律「あ、斉藤さん!」

純「鈴木です」

律「梓知らない?」

純「梓なら軽音部に行きましたけど……」

律「その梓じゃなくて……その……」

純「?」

律「まぁいいや!ごめんな!伊藤さん!」


純「鈴木なのに……」

憂(……いた!)

憂「梓ちゃん?ちょっと用があるんだけど……」

梓?「!」

憂「いいかな?」

梓?「……な、なんでもないです」

憂(この先は階段一つしかないし、走れば捕まえられる!)

律「見つけたぁ!」

梓?「!」

憂「律さんナイスタイミングです!はさみ撃ちにします!」

律「おう!憂ちゃん手伝ってくれるのか!」

梓?「……」オロオロ

律「確保ー!」

梓?「……」

律「あれ?」

憂「観念したんじゃないですか?」

律「ようし、そのまま連行だ!」



律「捕まえてきたぞー!」

憂「来ましたー」

梓?「……」

唯「ふごい、もうつかまえへきはんあー」モグモグ

律「超くつろいでる……!」

澪「御苦労さま」

紬「じゃあ早速偽物さんの意見を聞きましょうか」

梓「……」

梓?「……あずにゃん2号……部員」

律「?」

梓?「……私は日本人形じゃないです」

梓「……昨日の……会話?」

紬「も、もしかして……」

澪「」キュー

律「ああ!澪が気絶した!」


唯「もしかして、あずにゃん2号?」

梓?「……」コクッ

律「そ、そんな……」

梓「ドッペルゲンガーじゃなくて良かった……」ホッ

憂「良かったね、梓ちゃん」

紬「でもにわかには信じられないわ、動いて回る機能があるなんて聞いてないし、言葉も覚えないはず……」

梓2「……ぴしゃーん!」

梓「!」ビクゥ

律「……雷?まさかそれで?」

梓2「!」コクコク

紬「雷でロボットが意思を持つとか、おとぎ話みたいねー♪」

律「どっちかってとSFだろ」

唯「でも制服は?昨日はメイド服だったよね」

梓2「……」 rァ

律「あ、あそこに制服とかあったのか」

憂「よく見てみると二―ソックスだけで靴も履いてない……」

唯「でもこれで正式な部員としてあずにゃん2号を入れられるね!」

律「でもロボットだろー……」

唯「あずにゃん2号も音楽やりたいよねー」

梓2「……うん」コクコク

唯「言葉も覚えさせなきゃ!」

憂「お姉ちゃん、新しい妹ができたみたいにはしゃいでるねー」

梓「……憂は悔しくない?」

憂「なんで?お姉ちゃん面白そうだし、私は嬉しいよ?」

梓「そっか……」

律「みーお、起きろ!」

澪「う、うーん……」

唯「あずにゃん2号は見事に人間になりました!」ジャーン

澪「……はい?」

律「雷で意思を持ったんだとさ」

澪「」ブクブク

紬「ああ!澪ちゃんがまた!」


唯「ほら覚えて、ひ・ら・さ・わ・ゆ・い!」

梓2「ひ・ら・さ・わ・ゆ・い……」

唯「すごーい!もう覚えた!」

律「私は田井中律!美人の超人気者ドラマーだぜ!」

梓2「……」

律「うおーーーー!なんで私のは覚えないんだ!」

澪「ムギの予言通り今日は人形遊びで終わりそうだな」

紬「そうね」

憂「じゃあ私はこれで」

梓「またね、憂」

唯「じゃあ約束通り今日はあずにゃん2号はウチに来てもらいます!」

律「あ、ずりーぞ!私んちで私を称賛する言葉を教え続けるんだ!」

唯「私は昨日から予約してたもん!」

律「昨日とは事情が変わったからなしだ!」

紬「まぁまぁ、明日はりっちゃんの家に連れていけばいいじゃない」

唯「だってさー」

律「ちぇー」

梓「……」



唯先輩は嬉しそうに、私に似た人形と帰宅した

私は心の中には何故だかもやもやした感覚が残った

……まさか人形に嫉妬?

