律「さてと」

カチッカチッシュボ

律「すうぅ・・・ふぅ」

律「じゃあな、澪。また来るから」

律「会社に行く前に得意先寄っていかないと・・・ん?」

唯「あ!りっちゃん!やっぱり来てたんだー!」

律「おぉ唯!久しぶり!」

唯「何々?りっちゃんタバコなんて吸っちゃって。似合わなーい」

律「うるさーい!専業主婦と違ってこっちは色々ストレスが溜まるんだぞ」


唯「やっぱり違うね~楽器の営業マンは」

律「まぁね。でもまさか唯が主婦なんてなあ。ちゃんと家事とかできてんの?」

唯「もう!いくら私だって高校生のときとは違うんだよ!最近卵焼きを作れるようになったんだからね!」

律「他には?」

唯「へ!?うーんと、目玉焼きとかゆで卵とか・・・」

律「ダメだこりゃ・・・」

唯「ま、まぁまぁそんなことより!ムギちゃんは?」

律「ムギは来れるかわからないって。仕事忙しいみたい」

唯「そっかぁ、せっかくだからみんなで揃いたかったね」

律「うん・・・」

唯「ぁ・・・ほらほら!りっちゃん今から仕事じゃないの?急がないと!」

律「そうだった。じゃあ、また今度な」

唯「うん、またね」

唯「さて、お花の水を替えて・・・っと」

唯(澪ちゃん、私達は相変わらず元気です。これからも見守っててね)

唯「よし!さぁ家に帰って一ヶ月ぶりに掃除するぞ~」





……

会社

律「はい、その件でしたら後日直接伺いたいと思ってまして。ええ、ええ、わかりました。ではそのように調整します」

律「はい、失礼いたします」

律「ふぅ・・・なんでこう次から次へと仕事が」

後輩「先輩・・・」

律「うん?どしたー?」

後輩「すみません・・・これ・・・」

律「あちゃー・・・これはこうしろって言ったじゃん」

後輩「すみません・・・」

律「私に謝っても仕方ないでしょ。先方に直接謝らないと」

後輩「は、はい」

律「・・・」

律「仕方ないか・・・ほら、私も一緒に行ってあげるから。すぐに準備準備!」

後輩「あ、ありがとうございます!」

律「はぁ疲れた・・・うわもう7時!?まだ山ほど仕事が残ってるのに・・・」

律「お?メールが着てる」

紬『りっちゃん、お久しぶりです。お元気ですか?』

律「おおう!ムギか!」

紬『今日は澪ちゃんの命日だから無理言って半休をもらったの。さっきお墓参りに行ってきました』

紬『それで、せっかくだから、今晩唯ちゃんと三人で飲みに行きませんか?返信待ってます』

律「行きたい・・・行きたいけど仕事が・・・!うああああ・・・」

後輩「先輩、どうかしたんですか?」

律「うぅ・・・今昔のバンド仲間から飲みに行こうって誘われたんだけど・・・お断りメールを送ろうと・・・」

後輩「なんでです?せっかくだから行けばいいじゃないですか!昔の仲間に会う機会なんて、そうそうないですよ」

律「そうしたいのは山々だけど仕事がねぇ・・・この通り今日も終電コースですよ・・・」

後輩「・・・」

後輩「先輩、その仕事僕に預けてくれませんか?」

律「へ?」

後輩「その仕事、僕にやらせてください」

律「いやいや、あんたの処理能力だったら終電どころか徹夜コースだよ」

後輩「わかってます」

後輩「先輩にはいつも助けてもらってるから・・・先輩が困ってる時くらい力になりたいんですよ!」

律「うーむ・・・」

律「じゃあお願いしちゃおっかな!」

後輩「任せてください!先輩は大船に乗ったつもりで飲みに行ってくださいよ!」

律「あんたの場合、泥舟になりかねないんだけど」

後輩「そりゃないっすよ先ぱ~い」

律「嘘嘘wじゃあこれとこれ、頼むよ」

後輩「はい!よ~し!やるぞ~!」

律(ありがとね、後輩君)




律「メールメールっと」

律『OKだよ~ん。場所は○○だよね?すぐに行きます!』

律「おっしゃあ!今日は浴びるほど飲むぞ~!」

律「じゃあ後輩君!後はまかせた!」

後輩「どんとこいです!」








……

唯「あ~りっちゃんこっちこっち!」

律「おお!ごっめ~ん!遅れた!」

紬「いいのいいの。私こそ急に誘ってごめんなさい」

律「大丈夫大丈夫。仕事もなんとかなったからさ。それより早く入ろうよ!もうお腹ぺこぺこ」

紬「そうね、行きましょうか」

律「乾杯…って日でもないわな」

唯「ま、まぁまぁ暗くならずに。せっかくだから楽しく飲もうよ!乾ぱ~い」

律「おーい!それは私の役目だろー!」

唯「え~、りっちゃん乾杯って日じゃないって言ってたじゃ~ん」

律「それは言葉のあやだよ!空気よめよな~」

紬「今のは唯ちゃんが悪いわね」

唯「乾杯って言っただけでこの仕打ち…ひどい…」

紬「今日でちょうど10年ね」

律「だな。時がたつのは早いもんだよ」

唯「りっちゃん親父くさ~い」

律「なんだと!いつまでも子供っぽい唯には言われたくねぇ!」

唯「うんうん、その元気があってこそのりっちゃんだね!」

紬「フフ、二人を見てると高校時代を思い出すわ」

紬「澪ちゃんのことも」

紬「澪ちゃん…」

律「忘れられねえよ…」

唯「うん…」

律「うぅ…グス…」

唯「また、すぐ泣くんだから。はい、お鼻」

律「あんがと…」ズビー!

