唯「…」 グデー

律「…」 ダラー


梓「死んでますね…」

澪「だな…」


唯「…」 グデー

律「…」 ダラー


澪「まさかお茶が無いだけでここまでとは…」

梓「ムギ先輩、今日はお休みだったんですね」

澪「ああ、風邪だってさ」


澪「ほら、律 しっかりしろ」

律「お茶が無いと力が出ない…

  梓…お茶入れてくれ」

梓「自分で入れてください」

律「自分で入れる力がありまっせ~んっ!」 バッ

梓「めちゃくちゃ元気じゃないですかっ!」

澪「唯も…」

唯「澪ちゃん…私もうダメだよ…

  私…お菓子が無いと何もできないよ…」 ポロ ポロ

澪「泣くなよ」

唯「ああ、ムギちゃん…どうしてあなたはここにいないの?」

澪「風邪だからだろ」

唯「いなくなって初めて気付く大切さ…」

唯「キミがいないと何もできないよ…

  キミの持ってくるお菓子が食べたいよ」 ぐすん

澪「なぜだろう、憂ちゃんだといい話だったのに

  ムギだと即物的に聞こえてしまうのは…」


梓「馬鹿な事言ってないで、練習しますよ」 グイッ

唯「あ~ん…」 ズルズル

唯「…ぁぅぅ」

ギー太 …♪

梓「はぁ…」

唯「もうダメ…」 ガクリッ

梓「本当に不調ですね…」


律「…あぁ…疲れた」

澪「こっちも力抜けていい感じになるかと思ったけど…

  これは抜けすぎだな…」


唯「…やっぱり軽音部はお茶が無いとダメだよ!!」 バッ

律「そうだそうだ!!」


澪「仕方ない、お茶にするか…」

唯律「!!澪しゃん!!!」

梓「調子いいですね」

梓「でもお菓子は無いですよ?」

律「あ…」

唯「そんな…」


澪「ファンクラブの子が持ってきてくれたお菓子が幾つか置いてあったと思う」

唯律「!! さすが澪しゃんっ!!!!」

梓「ファンクラブってそんな事までしてるんですね」

澪「恥かしいし…できるだけ断ってはいるんだけど… 貰わないのも悪いしな」

唯「そうだよ!せっかくのお菓子なんだよ!? 貰わないのは悪いよ!!」

澪「お前は即物的すぎるっ!」


梓「じゃあ私、お茶入れます」

唯「はいはい! 私入れたいっ!」

梓「えっ… 唯先輩がですか…?」

律「よし じゃあこうしよう」

澪唯梓「?」

………

律「みんな、一杯ずつ入れたな?」

唯「入れたよー」

梓「入れました」

澪「入れたけど…」

律「よし、ここにはお茶の入ったカップが4つある状態だ」

梓「自分で自分の分を飲むんですか?」

律「そんな訳無いだろー、交換するんだよ

  他の人のを飲んで、感想を言い合うのさ!」

唯「なるほど」


律「と言うわけで 澪! はい!私のお茶だ!」 スッ

澪「えっ、私が律のを飲むのか? じゃあ…梓」 スッ

梓「私が澪先輩のお茶ですね、 唯先輩!」 スッ

唯「あずにゃんのお茶~♪ あ、りっちゃん ほい」

律「どうも~」

律「よし、順番に1人ずつ飲んで感想を言いあうぞ!」


唯「じゃあ私から!」

唯「あずにゃんの入れてくれたお茶、味わって飲むからね!」

梓「は、はい…自信ないですけど… ど、どうぞ」

唯 ゴクゴク

律「おぉ、一気飲みだな…」


唯「…ぷはっ」

梓「…ど、どうでしたか?」

唯「あずにゃん…」

梓「…」 ゴクリ…

唯「おいしかったよー!!」

梓「本当ですか!!」


律「おいしかったのか… 意外だな」

梓「! どういう意味ですか!」

唯「うん、ムギちゃんのお茶にも近かったと思う」

梓「はい!実はムギ先輩にお茶の入れ方教えてもらってたので…」

澪「それでか…」


梓「次は私が飲ませてもらいますね、澪先輩!」

