよね」

憂「!」

唯「うい・・・」ギュ



憂(おおおおお姉ちゃん!?////)

唯「綺麗な顔だな~」

唯「本当によくできた子…可愛い!」すりすり

憂(はぅぅ…////)

唯「憂の前に脱ぎたて靴下置いてたら起きた時にビックリするかな?」

唯「どんな反応するんだろう…ふふふ」

憂(ちょwwwww)

唯「ほーれほーれ、憂のむれむれ靴下だぞー」

憂「う…ううん…」

唯「さすがに匂うのかな…良い匂いなのに…」

憂(酷い!)


唯「顔近いなぁ…」

唯「唇ちっちゃくて可愛い~」

唯「……ごく…」ドキドキ…

唯「ね、寝てるならチューしてもばれないよね?」

唯「私のファーストキス…憂にあげちゃおうかな~////」ドキドキドキ…

憂(お姉ちゃん!私もあげちゃうよ~!////)

唯「…ん…んー////」

憂(んー////)

唯「…………」

憂(え?あれ?)



唯「やっぱこれはだめ」

憂(ガーン…)

唯「起きてる時に告白してチューしないと!」

憂(えええええ!?)

憂(こくはくって告白!?////)

憂(それってそれってやっぱり!?////)

唯「えへへ、でも引かれちゃわないかなぁ…女の子同士…というか姉妹だなんて…」

唯「不安になってきた…うう…」

憂(お姉ちゃん…大丈夫だよ)

憂「おね…ちゃん……」

唯「!?起き………てない?」

憂「すやすや…」

唯「憂に抱きつかれちゃった////」


唯「わぁ…さっきより顔近いよ…」

唯「ごくり…」

唯「やっぱちゅーしたい!」

憂(でしょでしょ!?)

唯「うう…なんて私は意志が弱いんだ…」

憂(悩むお姉ちゃんもかわいい////)

唯「………そうだよね」

唯「寝てるなら気付かないよね」

憂(うんうん!)

唯「……うーん、ほっぺにちゅーで我慢!」

憂(むー…)



唯「う~い、大好きだよ!」

唯「ん…////」ドキドキ

憂(いまだ!寝返り!)ガバ

唯「!!???」ちゅ

憂(んんんー////)

唯「んー!?」

憂(お姉ちゃんに唇奪われちゃった////)


憂(おねえちゃん!)ぎゅ

唯「!!」

唯(寝ぼけてるの!?)

憂(今起きたらお姉ちゃんビックリするかな♪)

憂「うーん…」

唯(お、起きちゃう!離して!)

憂「ん…?」

唯「んー!んー!」

唯(やだ!こんなとこ見つかったら嫌われちゃう!)




憂「お姉ちゃん……」

唯「お、おはよう憂…」

唯(終わった…)

憂「………………」

唯「憂…あのね、これは違うの…」

憂「びっくりしたよ~、お姉ちゃんったら…」

唯「ごめんね、本当にごめん」

憂「わ!なんで私の服がこんな事に…」

唯「あああああ、あのそれは…」

憂「これお姉ちゃんがやったの?」

唯「は、はいい…いあ…その…」

憂(泣きそうなお姉ちゃんも可愛いよぅ////)

憂「もう!それにその靴下私のじゃん!何やってたの?」


唯「ごめんなさ…ごべんな…ざ……うう…」

唯(嫌われちゃった…嫌われちゃったよ…)

憂(わわわ、泣いちゃった!)

唯「うぅ…ぐす……えぐ…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「……ッ」ビク

憂「怒ってるんじゃないよ?」

唯「……うん…ぐす…」

憂「お姉ちゃんが私の靴下や身体で何をしてたかを知りたいの」

唯「それは…その……」



2