梓「またシール……」


唯「えへへー」

梓「えへへじゃないですよ」

唯「にへへー」

梓「もう! 勝手に貼ったらだめじゃないですか!」

唯「もーしわけない~」

梓「全然反省してないですね。これ結構はがした後ベタベタが残るんですよ?」

唯「そうなの? じゃあ剥がさなくても……」

梓「そもそも貼らないでください!」

唯「むぅ、またツンツンしちゃう?」

梓「い、いえ……すいません。なんでもありません」

唯「わかればよろしい!」

梓「でも何事もほどほどでお願いします」

唯「おっけーおっけー承知之助~」


梓「じゃあとりあえず剥がしてまわりましょっか?」

唯「えっ? そんな殺生な」

梓「みなさん迷惑してると思いますよ」

唯「んーでもでも。私そんなにみんなの物には貼ってないよー」

梓「え? そうなんですか?」

唯「うん! 貼るのはあずにゃんだけ!」

梓「そ、それは……嫌がらせで? それとも……どういう意味でしょうか」

唯「うーん、わかんないや!」

梓「……」

唯「でもなんだかあずにゃんの物にはいっぱい貼りたくなっちゃうんだぁ!」

梓「……? えっとそれは」

唯「あずにゃんどうしたの? 顔赤いよ? 怒った?」

梓「ち、ちがいます! 関係ありません!」

唯「不可解……」ジィー

梓「私のほうが……不可解ですよ」

唯「あずにゃん」

梓「なんです?」

唯「えへへ、このシール可愛いでしょ?」

梓「え、えっと……可愛い……シロクマ?」

唯「犬だよ! あ、でもあずにゃんは猫のほうが好きかーごめんね」

梓「いえ、そんな。可愛いと思いますよ犬も」

唯「じゃあこの黒猫さんのシールあげるね」

梓「あ、ありがとうございます」

唯「さっそく貼っていいよ!」

梓「はい。んーっと、どこに貼ったらいいですか?」

唯「どこでもいいよ?」

梓「じゃあ唯先輩の物に貼っていいですか?」

唯「仕返し?」

梓「まぁそんなようなものです」


唯「んで、どれに貼る? 鉛筆? ピック? あ、ギー太はだめ!」

梓「わかってますよ。んと、そうですねぇ」

唯「あ、名前かいたほうがいいよ! せっかく名前欄あるんだから」

梓「私の名前書いたシールを唯先輩の持ち物にはってどうするんですか」

唯「じゃあさ! 貼った物は自由につかっていいことにしよう!」

梓「ということは私の持ち物はすでに大半唯先輩の物化してるんですね……」

唯「そゆこと! 俺のものは俺の物! あずにゃんの物も俺のものだー!」

梓「……そうですか」カキカキ

唯「相変わらず丸くて可愛い字だね!」

梓「書きました。貼りますね?」

唯「わくわく! わくわく!」

梓「じゃあここで」

ペタ

唯「髪の毛? ほえ?」

梓「……あ、や、やっぱなしで!」

唯「?」

梓「すいませんすいません、すぐ剥がしますっ!」

唯「NO!」

梓「うぇ?」

唯「そっかぁあずにゃん……」

梓「うっ……」

唯「あ、また顔真っ赤。可愛い!」

梓「いわないでください」

唯「あずにゃんってさ……その」

梓「あうぅ……」

唯「髪の毛が欲しいんだね!」

梓「……あ、あぁー、はいそうです……」

唯「なんだーびっくりしたよー。言ってくれたら髪の毛の一本や二本あげるのにー」

梓「……ばか」

唯「え?」

梓「もうこんな馬鹿なことやめましょ」

唯「えーもっといっぱいぺたぺたしてよー」

唯「まだまだあまってるよー?」

梓「……あーもう! じゃあこれでどうですか!」

ペタッ

唯「むぐっ!」

唯「むぐむぐ……ふぁがしてぇ」

梓「あ、やってしまった……」

唯「あじゅにゃーん」

梓「すいません、剥がします」

ペリペリ

唯「もう! いきなり唇に貼るなんてそんなに私の唇……あっ……!」カァ

梓「……えっと」

唯「あ、あはは……あずにゃん……」

