梓「く、くぱぁ……?」

憂「うん、くぱぁ」

梓「……(なんだろくぱぁって)

憂「あれ?梓ちゃん、くぱぁ知らないの?」

梓「えっと……」

憂「今時くぱぁ知らないなんて……クスクス」

梓「む……し、知ってるよくぱぁくらい!」

憂「ふーん?じゃあやってくれるよね?」

梓「(ど、どうしよう……くぱぁなんて聞いたことないよ……」

憂「ほら、梓ちゃん!」

梓「あの……こ、今度ね!ばいばい!」

憂「あ、梓ちゃん!……行っちゃった」


帰り道

梓(くぱぁってなんなんだろう……)

梓(なんか知ってて当たり前みたいだし、部室で先輩たちに聞いてみようかな)

梓「こんにちはー」

唯「あ!あずにゃーん!」ダキッ

梓(はぁ……うざい……)

梓「もう!唯先輩!やめてください!」

唯「えへへ~もうちょっと~」

梓(ったく……そうだ、くぱぁについて聞かなきゃ)

梓「あの、ゆいせんp

ガチャ

和「唯、澪、いる?」

唯「あ、和ちゃん!」

澪「どうしたんだ?」

和「ちょっと用事があるから、来てくれる?」

唯「はーい」

澪「わかったよ、じゃあみんな、ちょっと行ってくる」

律「ほーい」

紬「いってらっしゃい」

梓(行っちゃった……まぁ律先輩でもいいや)

梓「律先輩、ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

律「ん、なんだ?お姉さんになんでも聞きなさい!」

梓「はぁ……あの、くぱぁってなんですか?」

律「……」

紬「……!」

梓「……?あの、律せんp

律「あぁみおもいないしれんしゅうにならないしかえろうじゃあね」

梓「ちょ、律先輩!?」

梓「行っちゃった……どうしたんだろ」

梓「……」クルッ

紬「!!」ビクッ

梓「あの、ムギ先輩……」

紬「な、なあに?」

梓「私、なんかまずいこと聞いたんでしょうか」

紬「そ、そうね……いずれわかると思うわ」

梓「気になります!今教えてください!」

紬「あ、梓ちゃん落ち着いて!」

梓「私は落ち着いてます!」

紬「教えるから……痛い痛い!眉毛は!眉毛はやめて!」

梓「ふぅ……ふぅ……」

梓「で、なんなんですか?」

紬「えっとね、くぱぁっていうのは……」

ガチャ

唯「ただいまー!あれ?りっちゃんは?」

紬「ゆ、唯ちゃん……(ごめんね梓ちゃん、また今度教えるから……)ボソボソ

梓(……わかりました、約束ですよ)ボソボソ

唯「ねーりっちゃんは?」

紬「りっちゃんならキャベツが食べたいって帰ったわ」

澪「なんだ、それじゃ練習できないじゃないか」

紬「今日はお茶飲んで解散しましょう」

唯「わーい!あ、りっちゃんの分は私がもらうね!」

梓「唯先輩、そんなに食べたら晩御飯食べれなくなりますよ」


ティータイム終了

澪「それじゃあ、解散だな」

唯「そうだ、帰りアイス食べに行こうよー」

梓「まだ食べるんですか……私は用事があるのでお先に失礼します」

唯「えー!あずにゃん行かないなら私もいいや……」


帰路

梓(ふぅ……結局聞けなかったなぁ)

梓(明日もなんとか憂をごまかさなきゃ……)

梓(とにかく、一刻も早くくぱぁがなんなのか知らなきゃ!)

梓「ただいまー」


梓部屋

梓「まずは自分で考えてみよう」

梓「『くぱぁ』……名前からして……まるで想像できない……」

梓「流行りのマッサージか何かかな?」

梓「でもそれじゃ律先輩が逃げた理由がわからない……」

梓「なにか、恐ろしいことなのかな」

梓「黒魔術とか……でもそんなこと自分からして、なんて言わないだろうし……」

梓「うーん、謎は深まるばかり……」

梓「……寝ちゃお」

梓(とりあえず、明日またムギ先輩に聞いてみよう)

梓(そしたら、堂々と憂にしてあげるんだ!)

梓(ふふ、もうバカにさせないんだから)

梓(……zzzz)


翌日 学校

憂「梓ちゃん」

梓「ビクッ う、憂、おはよう」

憂「今日はくぱぁ、してくれるよね?」

梓「あ、あーあー……あれね、ちょっと用意してるから待ってて」

憂「用意?なんの用意?くぱぁに用意なんてすることないよね?」

梓「うっ……(しまった、余計なこと言ってしまった)

梓「そ、そうだったね!」

憂「じゃあ今日私の家でいいかな?」

梓(ま、まずい……誤魔化さなきゃ……!)

梓「あー、なんか今日軽音部で遅くなりそうで……また後日ということで」

憂「……お姉ちゃん、そんなこと行ってなかったけどなぁ」

梓「うっ……む、むぎ先輩と残って練習するの!」

憂「そうなんだ、じゃあ待ってるよ」

梓「え!?い、いいよ、遅くなっちゃ悪いし……」

憂「大丈夫だよー、お姉ちゃんにも今日は出前取るようにいってあるし」

梓「そ、そう……(なんという用意周到……)

憂「じゃあ私は見学してるね」

梓「……わかりました」

憂「あ、授業始まっちゃう」

梓(ど、どうしよう……))


放課後

憂「じゃあ行こうか」

梓「う、うん……(どうしよどうしよどうしよ)

生徒1「あ、平沢さん!今日掃除だよ!」

憂「……そうだったね、じゃあ梓ちゃん、先行ってて」

梓「わ、わかった!(チャンス!!!)

梓(急げ!急げ!)

ガチャ

梓「むぎ先輩!いますか!?」

唯「あ!あずにゃん~!」ガバッ

梓「邪ッッ!」ポコッ

唯「ふぎゃ!」

澪「ど、どうした梓?そんなに慌てて……」

梓「むぎ先輩!どこですか!ここですか!」

律「落ち着け梓、流石にバスドラの中には入れない」

唯「痛いよあずにゃ~ん……」

梓「むぎ先輩はいないんですか!?」

律「あぁ、ムギなら掃除だ」

梓「な……!?(お、終わった……しょうがない、こうなったら唯先輩に……!」

梓「あ、あの!唯せんp

ガチャ

紬「ごめんなさい、遅くなっちゃた」

梓「む、むぎ先輩~!」ダキッ

紬「ど、どうしたの梓ちゃん?///」

律「大胆だな~」ニヤニヤ

唯「むぎちゃんずるい……」

梓「と、とにかく!来てください!人気のないところへ!」

紬「そ、そんな、心の準備が……///」

律「青春ですね~」

澪「そ、そうだな///」

梓「ボケはいいですから!早く~!」

紬「いたた!わかったいくから!眉毛は!」

梓「先輩たちちょっと失礼します!」

律「ごゆっくり~」


2