私の名前? 若王子いちご。

「いちご」なんて痛い名前だよね。自分でもわかってる。苗字とも合っていないし、ほんとうに変な名前。

名前のせいでバカにされたことは幾度かある、その度に私は傷ついて、泣いた。好きでこんな名前にしているわけじゃないのだ。

自己紹介とかが苦手だった。自分の名前を人前で言うのが苦痛だった。いちご、なんて、私のキャラじゃない。ダサい名前。

こんな変な名前を付けた両親を、私は憎んでいた。私は加南子、とか単純な名で良かったのだ。若王子加南子、何かイケてる。

だから、私がやさぐれたキャラを演じているのは、両親へのささやかな復讐だった。

いちごという名前とは似つかわしくない言動をとるようにした。出来るだけ冷たく、そして薄情になれ、と自分に戒めた。


――はず、なのに。

高校生活初日、一年生の教室では自己紹介があった。私の大嫌いな自己紹介だ。

私の苗字は「わ」から始まるので、出席番号はいつも一番最後だった。

自己紹介は決まって出席番号順だから、きまって私がトリを飾る。クラス中の嘲笑が目に浮かぶ。

いちご、という名前がトリなのだ、笑わない奴はいないだろう。憂欝。

数分して、私の自己紹介の番。立ち上がり、屈辱に震えながら自己紹介をした。

いちご「私は若王子いちごです、……一年間よろしく」

出来るだけ冷たい声を心がけた。

すると、クラスの中の何人かが、ぷっと苦笑するのが聞こえる。私は歯噛みしながら、席に座った。


朝のホームルームが終わる。周りの女子は早速中のいい女子を見つけて、談笑しあっている。その光景を横目で眺めていると――ふと、彼女たちに気づいた。

一人は黒髪ロングの女の子。すらりとした体躯。彼女の机の横には、カチューシャをした女の子が立っていた。茶髪のセミロング。

彼女たちはちらちらと、私の方を見てきていた。視線を感じる。私の名前でも、嘲笑っているに違いない。

?「――あの子って、いちごって名前だっけ?」

カチューシャの女の子が、私を指差しながら言ってくる。目が合わないよう気をつけながら、私は彼女たちを横目で見続ける。

席の距離が離れているため、彼女たちは私の視線に気づかぬまま話を進めた。

?「あぁ、さっきの自己紹介聞いていなかったのか? 律」

カチューシャの女の子は、律、という名前らしい。いちご、なんかよりはかなりましな名前だ。

律「いやー、何か眠くてな。でも、いちごかぁ……、珍しい名前だよな。澪はどう思う?」

黒髪ロングの女の子は、澪というのか。なんとなく、その名前の響きが素敵だと思った。

澪「可愛い名前だと思うよ、うん」

…………………………。

え?

私は耳を疑った。

可愛い? いちごという名前が? そんなこと生まれて初めて言われた。不覚にも、胸が高鳴る。

澪「孤高って感じがして、何か格好いいし」

律「へぇ、澪らしい……。じゃああの子は?」

澪「たしか……紬って名前だっけ?」

その後の話には耳を貸さなかった。ただ、彼女が……澪に言われたことの余韻が、何度もよみがえる。

格好いい。孤高。

その台詞が胸に響いた。

今まで味わったことの無い感情が、昂ぶる。

体が熱くなるのが、わかる。

いちご、という名前がちょっとだけ好きになった。



いちご(――――…………あぁ、夢か)

まわりを見やる。エリとかいう女子がアカネとかいう女子と会話している。

姫子とかいう不良女が教壇のところでヤンキー座りをしている。

信代とかいうデカ女が、大声をあげて笑っている。

見慣れた三年生の教室。机に突っ伏したまま私は寝ていたらしい。時計を見る。昼休みはまだまだある。

もう一眠りでもしようかな、そう思いながら、私は教室の後ろに目線をやる。

軽音部の面々と生徒会長が談笑していた。その中に、彼女の姿を認めた。見紛うことない、滑らかな黒髪――。

いちご(澪……笑っている)

いちご(何の話ししてるんだろう)

律が澪に小突かれていた。金髪眉毛はそれをなだめている。天然娘は朗らかに笑っていて、生徒会長は無表情だった。

いちご(……楽しそう。あの中に入りたいな)

いちご(でも、私は孤高だから…………、クールでいないと、格好よくいないと)

いちご(…………綺麗な笑顔。もっと近くで、あの澪の笑顔を見てみたい…………)

私は首を振った。雑念を払う。変なことを考えてはいけない。私は『孤高』なのだ。

いちご(でも…………せめて、ご飯くらいは一緒に食べたい)

いちご(………………あぁ、私変だ。孤高でいようと決めたのに、澪のことを見ていると気持ちが揺らいじゃう)

いちご(寝よう…………それがいい)

