唯「あずにゃーん!」ダキッ

梓「プップー!」

どーん!ぐしゃあ!


律「おい!唯、大丈夫か!?」

唯「う、うん……腕一本ぐらいなら……」

梓「……」

澪「梓も気を付けろよ、トラックになって唯より力つよいんだから」

梓「チッカチッカ……」

紬「そんなことよりお茶淹れたわよ~♪」

唯「わーい!」


唯「おいひー!」

梓「……」

紬「梓ちゃんには軽油があるわよ♪」

梓「!」

律「良かったな梓」

梓「プップー♪」

澪「あんなにはしゃいで、相当うれしかったんだな」

律「でも梓がトラックだったら演奏どころが部室にも入れないよな」

澪「しばらくは梓なしで部活するしか……」

唯「ダメだよ!あずにゃんがいなきゃ放課後ティータイムじゃないもん!」

紬「そうよ!誰ひとり欠けちゃいけないわ!」

梓「……」

律「じゃあ梓は何の楽器ができるって言うんだよ!」バンッ

唯「そ、それは……」

律「……すまん、つい熱くなっちゃった」

澪「私だって、梓が嫌いで言ってるわけじゃないよ、一番つらいのは突然トラックになった梓だしさ」

唯「私だって分かってはいるんだけど……気持ち的に……」

梓「プー……」

紬「……そうだわ!いいこと思いついた!」

唯律澪梓「!?」

紬「梓ちゃんにはクラクションがあるじゃない!」

律「クラクションでバンド演奏しようってのか!?」

梓「プー」

唯「あずにゃん、担当Kl.」

澪「……ああ、クラクションか」

律「よっし、じゃあやってみるか」

澪「機材を外に出さないとな」

梓「プー……」

紬「いいのよ梓ちゃん、私達がしたくてやってるんだから」

唯「そうだよ、私達はあずにゃんが大好きだからね!」

梓「……」


律「1、2、3、4!」

ジャカジャカ♪

ベベンベン♪

ポロリラー♪

ドコドコドン♪

プップップー♪

唯「うん、いい演奏だったね」

律「さすがにクラクションはうるさいけどな、ははは」

梓「プー!」ブロロロロ

律「うわぁ!梓てめぇ轢く気か!?」

紬「まぁまぁ、後で梓ちゃんのパートの使い方は考えましょう」

澪「クラクションのあるバンドなんて珍しいし、そういう曲を作ってもいいかもな」

……

唯「学園祭が近づいてきたね」

澪「今まで練習してきたから大丈夫だよ」

梓「プップー」

紬「梓ちゃんもやる気満々ね♪」

律「おーい、グラウンドの使用許可取ってきたぞー」

澪「律にしてはしっかりしてるな」

和「これでも大分せかしたのよ」

唯「あ、和ちゃん!」

和「グラウンドの使用許可は他のイベントとの兼ね合いとかも考えて簡単には取れないのよ」

律「だから先に和に相談してて、さっき言われて書いたのさ!」

澪「じゃあ律は何も偉くないんだな」

律「和に相談したじゃないかー!」

唯「でもこれであずにゃんと一緒に演奏できるね!」

梓「プー♪」

さわ子「話は聞かせてもらったわ!」

唯「さわちゃん!」

さわ子「梓ちゃんが参加するんなら衣装は私に任せて!」

律「衣装って……梓をデコトラにするのか!?」

澪「律が言うとデコってオデコかと思ったじゃないか」

律「関係ねーし!」

紬「でも素敵ね!」

梓「プップー♪」


学園祭当日

「軽音部のライブ、今年はグラウンド?」

「何あのトラック」

「何でもうちの生徒がトラックになっちゃったらしいよー」

「えーウソー、きもちわるーい」

憂「梓ちゃん……」

純「気にしない気にしない、演奏聴いたらそんなこと言えなくなるさ」

マイクこんこん、きーん

唯「えー、それでは軽音部のライブを始めたいと思います!」

