梓「んにゅぅ……んくっ、んふぁあ……あ、あぅ……」

唯「……気持ちよくなってくれた?」

梓「はい、とっても……んんっ! んあ、ふあっ……ま、まだ、震えるの、止まりませんっ」

唯「えへ……あーずにゃんっ♪」

 また、ぎゅうって抱き締められる。
 今まで数えきれないくらいされたけど、今回は特別で、最っ高に気持ちよくって、そして丁度、私も『抱き締めて欲しい』っていうタイミングだった。

梓「……好きです、唯先輩。ずっと言えなかったですけど、今夜は何か素直に言えます」

唯「ありがと。私も大好きだよ、そうでなきゃ女の子同士でこんなことしないよ」

梓「んんっ……! んぁ、は……唯先輩ぃ……私も、好き、ですっ」

 言葉のひとつやふたつじゃ気持ちを伝えきれない。
 だから、私も快感で麻痺した腕をどうにか動かして、唯先輩を抱き締め返す。

梓「大好き、です……唯先輩っ」

唯「んへー……とおっても嬉しい。ありがと、あずにゃんっ」

 自分で自分を慰めたことは何回もあるけれど。
 この、唯先輩に脚でしてもらったよりも気持ちよくなれた経験は、なかったと思う。


~おやすみ!~

梓「ちゅぎ……わらひの番れひゅ……んくー……しゅぴ~……」

唯「……ありり。寝ちゃったのかな、あずにゃん?」

梓「ゆぃしぇんぱいも、気持ちーくしてあげましゅ……んにゅぅ……♪」

唯「次、でいいよ。私も気持ちよくして欲しいけど、今はそれより、あずにゃんの幸せそうな顔を見ていたいもん」

梓「んふー……しゅぴ……くひゅー……」

唯「おやすみ、あずにゃん……んちゅ♪」

梓「んにゅぅ♪」


~よくあさ!~

梓「…………」

 ああ。
 私、どうして寝ちゃったんだろ。
 唯先輩を放っておいて、自分だけ満足して眠ったみたいな。

唯「すゅー……」

梓「…………」

 唯先輩の寝顔は、とっても嬉しそう。
 っていうか、真っ正面から抱き着かれて目の前なんですけど。
 全然覚えてないけど、それなりに唯先輩へお返し出来たってこと?
 ううん、それより何より……今! 少し唇を突き出せばキス出来るってゆーこの状況をどうするか!

唯「あずにゃむ……にゅむにゅむ」

梓「は、はい……私、ここにいますよ?」

 唯先輩に呼ばれたから、思わず返事をしちゃう。
 眠ってるから意識はないんだろうけど、ちょっとだけ。

梓「ん……」

唯「んふ、ふぅ……ちゅ……」

梓「は、はぅ……寝込みを襲うなんて、でっかい罪悪感です……」

唯「……じゃあ、もっかいキスしてくれる?」

梓「にゃあっ!?」

唯「私は起きてたんだから、寝込みじゃないよ。罪悪感なしなら、もっと……」

梓「そっ、そんな理屈、通りませんっ!」

 何て人が悪いんですか。
 もしかしてずっと先に起きてて、私がどおゆう反応するか薄目で見物してたんですか。

唯「まだ朝の五時だよ。時間はたっぷりあるから、昨夜の続き……今度は私を気持ちよくして欲しいなあ……ねっ、朝ご飯の前にね!」

梓「そんな朝飯前で済ませられるような、簡単なことじゃありませんから!」

唯「ええぇ~」

 イくだのイかせるだの、朝っぱらから話すようなことじゃないですよね。
 それに経験もないですし、やっぱりじっくり取り組める夜の方がいいんじゃないかと。
 ……うん、夜。その方がそおゆう気分になりやすいですもんね?