そして私は、再び目をつぶった。



律「わ、私がジュリエットはありえないだろ! ……例えば、いちごとか! 御姫様見たいで可愛いし!」

あのとき、私が『ジュリエット』になりたい、と希望していれば。

私は澪と、もっと仲良くなれたのだろうか。

でも、私は孤高であるべき存在だから。

私の愛する人は、私が孤高であることが格好いい、と評してくれたから。

いちご「え? やだ」

そう、答えてしまった。

律「えぇー……」

ほんとうは、ジュリエットを演じたかったのだ。

澪と一緒に、壇上で熱い抱擁を交わしてみたかった。

でも私は、孤高であることを優先した。

もしも、時間を戻すことが出来るなら。

ほんの数ヶ月前に戻りたい。

文化祭の役決めをしているあのころに戻って、ジュリエットになりたいと言うのに。

教師「おい、若王子。起きろ!」

男の声で、私は眼を覚ました。

また、深く眠っていたのか。授業はもう始まっていたようだった。黒板を見る。訳のわからない数式が羅列されていた。

教師「……ったく。居眠りするんじゃないぞ」

いちご「……はい」

孤高が聞いてあきれる、と私は思った。こんなヘマを犯すなんて。くすくすと、どこからか笑い声が聞こえた。

ため息。男性教諭は黒板に向きなおり、再び数式を描いていった。私は教室の壁に貼られたカレンダーに目をやる。

もう、二月か。

三年生のほとんどが受験をする中、私は進学ではなく就職を選んだ。

高卒は不利、とか聞いているが知ったことではない。大学でまた勉強をするなんて、まっぴらごめんだ。

高校を卒業したら働くつもりの私には、もう、勉強など必要ないのだ。出席日数も足りているのだから、卒業式までサボっても何も言われないだろう。

それでも学校に来ているのは、澪がいるからに他ならない。

くだらない、と私は思う。

彼女が私に好意を抱いていないなんて、わかりきっていることなのに。

私は何かを、まだ期待している。


放課後になると、そのまま帰宅する生徒が大半だった。二次試験というものがあるらしい。ご苦労なことだ。

軽音部の面々は、そのまま部室へと向かったようだ。彼女たちも受験はあるはずなのに、余裕を感じる。

遠くの方で、今日のおやつはシュークリームよという声が聞こえる。金髪眉毛のものだろう。

いちご「楽しそうだなぁ………………」

ウカツ。気付いた時にはもう遅い。声に出してしまっていた。

まだ教室にいた何人かの生徒が、私の声に気づいて、こちらを見てくる。

猛烈に恥ずかしくなって、私は学校を出た。


その日は曇りだった。昨日から天気は変わっていない。灰色の空。灰色の世界。

コンビニの前を通ると、その店舗の前に大きな垂れ幕がかかっていた。

『バレンタインフェア 実施中!』

赤色の紙に、白抜きの文字。

いちご(バレンタイン……)

いちご(今日は2月11日…………あと3日か)

いちご(去年も一昨年も、澪の下駄箱の中にチョコ入れたっけ…………、私が入れる前から、たくさんチョコが入っていたけど)

いちご(人気者なんだよね…………)

孤高、という言葉を思い出す。

私には似つかわしくない言葉だ、とつくづく感じる。

いちごという名前以上に、私には相応しくない形容。

私は誰よりも、甘えたがりなのだ。それを隠しているだけで……。

いちご(……今年も、チョコ渡そうかな)

いちご(下駄箱に入れるとかじゃなく、直接……)

いちご(手渡したいけど…………変に思われたら嫌だし……)

コンビニの前で、私は立ち続けていた。垂れ幕の文字を見ながら考える。

いちご(今年も結局、何の返事もなくバレンタインが過ぎ去るのか……)

いちご(………………まぁいいや。チョコは買っておこう)

孤高なはずの私が、チョコ一つでウジウジ悩んでいるなんて、澪に見られたら幻滅されるだろうな。

そう自嘲しながら、コンビニに足を踏み入れた。

店員の機械的な「っらっしゃあせー」という台詞を聞きながら、チョコが売られているところに向かった。

包装されているはずなのに、甘いにおいがする。チョコのにおい。香ばしい。

いちご(甘いもの好きそうだよね……澪って)

いちご(だからビターチョコとかは避けて……、あ、ホワイトチョコでいいかな)

いちご(下駄箱の中に入れても……食べてもらえないだろうし。他の子も下駄箱の中に入れているしなぁ)

いちご(やっぱり、手渡しした方がいいのかな…………)

いちご(でも、私の孤高ってイメージが壊れてしまう…………)

いちご(………………いいかな、別に。もう高校生活最後なんだし)

いちご(ちょっとくらい大胆になってもいいよね)

よみがえる、澪の笑顔。今日の休み時間見た、あの自然な微笑み。上品で、綺麗で……。

つい、私の顔も緩んでしまう。

いけない。せめてバレンタインまでは、孤高でいよう。

格好いいと言われた、孤高の私のままで。



翌日も、曇っていた。一週間ほどこの天気が続くらしい。

目ざましテレビでそう言っていた。バレンタインの日には雨まで降るかもしれないという。

天気の神様はどうやら、空気が読めないみたいだった。

昨日買ったチョコは、コンビニで包装してもらったまま、冷蔵庫に保管してある。

自分でも、気が早いのはわかっている。

いちご(明後日が、バレンタインか……)

高校最後のバレンタイン。

そう意識するだけで、胸が痛むのはなぜなのか。

私が学校につく時間は、きまってHRが始まる直前だ。今日も、私が教室に入るなり朝のHRを告げる鐘が鳴った。

自分の席に座った瞬間、その異変に気付いた。

いちご(……澪が、いない?)

欠席だろうか。

不安になる。

内心の動揺を悟られないように、冷静な表情を作る。

そのとき教壇の上で、女教師が口を開いた。

さわ子「えー、秋山さんは、風邪により欠席です」

天気の神様だけじゃなく、病気の神様まで空気の読み方を知らないようだった。


2