唯「まずはメンバー紹介です!」

唯「ボーカルとベースの澪ちゃん!」

「わー!」

澪「は、恥ずかしい……」

唯「キーボードのムギちゃん!」

「わー!」

紬「よろしくね~」ヒラヒラ

唯「ドラムで部長のりっちゃん!」

「わー!」

律「ん」フリフリ

唯「そして、クラクションのあずにゃんです!」

「……」

梓「プップー!」

唯「あずにゃんはある日突然トラックになってしまいました」

唯「でも一緒に練習して、この舞台に一緒に立つことができました」

唯「だって、外見はトラックだとしてもあずにゃんはあずにゃんだもん!」

「わー!」

唯「それでは聞いてください!クラクション・ラブ!」

律「お前の紹介まだしてないだろ」

唯「あー、忘れてたー」

唯「私は唯って言います、ギターとボーカルです!」

「わー!」

憂「おねえちゃーん!」

唯「じゃあ改めて、聞いてください、クラクション・ラブ!」


律の軽快なドラムから演奏は始まった

唯のギターと澪のベースが混ざり合い、まるで音の螺旋を描くように絡まっていく

今までのライブとは違い、グラウンドという開けた場所での演奏にも関わらず、その音は確かに皆の心に響いた

そして紬のキーボードから奏でられるメロディが空に溶けていく

まるで学校がロックフェスティバルのように音に包まれたその瞬間

けたたましいクラクションがリズミカルに響く

そこにいた全ての人は、放課後ティータイムに魅了されてしまった

唯「最高のライブだったね」

律「ああ」

唯「また……ライブしようね」

澪「うん」

唯「今度はあずにゃんももっとクラクション上手くなってさ」

梓「プー……」

唯「いろんな曲を弾こう……ね」

紬「うん」

梓「がちゃ」

唯「……あずにゃん?」

律「乗れ……ってのか?」

梓「チッカチッカ」

唯「わかったよあずにゃん」

澪「でもこの場合免許とか大丈夫なのかな?」

紬「いいんじゃない?トラックのほうが勝手に動いてるわけだし」

唯「じゃあ私運転席!」

律「あっ、ずるいぞー!私が運転席だ!」

唯「早い者勝ちだよー!」

澪「おい、梓の上で喧嘩するな!可哀想だろ!」

紬「ここは公平にくじで決めましょう」

唯律「はーい」

梓「……」

唯「あずにゃーん、どこ行くのー?」

律「梓に乗ってるんだから聞こえないだろ」

唯「あ、そっかー」

律「でもこっちは確か海だったような」

唯「海かー、今の季節海なんて行かないよねー」

律「ああ、そろそろ寒くなるしな」

唯「今も寒いよねー」

律「ああ、荷台は寒いよな」


梓「キキー」

澪「着いたみたいだな」

紬「私運転席に座るの夢だったのー♪」

澪「ムギは普段運転される側だからな」

唯「ここは……」

律「見ろよ、夕日……」

澪「綺麗……」

紬「そうね……」

唯「もしかして、この夕日が見せたくて?」

梓「……」

律「梓の奴バックしやがった、素直じゃないなー」

澪「きっと梓は私達が最後のライブが終わってしんみりしちゃったから気を利かせてくれたんだな」

紬「梓ちゃんは良い子ねー」

唯「あずにゃん、ありがとう!」

梓「……!」


それから、梓はひたすら人気のない、この海岸でクラクションの練習をしていた

雨の日も、雪の日も

先輩たちと一緒にいては、勉強の邪魔になってしまうからだ

梓にとって寒さを感じないこの体は、少し便利に思えた

無人トラックが近所の心霊話になっていようが構いはしなかった

梓はただ、クラクションをもっと上手く鳴らせるようになって、先輩たちと演奏がしたかったのだ

憂「梓ちゃん」

梓「プップー!?」