梓「も、もおちょっと寝ましょう! それと、唯先輩の都合がよかったら、今夜もうちに泊まってください!」

唯「……そりは、今夜はあずにゃんが主導権を握ってくれるってゆーことかな?」

梓「……心の準備はしておきます。私はともかく、唯先輩がとっても悶々としてると思いますんで、なるべく頑張るつもりで」

唯「うぅん、期待しちゃう……じゃ、ふあぁ……もおちょっとだけ、寝よっか……?」

梓「はい」

 裸同士で抱き合ってて、あったかいことこの上なしですもんね。
 いつの間にかお布団被せてもらってて、心地よくて、すぐに睡魔が襲ってきましたしね。
 ほんと、こんな気持ちよくて幸せな気分で眠れるなんて、私……生まれて初めてですよ?

唯「じゃ、もちょっとだけおやすみ、あずにゃん」

 はい。
 少しだけ眠ったら、目覚ましに起こされちゃいますけど。
 それまでは、こうして抱き合ったまま一緒に寝ていましょうね。

梓「おやすみなさい」

 ぎゅ、ってほとんど同時に抱き締め合いつつ、目蓋を閉じる。
 唯先輩の、すべすべなぬくもりのせいかな。
 意識が落ちるまで、そんなに時間はかからなかった。


~とうこうちゅう!~

唯「ね、あずにゃん」

梓「はい?」

唯「みんなにバラしちゃってもいいかな。私達がえろっちぃことした、って」

 事実ですけど、そういう言い方はどうかと思いますよ。

梓「お付き合いすることにした、って感じでお願いします。あらぬ噂を立てられないように」

唯「え~? あらぬ噂じゃないよー」

梓「本当のところを宣伝したら、お付き合いしづらくなるじゃないですか! 指導室に呼ばれたりしちゃいますよっ!?」

唯「……んじゃ、あくまでも健全なお付き合いってことで?」

梓「はい」

唯「でも、私達がもっとらぶらぶちゅーになったら、バラしちゃってもいいよね?」

梓「は……いぃえ! だからそれは駄目なんですってば!」

唯「えー」

 もお。
 正直なのはいいことなんですけど、少しは考えてくれないと。

唯「じゃあさ、あずにゃん」

梓「はいはい?」

唯「ん」

 唯先輩が目をつむって、ちょっとだけ屈んでる。
 丁度、私とキスをしやすいくらいに。

梓「……はう」

 慌てて周りを見回すけども、都合がいいのか悪いのか、誰もいない。
 ……ここでキスしなかったら、どんな気分で今日を過ごすのか。
 私だったら、ずうっと落ち込んだままでいるんだろうな……って思っちゃったから。

梓「ん……んっ……ちゅぅ」

唯「ちゅっ♪」

梓「あっ、あんまり外でこういうことはどうかと思いますよっ」

唯「うん♪ 今度からは気を付けるねっ」

 ああ、つい数秒前までよりすっごく嬉しそう。
 この表情を見られただけでも……ううん、私も顔が緩んでる自覚あるけど、キスしてよかった。

唯「手を繋ぐのは別にいいよね、あずにゃん! 学校までお手々繋いでいこー!」

梓「はいはい……もー、手だなんて子供っぽいんですから……」

 とか文句を言いつつも、ぎゅっとしっかり唯先輩の手を握る。

唯「だったら私、ずっと子供でいたいなあ」

梓「子供なのと、子供っぽいのは違いますから」

唯「そっかー」

 唯先輩は少しだけ恥ずかしそうに、ぽっと頬をそめつつ指を絡めるように握り返してきてくれた。

梓「あ……」

唯「……えへへ。こおすると、恋人になったっていう実感がわくね」

梓「そっ、そおですねっ」

 ……どきどきする。
 こんなに無邪気な笑顔を向けられると、余計に。
 昨夜のえっちの時もすっごくどきどきしたけど、今はまた別のどきどき感が、素敵な心地。

唯「んじゃあ、いこっか? あずにゃん」

梓「は……い……」

 あー、もう。
 私、真っ赤な顔してるんだろうな。
 唯先輩が言いふらさなくたって、すぐバレちゃうよ、きっと。


~おしまい!~