唯「えぇ!この学校に幽霊がぁ!?」

律「あぁ。この学校…出るらしい…」

澪「や、やめろおおおおおおおお!!!」ガクガクブルブル

梓「ほ、本当ですか!?」

紬「もっと詳しく教えて、りっちゃん!」


律「うん…実はこの学校で数年前に自殺があったんだ…」

唯「えぇっ!!」

澪「うわわわ!!」

紬「その話…聞いたことあるかもしれないわ…」

梓「怖いですね…」

律「一人は飛び降り、一人はトイレで首を切って、一人は教室で首吊り、本当に嫌な事件だよな…」

唯「あわわわわ」ブルブル

梓「そ、そんなことが…」


紬「その三人いじめられてたのよね…新聞で見たわ…」

唯「こ、怖いね~」ガクガクブルブル

澪「いじめなんてひどすぎる…」

律「…ふふ、そこでだ…」キラーン

紬「どうしたの、りっちゃん?」

唯「ん?」

澪「な、何か嫌な予感が…」


律「今週の土曜の夜、肝試しをするぞー!!!」

唯「えええぇ!?やめとこうよぉ、りっちゃん!」

澪「わ、私は嫌だぞ絶対!!」

紬「だ、大丈夫なの?りっちゃん」

律「ははは、大丈夫だって!所詮噂だろ。この世に幽霊なんていないさ!」

梓「………」

唯「で、でもちょっと興味が…」


澪「嫌だ嫌だ嫌だ、私は絶対嫌!!!」

律「ったく、澪の奴…」

律(ふふ、まぁ強制的に連れてきてやる

律「よーし、土曜の9時に校門集合だ!皆ちゃんと来いよ!」

唯「は、はあぁい」

紬「何も起きないといいけど…」

梓「大丈夫ですかね…」


――――

土曜日

律「おー皆集まってるか!」

唯「こんばんは~りっちゃん」

紬「あら澪ちゃんも来たのね」

澪「くっ…こいつに無理矢理…」

律「はははまぁいいじゃないか、澪も楽しめ!」

澪「………」

梓「…それにしても夜の学校は不気味ですね…」

唯「そだね~大丈夫なのかな…」

紬「………」

律「よし、行くか!」ザッ

澪「と、ところでどうやって入るんだ?」

律「あぁ、窓が壊れてるとこがあってさ、そこから入る」

梓「窓からですか…」

ザッザッ

律「よし、ここだ」

ガラガラ


律「よっと……ふぅ~暗いな…懐中電灯懐中電灯と…」

唯「んしょ…ひぇ~暗いねぇ」

澪「うぅ私やっぱり帰りたい」

律「ふふ駄目だ澪!!」ニヤッ

紬「それにしても夜の学校て何か不思議な感じね…」

梓「……」キョロキョロ

律「懐中電灯つけるぞー」

パッ

唯「うわ明るいね~」

律「さて最初は屋上行ってみるか」

澪「えぇ!いきなり屋上まで上がるのか?」

律「ははまぁいいじゃないか、屋上は飛び降りした子の場所だ…行ってみよう」

紬「何もでなきゃいいけど…」

梓「……何か変な音がしませんか?」

律「え?………何も聞こえないな…気のせいだろ行くぞ!」スタスタ

梓「……?」


律「おい澪くっつきすぎだろw」タッタッ

澪「い、いや、これは…」

唯「あはは、澪ちゃん怖がりなんだね~」

澪「ち、違う!!」

紬「ふふふ」

梓「………」

梓(……何だろ、何か気分が……

律「よーし、そろそろ屋上…」

ガタンッ!!

律「何だ!!!」

澪「ひいいいいいい!!!」

唯「び、びっくりした~」

紬梓「…………」


律「……い、今の音、下の方から……」

唯「や、やっぱり帰ろうか、りっちゃん?」ビクビク

紬「み、澪ちゃん大丈夫?」

澪「…うぅ……」ブクブク

梓「気を失ってる…」

律唯紬梓「………」

律「…しょうがない澪は置いていこう」

唯「えぇ!大丈夫かな…」

紬「でもこの状態じゃ…」

律「そうそう澪にはやっぱり無理があったな。後で迎えにくるからここらへんに寝かせておこう」


律「よっと…悪いな澪、ちょっと休んでてくれw」

唯「澪ちゃんは早くもダウンだね~」

紬「まぁしょうがないわよ」ニコッ

律「よしっ屋上へ行こう!」ダッ

唯紬梓「おぉ!!」スタスタ
バタン!