梓「ま、間違えたんです。ほんとはヘアピンに貼ろうかと」

唯「……そ、そうなんだ。すごい間違え方だねー」

梓「ほんとですよ? はい、ほんとに」

唯「あずにゃんのいけずぅ」

梓「あの、唯先輩は貼らなくていいんですか……?」

唯「……そだね。貼る」

梓「……顔真っ赤ですよ」

唯「いいのいいの。ちょっとまってねー名前かくから」

梓「……」

唯「えーっと、どこに貼ろうかなー」

梓「……」

唯「よーし目つぶって貼ろうかなーっと」

梓「え?」

唯「目つぶってるんだからたまたまおかしなとこに貼っちゃってもしかたないよねー」

唯「うん、だって目つぶってるもん!」

梓「は、はい……そうかもしれませんね」

唯「よーし貼るよー貼るよー」

唯「えい!」


ペタッ


梓「……」

唯「どれどれー……あっ」

梓「……ハズレです」

唯「あーほっぺたねー、ほっぺたねーあー……」

唯「しかたないよねー目つぶってたもん」

梓「そうですね」

唯「ね! もっかい! もっかい貼らせて!?」

梓「まだ貼るんですか?」

唯「シールならいっぱいあるから!」

梓「い、いいですけど……次はちゃんと……いえなんでもないです」

唯「もう目はつぶらない」

梓「そうですか」

唯「じゃあ……い、いきます」

梓「なんだか……ど、どきどきしますね!」

唯「そうだね!」

梓「その、何に貼るのかなーって意味でですよ!?」

唯「しってるよ……うん!」

梓「どうぞ」

唯「……」

ペタ

梓「ん?」

唯「あ、えへへ……えー、あぁー」

梓「なんで反対のほっぺたに貼ってるんですか」

唯「あのぅ……その……」

梓「……いくじなし」

唯「ご、ごめんなさい」

梓「唯先輩のばか」

唯「……い、いいじゃん! 私の勝手でしょ!」

梓「むぅ、そうですけど」

唯「ほんとはほっぺたがほしかったんだもーん!」

梓「そうですか、ならいいですけど」

唯「ほれたこ焼きー!」ムニュ

梓「しょれでいいにゃらいいでしゅけど!」

唯「たこ焼きあずにゃん可愛いーあははははー……ハァ……」

梓「……ハァ」

唯「ため息なんてあずにゃんらしくないぞっ!」

梓「いや、もういいんです……なんか疲れました」

唯「私もー。なんか神経磨り減ったって言うかね」

梓「とりあえず今日は帰りましょっか?」

唯「そだね」

梓「これも剥がしますね」

唯「うん。もうほっぺたは貰ったし」

梓「……アイタタ」ペリペリ

唯「やっぱ体に直接はるもんじゃないね。ごめんね?」

梓「いいですよ。私も貼っちゃいましたし」

唯「どんまいどんまい!」バンバン!

梓「な、なんですかいきなり律先輩みたいなノリ」

唯「さぁ、お手手つないで帰りましょー」

梓「それは……ちょっと」


翌日

純「おいーっす梓」

梓「おはよ」

純「梓見た!? 昨日のドラマのさー! あれ?」

梓「ん?」

純「なんか制服の後ろについてるよ」

梓「何? とって」

純「……なにこれ、なんか猫みたいな、あぁー」

梓「?」

純「とれたとれた、糸くずだった」

梓「ありがと」

純「梓いいなー」

梓「なにが?」

純「私もいつか素敵な王子様に占有されたいー」

梓「ふえ?」

憂「おはよー梓ちゃん」

唯「あずにゃんおっはー!」

純「私には挨拶なし!?」

梓「憂おはよ。おはようございます唯先輩」

唯「えへへーまた新しいシールもってきたんだー」

梓「次こそはちゃんと貼ってくれるんですか?」

唯「ちゃんとって? むふ、あずにゃん……えへへ」

梓「ち、ちがいます! もう教室いきますね!」

スタスタ

唯「おやおや」

純「なんか急に怒った。てか私らおいてくなー!」

憂「あれ、梓ちゃん背中になんかついてるー」

唯「そりゃあ私の充電器だからねー」



お し ま い



3