澪「ああ、上手く入れられたかはわからないけど…上がってくれ」

梓「はい!」

ゴクッ

梓「あづいっ!」

澪「あ、ごめん! 大丈夫か?」

唯「もしかしてあずにゃん 猫舌なの?」 ニヤニヤ

梓「いえ、そう言うわけでは… て言うかなんで嬉しそうなんですか」

律「澪の入れ方が悪かったんだな」

澪「うっ…」

澪「梓、ごめんな」

梓「いえ、大丈夫です」

律「全くちゃんと飲む人の事考えて入れろよな~」

澪「むっ そ、そういう律はどうなんだよ!」

律「ふっふ まぁ、飲んでみんしゃい」

澪「自信あるのか…?」

澪「…」 ゴク


澪 ブゥウウウウウウウッ!!!!!!!!!!

唯「み、澪ちゃん!?」

律「わっ、きたねっ」


澪「おい律」

律「何?」

澪「これ何だ?」

律「めんつゆ」

澪「…え、何だって?」

律「めんつゆ」

澪「…」

澪「…」 プルプルプルプルプルプル

澪「なんでそんな物持ってるんだよっ!!!!!!」

律「きゃはっ☆」

澪「り~つぅううう!!!」


ガツンッ

律「いちゃい…」

澪「急にお茶を交換して感想言い合うなんて言い出すからおかしいと思ったよ」

梓「はじめからこれがしたかっただけですね…」

律「いや悪い悪い」

澪「悪いで済むかっ!」


唯「りっちゃん、私のは?」

律「あっと、忘れるところだった 今から飲むよ」

律「…」 ゴクゴク

唯「どうどう?」

律「…ん?なんだこれ…」


唯「なんか変だった…?」

律「美味しいけど…」

梓「あ、美味しいんですね」

律「でも、なんか温くないか…」

唯「ふっふっふ 美味しいのには訳があります」

律「?」

唯「実はそれムギちゃんが入れたお茶なんだ~」

律「え、ムギが?」

梓「ムギ先輩今日休みじゃないですか」

唯「うん、でもポットに残ってたの」


唯「昨日のお茶」

律 ブゥウウウウウウウウウウウウウウウッ!!!!!!!!!!!


律「お、お前は…この夏場に何てもん飲ませるんじゃああっ!!」

梓「律先輩も人の事言えませんよね」

唯「え、なんかまずかった???」

律「二重の意味でまずいわっ!」

梓「自業自得ですね」

梓「澪先輩もそう思いま

澪「…」

梓「先輩?」

律「どうした?」

澪「おかしい…」

唯「え、何が?」

澪「唯はポットにお茶が残ってたって言ってたよな」

唯「うん」

澪「でも、ムギがポットにお茶残したままにすると思うか?」

梓「! 確かに言われてみれば…」

律「いつもなら余ったら中身は捨てて、洗って置いておくよな…」

梓「そもそもムギ先輩はいつも余らないように

  皆が飲む分を考えて入れてるって言ってましたよ」

澪「ああ、だからそれだけ余ってるって状態もおかしいんだ」

唯「もしかしてムギちゃん…」

唯「昨日から調子悪かったんじゃあ…」

律「!」

梓「そんな…」

澪「無理してたんだな…」

梓「思えばムギ先輩… いつも私達のために…」

唯「毎日お菓子を持ってきてくれて お茶入れてくれて…」

澪「無理してるなら…気付いてやりたかったな…」


律「…」

律「今からさ…行くか?」

澪「? …行くって?」

律「ムギのお見舞い」

唯梓澪「!」


唯「それだよ、りっちゃん!」

梓「はい! お見舞い行きましょう!」

澪「でも場所知ってるのか?」

律「さわ子先生に聞けばわかるだろ」

澪「教えてくれるかな」

律「ちゃんと事情を言えば、教えてくれるだろ
  『友達のお見舞いに行きます』ってさ」

澪「そうか…そうだよな!」


律「よーし!それじゃあ今からムギのお見舞いに行っくぜー!」

唯澪梓「おーっ!」


4