純「やーっぱりここにいたか」

憂「お姉ちゃん達に聞いて、きっとここにいるだろうって!」

梓「……」

純「先輩がた気にしてたよ、梓のこと」

梓「……」

憂「でね、梓ちゃん、一緒に演奏しない?」

梓「!?」

純「3人で演奏して先輩がたびっくりさせようよ!」

梓「チッカチッカ」

憂「じゃあ早速練習しよ!」

純「おー!」

梓「プー!」



卒業式

唯「これ面白ーい」スッポン

律「絶対やっちゃうよなー」スッポン

澪「お前ら……」

紬「あれ?校門のところ、見て!」

律「あの猫のデコレーションは……」

唯「あずにゃん!」ダダッ

澪「おい、唯!」

律「私も行くっきゃねー!」ダダッ

澪「律まで!」

紬「面白そう!」ダダッ

澪「おいてかないで―!」ダダッ

唯「あずにゃーん!」ダキッ

梓「プップー!」

律「梓ぁ、心配したんだぞー」

澪「気を使ってくれてたんだろうな、ごめんな」

紬「卒業だから迎えに来てくれたのね」

憂「実は私達でバンドの練習してたんです」

純「梓は特に頑張ってたんで、聞いてください!」

梓「……」


まだ泣き崩れ、友人との思い出を写真に収める人のいる中
女子高生二人とトラック、音楽機材が校門に並ぶのは異常な風景だった

自然と梓たちは注目を集め、人だかりができていた

しかし彼女らはそれを臆する事もなく、先輩達に伝えたい気持ちを曲に乗せた
ある者は愛を、ある者は自分を期待してほしいという気持ちを、ある者は別れの辛さを

音符の羽は校舎内に広がって、いつしか全ての生徒はその音に耳を傾けていた

憂のギターは綺麗に鳴いて、唯との決別を感じさせた

梓のクラクションはより一層力強くなっていて、成長を感じさせた

純のベースは今まで聞いたことのない音で、新しい風を感じさせた

憂「どうでしたか?」

唯「なんていうかすごく言葉にしにくいんだけど……」

律「あんまりうまくないな!」

純「ええ!?」

澪「でも、楽しそうな、いい演奏だったよ」

紬「これで来年も安泰ね♪」

憂「ありがとうございます!」

梓「……」

唯「あずにゃん、カッコよかったよ!」

梓(唯先輩はだらしなくて、楽譜読めなくて、すぐ抱きついてきて……)

梓(でも一緒にバンド組んでたら楽しくて、唯先輩の明るさに何度も助けられて……)

梓「もう抱きついてきても間違って轢いたりしないから……卒業しないでよぅ……」

唯「!?」

律「梓……戻ったのか!?」

澪「奇跡が起きたのか……!?」

梓「え……私……」

唯「あずにゃーん!」ダキッ

梓「ゆ、唯先輩……苦しいです……」

唯「だって久々のトラックじゃないあずにゃんなんだもん!」

梓「トラックでもあずにゃんはあずにゃんとか言ってたのは誰ですか……」

唯「えへへ、そうだったね!」

紬「折角軽油も用意しておいたのに、無駄になっちゃったわね」

純「はは、大丈夫ですよ、梓がちゃんと処分しますから」

梓「無理だって!……私は久々にムギ先輩のお茶が飲みたいです」

紬「分かったわ、すぐ淹れるから部室に行きましょう♪」

梓「もう、なんだかなぁ……」

憂「良かったね、梓ちゃん!」

梓「う、うん、まぁ」


それから、私はトラックの免許を取りました

でもトラックの運転が本職ではありません、ミュージシャンです!

猫のデコトラをバックに、クラクションとともに演奏される珍しいアーティストとして
放課後ティータイムはデビューしたんです!

人気は……これからにご期待ください……

でも、何より私が幸せを感じられるのは

みんなと……ずっと永遠に一緒に居られることなんです


おわり