※話す


唯「……別に、そこまで大袈裟なことじゃないよ…」

澪「…じゃあ、どんなことなんだ?」

唯「…悔しかった。それだけだよ」

澪「充分だよ。唯は傷ついたんだ」

唯「っ……そんな大袈裟なことじゃないよ! 私が…! 私なんて、この程度だったんだって…! それだけだよ!」

澪「そうやって涙を流してるんだ。傷ついていないといえば嘘になるよ」

唯「違うよ! きっと、これくらいの挫折なんてみんな経験してる、超えなくちゃいけない壁なんだよ…! でも、私には…無理だよ……」

澪「ふふっ、まぁ唯はそういう争いみたいな競争みたいなのには向いてないからな」

唯「のんびり、みんなと楽しくやりながら、でも自分なりに努力もしてた……でも、やっぱり才能には勝てないんだよ!」

澪「うーん…それはちょっと違うな。才能のある憂ちゃんがダメってわけじゃないけど、私は唯がいい」

唯「どうして!? 憂のほうがギター上手いじゃん!」

澪「放課後ティータイムは、別にギターの上手い人を欲しがってるわけじゃないよ。部員募集のチラシ、見ただろ?」

澪「確か…『ギタリスト募集』って書いたっけな。ギターを弾いてくれれば、誰でもよかった」

唯「誰でもよかったなら…それこそ憂でも!」

澪「ダメだよ。もうそこは唯の場所だから。入部してくれたあの時、決まったから」

唯「……じゃあ、もし、もしも私が軽音部辞めたら…そして憂が入部するって言ったら?」

澪「……唯は、私にこうして話してくれたからね。私は、唯の味方をしたい。だから、その時は私も辞めて、どこかスタジオでも借りて唯と演奏する」

唯「なんか話がズレてる気がするよ……憂じゃなくてもいいよ、私より上手いギターの人が入部したら、ってことにして」

澪「私は、唯とバンドがしたい。唯じゃないとダメだ。それだけだよ、何も話はズレてない」

唯「上手い人と一緒のほうが…いい演奏が出来るよ、きっと」

澪「でも、唯と演奏が出来ないなら意味ないよ」

唯「なんで…私なの? 私じゃないとダメなの?」

澪「唯と一緒が一番いいから。何度も言うけど、それだけだよ。マンガやドラマみたいなカッコよくて深い理由はないよ」

唯「マンガやドラマも、カッコいいだけで別に深くはないけどね…」

澪「…うん、私も実はそうなんじゃないかって薄々思ってた。遠回しに言ってれば深く見えるし」

唯「…何の話だったっけ」

澪「放課後ティータイムのギターは憂ちゃんじゃなくて唯だって話」

唯「……卑屈なこと言っていい?」

澪「憂ちゃんよりもっともっと上手い人が来たら――っていう話は無しだぞ」

唯「なんで?」

澪「憂ちゃんより出来た人間が存在すると思うか?」

唯「…思わない」

澪(あ、そうか。『優』れた『人が無い』から『憂』なのか。なんちゃって)


唯「……なんかものすごくシンプルで強引に納得させられた気がするけど…でも、ホッとしたよ」

澪「それはよかった」

唯「…私も、わかってたんだよ。憂も、私の為を思ってやったんだって。憂もシンプルな考えだったんだって」

澪「そうだな…憂ちゃんは唯のこと大好きだからな」

唯「それでも、許せなかった。私の為ってわかってるからこそ、私の努力を否定したのが許せなかった」

澪「……うん。わかるよ」

唯「私の居場所を奪おうとしたのが…許せなかった」

澪「…うん」

唯「でもよく考えたら私のボーカルだって澪ちゃんに比べて評価されてないしねー」

澪「……へ?」

唯「いやー、私だって頑張ってるんだよ? ムギちゃんに音取りしてもらいながらさ」

澪「う、うん。知ってる」

唯「でもさー、世間は澪ちゃん澪ちゃんキャーキャー言ってるし。ファンクラブもあるし」

澪「いや、私は嬉しくないんだけど…」

唯「あずにゃんや憂が澪ちゃんの話してるときも、歌の上手さが話題になるのにさー」

唯「私のときはそういうのはサッパリで」

唯「私ってなんなんだろうねーって、思っちゃうよね」

澪「…あれ? なんだこの流れ…」

唯「選択肢を間違ったってことだよ、澪ちゃんは」

澪「え?え?」


唯「ばっどえんどだよ!」

澪「いや私じゃない、悪いのは>>10だ!」