ほうかご!


澪「唯。憂ちゃんと何かあったのか?」

唯「ほえ? 澪ちゃん、どうしたの急に」

澪「質問に答えてくれ。何か…上手く言えないけど、変だぞ」

唯「そんなことないよー。普通だよ?」

澪「……そうだな。どう見ても憂ちゃんのほうが無理してるからな。唯に言っても答えてくれないだろうとは思っていたさ」

唯「ぶー。……澪ちゃんに信頼されてないってのは、なんかすっごく落ち込む」

澪「あ、いや、そういう意味じゃないんだ。でも、それくらい変なんだよ、お前たち」

唯「そうかなぁ?」

澪「梓にな、教室の憂ちゃんと比べてどうなんだ? って聞いたんだけどな。やっぱり、若干の違和感を感じていたよ。あぁ、それと……梓から聞いたって?」

唯「……何を?」ジロリ

澪「ぶ、文化祭の日のこと。去年の、さ……」

唯「……聞いたけど、それがどうかしたの?」

澪(……な、なんだ、これ、唯なのか? なんか…怖い…)

澪「ゆ、唯? どうした? 何か…怒ってる?」

唯「なんで? 何に怒るの?」

澪「い、いや、気のせいならいいんだ、はは……」

唯「……怯えた澪ちゃん、かわいいね」

澪「へっ!?」

唯「憂もね、そういう顔してる時ってすっごくかわいいんだよ」

澪「ゆ、唯…?」

唯「……なんてね。冗談だよ、また明日ね、澪ちゃん」ガラッ

澪「あ、唯……行っちゃった」

澪「……唯、お前はやっぱり、憂ちゃんに……」

澪「……お前の気持ちはわかるよ。わかるんだ。話してくれれば、お前の味方をするつもりだった」

澪「でも、話してくれないなら…」

澪「私は、友人として、お前を止める…!」ダッ

澪「唯!!」

唯「澪ちゃん……今度はどうしたの?」

澪「……どうもしないさ。状況は何も変わっていない。だから、今私がお前に言いたいことは一つだけだ」

澪「……唯、もう止めよう?」

唯「何もないってばー。私、どこかおかしかった?」

澪「お前はどこもおかしくないよ。いつも通りだ。そして、それがおかしいんだ」

唯「澪ちゃんの言うことは難しいよー」

澪「辛うじてとはいえ、私が気づくくらいに憂ちゃんが最近おかしい。だから、それに唯が気づかないことがおかしいんだ」

唯「…なーるほどー…」

澪「……なぁ、唯。止めよう、って言ったけどさ、別に止めろとまでは言いたくない――いや、言えないんだよ、私は」

唯「……どういうこと?」

澪「大体の予想はついてるんだ。そして、私も唯の立場だったらきっと同じ事をする」

唯「………」

澪「だから、私が止めようって言ってるのは、単純に、さ」

澪「唯が、苦しいときに私に何の相談もしてくれなかったのが悔しいからなんだ。唯にとって、私はその程度だったのか、って」

唯「っ……」

澪「悔しいから、唯の邪魔をする。子供じみた仕返しだよ。というか、私はまだまだ子供だ」

澪「だから、私は子供だからさ、唯。今からでもいい、事情を話してくれれば、すぐに手の平を返すよ」

唯「澪ちゃん……」

澪「私は、唯がどんな想いを抱いていても、どんな奴でも、唯の味方でいたいから」

唯(私は……)


※よし、話すか話さないか




※どちらかバッドエンド(どちらか唯澪)