ガチャ

紬「…こんにちわ~」

紬「あら…梓ちゃんもまだ来てないみたい」

紬「…」

紬「…」

紬 ハッ!

紬「って事は一番乗り!」

紬「うふふ~♪」 ポワポワ

スタスタ

ポスン

紬「今日は戴き物のゼリーだけど…皆喜んでくれるかしら」

紬「…」

ガサゴソ

パカッ

紬「! 美味しそう…!」

紬「うん!これならきっと喜んでくれるはず!」 フンスッ

パタン

紬「…」

紬「唯ちゃん達まだ時間かかるのかな…」

紬「お茶の用意はまだ早いかも」

紬「…うーん」

紬「…」

ぐ~…

紬「…あ」

紬「お腹が鳴っちゃった…」 テレテレ

紬「…」

紬「ゼリー…」

ガサゴソ

パカッ

紬「たくさんある…」

紬「一つくらい、先に食べちゃっても…」

パクッ

紬「!」

紬「美味しい…」

パクパク

紬「こんなに美味しいゼリー、食べた事ない!」

紬「…」

ジ-ッ

紬「も、もう一個だけ…」

パクパク

モグモグ

紬「♪」

ゴックン

紬「ふう、美味しかった」

紬「…」

紬 ハッ!

紬「どうしよう、みんなの分まで全部食べちゃった…」

紬「…うーん」

紬「昨日のクッキーの残りを出そうかな?」

紬「どうしようどうしよう」

オロオロ

紬「そ、そうだ」

紬「ひとまず冷静にならないと!」

紬「沢庵でも食べて、心を落ち着かせよう…」

ヒョイッ

ポリポリ

紬「あ、ほどよく漬かってて美味しい」

ポリポリ

紬「もう一つ食べちゃおう」

ヒョイッ

ポリポリ

紬「…あれ?」

紬「…なんだか身体が熱い」

紬「まるで溶けてるみたい」

紬 ハッ!

紬「しまった!」

紬「両方の沢庵を取ったら、身体がゲル状になっちゃう!」

紬「ど、どうしよう!」

ドロ-リ

紬「このままじゃ完全に溶けてゼリーになっちゃう」

紬「…ゼリー?」

紬 ハッ!

紬「そうだ!」

紬「私がゼリーになって、みんなに食べてもらえばいいんだ!」

紬「ちょうどいい具合に、ゼリーの空き容器もあるし!」

紬「うまく狙って、私の身体をゼリーの空き容器に入れないと…」

ドロ-リ

紬「よいしょ、よいしょ」

タプタプ

紬「この調子で…」

紬「…」

紬「あ、だんだん意識が遠く…」 クラッ

タプタプ

紬「…」

パチパチパチパチ

紬「!!」

律「おつかれさま」 パチパチパチ

唯「ムギちゃん、凄いね!」 パチパチパチ

澪「それ新しい技か?」 パチパチパチ

梓「とってもいい感じでした!」 パチパチパチ

紬(みんな…!み、見てたんだ…) テレテレ

律「いやあ…盗み見るつもりは無かったんだけどさ」

澪「真剣にゲル状になってたし、声掛けづらくて…」

紬(あ ゼリー、食べちゃってごめんなさい!)

澪「え、いや 気にするなよ… おかげで今日のお茶うけも揃ったしな」

唯「うんうん、ムギちゃんの献身的なゲル化、とってもバッチグーだったよ!」 グッ

梓「何かそれ古い言い方ですね」

紬(そ、そうだったかな…) テレテレ

紬(ふふっ) ニッコリ

律「じゃあ今日のティータイムを始めるか」

梓「その後は練習ですからね、まったくもう…」 カチャカチャ

澪「そう言いながら紅茶の準備はするんだな、梓」

梓「だって、ムギ先輩がゲル状になっちゃったから、準備する人がいないんですよ」

唯「あずにゃん、さすがだね~」

澪「梓の言う通りだな。ゲル化してしまったムギの分まで、私たちが頑張らないと」

律「そのために、まずムギをみんなで食べてあげようぜ」

澪「あぁ、せっかくムギがゼリーカップに入ってくれたんだ」

梓「じっくり味わって、食べてあげましょう」

唯「いただきます!」

パクパク

澪「これがムギの味か」

モグモグ

律「まったく、ドロドロになってるぞ」

チュルチュル

梓「美味しいですよ、ムギ先輩」

ペロペロ


~~

紬「…」

紬 ハッ!