律「特にあの日のことはな…」





……

10年前

律「ここ変えるか?」

澪「うーん、どうだろ」

ジャガジャガ

唯「あいた!」

律「どしたー?」

唯「指の皮剥けちゃった」

律「うわ、痛々しー」

唯「血が~澪ちゃんも見て~」

澪「」フラ


律「おいおい、そこまでかよ。大丈夫か?」

澪「あ、うん…なんか…」フラ

唯「あー!澪ちゃん鼻血鼻血!」

澪「へ?」ポタポタ

澪「」ドサッ


律「え?」

唯「なに?」

澪「」ドクドク

律「澪!」

唯「澪ちゃん!」

律「せ、先生呼んでくる!唯はなんとかしてて!」

唯「ええええ…な、なんとかって言われても…」


唯「澪ちゃん、大丈夫かな?」

律「救急車まで呼んで…えらい騒ぎになったな」

紬「ちょっと心配ですね…鼻血を出して倒れるって…」

唯「鼻血を出して倒れると何かあるの?」

紬「いえ…きっと杞憂です。後でみんなでお見舞いに行こう」

唯「そだね~。あ!」

律「どうした!?」

唯「指の皮剥けてたの忘れてた…」

律「お前ってやつは…」


澪「う…ぅん…」

澪母「澪!目が覚めた?あんた大丈夫なの?」

澪「お母さん?大丈夫って何が?」

澪母「あんた学校で鼻血出して倒れたのよ!」

澪「あ、あぁ。そうだったんだ…」

母「目が覚めたら精密検査をするって。看護師さん呼んでくるわね」

澪「精密…検査…」


医師「率直に申しますと…白血病です」

澪、母「え…?」

医師「心配になるのも無理はありません。ですが白血病は不治の病というわけではない。ただ闘病生活は厳しいかもしれませんが…」

澪(私が白血病?嘘だよ。なんで?なんで私が?死ぬの?)

医師「ふぅ…とにかく闘病は大変辛いものになります。特に薬の副作用は女の子にとって耐え難いものでしょう。」

母「そんな…澪が…なんで」

医師「これは試練だと思って受け入れる他ありません。辛いでしょうが頑張りましょう。私も最大限の手助けをするつもりです」




……

唯「白血病ぉ!?」

紬「やっぱり…」

律「嘘だろ…」

唯「って何?」

さわ子「友達には黙っててって言われたけど、あなたたちには言っておいた方がいいと思ったの。お見舞いには行ったの?」

紬「何回も行ったんですけど、その度に寝てるからって澪ちゃんのお母さんに言われて…ずっと会ってないんです」

唯「ねぇねぇ、白血病ってなに?」


さわ子「すぐに病状がどうこうなるってわけではないみたいだから…副作用のせいかしら?」

律「副作用?」

さわ子「白血病のお薬は副作用で髪の毛とかが抜けちゃうのよ。だからみんなに見られたくないのかもしれないわね」

律「あいつ…そんなこと気にしやがって」

律「唯、ムギ!今から澪のとこに行くぞ!」

紬「そうね。ちゃんと澪ちゃんとお話したいわ」

唯「ね~、白血病って何~?」







病院

律「おばさん!澪に会わせて下さい!」

母「今寝てるから…」

律「じゃあここで待ちます!何時間でも!」

母「ほら…澪も初めての入院で気が滅入ってるから…ね?今日は帰って?」

律「むむ…澪ー!聞こえてるかー!」

紬「ちょっと!りっちゃん!」

唯「あわわ…病院では静かに」

律「澪ー!お前がなぁ!薬でどうこうなろうがそんなこと私達に関係ないんだよ!」

紬「りっちゃん…」

律「そんなことでなぁ!私とお前の友情が壊れると思ってんのかぁ!ふざけんなぁ!」

看護師「こら、何してるのあなたたち!ここは病院よ!」

律「聞いてんのかー!返事くらいしろー!ばーかばーか!」

紬「澪ちゃん!私からもお願い!顔を見せて!」

唯「普通の唯からもお願いぃ!」



病室

律『澪ー!返事くらいしろー!』

澪「もうやめて…帰ってよ…辛いんだよ…」

律『坊主頭がなんだってんだぁ!もし澪のことを笑う奴がいたらなぁ!私がそいつをボコボコにしてやるよ!』

澪「律…」

律『お前のことはなぁ!私が守ってやるよ!ウザいって言ってもやめないからな!澪の困った顔見るのが私の趣味なんだぁ!』

澪「…ぅぅぅ…律、律ぅ…」


看護師「いい加減にしなさいあなたたち!」

律「ハアハア…くそ…」

看護師「ここは病院なのよ!高校生にもなって…迷惑って言葉もわからないの!」

唯「うぅ…怒られた…」

医師「まぁまぁ、その辺で」

看護師「先生…でも…」

医師「高校生はこれくらい元気があったほうがいい。それに…澪ちゃんはいい友達を持ったね」

医師「そろそろ出てきたらどうだい?」


澪「…」

律「澪…」

紬唯「澪ちゃん!」

澪「みんな…」

律「お、起きてるならさっさと出てこいよな!心配しちゃったじゃん!」

澪「ありがとう律…」

律「なに?」

澪「なんでもない」


澪「私…髪が…」スッ

律「…」

紬「…」

唯「澪ちゃん!?そのあたmムゴゴゴゴ」

紬「唯ちゃんは黙ってて!」ヒソヒソ

律「ぁ、ああ。なん~だ!思ったより普通じゃん!全然気にすることないよ」

澪「長い髪…好きだったのに…!自慢の…私」

律「澪…」


2