いやいや、ないない、だいたい唯先輩にベタベタされるのが別に嬉しいわけでもないし……

それに……そんなレベルの感覚じゃない気がする

もっと、危険な何か……



唯「おはよーみんなー!」

律「おう、唯……と梓2号?」

梓2「……」フルフル

梓2「私の名前は……あずにゃん2号です」

唯「ふんす!」

澪「覚えさせたのか……」

紬「すごいわ!他に何を教えたの?」

唯「例えばねー、私の好きな食べ物は?」

梓2「アイス」

律「……なんかショボくね?」

唯「そ、そんなことないよー!」

律「じゃあ唯、責任もってあずにゃん2号部室に連れてけよー」

唯「わかったー」

唯「ほらあずにゃん2号、私達は部室に行くよ」

梓2「……」コクッ

律「いいなー、唯の奴」

澪「律が興味持つとは思わなかったな」

律「私もあんな従順で可愛い妹が欲しい……」

澪「……」


唯「私達はこれから授業だから昨日みたいに勝手に歩き回っちゃダメだよー」

梓2「……」

唯「寂しかったらトンちゃんもいるよ」

梓2「……」

トンちゃん「……」プクプク

唯「じゃあまたねー」

梓2「さようなら」

唯「もー、すぐ戻ってくるから―」

梓2「……」


放課後

唯「じゃあ私が教えた言葉を発表します!」

律「どうせ大したもんじゃないんだろ」

唯「あずにゃん2号!私は?」

梓2「好き」

律「なんだと!私は私は?」

梓2「……ニガテ」

律「唯いいいいいい!」グググ

唯「わ、私じゃない……よ」ギブギブ


唯「はぁ~……きっと昨日の料理だよ」

澪「料理?」

唯「昨日私の嫌いなものとか多かったから」

梓「あの憂が……珍しいですね」

唯「ちょうどニガテ克服メニューだったんだよ」

律「でもニガテって言われた……」

澪「なんか、自分のを聞きにくくなっちゃったな……」

紬「わ、私のことは好き!?」

梓「勇者だ……!」

梓2「好き」

紬「わー!ありがとー!」

唯「じゃあ澪ちゃんとあずにゃんは?」

澪「ちょ!唯!」

梓2「……」

梓「……」

梓2「きらい」

澪「がーん!」

律「ぶはははは、きらいだってさ!」

澪「律だってニガテって言われたじゃないか!」

梓「わ、私だってきらいだもん!」

唯律澪紬「……え?」

梓「人形のくせに動きまわって、私に罪を着せて……気持ち悪い!」

梓2「……気持ち悪い……不気味」

唯「ほ、ほら、あずにゃんはツンデレだから……」

梓「私は本気ですよ!」

澪「別にそこまで怒らなくても……」

梓「私、帰ります!」

ばたーん!

紬「……帰っちゃった」

律「……唯のせいだぞー」ポンポン

唯「ご、ごめんなさい……」

梓2「ごめんなさい」

紬「あ、あらー、ちゃんと謝れるのねー!」

律「……おばちゃんかよ」

澪「……」



私はそのまま家に帰った

暫くは携帯が鳴っていたが、無視していたら鳴らなくなった

何があずにゃん2号だ!あいつは私じゃない!

私の声までマネして……気持ち悪い!

その上私が嫌いだって?

……頭の中ではそんな思考が永遠にループしていた


お風呂に入ってしばらくすると、少し落ち着いてきた

携帯を見てみる

梓「うわぁ、着信30件……あとメール1件」

梓「メールだけでも見てみよう」

唯『今日はごめんね、あとあずにゃん2号は今日はりっちゃんの家に行ってるよ』

梓「なんでその名前を出すかなぁ……」

私は携帯を机に投げ出し、ベッドに横になった


……

律「昨日の唯のような間違いは起こさないように、性格も直しておいたぞ!」

澪「あんまりひどいことしてないよな?」

律「信用ないなー」

唯「あずにゃん2号、寂しくなかった?」

梓2「はい!」

紬「元気になってるわ!」

律「しかも敬語だぞ!なんたって後輩だからな」

澪「妹じゃなかったのか?」

律「ほ、ほら、一応みんなの共有財産だし?」

梓2「律先輩はお姉ちゃんじゃありませんから!」

律「ちくしょおおおおお!」

梓「……」

梓2「なんですか?」

梓「なんであんたが人間みたいに喋ってるのよ」

梓2「え?」

梓「あんた人形なんでしょ!人形だったらカタコトの日本語でコンニチハって言ってればいいのに!」

梓2「ご、ごめんなさい……」ペコリ

澪「あ、梓……抑えて!」

梓「……っ!」

梓2「昨日はごめんなさい、私言葉の意味も分からないで失礼なことを言ってしまって……」

梓「……」

澪「ホラ、謝ってるしさ、仲直りしよう」

梓「……今回は特別よ?」

梓2「ありがとうございます!」

律「一晩かけて教え込んだからなー」ヒソヒソ

唯「りっちゃんすごいね」ヒソヒソ

紬「さすが部長ね、その手のゲームでひたすら言葉を教えてそう!」ヒソヒソ

律「褒めるな褒めるなー」ヒソヒソ

唯「あとあずにゃん2号、ギター覚えたんだよ」

梓「!」

唯「はい、ギー太貸してあげる」

梓2「ありがとうございます」

ギュイィィィィィン♪
ジャカジャカジャーン♪

唯「どう?」

梓「癖が唯先輩と同じ……あとで再教育ですね」

唯「がーん……」

梓「でもなんで楽器を?」

澪「どうしてもやってみたいって言うから」

梓2「あの……私が入部した初日に聞かせて頂いた演奏が素敵で……私も混ざりたいなって……」

梓「どんな教育したらこんな喋れるんですか?」

律「まぁ、いろいろDVDとか見せてな、もう覚えた言葉の意味を解釈して話せるようになったみたいだぞ」

梓「……」


3