紬「ゆ、夢か…」

紬「私ったら、みんなに食べられたい願望でもあるのかな?」

紬「…」

キョロキョロ

紬「まだ誰も部室に来てない…」

紬「…」 オソルオソル

クチュ

紬「…私のここが、ゲル状になっちゃった」

おわり




 わいわい がやがや

律「んー、聞こえませんなー?」ニヤニヤ

澪「ない! 絶対にありえない!」

律「ひひっ、本当はもっとあたしに構ってほしいんだろー?」

澪「ば、バカッ! そんなわけ――」

 がばっ

律「素直になーれよっ」ぎゅう

澪「ひぃぃ、やめろよ律、皆見てるから!」

紬(律澪SS、――今日も素晴らしいわ!)小ガッツポーズ

紬「さるよけ支援、と…」カタカタ

 『ふーん、はたしてそうかしらぁ?』

紬「…………?」


紬(?)

紬(――私に呼びかけてる?)

レズムギ『まったくノロマなんだから、嫌になっちゃうわぁ』

紬「――え?」

レズムギ『私よ、わーたーし! あなたのもう一人の人格よぅ!』

紬(もう一人の私?)

レズムギ『ったくトロいのよ、何度も言わせないでちょうだいっ!』

レズムギ『そぉんなSSよりー、もっといいお話を読みましょうよぉ?』

紬「――状況が理解できないわ?」あせあせ

レズムギ『あなたは私なの、だからあなたのことは何でもわかっちゃう♪』るんっ


 澪「こーら! 律、いい加減にしろっ、――あっっ」へなへな

 律「ん、ん? 言葉に説得力がありませんなぁ澪ちゅわーん♪」さわさわ


レズムギ『本当は、もっと濃厚なエロ展開を見たいのよねぇ?』

紬「!」

レズムギ『――だーかーら、あなたのことは全てお見通しだってぇ♪』ふふっ

レズムギ『たまには、欲望に素直になってもいいんじゃないかしらぁ?』

紬(わ、わたし――)

 『――そうはさせないわ!』

レズムギ『チッ――』

百合ムギ『そのどうしようもない性格は直らないようね、ホント呆れるわ』

紬「あ、――あの?」

百合ムギ『あら、申し送れたわね、私はあなたもう一人の人格よ』

百合ムギ『ざっと説明するなら、
    私はあなたの母性愛を司る“天使”ってところね、左側の眉毛の精』

紬「――はぁ、」ポカーン

百合ムギ『そしてあっちのエロい方が、
    右側の眉毛の精、肉欲を司るしょうもないバカの“悪魔”――』

レズムギ『う、うるさい、――この子は私が面倒見るんだからほっといてちょうだいっ』

百合ムギ『そうはいかないわ! 一昨日の朝だってあなたのせいで、ほのぼの良作が一転エロ展開になってgdgdに』

レズムギ『し、し、知らないわよっ! この子だってそれ読んで興奮してオナったんだからっ!』


 かずにゃん「唯梓は最高だにゃん! あずにゃんにゃん! あずにゃんにゃん!」

 マジレス「お前らなんで俺のTwitter監視してるの?」


百合ムギ『――エロが読みたいなら同人誌でいくらでもあるじゃない! けいおんSSでやる意味が無いわ』ああでもない

レズムギ『何よ、あなたこそほのぼの、ほのぼの、ほのぼの…。軽音部の日常風景は原作とアニメで十分でしょ!』こうでもない


紬「――もう、二人ともいい加減にしてっ!」

かずにゃん・マジレス「!!」ビクッ


紬「あ、――あら?」

かずにゃん「う、う゛ぅ゛~」じわっ

マジレス「――すみません」しゅん

紬「あのね? 違うの、かずにゃんとマジレスのことじゃ――」

.>>1(スレが荒れてきたし、もうやめよう…)


 レズムギ『あ~あ、あぁ~あ、あなたが作者に余計なプレッシャーをかけるからぁー?』やーいやーい

 百合ムギ『なんですって!
     あなたがスレにちょっかいだしてこなければ荒れなかったでしょ?』ガミガミ


紬「…………」ガシッ


百合・レズ『――うぐッ』


紬「…………」すたすたすた――

 ガチャ バタン

紬「百合さん、レズさん、お二人に大事なお話があります」にこっ

百合ムギ『きいて、紬! 全てはこのエロ悪魔が――』

レズムギ『なぁによっ! あなただって――』

紬「うふふ♪」ぎゅううううう

百合・レズ『ぎゃぁぁぁぁぁ、イタいぃっ!』

紬「あなた達のせいで、スレは荒れまくって書き手も逃亡しました」ニコニコ

紬「これ以上私の邪魔をしたいのなら
  二人そろってトンちゃんの水槽に沈めますからね?」ニコニコ

紬「――わかっていただけたかしら?」ギロリ

百合・レズ『…………!!』コクコクコクコク


紬「……さて、>>1は戻ってこないわね」

紬「他の人が乗っ取りで続きを書く気配も無いし」

紬「仕方ないわね、前半だけでもまとめて更新しよう」

カタカタ

紬「タグは律澪、っと…」
紬「今日の更新終了!」むぎゅ!

紬「皆さん、これからも百合ノートをよろしくお願いします」ニコニコ

おわり



6