律「お~星と夜景が綺麗だ!」

唯「わ~そうだねぇ」キョロキョロ

紬「ん?あれは何かしら…」

梓「…あれは……人?」

律「ん?」フッ

唯「え!人?」ジー



紬「だ、誰か立ってる…」サー

律「そ、そんなまさか…」

唯「あわわわわわ」ブルブル

梓「………」ボーゼン

?「………」フッ

律「!!!こ、こっちを見たぞ!!」

唯「あわわわ、に、逃げよう、りっちゃん!」

紬「そ、そうよ早く逃げましょう、りっちゃん!」

?「……お前…ら…ここに…何しに…きた」

律「しゃ、喋った!うわあああああ!!!」ダダダ


唯「あっ!!まって、りっちゃああああああん!!!」ダッ

紬梓「きゃあああああああ!!!」タタタ

?「……………」

――――

律「はぁはぁはぁ……こ、ここまでくれば…」

唯「はぁはぁこ、怖かったぁ~」ウルウル

紬「ま、まさか本当に出るなんて…はぁはぁ…」

梓「はぁはぁでもあの声……どこかで…」

律「!!!梓、何か知ってるのか?」

梓「い、いえ別に……」

唯「も、もう帰ろうか、りっちゃん?」

律「……ふふふまだだ!」ニヤッ

紬「り、りっちゃん?」

梓「先輩…」



律「た、確かに怖かったけど…中々スリルがあって楽しいだろ…ニヤッ

唯「わ、私はもう帰りたい~」ウルウル

紬「…私達呪われないかしら…」

律「大丈夫だって!危害加えなきゃ呪われたりしないだろ!」

梓「わ、私もちょっと…」

律「まぁまぁ、さっきみたいにすぐ逃げれば大丈夫さ!よし次行こう!」

――――

澪「…………う、うん……」

澪「……ん、ここは…ひいいいいい!!!暗い!り、律!皆、どこだあああああ!!!」


澪「うぅ皆どこ行ったんだよ……うぅ何も見えない…」グスッ

澪「…………」

?「………おい」

澪「………ん、律か?…暗くてよく見えない…」

?「…あいつらの仲間か」

澪「え?だ、誰だお前は………」

?「ふふふ」ヌッ

澪「!!!きゃああああああああああああああ」バタッ

?「…あらあら…」


――――

梓「ん、…今何か悲鳴が…」

律「どうした、梓?」

梓「い、いえ別に…」

唯「りっちゃん~次はどこ行くの~」トコトコ

律「ん~よし、次は教室行ってみるか…」

紬「何組か分かるの?」

律「え?ん~確か2年の……あぁ!私たちのクラスだ!」

唯「うえ!!!」

紬「な、何か不吉ね…」


――――

律「着いた。しかしまさか私達の教室だとはな…」

唯「普段はこの教室で過ごしてるもんね~」

紬「ここに何か出るなんてとても思えないわよね…」

ガラガラ

律「ん~何かいるか皆?」

梓「………」キョロキョロ

唯「ん~……ん!?」
紬「どうしたの唯ちゃん?」

唯「教室の隅に何か…」

律「へっ?」フッ


律「………確かに……何か……」ジー

唯「……ま、まさかまた幽霊?」

紬梓「……」ジー

ガタンッ

?「わあああああああああ!!!!」ダダダ

唯紬梓「きゃああああああああああ!!!」

?「がああああああ!!」

唯「す、すいませんすいません~、どうかお許しを~!!!」ガクガクブルブル

紬「あう…ううう…」

梓「あああ………」

律「…ふふ……はーはっはっは!!!」

唯「…り、りっちゃん?」

紬「………」ボー

唯「り、りっちゃん!!!」



律「…うん?あぁごめんごめん、ははは。……おい、もう止めていいよ」

?「え?そ、そうですか」サッ

唯「え?………あぁ!憂!!!」


2